揚げ物をする時に温度計がない場合、揚げ物の衣を少し菜箸につけて落としたり、乾いた菜箸を入れて目安にしています。(菜箸に水分がついているとはねますので注意してくださいね)


150度以下        

揚げ衣を落としてもなかなか浮いてきません。


150〜160度 低温  

揚げ衣を落とすと底に沈んでゆっくり浮いてきます。

・乾いた菜箸を入れると1呼吸置いてからまばらに細かい泡が出ます。

(水分の多い野菜や厚みのあるお肉をじっくり揚げる時に)


 

170〜180度 中温  

揚げ衣を落として鍋底にくっつくかつかない位で浮いてきます。

乾いた菜箸を入れると先からすぐにしゅわしゅわっと泡が上ってきます。

(唐揚げ、天ぷら、カツ、フライなど)


200度    高温   

揚げ衣を落としても沈みません。

乾いた菜箸を入れると勢い良く細かい泡が出てきます。

・中温で揚げた後にいっきにカラッ水分を飛ばしたい時に高温で2度揚げします。


1度にたくさんの材料を入れると適温に熱した揚げ油の温度が下がってしまい味が落ちるので少しずつ揚げています。