2011年05月

2011年05月20日

大宮⇒日吉間の連絡乗車券

大宮→日吉 経由:横須賀線・武蔵小杉・東急線川崎新町401発行 大宮→日吉間のPOS券です。
券面の経由は、「横須賀線・武蔵小杉・東急線」と印字されています。
経由線は「東北本線−東海道本線−品川−品鶴線−46611」と思われます。「東北本線−東海道本線−品川」が印字されないのは、おそらく旅客営業規則第69条及び同第70条の規定により大宮・赤羽間及び赤羽・品川間の経路が指定されないことに基づき、POSのプログラムで印字省略しているのでしょう。
「東急線」が印字さているのは、日吉駅が東京急行電鉄株式会社線(東横線)のほか、西日本旅客会社線(山陰本線)及び横浜市高速鉄道線(4号線)に同一名の駅が存在するためです。

大宮→日吉 経由:武蔵小杉・東横線川崎駅@2発行 大宮→日吉間のマルス券です。
武蔵小杉・日吉間の社線運賃がマルス中央装置に収容されていないため、金額入力−基準額発売操作で発券しています。
以前、このブログで川崎駅は伝統的?に基準額入力操作発売が多いと話しましたが、今日も金額入力の操作方がわからない女性のグリーンスタッフに対し、先輩の男性社員が基準額入力の操作を教えていました。
自・社区間入力操作ではなく、基準額入力操作が受け継がれているのですね。

西日本旅客会社線(山陰本線)に日吉駅があるので、こんな乗車券を購入してみました。
日吉→高津 経由:山陰武蔵小杉駅MV1発行 日吉→高津間のマルス券です。
もちろん日吉(東急線)→高津(社)の東京急行電鉄株式会社線の乗車券ではありません。
「経由:山陰」です。



yosi44125 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)