2007年11月

2007年11月29日

女子大学の訪問をして

dc65062f.JPG 昨日、仕事の打ち合わせ(大学の先生にアドバイスをしてもらうため)に、神戸市にある甲南女子大学に行きました。自分の出身大学以外の校舎に入ったのは生まれて初めての体験でした。さすがに女子学生ばかりで、服装もあでやかで華やかな感じがしました。大学の先生の研究室の場所を尋ねても丁寧に教えていただきとても感じよかったです。そして、何よりも、校舎内外が美しく保たれており落ち着いた環境の中で勉強されていることが良く分かりました。
 一緒の会議に出席された方が、「阪急岡本駅から大学まで専用バスを利用させていただいたが、周りが全て女性というのは、何か変な感じがした。しかし、満員のバスにも関わらず、大声でしゃべる学生は一人もいなくマナーがとても良かった。バスの乗り降りの際には、運転手さんに『お願いします』『ありがとうございました』と全員が自然に言っているのには感心した。」と言われました。
テレビや雑誌で見る若者とちょっと違う所があって、大変よい印象を持たせて頂きました。私も2人の大事な娘がいますが、家で見る生活を見ると・・・・・。外では、しっかりしているのだろうかと考えさせられました。
 ちなみに、写真が、阪急岡本駅から大学まで往復する専用バスです。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ




yoshiokahisayuki at 06:10コメント(0)トラックバック(0)教育雑記 

2007年11月24日

2007福知山マラソン 完走

389d52c4.JPG 昨日福知山マラソンに挑戦してきました。メタボリック症候群のランナーですからとにかく最後までトコトコと走り続け、4時間43分58秒でゴールできました。
私にとって、フルマラソン25回目の完走ですからとにかく嬉しく思います。体の痛みは我慢できませんが、「しんどさ」については「もっともっとえらくなっても大丈夫」と思って走り続けました。

 今回のマラソン大会の特徴は「北京パラリンピックマラソン大会」の選考を兼ねていることで、スピードのある盲人ランナーが沢山出場されていたことです。

 折り返して走ってこられる2時間台のランナーは、まさしく跳んで走ってこられるようなスピード感があります。伴走されるランナーの方たちの強さも「凄い!」の一言です。ペースをつかみ、給水の世話をされ、走る進路を確保されるわけです。

 沢山の勇気と感動を頂いた1日になりました。早速3月にある篠山マラソンの申し込みをしようと思います



クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ


yoshiokahisayuki at 12:39コメント(0)トラックバック(0)マラソン日記 

2007年11月19日

ふぐ料理を楽しむ

a612daec.bmp 昨日は、勤務校の文化祭であった。私の学校の特徴は、6クラス全ての学級が、学級劇のステージ発表することである。自分たちで志向を凝らし、体全体を使って表現する。また裏方の生徒は、演出効果を高めるための工夫をする。どのクラスも素晴らしい出来栄えであった。担任の大変な労苦を伴うが、生徒の新たな一面を発見することができ、教育効果は高いと改めて感じた。

 文化祭後に、「風来坊」というお店で、「ふぐ料理」を楽しんだ。写真のふぐ刺し(テッサ)を始め、ふぐ鍋の後の雑炊は大変美味しかった。ふぐの旬は「秋の彼岸から春の彼岸まで」と言われるが、1年に1回ぐらいは楽しみたいと思った。

 そして、会食の後、ALT(アメリカ人)と二人で、電車の待ち時間を利用して、居酒屋へ入った。彼は、28歳であるが、ビートルズやサイモンとガーファンクル、PPMなど共通に親しめる音楽があることを知った。私は英語は話せないが、なんとなく雰囲気でコミュニケーションがとれ2時間近く、楽しい時間を過ごした(お酒が入っていたからであろうか・・・・)。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ


yoshiokahisayuki at 06:30コメント(0)トラックバック(0)日記教育 

2007年11月16日

クリスマス イルミネーション

ef490289.JPG

写真は、私の村のある家の壁面に飾られたクリスマスイルミネーションです。毎年美しく飾られ、近隣の町からも見に来られます。村に入るとすぐに目につきます。そして、私たち村人を楽しませてくれ、自分の住んでいる地区に誇りを持てるような気にもなります。

 イルミネーション(英語:illumination)は電球、発光ダイオード、光ケーブルなどにより淡い光の光源を集め、電飾看板、風景、人物などを型どり、夜間における風景などを作り出す装飾。電飾(でんしょく)とも呼ばれる。

 イルミネーションの起源は16世紀にさかのぼり、宗教改革で知られるマルティン・ルター(ドイツ)が考えたそうです。彼は夜、森の中で煌く星を見て感動し、木の枝に多くのロウソクを飾ることでその景色を再現したのが起源だそうです。

 これからの季節は天気が悪くなりますが、星空はとっても美しくなります。

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ


yoshiokahisayuki at 18:45コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然日記 

2007年11月15日

冬近し(紅葉から落葉)

cbea393a.JPG 冬型の天気の影響か、不安定な空模様が続いています。
先日は、氷が降り木枯らしがまっていましたが、今は冷たい雨が降っています。

 写真は、今日朝、通勤の途中で、城崎温泉で撮った桜の木の紅葉です。美しく色づきシャッターをきりました。この間、桜が美しく咲き、このブログで紹介したばかりのような気がします。

 これから、厳しい冬を迎えますが、季節の変化を強く感じられる故郷の自然を守っていかなければという気持ちになりました。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 21:15コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然日記 

2007年11月13日

MP3プレーヤー

940037e6.JPG amazon.co.jpで写真のmp3プレーヤーを購入しました。
早速、イヤホーンをしてジョギングをしましたが、結構楽に走れました。
年齢のせいなのか、体重のせいなのか、ジョギングが大変つらく感じてしたので、気分転換のためには安い(価値のある?)買い物をしたような気がします。

 仕事や勉強において、場合によっては単調な作業をしなければならないことがあります。そんな時には、音楽を聞いたり、バックミュージックが流れていたほうが、能率が上がることがあると思います。

 また、心をリラックスさせるために音楽を聞く人もおられるかもしれません。皆さんは、どんな時に音楽に親しまれるのでしょうか。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 20:56コメント(0)トラックバック(0)雑記マラソン(ジョギング) 

ジグソーパズル

e09a9a29.JPG 写真を見てください。これは、私の住んでいる村を上空から写したものです。
10年ほど費やした土地区画整理の完了を記念して、配布された1000ピースのジグソーパズルです。4日ほど徹夜して完成しました。

 写真の、海沿いの土地が、区画整理されて、宅地として転用することが可能になりました。何十年か後には、家でうまってしますのかわかりません。(故郷の変化は、複雑な気持ちになります。)

 我が家も、区画整理内に僅かながら農地があります。専業農家で育ち、朝早くから夜遅くまで、汗を流して大きくしてもらいました。今でも、腰を曲げながら、年老いた両親は、きれいに畑を作っています。そんな姿は、尊敬させられます。

 日本は、世界の中でも、数少ない食料自給率の低い国です。私は、愚痴一つ言わず、農作業する両親の姿を見ていますので、土地に対する愛着があります。今は、農業をする時間的余裕はありませんが、いずれ写真の土地で、百姓に勤しみたいと強く思っています。


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 07:01コメント(0)トラックバック(0)農作業家庭生活 

2007年11月10日

クスノキと杉の木の成長の教え

175af8f8.JPG 今日は、兵庫県剣道連盟の教化委員の方に指導を受ける会に参加することができました。私の学校の剣道部員が少ないこともあり4名だけの参加でしたが、貴重な機会を頂きました。(たくさんの生徒が参加していましたが、きびきびと動き、大きな刺激になりました。)

 その中で、私が特に興味を持った内容がありました。それは、剣道連盟の強化委員をされている先生が、生徒たちに、「兵庫県木の楠と杉の木の成長の教え」をされた内容です。

 楠(クスノキ)は、高さは20〜25m、幹の直径6〜8mに達するものもあり、強健で雄大な姿が県のイメージと合い、県の天然記念物に指定されている樹もあるそうです。そして、幹や枝の成長以上に大きく根をはり、台風や大雨があっても木が倒れることがないことが、杉の木と大きな違いがあるということでした。

 剣道を学ぶことは、木の幹を大きく伸ばす「技の修養」と、木の根を張る「心の修養」の両方が欠かすことのできないと強調されました。それは、ただ技だけの稽古をし「心の修養」を怠れば、僅かな困難に出会ったりした時に、直ぐに挫けてしまうからです。

 部活動は、勝敗だけではなく、人間作りが基盤にあることを改めて確認させていただきました。人数不足でメンバー登録が厳しい状況ですが、「技と心の修養」を目指して、精進したいと思います。



クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 23:37コメント(0)トラックバック(0)学校生活教育 

2007年11月08日

立冬

27dd36c1.JPG今年も立冬を迎えました。但馬の朝は、かなり冷え込んできました。
 今日は、出張で神戸に出かけました。写真をクリックしてください。この写真は、兵庫県朝来市生野町付近を播但道から写したものです。白いものは雲ではなく、放射冷却の影響で、円山川から湧き上がる霧です。この季節の風物詩です。
 山々は美しく紅葉して、とても美しかったです。学校を留守にしましたが、心がリフレッシュできたように思います。そして、改めて故郷の良さを感じることができました。(決して、遊んでいたわけではありませんので、悪しからず・・・・)


クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 22:46コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然 

2007年11月07日

振り子の長さと往復する周期の関係

544e3d8b.jpg 皆さんは、振り子の腕の長さと1往復する時間の関係を知っておられるでしょうか。
 1往復するする時間をχ秒、振り子の長さをymとすると、y=1/4χ^2になります。
 私のHPの平成17年10月のチャレンジ問題(http://www2.nkansai.ne.jp/users/yoshioka/challe_80.htm)にも出題したことがあります。

 これを、実際に教室で実験しました。ひもの長さを1mとして、1往復の時間を計ると、2.03秒になりました。こんなに理想的な値になるとは、生徒も驚いていたように思います。身近な題材を扱い、そして実際に実験することを数学の時間にも取り入れる必要性を感じました。
(昔懐かしい、柱時計の存在も結構たくさんの生徒は知っていました。)

クリックして頂ければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓ 
にほんブログ村 教育ブログへ

yoshiokahisayuki at 23:11コメント(0)トラックバック(0)教育数学 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ