2006年12月08日

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸、始めてこの言葉を知ったのは半年ほど前、健康食品関連を扱った

当ブログ記事で、コメントしてくれた人のブログを見た時だ。

音楽好きとしてはトランスミュージック、もしくはオーディオアンプ部品を連想したほどだ。

が、ぜんぜん違っていた。

通常バターの製造はミルクをかきまぜることによって、できる。

だが、植物性マーガリンなどは他の製造法を取る。

脂肪の分子中の炭素と水素の結びつきに変化が生じたものをトランス脂肪酸という。

分子構造の変化したトランス脂肪酸は、熱によって生じるので、

溶剤抽出法による高温下の食用油製造過程でも発生することになる。

で、このトランス脂肪酸の生じた植物油を原料にして水素添加し無理やり

固体化したものがマーガリンやショートニング(味付けのないマーガリン)だ。

自然界にこの結合分子はない。この摂取により心臓病など良いことはない。

多くのマックなどのフライドポテトやケンタッキーチキンにも使用されていた。

過去形なのは急遽使用中止にしたからだ。

BSEではないが、今頃言われてもである。マーガリンもこのコメントをきっかけに

ブログを見るまで何のためらいも無く使用していた。

今さらだが今は、摂取量を少なくしている。

アメリカ、ニューヨーク市では一切のトランス脂肪酸を禁止すると発表した。

脂肪摂取量が半端でないアメリカでは、危険を認識したのだろう。

厚生労働省では、日本人は摂取量が少ないので問題はないとしている。

が、それは個人差だろう。特に急激に欧米化した食生活では、何らかの対策が必要だ。

メタボリック症候群という作られた基準だと、日本人の98%は不健康ということになる。

だが、そんな基準なら日本全国病人だらけだ。健康オタクをあおってサプリばかり

摂取させ、の不自然な市場を作るより根本のことを見つめる直すべきだ。





yoshiom11 at 02:16│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. メタボリックシンドローム⇒食事でメタボリック予防!  [ メタボリックシンドローム⇒食事でメタボリック予防! ]   2006年12月13日 11:31
メタボリックシンドロームオヤジです。一回の食事で階段の200階登り分のエネルギーを蓄えていました。食生活の改善とと適度な運動がいい加減必要です…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔