2008年03月

2008年03月09日

三年生最後の授業

65f9d42f.JPG 私の勤務校では12日に卒業式を迎えます。
先週末に3年間の最後の数学の授業を終えることが出来ました。今授業では、数学の知識や技能を身に付けさせるだけでなく、それを活用して探求させる力も求められています。
 つまり、数学に興味を持たせ、自分で問題解決する力を身につけさせなければなりません。しかし、生徒に「やる気」を起こさせることが出来ず、日々悩んでいるのが現実です。その中で、出来る範囲で一生懸命に努力しているつもりです。

 最後の授業は、「黄金比の秘密」と題して、数学の美しさを中学校で学習した数学を使って、学習しました。内容は(http://www.geocities.jp/hhhhhhh_yyyyyyy/ogonhi.htm)に紹介しています。

 授業後には、生徒代表が、心のこもったお礼を述べてくれ大変嬉しかったです。そして、一人ひとりがお礼の言葉を書いてくれたプリントを渡してくれました。感謝の気持ちを大切にという担任の先生の心遣いもあるでしょうが、このコメントを読んでいると、教師としてこれからも続けていく勇気を与えてもらったように思います。
 次のような言葉もありました。(点数の非常に甘い私への通知表のような気がします)
「数学は嫌いだったけど、吉岡先生が私たちにかけてくれた言葉は本当に気持ちがこもっていて、私は何度もかんばろうと思いました。」
「先生の授業は楽しくて面白かったです。難しい問題でも興味を持って取り組めました。これからもたくさんの問題にチャレンジしたいです」
「興味深い問題をたくさん与えてくれたので、数学の面白さを感じることができました。卒業しても先生のHPを拝見します。」

 卒業おめでとう。そして温かい心遣いありがとう。





にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 19:34コメント(1)トラックバック(0)読書数学 

2008年03月05日

ドップラー効果を知っていますか

a8f26f4f.gif みなさんは、緊急車両のサイレンの音に興味を持たれたことはありますか。救急車のピーボーの周期は1.6秒であるそうです。緊急車輌のサイレンの音は、近づいてくるときには音波が短くなり高い音になり、遠ざかるときには逆に長くなり低い音になりますね。この現象は「ドップラー効果」のために起こるそうです。

 この現象を使った問題を作成しました。しかし、私はドップラー効果の公式を理解していなくて正しい答えを出せませんでした。ネットの優秀な方に間違いを教えてもらいました。

ここで、ドップラー効果の公式を紹介します。

観測者に聞こえる音波の振動数f’は、
f’=f×(V−v0)/(V−vs)
ただし、f : 音源の出す音波の周波数、 V : 音速、 v0 : 観測者の動く速度、vs : 音源の動く速度
になるそうです。

http://www2.nkansai.ne.jp/users/yoshioka/challe_f.htmに公開していますので、皆さんも挑戦してください。

ところで、久しぶりに、このブログを見てびっくりしました。1日に10〜20アクセス数だったものが、今日は110アクセスを超えています。何かの間違いでしょうか・・・・・・。




にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 21:37コメント(0)トラックバック(0)数学教育 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ