2007年02月

2007年02月26日

梅の花

df2cb6d7.JPG 暖冬の影響(?)で早くも裏庭の梅の花が咲き始めました。
 手入れを全くしていませんが、毎年、美しい花を咲かせてくれます。
 梅はバラ科の落葉高木であり、早春、葉より先に白・淡紅・紅色などの香りの強い花を開くことが特徴だそうです。多分我が家の梅は紅梅系だと思います。
 松や竹とともにめでたい植物とされ、風待ち草とか春告げ草などの別名があるように、厳しい冬が終わったことを知らせる花です。

 しかし、今年の但馬の冬は全く雪が降らず、穏やかそのものでした。人間にとっては非常に過ごしやすいですが、植物にとっても咲いていいのか戸惑っているように思えます。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 07:16コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然雑記 

2007年02月21日

サイコロの目のつけ方の規則性(その2)

4ca1c117.GIF 授業では、立方体の展開図をはさみで切ってから、目を入れるのではなく、面と面の位置関係を考えさせながら目を入れさせました。

 それでも手際よくさいころに目を入れることができたのはちょっと意外でした。 そして、互いに教えあいながら写真のような展開図を完成することが出来ました。            
 授業を終えて、感心させられたことは、数字の並べ方が、4種類(右図)あり自信をもって発表した生徒がいたことです。私は、1の隣に2がくる1種類しか思いつかなかったのですが、生徒の柔軟な思考に驚かされました。

 授業展開は、http://www.geocities.jp/hhhhhhh_yyyyyyy/saikoro.htmに掲載しましたので、クリックして下さい。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 07:24コメント(0)トラックバック(0)数学教育 

2007年02月20日

サイコロの目のつけ方の規則性(その1)

637b44fc.JPG 皆さんは正六面体にサイコロの目をつける場合にどのような規則性を用いるか知っておられますか。

「”修販△量椶鬚燭垢硲靴砲覆襦」は、よく知っておられると思います。
これ以外に、写真のように
「■院ぃ押ぃ海郎犬泙錣蠅僚腓砲覆襦」ということを知りました。

 これを使うと、面白い教材ができます。生徒が作った、立方体の展開図に「サイコロの目」を入れさせるのです。子供たちは、予想以上に手際よく作業をしていきました。

 そして、生徒に教えられた興味深い事実がありました。それは、次回に報告させていただきます。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 07:00コメント(1)トラックバック(0)数学教育 

2007年02月19日

さいころの展開図

5159d62e.JPG 中学校1年生の、「空間図形」を指導する際に、立方体の展開図を書かせることにしました。
裏返ししたものや回転移動した図形も1種類と考えると全部で11種類あることが分かりました。

 わずか10分弱の時間に、生徒は写真の通り10種類の展開図を発見しました。図形単元で、理解を深めさせるには、丁寧に作図をさせて計量をさせたり、実物を作らせたりすることがとても大切だと考えています。

 黒板に張り出したもの以外にもう1種類の展開図があるのですが、皆さんは分かりますか?

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 18:00コメント(1)トラックバック(0)数学教育 

2007年02月16日

研究会で出題された問題

59d773e7.GIF 図を見てください。この問題は、ある研究会に参加した時、講師の先生が出された問題です。

<問題>円Oの外部の2点ABから円周上の点Pまで線分を引くとき、AP+BPの長さが最短になるときのp点はどこか。

 簡単に出来そうですが、なかなか難しい問題です。講師の先生もなかなか解決出来なかったので、皆さんも楽しんでくださいということでした。

 私も同僚と一緒に、いろいろ考え、そして教えてもらったのですが納得できるものはありませんでした。

 皆さんも一緒に考えていただけませんか。私はHPを開設してよかったことの1つに、世の中の数学を楽しまれる人に、大きな刺激を貰っています。
 若いころは、教師の仕事は、「知識の伝承」だと考えていました。今は、それに加えて、自らも感動し喜べることが、この仕事をして本当に良かったなと思います。
 悩むことばかりが多いので、ちょっとカッコ良すぎる表現になりましたが、本当にそう感じています。


yoshiokahisayuki at 07:38コメント(0)トラックバック(0)教育数学 

2007年02月14日

山道を歩いて考えたこと(3)

fefb8ba0.JPG 実はこの山道の途中に、我が家の所有している山林があります(山に入ることはなくなったので景色も変わり境界は分りません)。ちょうど写真で撮った所もそうです。

今から30年ほど前の昭和51年に大雪がありました。湿った雪が一晩で1m近く積もりました。そして、挿し木の苗で植林した杉の木は全部折れてしまいました。私もその姿を見に来ましたが、斜めに折れた切り口の木の色で山が真っ白になっていました。

 昭和25年から、植林し始め丹誠をこめて育てた私の祖父の落胆振りは今でも覚えています。認知症が始まったのもその事件がきっかけだったかも知れません。それでも、雪に強い苗を取り寄せて植えたのが、写真の木々です。手入れをしていないので美しさはないですが、亡くなった祖父はこの山の姿を見てどう思うだろうか考えてしまいました。

 お金の力で、世界各地から木材を買い集め森林面積を減らしていますが、考え直さなければならない時期になっているのではないでしょうか。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 07:07コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然農作業 

2007年02月13日

山道を歩いて考えたこと(2)

d082db4f.JPG
 写真を見てください。人里から3km近く山の中に入った付近に捨てられてあった缶ジュースや廃タイヤのゴミです。車では入ることのできない山道に捨てられてあるのです。ジュースの銘柄を確認すると現在は見ることのないものですから、相当昔に捨てられたものだと思います。
 今の時代だけ良ければよいと、自然環境を壊している事実が沢山あるのでは思います。

 この山道をおりて、丹後半島の箱石海岸に行きました。大変美しい砂浜が何kmも続いています。その砂浜は、対馬海流に流されてゴミの山になっていました。日本製品ばかりでなく外国のビンやペットボトルもありましたが、その中に大型冷蔵庫を3つ以上見つけました。
 これは、故意に海に不法投棄したものに違いないと思いました。日本海の海底も相当荒れているのではないかと思いました。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  



yoshiokahisayuki at 07:25コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然雑記 

2007年02月12日

山道を歩いて考えたこと(1)

a427c83b.JPG 体力作りを目的に先日ブログで紹介した、昔の峠の山道をゆっくり歩いてみました。
 写真は、猪・鹿から農地を守るために儲けられた防御柵です。山で囲まれた田舎であっても、山に入るためには、鍵をあけて柵の中に入っていかなければならない状況が生まれました。

 今の時期は熊は冬眠していると思いますが、動物園の檻の中に入っていくイメージがありちょっと恐怖心があります。人間が山に入らなくなると山は益々山が荒れ、動物も生息しにくくなっているのではないかと感じました。

 山を下りる付近で、沢山の人の足跡を見つけました。不思議でしたが、それは、有害鳥獣の駆除で山に入られた猟友会の人々であることが分りました。やっぱり一番恐ろしい動物は人間であることは間違いのない事実です。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 23:26コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然雑記 

2007年02月08日

学習指導案を送っていただきました

93574f8e.JPG 私が自作したソフト<等積変形(平行線間の三角形の面積)506KB>を使って、授業をされた神戸市のN氏よりメールで学習指導案を送っていただいた。このソフトの、画面表示とコンテンツはhttp://www2.nkansai.ne.jp/users/yoshioka/toseki.htmに掲載しているのでクリックしてください。

 送られてきた学習指導案は、評価基準が詳しく書かれており、しかも分りやすかったので、私自身も作成された指導案で授業をしてみたいと考えました。授業内容と指導案はhttp://www.geocities.jp/hhhhhhh_yyyyyyy/tosekihenkei.htmをクリックしていただければ確認できます。

 本校は、小規模校でコンピュータ教室が自由に使える状態であり、しかもTTで授業を進めているので評価活動がしやすい環境です。そして、評価基準がきめ細かく作られたいたのでスムーズに評価できたと思います。

 評価して、個人指導する時間を十分取り、全ての生徒にAまたはBをつけられるよう力をつけさせたいと思いました。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 07:36コメント(0)トラックバック(0)数学教育 

2007年02月07日

給食費滞納のニュースを見て

12d8c601.JPG 写真は、昨日の給食です。きんぴらごぼう、味噌汁、かきあげ、牛乳、ご飯です。200円程度で、手作りの美味しい給食が食べられます。

 ところで、全国で給食費滞納総額が22億円以上になっており、100人に1人の割合だそうです。

 給食費を払わない理由として「義務教育だから払う必要はない」などがあるそうです。それは間違いであることを、次のようにはっきり説明してありました。

 学校給食法の、第6条の2項には「学校給食費は児童又は生徒の親が負担する」としっかりと明記されています。また私も、生活が苦しくて払えない場合には、補助が出ることは以前から知っていました。

 この件に関しては、未納者の言い分はとうらないはずです。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ  


yoshiokahisayuki at 07:03コメント(0)トラックバック(0)学校生活教育 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ