2017年08月

一昨日は練馬BE-bornさんにて兵頭芳和さん企画「GUILD#6」の総合司会と受付を担当させていただきました!


今回も胸に深く迫る熱い歌声で、11月発売のニューアルバムの曲等、レア曲をたっぷりと聴かせて下さった主催の兵頭芳和さん、


「音楽は99%は苦しい事ばかりだが、残り1%の最高な時のためにやっている」とのメッセージを込め「音楽の神様」を披露された敏さん、


どこか懐かしく、親しみのこもったメロディーを優しく美しい歌声でしっとりと魅力して下さったMarikoさん、


繊細な中に熱い想いと激しさを込め、エフェクターを駆使しながら幻影的な世界観を醸し出されたイケダツカサさん、


曲の途中でジャンケン大会を催しながら、抜群の貫禄で「サバ道」を貫き通し大トリを飾られたチバ大三さん、


そんな素晴らしい強豪出演者の方々の前で永遠の変態少年いとうよしろうは、

兵頭さんの粋な計らいにより、急遽前座で一曲歌わせていただく事になり、お店のアコギで代表曲(?)「Jealousy」を、歌い叫び暴れまくりましたとさ。


お越しいただいたお客様方、練馬BE-bornさん、出演者の皆様、そしてこんな変態野郎に今回もいろいろと任せて下さった兵頭さん、皆様本当にありがとうございました!!


そして僕は来月2日、3日に、
明快直球男児・鈴木知文さん、
鍵盤ひとり舞台・藤原愛さんら東京のアーティストと共に、
福島、仙台の音楽シーンに殴り込み(?)に行って参りますので、地元の方も他方の方も是非お越し下さいませ!!


「アコナイト 福島VS東京」
9月2日(土)
会場:Live Space C-moon
住所:福島県福島市大町4-24 B1
OPEN 17:00 START 17:30
前売 ¥1,500 当日 ¥2,000(1ドリンク別)
出演順:うさぎとたぬきとなまけもの、佐藤孝仁、ヒューマン、藤原愛、INARIN、いとうよしろう、Shimva、鈴木知文


「よしろうまつり in 音屋スタジオVol.3〜東京VS東北〜」
9月3日(日)
会場:@音屋スタジオplus
住所:宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡4-12-5 第一さくらビル7F
OPEN 17:30 START 18:00
料金 ¥1,000(1ドリンク別)
出演順:maru、藤原愛、INARIN、鈴木知文、Ikasama宗教、いとうよしろう(以上敬称略)

_20170825_195037
DSC_0201
DSC_0204
DSC_0205
DSC_0207
DSC_0215
FB_IMG_1503657999719

以前、仕事帰りに終電の中でプリキュアのスマホゲームをやっていたら、
夢中になりすぎて二駅ほど乗り過ごし、一時間かけて歩いて帰宅した永遠のダメ人間、いとうよしろうでございます!


そんなわけで、一昨日8/17も荻窪Doctor's BARさんにて、

心の闇の中で妖しく光るような世界観を確立され、優しく激しい叫びでトップを飾られたtoyosickさん、

絶妙のギタープレイとループマシンを駆使しながら楽しく軽快な歌声とMCを聴かせて下さったじゅんや人情さん、

身体ひとつで数々の独自の朗読世界を紡ぎ出され、御自身のお母様への想いを綴られた青木研治さん、

それぞれの個性を惜しみなく発揮された強豪競演陣の中で僕いとうよしろうは、
ダメ人間ならではの被害妄想や恨みつらみをうっとおしいほどステージに叩きつけ一人でのたうち回ってましたが、

最後は久々にお会いした競演者の方々と改めて色々とお話させていただき、大変有意義な時間を過ごす事が出来ました!

競演者の皆様、Doctor,s BARさん、お越しいただいたお客様、皆様本当にありがとうございました!!


次回いとうよしろうライブは、9月2日に福島、3日に仙台と東北プチツアーを敢行致します!

そして、17日にはDoctor's BARさんでの2回目のよしろうまつりを開催しますので、東北の方も関東の方も是非お越し下さいませ!!



「アコナイト 福島VS東京」
9月2日(土)
会場:Live Space C-moon
住所:福島県福島市大町4-24 B1
OPEN 17:00 START 17:30
前売 ¥1,500 当日 ¥2,000(1ドリンク別)
出演順:うさぎとたぬきとなまけもの、佐藤孝仁、ヒューマン、藤原愛、INARIN、いとうよしろう、Shimva、鈴木知文

「よしろうまつり in 音屋スタジオVol.3」
9月3日(日)
会場:@音屋スタジオplus
住所:宮城県仙台市宮城野区榴ヶ岡4-12-5 第一さくらビル7F
OPEN 17:30 START 18:00
料金 ¥1,000(1ドリンク別)
出演順:maru、藤原愛、INARIN、鈴木知文、Ikasama宗教、いとうよしろう


「よしろうまつり in Doctor's BAR Vol.2〜世界は僕らを呼んでいる〜」
9月17日(日)
会場:荻窪Doctor′s BAR
住所:杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F
OPEN 18:30 START 19:00
料金 ¥1,500(1ドリンク別)
出演順:ガールズ%、Azu、村男、アジト、いとうよしろう(以上敬称略)
DSC_0177
DSC_0180
FB_IMG_1503194250872
DSC_0184
DSC_0187
_20170820_102106

そんなわけで、去る8月13日は前橋COOLFOOLさん恒例のマガイモノ祭りに出演させていただきました!

皆様が素晴らしいカバーを続々披露された中僕は「タケカワヨシヒデ」名義で、ゴダイゴ関連のマニアックなエピソードを話しながら、「ガンダーラ」「銀河鉄道999」等、中学時代から歌って来た名曲をカバーさせていただきました。


そしてライブ終了後は、競演の井上陰水さんと「ミラクル少女リミットちゃん」について熱く語り合い、

夜は赤城山虫の音に泊めていただき、
翌日はアンダーソンさん、大阪の矢本健士さんとかねてより待望の「たかべんラーメン」を食べに行きました!

競演者の皆様、COOLFOOL佐藤さん、お越しいただいたお客様方、皆様本当にありがとうございました!!

次回ライブは明日、荻窪Doctor's BARさんにていつもの変態オリジナルソングを披露させていただきますので、お時間ございましたら是非お越し下さいませ!!


8月17日(木)
会場:荻窪Doctor′s BAR
住所:杉並区上荻1-16-10ローレルビル4F
OPEN 19:00 START 19:30
前売 ¥1500 当日 ¥1800(1ドリンク別)
出演順:toyosick、いとうよしろう、じゅんや人情、青木研治(敬称略)
DSC_0139
DSC_0140
DSC_0143
DSC_0145
DSC_0146
_20170816_214820
DSC_0149
DSC_0151
DSC_0152
DSC_0154
DSC_0157
DSC_0162
DSC_0161
_20170816_214551
puffer-1

十数年前、石巻の浄化槽会社に勤務していた頃、ヤ◯ザ風の上司に声をかけられました。

「いとう!おめ〜女子プロレス好きだよな!」

「は、はあ、まあ……」

「知り合いが興行やってる女子プロレスのチケットあんだげどや、おめ〜見さ行ぐよな!」

「あ、いえ、その……」

「ポロリ見えっかも知んね〜ど!ほれチケット渡すがらや!あとで前売り料金持って来いよ!」

そして僕は、選手も団体も知らない女子プロレスの試合を、石巻総合体育館に見に行ったのでした。

先月練馬BE-bornさんにて、ある方から下記のフライヤーを頂いた時にその事を思い出し、僕は一昨日の西荻窪Terraさんの長谷川雄二さん企画に足を運ぶ決意をしたのでした。

そして、そこでも挙動不審な台詞カミカミ司会をやらせていただきつつ、河原敬介さん、SHIBUさん、そして長谷川雄二さんらの素晴らしいステージを堪能させていただきました!!

そしてそして、皆様からいただいたパワーを糧に、明日の前橋COOLFOOLマガイモノ祭りに挑んで参ります!

今年は「タケカワヨシヒデ」名義で、ゴダイゴ・タケカワユキヒデカバーを披露させていただきます!

更に、サトチエさんの虫の音カレー出張販売&ゲスト出演もございますので、群馬の方も他方の方も是非お越し下さいませ!!


「マガイモノ祭り」
8月13日(日)
会場:前橋COOLFOOL
住所:前橋市千代田町5-2-10 SATOビル2F
OPEN 19:00 START 19:30
料金 ¥500(1ドリンク別)
出演:虚構のクレーン、タケカワヨシヒデ、ヨンハウス、井上陰水、ジャニス・チョコプリン、安産痴態、さるまたし、鼻垂れ組、村の恥部、中澤田たかしとプールサイド(敬称略)
DSC_0123
DSC_0138
DSC_0128
DSC_0133
DSC_0136

ドラマ「相棒」シリーズの杉下右京警部は、亀山薫、神戸尊、甲斐亨、冠城亘など個性的かつ有能な相棒と共に難事件を解決して来ましたが、

きたかみ運転代行では、悪い意味で個性的で無能なくせにプライドだけは無駄に高いキチガイ運転手どもを仕事の相棒にさせられ、難事件を起こされて来ました。

「よしろうの今晩の相棒は、志野田さんな!」

父にそう告げられた瞬間、僕の胃はキリキリと痛み出しました。

それでも僕は、仕事を潤滑に進めるため、且つ志野田氏の機嫌を損ねないように営業車内を掃除し、帳簿や領収書なども綺麗に纏め、客車や回送の運転なども積極的にこなし、缶コーヒーなども自腹で奢ったりしました。

そしてその度に志野田氏は「ありがとうございます」と礼を言うのですが、その言い方は感情の無い一歩調子で、目は全く笑っておらず感謝の意はひとかけらも表れていませんでした。

そして、業務上でちょっとしたトラブルがあるたびに無口になり、気まずくなり何か話しかけても蔑んだ目で僕の顔をチラッと見るだけでした。

そして業務終了時刻になり、

「あの〜志野田さん、そろそろ時間ですけどどうします?」

「帰りますよ!」

明らかに面白くなさそうな表情でおもむろに振り向き、その日の日当を棒読みで礼を呟いて奪うように持って帰って行きました。


僕は家に帰るなり父に申し出ました。

「志野田のハゲ、あいつ何なの!?おらがこんなに気ィ遣ってやってんのにワケ分かんねーんだけっど!他の運転手達もバカばっかしだし!このままじゃ精神的に持たね〜がら、お父さんとだけ組ませてよ!!」

すると父はいつもののんべんだらりとした口調で、

「いろんな人と組んでみて、そんで揉まれて成長していくもんだ」

キュアマカロン・琴爪ゆかりお姉様に揉まれれば股間が成長するかも知れませんが、志野田の顔を思い出すだけで吐き気を催す僕は「フレッシュプリキュア!」を酒浸りで泣きながら視聴し、この中の世界に入りたいと本気で願いました。(続く)
puffer_4
puffer_3
puffer
puffer_1

↑このページのトップヘ