2011年04月

2011年04月25日

連絡運輸に係わるマルス区間変更券(川崎⇒向ヶ丘遊園間)

区間変更券 川崎→向ヶ丘遊園品川駅931発行 川崎→向ヶ丘遊園間の区間変更券です。
東海道新幹線北のりかえ口のみどりの窓口(東海旅客鉄道)では、4月15日現在、マルスMR20形端末が現役でした。
この乗車券は、川崎→東日本会社線150円区間の乗車券を登戸のりかえで小田急線向ヶ丘遊園まで区間変更したものです。
小田急電鉄株式会社線は、東海旅客会社線と連絡運輸を行っているため、連絡乗車券が購入することができます。
乗車経路は、「東海道本線−横須賀品川線−南武線−4635」です。
20形端末の経路入力は次のとおりです。
東海道 品川 横須賀線 武蔵小杉 南武 登戸 小田急線
ただし、旅客会社線内の発着区間が東京近郊区間内相互発着なのでマルス端末(ローカル機能)の経路自動補正により最も低廉となる運賃計算経路で算出した普通旅客運賃で発券され、運賃計算経路は、「南武線−4635」となります。したがって、券面の経路は「南武・登戸」と印字されます。
運賃は、川崎・登戸間290円、登戸・向ヶ丘遊園間120円、合計410円
原券が川崎→150円区間なので、領収額は260円になります。

yosi44125 at 02:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0)