2017年04月

4/23(日)、僕はその方と約4年ぶりに再会を果たしました。

かつて僕が仙台市でイベントを開催させて下さったライブバー「ぼくんち」の元マスター、遠藤和彦さんのオファーにより、国分町ROCK HOUSE 70さんに出演させていただきました!

競演のSHIBATAさん、DARRYさんは以前仙台でご一緒させていただき、大変懐かしい雰囲気の中で演奏させていただきました。


そんな中、2ステージを任された僕いとうよしろうは、

場の空気を読んだり読まなかったりして本番直前で考えたセットリストで、宮城時代からの恨み辛みを込めた被害妄想モード大全開で暴れまくり、会場の皆様から沢山のツッコミを入れられつつ、リクエストいただいた「Jealousy」で第1ステージ終了、

第2ステージでは、故郷への想いを馳せた「ひとりじゃない」「きみが生まれた日」でしんみりムードになったと思いきや、
アンコールでまたまた「Jealousy」で泣き叫び暴れまくり、阿鼻叫喚の地獄絵図で感動を自ら台無しにして、いとうよしろう仙台ライブ終演となりましたとさ。

その後も競演者の皆様とROCK HOUSE 70マスターがお客様も交えて、楽しいパーティータイムが続きました。

そして僕は会場の皆様に別れを告げ、その際に遠藤さんから、年内にまた仙台に呼びたいとのありがたいお言葉をいただき、
翌日帰り道に仙台の「らあめん花月」と、福島の「酪王カフェオレ」を味わいながら、僕の東北プチツアーはつつがなく終了したのでした。

ROCK HOUSE 70さん、競演者の皆様、お越しいただいたお客様方、そして今回誘って下さった遠藤さん、皆様本当にありがとうございました!!

(遠藤さんのブログです)
http://bokunchi2009.blogspot.jp/?m=1


そして5月は1日に荻窪Doctor′s BARさん、27日に福生UZUさんに出演致しますので、どうかよろしくお願い致します!!

「アコギな月曜酒場」
5月1日(月)
会場:荻窪Doctor′s BAR
住所:杉並区上荻1-16-10 ローレルビル4F
open 19:00 start 19:30
料金¥2500(オープン~終演まで、飲み放題!)
出演順:HIROKI、いとうよしろう、memeko、べいべ伊藤


「カラス共の宴 第十羽」
5月27日(土)
会場:福生UZU
住所:福生市武蔵野台1-3-12
open 17:30 start 18:00
料金 ¥2000+1drink
出演順:タクロウ三鷹ブギーズ、GENCOアジト、いとうよしろう、サトチエ、敏
(以上敬称略)
DSC_0011
DSC_0001
DSC_0002
DSC_0005
DSC_0007
DSC_0010
received_814997518648464

4/22(土)は、福島市C-moonさんのブッキングイベント「Good Dream Music Vol.3」に、参加させていただきました!

諸般の都合で競演者さん全員のステージを観ることが出来なかったのですが、10代、20代の若さ溢れるフレッシュな出演陣の中に、永遠の思春期を謳うアラフォー野郎いとうよしろうが、

確実に年齢がバレるカバー曲「宇宙刑事ギャバン」、
福島市FM局「FM poco」出演時に番組の企画で、当時僕が想いを寄せていた地元の某女性アーティストと競作、歌唱した「一番星」、
そしてその彼女に男が出来、結局福島在住時に一度も女性に振り向いてもらえなかった悲しさ悔しさをぶつけまくった「Jealousy」等で、福島の若者達に見せてはいけないものを見せまくりましたとさ。

C-moonさん、競演者の皆様、お越しいただいたお客様方、本当にありがとうございました!!

その晩はお客様で来て下さった飯坂町の佐藤孝仁さん邸に泊めていただき、翌日は娘さんの4歳のお誕生祝いに、仙台のアンパンマンミュージアムに僕もご一緒させていただいたのでした。(続く)
sketch-1493335673208
sketch-1493335681206
DSC_0093_3
sketch-1493335663187
DSC_0102_3
DSC_0112_3
DSC_0116_3
DSC_0121_3

高校の頃、ヤンキーの先輩達に全校集会で放送禁止用語を叫べと命令され結局実行出来ず、帰りに校門で待ち伏せされているのを発見し裏口から逃げたのですが、結局帰り道で出くわしボコボコにされるといったヘタレ人生を送って来た僕ですが、

そんな僕が4/19(水)練馬BE-bornさんにて、男気溢れる熱い名曲を歌われている兵頭芳和さんの企画「GUILD#2」に参戦させていただきました!!

主催の兵頭さん自ら先陣を切られ、自分の事でいっぱいいっぱいなヘタレ野郎の僕の胸に深く突き刺さるような強く深く熱い名曲の数々と歌声で、イベントの幕を開かれました。

本番直前までガタブルモードのヘタレ野郎は置いといて、

三番手で最年少の輪宝雅人さんは、若さ溢れる素直な歌声と巧みなギターテクニックで、敬愛する長渕剛のカバーと、想いの籠った御自身のオリジナルを披露されました。


兵頭さんのPVも撮影されている京都出身の山田明義さんは、軽快なMCで会場を湧かせつつ、落ち着いたプレイと歌声で「人生と箸」等の名曲をじっくりと聴かせて下さいました。


大トリは最年長で兵頭さんいわく「兄貴分」のShibuさん。
長く深い経験が滲み出た圧倒的な貫禄を見せつけ、そこから紡ぎだされた歌声と語りで、男達の熱き戦いの終焉を盛り上げて下さいました。


そんな男気大炸裂の強豪出演陣の中、永遠のいじめられっ子いとうよしろうは、


昔会社の同僚とバーベキューに行き、乗って来た自家用車を壊された上難癖つけられて一銭も弁償してもらえなかった恨みと悔しさを「SOPOO」「TATTOO」「Jealousy」等で無駄に大爆発させましたとさ。


練馬BE-bornさん、競演者の皆様、お越しいただいたお客様方、そして主催の兵頭さん、皆様本当にありがとうございました!!

そして、熱い戦いの炎が冷めやらぬまま、4/22、23の東北プチツアーへと旅立つのでした。(続く)
DSC_0074_3
DSC_0078_3
DSC_0082_3
DSC_0083_3
DSC_0087_3
_20170427_035513

そして夕方の新宿駅で、僕とIkasama宗教さんはmemekoさんに優しく導かれ、生まれて初めての甘く切ない経験をしたのでした。






それは、小田急ロマンスカーでの30分の旅でした。

memekoさんとのロマンスを期待する僕をよそに、お二人は写真を撮ったり可愛いドーナツを味わいキャッキャウフフしながら、神奈川県相模原駅に到着しました。


イベント会場である相模原@cafe木の里さんは大変オシャレなカフェで、お店に入ると主催の北川玉奴さんが「大漁旗スカート」を纏った大変お美しい姿でお出迎えして下さいました。

この日は玉奴さんのレギュラーイベント「昭和歌謡ナイト」 に、僕達三人と愛甲郡のみらいあいこさんがゲスト出演という形のイベントでした。

主催にしてメインアクトの玉奴さんがガットギターを手に御自身のオリジナルと昭和歌謡のカバーを続々と披露され、memekoさん、Ikasama宗教さん、みらいさんがそれぞれ「愛燦々」「花嫁」「いとしのエリー」等昭和の名曲を各々歌われ、
更にmemekoさんとイカ宗さんがお昼に引き続き「女川建準労働歌」をコラボされた中、
永遠の昭和のクソガキいとうよしろうは、

「俺の曲は昭和歌謡の再生だ!」と、意味不明なポリシーを胸に、

1、薔薇の鎖
2、願い
3、TATTOO
4、「自分」

と、一人だけ全曲オリジナルによる本番直前に考えたセットリストで、オシャレなカフェに全く似つかわしくない変態ステージを披露しましたとさ。

その後も玉奴さんがお客様のリクエストに応え「さそり座の女」等のスタンダードナンバーや、「マリリンモンローノーリターン」等、知る日とぞ知る名曲をたっぷり披露され、楽しく暖かい雰囲気の中イベントの幕が降りました。

cafe木の里さん、競演者の皆様、お越しいただいたお客様方、そして北川玉奴さん、本当にありがとうございました!!

そして帰りの新宿駅でmemekoさん、イカ宗さんと優しく暖かい気持ちに包まれ別れた後、4日後の「漢達」の真剣勝負の場に赴くのでした。(続く)
received_744920595715308
DSC_0054_3
DSC_0056_3
DSC_0061_3
FB_IMG_1493222257760
DSC_0065_3
received_744920562381978
FB_IMG_1493222195005

そんなわけで、4/14〜4/24までの怒涛の10日間を振り返って行きたいと思います。

4/14(金)、夜勤明けの眠い目を擦りながら、野方焼酎場ぁ〜くんちゃんさんにて、Ikasama宗教さんとサトチエさんのツーマンライブを観に参りました!

お二人の素晴らしく凄まじいステージをそれぞれたっぷりと堪能させていただき大満足と思いきや、

最後はお二人揃って友川カズキの「生きてるっていってみろ」をカバーされ、その衝撃とパワーとテンションを糧に、翌日の自身のライブに挑みました。

そしてライブへの緊張感とmemekoさんへの想いで眠れないまま日が明け、

4/15正午、高円寺大陸バー彦六さんにて、memekoさん企画「めめこの部屋番外編~ぼくの住んでいるまち、きみの住んでいたまち~」開催となりました!


トップバッターは主催のmemekoさん。
大変ありがたい事に僕のギターを借りて、クラリネットやエフェクターを駆使しながら「ことばひらひら」等、ポップでキュートでメルヘンチックな"めめわーるど"で、お昼どきのまったりとした時間に花を添えて下さいました。
https://youtu.be/nNdXP_d-1_g


二番手の石巻出身の変態は置いといて、

三番手、「モロコシボーイズのテーマ」で、いながものパワー全開で元気一杯に登場されたモロコシボーイズのお二人は、秋田と京都、東と西が組んだ息ピッタリのコンビネーションで会場を湧かせ、最後はmemekoさんも交えたコラボを披露されました。
https://youtu.be/4mxlBtX3dMM


そして大トリは僕と同郷のIkasama宗教さん!
昨日からまったく衰えぬテンションで新曲も交えたイカ宗ナンバーを次々と披露され、
「生命の尊厳をテーマに作りました」と、MCで大真面目に紹介された曲「生死を賭けたい」では、僕はその歌詞の内容を不謹慎な意味で捉えてしまい、いろいろなものが堪え切れなくなりましたとさ。
https://youtu.be/-y7xY0WdkD4


そんな素晴らしい出演陣の中、永遠の発情期いとうよしろうは、

memekoさんへの想いを込めた「優しいだけの男」「水中花」「愛するより愛されたい」を本人の許可なく披露し、以前
モロコシボーイズのハタケヤマヒロシ君とmemekoさんが仲良くマラソンの話をしていて、その話に全く入れなかった淋しさと嫉妬心を込めた「Jealousy」で暴れまくり、
最後は妹と同い年という事でどさくさ紛れに年齢をバラしたにも関わらず、僕が無理矢理お願いして実現したmemekoさんとのコラボ曲「鏡」を披露させていただきました!
https://youtu.be/e5Weton6GlE
(動画はお客様で来て下さった守山ダダマさんが撮影して下さいました)


大陸バー彦六さん、競演者の皆様、お越しいただいたお客様方、本当にありがとうございました!!

そしてmemekoさん、

本っ当に申し訳ありませんでした!!

こんな変態キチガイ野郎をどうかお許し下さい!!(泣)

そしてイベント終了後、僕とmemekoさん、Ikasama宗教さんは神奈川県相模原へと旅立つのでした。(続く)
FB_IMG_1493122186481
DSC_0004_3
DSC_0005_3
DSC_0017_3
DSC_0018_3
DSC_0029_3
DSC_0030_3
DSC_0033_3
DSC_0038_3
DSC_0044_3
DSC_0045_3
DSC_0051_3
FB_IMG_1493122215753
FB_IMG_1493122276537

↑このページのトップヘ