今週のデスノまっちゃん

2004年09月14日

マインドゲーム

今日は妙に評価が高くて気になっていた「マインドゲーム」を観にいってまいりました。

公式よりちょっと転載。
「原作は、知る人ぞ知る、そして、知らなかった人は皆、そのマジカルな世界に熱狂し、自らが知らなかったことを悔やむ傑作コミック「マインド・ゲーム」(原作:ロビン西)。

監督は、劇場版『クレヨンしんちゃん』で注目を浴び、シュールな短編『ねこぢる草』を手掛けた天才アニメーター湯浅政明。業界中が待ちに待った、長編初監督作。

実写、2D、3Dを融合させ、路地裏から宇宙までを超絶技巧によってメタモルフォーズさせてゆくハイブリッドムーヴィー」
だそうです。

以下ネタバレあったらごめんなさいなので観る予定の人はお気をつけ下さいませ。

この映画感想を書くのに非常に悩みます。
観終わったあとしばらくは頭真っ白だったんですよね…。
でもたぶんそれは嫌な意味の真っ白ではなくて良い意味の真っ白なんです。

よくわかりませんね。わたしもわかりません。

つまらない映画を見た後はがっくりしたり、何もストーリーが頭に残らなかったり、満たされない嫌〜な気持ちになる事があります。
この映画は最後に一番最初に観たシーンがどわーっと目の前を行き過ぎるんです。
「あっ!あれはあの人だ!」
「これはなんだっけ?!」
ごちゃごちゃになっているうちに終了します。
でもそれが不思議と満ち足りている。
心が満ち足りているのではなくて頭というか精神が満ち足りている。

ますます何言ってるのかわかりませんね。わたしもわかりません。

例えるなら「目で見るんじゃない!心で感じるんだ!」みたいなです( ´_ゝ`)

それだけじゃわけわからんままなので内容に触れていきましょう。
主人公の西君は二十歳で無様な死を迎えます。
しかしこれで終わる事に納得がいかない彼は、走って走って突っ走って生き返ります。
そして今度は自分の思ったようにやりたいように新しい人生をやり直し始めます。

とにかく映像が凄い。スピード感、色彩、デザイン、表現力。
これはアニメだからこそなせる技と思わされました。
わたしが一番惹かれたのは色彩かな。色だけでこんなに感情が豊かに表現出来るのかと圧倒されました。
羨ましい才能です。
キャラはみょんちゃんが可愛い!胸でかすぎ!最初からミントグリーンのぱんつ見えるのもいい!

…いゃ、ぁの、そんな軽蔑した目でわたしを見ないで下さい(;´д`)ほんと可愛いんですから。

西君は脱ぎすぎです。お姉ちゃんはゲージュツカすぎです。神様見た目変わりすぎです。

ますますよくわからないこの映画。小さなお子様には見せない事をお勧めします。
が、実はとっても熱い生きるメッセージがこもった映画でもあります。
くじらのお腹の中で外界と切り離された4人。
このままここで暮らしてくじらと心中するか、無理とわかっていても脱出を試みるか。
くじらのお腹の中はひきこもっている部屋の中のようなもの。
誰からも害されず食べ物もあり、何もしなくてもとりあえずは生きていける場所。親さえ死ななければね。
しかし西君は言います。
「コネも金も才能が無くても格好悪くても惨じめでも、俺は自分の足で動いて考えて自分の人生を手に入れたいんやー!」
ちょっとずきーんときましたよ。

はまる人はとことんはまるドラッグムービー。
映像の面白さ斬新さも脳にいい刺激与えてくれます。

それよりもリアルに衝撃を受けたのは、劇場の客がわたしを含めて3人しかいなかったこと。
一番最初に入って
(わ〜い座り放題〜♪)
と思ってたらその後2人しか入ってこなかったんです。
もっと衝撃だったのはわたし以外の2人は4〜50代のおじさまだったこと。

中高年層がターゲットの映画だったのかコレ?!(;´д`)


yosidukimiya at 23:50│Comments(0)TrackBack(1)映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 『MIND GAME マインド・ゲーム』 8月7日公開  [ これから映画 ]   2004年10月03日 14:46
『MIND GAME マインド・ゲーム』 2004年 アメリカ 監督・脚本 湯浅

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今週のデスノまっちゃん