2015年02月

そんなわけで、昨日でとうとう36歳になっても永遠の思春期、いとうよしろうでございます!

Facebook、メール等で誕生日メッセージを下さった方々、本当にありがとうございます!!

そんなわけで今後のライブ情報を告知させて頂きますので、「いとうよしろう面白い!」「よしろうさん愛してるわ!」と、思う方は最後までお読み下さい。

「つまんねー!めんどくせー!」
「生理的に受け付けません」と、思う方はスルーして頂いて結構です(泣)


2月27日(金)
会場:阿佐ヶ谷オイルシティ
OPEN 18:30 START 19:00
料金 \1,000(1ドリンク別)
出演:高杉 尊、ukulele kazu、いとうよしろう

3月4日(水)
「ライブお嫁さん候補No.1 諏訪子」
会場:無力無善寺
OPEN 18:30 START 19:00
料金 \1,000(1ドリンク付)
出演順:無善法師、加藤圭一郎、諏訪子、いとうよしろう、林 智洋、徳明希望

3月9日(月)
「郷土ナイト!!!~ありがとう故郷SP!!!~」
会場:武蔵境STATTO
OPEN 18:00 START 18:30
前売 ¥1,500 当日 ¥1,800(1ドリンク別)
出演順:三浦祥照、ヤマナサトル、音色、いとうよしろう、菅原ユウキ、鈴木知文、モロコシボーイズ

3月11日(水)
「翼なきもの」
会場:高円寺Reef
OPEN 19:00 START 19:30
前売 ¥1,300 当日 ¥1,500(1ドリンク別)
出演:平野カズ、鈴木知文、村男、いとうよしろう

4月1日(水)
「裏モーレツGIG2015エイプリルフールSP」
会場:仙台パークスクエア
OPEN 18:30 START 19:00
前売¥1,000 当日¥1,500(1ドリンク別)
出演:「ゆ」、拓也・らも~ん、大竹、渡辺めたる、piacoco、脱法超電磁高橋、いとうよしろう

4月26日(日)
阿佐ヶ谷チェッカーボード

5月3日(日)
高円寺Reef

お時間に余裕ある時、ご都合のよろしい時にお越しいただき、いとうよしろうに少しでも愛を感じていただければ幸いです。
150222_184138

「ぶっ倒れるまで自問自答して人生ライブ!!」

昨日高円寺Reefで行われたサケサケサミット第十九夜は、まさにそんなイベントでした!

津軽前田さんの熱いボーカル&アコギと、鈴木知文さんの激しくも絶妙なエレキプレイの絡みで堂々と幕を開け、

たと思いきや、僕いとうよしろうが失恋、妬み、卑屈を鬱陶しい程に募らせた「Midnight Highway」「Jealousy」等の迷曲で会場を凍りつかせ、

たと思ったら今回の紅一点・清水奈津子さんがエレキギターを手に激しくも麗しいロックサウンドで会場に華を添え、

更に一転、福島市飯坂からはるばる登場された佐藤孝仁さんが「手足口病」「日暮れ」など御自身の生活に根付いた唄をしっかりとじっくりと聴かせて下さいました。

後半戦に入り、セミアコ片手に確かなギタープレイと歌声でまた更に会場の空気を変え、
御自身の世界観に客席を引き込んでおられた泥窪さん、

そしてトリ前に見事過ぎるコンビネーションといながもんパワーを炸裂させ、会場を一気に盛り上げた軌跡の二人組・モロコシボーイズ、

そしてそして大トリはこの方、サケサケサミット主宰・鈴木知文さん!
「ぶっ倒れるまで自問自答して人生ライブ!」
「そしてよしろうはぶっ倒れるまで自問自答して婚活!」
と、MCで言われていた通り、迷う心をぶち抜くような名曲「ぶっ倒れるまで」「人生ライブ!」そしてアンコールに「自問自答」を、全身全霊全力全開で披露され、サケサケサミットは二十回目に向かうため幕を降ろされました。

お越しいただいたお客様方、ReefのTAKAさん加藤さん、そして主宰の知文さんはじめ素晴らしい競演者の方々、本当にありがとうございました!!

次回ライブは2/27阿佐ヶ谷オイルシティです。
こちらもよろしければぜひお越し下さいませ!!

2月27日(金)
会場:阿佐ヶ谷オイルシティ
OPEN 18:30 START 19:00
料金 \1,000(1ドリンク別)
出演:高杉 尊、ukulele kazu、いとうよしろう


DSC_0031
150222_184816
DSC_0037
DSC_0042
DSC_0043
DSC_0046
DSC_0056

そんなわけで、バレンタインデーの翌日までチョコを待ち続けたのにも関わらず結局ひとつも貰えなかった僕は、15日の阿佐ヶ谷オイルシティライブにトップバッターでもって「SOPOO~バレンタインバージョン~」でその哀しみを叫び、「Jealousy」で暴れまくりました!

二番手のGorgeous Bathroomさんは、ギターのアクシデントに見舞われながらも冷静な対処で機転を利かし、安定感抜群のポップなサウンドで楽しませて下さいました。

平野カズさんは大変ありがたくも恐ろしい事に僕の「Jealousy」のサビを弾き語りで歌って下さり、その「Jealousy」に感化されたと言う曲を披露され、後半はDr.NOBUさんがハーモニカでコラボされたりと、盛り沢山のステージを魅せて下さいました。

コラボから一転し、「ギタークリニック」の白衣姿で登場のDr.NOBUさん。
見事なブルースプレイに裏付けされたブルージーかつポップなサウンドの処方箋で癒して下さいました。

そして、NOBUさんとの共同主催者にして大トリ、鈴木知文さん!
右手人差し指を負傷されていたにも関わらず、「ぶっ倒れるまで」「人生ライブ!」 など、熱いナンバーの数々を披露し、大団円でイベントの幕を降ろされました。

知文さんはじめ競演者の皆様、オイルシティスタッフの皆様、お越しいただいたお客様方、本当にありがとうございました!!

次回は2/22に知文さん主催サケサケサミットです!ぜひお越し下さいませ!!

2月22日(日)
「サケサケサミット第十九夜!」
会場:高円寺Reef
OPEN 17:30 START 18:30
料金 \1,500(1ドリンク別)
出演順:津軽前田&鈴木知文、佐藤孝仁(福島)、清水奈津子、いとうよしろう、泥窪、
モロコシボーイズ、鈴木知文
FB_IMG_1424132911886



DSC_0014
DSC_0016
DSC_0020
DSC_0025

前述のパークスクエアライブで久々に訪れた仙台駅東口には、かつてZEEP仙台というライブハウスがありました。

5年ほど前にそこでアニメソングライブがあり、キン肉マンの串田アキラ、ドラゴンボールZの影山ヒロノブなど僕世代にとってはド真ん中超ストライクゾーンのアニソンシンガーの方々が一同に介し、トップバッターで串田さんが「炎のキン肉マン」で登場された時は思わず一緒に歌い、声が大きすぎて前列のお客様に「気持ちは分かりますが」と注意されてしまいました。

それにも関わらず、ライブ終了後に新幹線の改札で串田さんに声を掛けた時、「ありがとう!君達のおかげで良いライブになったよ!」と、ガッチリ握手を交わして下さった事を今も鮮明に覚えています。

あの時串田さんにいただいたパワーを胸に、次回のライブに挑みます!!


2月11日(火)
会場:高円寺Reef
住所:杉並区高円寺南3-46-9 プラザU B1F
TEL:03-3313-5980
OPEN 19:00 START 19:30
前売 \1,300 当日 \1,500(1ドリンク別)
出演順:いとうよしろう、なかはまこうじ、
函館くん、蛔転、兵頭芳和

強豪「超人」揃いのライブで、火事場のクソ力をお見せ出来るようがんばりますので、よろしければぜひお越し下さいませ!!

http://youtu.be/0n1-oYQhdv0

そんなわけで2月3日節分の日、新宿から高速バスに6時間ほど揺られたのち仙台駅東口に降り立ち、鬼なんか裸足で逃げ出すんじゃねえのといった感じの強豪出演陣に立ち向かって行きました!

先鋒は僕いとうよしろう。
「SOPOO」「何故」「Jealousy」そして、同情から生まれる愛を求め作った「永遠の恋人」等、報われぬ愛を叫びまくりました!

二番手に登場の脱法超電磁高橋さんは、「けいおん!」の「秋山澪ちゃん」のステッカーが貼られたギターで「女川建準行動歌」などの名曲を颯爽と歌われていました。

山形からお越しのイナプラネチャーニンの皆さん。スリーピースによるポップでグルーヴ感溢れるステージングを魅せて下さいました。

今回唯一のピアノ弾き語りで登場のpiacocoさん。「幽☆遊☆白書」主題歌「微笑みの爆弾」のカバー等を交えながら、亡きお母様への想いとご自分のステージネームの由来を綴った曲を聴かせて下さいました。

そして主宰にして大トリ、チバ大三さん!!
「UMA」「アベノミクソ」「サバ道」等の「永遠の38歳」ワールド全開で、貫禄たっぷりにイベントを締めくくって下さいました!!

ライブ終了後は居酒屋で牛タン、ホヤ等の宮城料理に舌鼓。
今回観に来て下さったIKASAMA宗教さんが乾杯の音頭の際に仰っていた「生きてて良かった!」の言葉が深く胸に響きました。

主宰のチバさんはじめ競演者の皆様、パークスクエアスタッフの方々、お越しいただいたお客様方、本当にありがとうございました!!

久々の仙台遠征、おかげさまで心底楽しい時間を過ごす事が出来ました!

あまりにも楽し過ぎたので、4/1エイプリルフールの日に再びパークスクエアに出演致します!
決して四月バカのネタではございませんので、どうかよろしくお願いします!!!
DSC_0288
DSC_0274
DSC_0280
DSC_0281
DSC_0285

↑このページのトップヘ