株・FXで本当に小遣い稼ぎ - マイナス10万円をプラス5万円に変えるために

大げさなことは書きません。初心者の方に、数種類の相場に関する本を紹介するためだけのブログです。

このブログは、5年間毎年10万円ぐらいずつ負けてきた私が、さほど苦労なく勝てるようになった理由を共有したくて立ち上げました。

・「PERがこんなに低いのになんでまだ下がるんだ?」
・「何でプラス材料なのにあがらないんだ?」
・「前期の決算がよかったんだから絶対にあがるはずなのに?」
・「-2σ(30%)抜けたのにまだ下がるか・・」

などといいながら、不毛な取引をするのはもうやめませんか?このようなことを本気で思っているのであれば、あなたは市場の情報やチャートに完全に洗脳されています。
実はかつて私が、どこにぶつけてよいかわからない怒りを抑えながら、叫び続けていたせりふなのですが・・。

指値は欲張りの始まり

こんばんは。じゅごんです。

今回は、本ではなくメルマガから

「林投資研究所 林 知之さんメルマガ」

http://www.h-iro.co.jp/page/mlmaga/

最新の10/24号の文からです。

指値についてです。

初心者の皆さんは、「放っておいても儲けが出る」とばかり
直近の天井や底と思われるポイントにあわせて指値で
取引をしてませんか?

実際に、本屋に並ぶほとんどの本にはそのようなやり方しか
書いてありませんから、当然です。

ですが、私のように勘が鈍く、せっかちで臆病者だと、これが
なかなかはまりません。

売値を高く設定すると、なかなか約定しない。それで下げると、
底から急上昇したりして・・・。
で急上昇にあわてて乗っかろうとすると下がりだす・・。

要は覚悟の問題です。ザラ場(日中の値動き)にとらわれたり
せず昨日までの動きの判断で、朝の成り行きで買う。
こうしないと、小さな雑音ばかりを追ってしまい肝心な「波乗り」
ができなくなってしまいます。

この点、FXの場合は、難しいのですが、売買のタイミングを
時間軸においてみるとよいかと。

成り行きで売買をしてみると、なぜか少し大きな視点になり、
と同時に大切な「覚悟」のようなものが少しずつ生まれてくるので
ぜひ試してみてください。

では、また。

ナンピンの考え方

こんばんは。じゅごんです。

早速ですが、株・FX初心者で「さっぱり勝てない」という方に
お勧めの本、

「あなたも株のプロになれる:立花義正」

の紹介です。

本文では分割売買に関連して、ナンピンについて書いてあります。

分割して買うのですから、初めてと2回目、3回目とでは、買(売)値に
差があるのですが、ナンピンというのは初回よりも2回目、3回目を低い(高い)
位置で買って、持っている玉(ぎょく-"たま"ではないですよ)の平均の値を
下げ(上げ)よう!というものです。

「下がってしまったけど、いつかあがるだろうから、保証金を増やして買い増そう」
というのではありません。計画的にやるんです。
私の場合、この「いつかあがるから」で、初年度は”ビギナーズラック”で多少プラス
になり、2年度目に痛い目に会いました・・。
あくまで、「計画的に」やるから意味があるのです。

冗長なので、ここからは買うことを前提に進めます。

初回よりも、2回目を安く買うのですから当然下がっているときにはじめの1枚目を
買うわけです。そして、下げたら2枚目を買う。
簡単に見えますが、問題があります。やればすぐわかりますが、2枚目を買っても
まだ下がります。
では最後の3枚目。ちょっとあがってやった!
と思ったらまた下がります・・・。
というように、なかなか簡単ではありません

分割売買の場合、ナンピンのほうが有利ではありますが、

・相場がレンジで動いていて
・天井(底)ではないとき

にやらないと意味がありません。天井からナンピンをはじめて底まで続ける。
そのくらい資金が続いて、度胸がある人にとってはその限りではありませんが・・

お小遣いでやっている初心者は闇雲にナンピンを目指さず、まず分割。
順張りになっても、なるべく押し目を狙って買う。位の控えめな作戦で、
相場に慣れましょう!

ということで、
とりあえず「あなたも株のプロになれる:立花義正」 

からは、一度離れます。私が語るこんな浅い内容よりずっと奥深い話なので
ぜひ読んでみてください。

次回は、別のお勧め本です。
天井・底について。

当て方はじょうずにならない

こんばんは。じゅごんです。

早速ですが、株・FX初心者で「さっぱり勝てない」という方に
お勧めの本、

「あなたも株のプロになれる:立花義正」

の紹介です。

とにかく、今までのやり方、あるいは巷にあふれるほとんどの本は、「当て方」について
書かれていて、やり方については書かれていないということがわかりました。

余談ですが、どんな技術を追い求めても50%の確率は越えられないのです。

ではその、「やり方」の第一歩は何かといえば、単純です。
「分割売買」です。一度に満額を買わずに分けて買うんです。

やってるうちに、株価が下がってしまったので、保証金を足して買い足す。
とかいう話ではありません。計画的にやるんです。

本当は保証金の1/3程度というところでやるとよいのですが、そもそもが
お小遣いではじめているのであれば、もう少し使ってもよいのかもしれません。
しかし、使う額の合計を満額にせず、資金に余裕を持ってやります。
本当に「お小遣い」で、分割できないのであれば、FXをやるか、小単元未満取引
などを使って勉強してみてください。

これだけでなぜか、今までと違って落ち着いて取引ができて、動きが見えてくるように
なる感覚が少しだけわかるはずです。

ちなみに、保証金いう言葉が出ましたが、「信用は怖いからやめておいたほうがよい」
などと、周りの人に言われて信じている初心者の方も多いのではないでしょうか?

実際に私も始めてすぐのときに痛い目に会いました(この年だけは損額は10万円では
済みませんでした)。
しかし、上記のとおり、「満額買わずに且つ、分割で買っている」以上、信用をやらずに
株式をやっているほうがよほど危険で片手落ちです。
理由は単純で、下げ相場で勝てないからです。

言うまでもありませんが、信用取引をすれば、売りから入れるので下げ相場でも
勝つことができます。(あまり激しい下げだと制限がかかることがありますが・・)
このことはよく覚えておいてください。

では、本日はこの辺で。次回も「やり方」の続きです。
プロフィール

じゅごん

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ