2008年05月

2008年05月25日

生き物調査

755f17bf.JPG 今日午後、私の住んでいる村の田んぼ(ビオトープ)で生き物調査をしました。
 今年は、育成会の担当しているので、このような企画に出席したのですが、自然に親しむ大変貴重な体験をさせていただきました。
 70人を超える人が参加して、写真のように、田んぼの中に入って生き物調査をしました。わずか1時間ほどの体験でしたが、すごい数の獲物がありました。

スレーゲルアオガエル2、ヒメゲンゴロウ1、スジエビ2、イモリ3、ドジョウ多数、メダカ多数、コモリグモ1、ガムシ3、タニシ3 等々

本当にたくさんの小動物がいるのにびっくりしました。

 講師の上田先生の話を聞いていると、「コウノトリ」が飛んできて、自然の豊かさを本当に楽しめたような気がします。


yoshiokahisayuki at 22:44コメント(0)トラックバック(0)但馬の自然教育 

はかなさ

 昨日私の従兄弟の葬式に参列させていただきました。
 2日前の未明、ウォーキング中に交通事故で亡くなってしまいました。
 相手の方は、まだ20歳代の女性ドライバーだったそうです。後ろから接近する車が気になり前方不注意で、70km/hのスピードで当たってしまったそうです。叔父さん、叔母さんの全く相手の方を責められる言葉がなかったのが、交通事故の痛ましさかも知れません。そして、小さくなられた叔父さんの姿が不憫に感じました。

 ただ50歳ちょっとの若さであり、早すぎたことが悔やまれます。亡くなった従兄弟は私の親戚の中でも自慢の人であり、O大学を首席で卒業したと聞いています。私の3番目の子供にも、彼女の名前から漢字をもらったほどです。

 お骨拾いもさせていただきました。わずか2時間前には、何とも言えぬ辛い亡骸だったものが、真っ白い美しい骨になっていました。骨を拾っていると人間のはかなさを感じずにはいられませんでした。

 家族の悲しまれる姿を見ると、改めて「命の重さ」を感じざるを得ません。そして、「命のはかなさ」を教えていただきました。

 本当に、本当にありがとうございました。そして、新しい旅立ち、安らかに。



yoshiokahisayuki at 03:00コメント(0)トラックバック(0)家庭生活 

2008年05月12日

花祭

fadffbc3.JPG 5月10日に私の村のお寺で「花まつり」が行われました。私は、地区の育成会の役員をさせていただいている関係で、子どもたちと一緒に楽しみました。
「花祭り」はお釈迦さまの誕生を祝ったものだそうです。4月8日が誕生日だそうですが、まだ花が少ないので、私の村では、5月の第2土曜日に実施されるとのことでした。

 朝、5、6年生が集まって、小さなお堂(花御堂)に、家から持ってきた花びらで飾り付けをしました。そして、午後3時から、幼稚園から6年生までの児童が全員集まって、花祭を楽しみました。

 いろいろな花で飾った花御堂の中に、甘茶の入った水盤を置かれ、あかちゃんの姿のお釈迦様が祀られます。そして、5人の地域の和尚さんのあとに、子どもたち一人ひとりが、誕生仏の頭からひしゃくで甘茶をそそいでお参りしました(写真)。

 お釈迦さんは、出産のため実家に向かう途中に、産気づかれ花畑のルンビニー園で生まれたそうです。産湯もなかったけれど、ちょうど雨がふったことが都合がよかったようです。その時の雨と、花の蜜が甘茶の由来だそうです。

 花まつりは、インドや中国でも古くから行われている行事です。日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われたそうです。お釈迦さまの誕生を祝い、お釈迦さまの智慧と慈悲の教えを信じてゆくことを誓う日です。また、子供がすくすくと育つことを祈る日でもあります。

このような行事を残すことは、とても大事なことではないかと再確認しました。


にほんブログ村 教育ブログへ←←←クリックして頂ければ嬉しいです。


yoshiokahisayuki at 04:33コメント(0)トラックバック(0)教育雑記 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ