2006年08月27日

金メダリスト 成田真由美さんの講演会

 アトランタ、シドニー、アテネのパラリンピックにおいて、水泳で数々の金メダルを獲得し、見事に世界新記録を樹立した成田真由美さんの講演会に参加する機会をえました。会場に車椅子で出られた瞬間に何かオーラを感じるような空気を感じました。
 成田さんは13歳まではごく普通の生活をしてきましたが、突然脊髄炎を煩い、その影響で下肢が動かなくなってしまったそうです。家族への反発等精神的な苦しみを話されましたが胸が痛む思いがしました。

 また、日本の社会が障害者に対して、決して温かくない現状を述べられ、自分が納得いかない時には、2倍にして言い返すのだと明るく言われてていました。確かに「人間誰しも、老いれば障害者になるのですよ」と聞けば納得してしまいました。

 特に強調されていたのは、回りの人への感謝の気持ちでした。「私がこの病気になり、それを乗り越えられたからこそ、沢山の人と素敵な出会いがありました。そして、金メダルと世界新記録という立派な名誉を手に入れることができました。人間、どんな環境に置かれても自分を信じて『夢と希望』を持って努力すれば叶うんです。失う物も多かったけれど、得た物の方がはるかに多かった。」
そして、金メダルは、いろんな方の力があったからだと、アテネの6つの金メダルを一人ひとりに回されました。

 現在、腰の骨の病気で闘病中とのこと。北京のオリンピックをめざし戦いたいと明るく言われていたことが印象的でした。


yoshiokahisayuki at 06:47コメント(1)トラックバック(0)教育  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 成田真由美   2006年10月05日 21:03
成田真由美です。記事を読ませていただきました。ありがとうございます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

hisa

鈍足ランナーでしたが、定年退職した平成31年3月に鳥取で29回目のフルマラソンを完走しました。
退職後はランニングする気力は失せ、畑で汗を流しています。
何をするにも、「あせらず、たゆまず、トコトコと」をモットーにしたいと思います。




訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

読者登録
LINE読者登録QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ