旅の準備を始める前に

私は世界一周の旅を始める前に、たくさんの人のブログを読んで、持ち物やノウハウを参考にさせていただきました。
その多くは有益な情報でありがたかったのですが、すべての情報が、その人の旅のスタイルに合うかどうかとは別問題です。
私の場合、旅に出てすぐに、持ってきたもののいくつかが要らないものだとわかりました。
ひょっとると、ガイドブックやiPadminiはあなたに必要ないかもしれません。バックパックではなくて、スーツケースがあなたに合っているかもしれません。
どうぞ、このサイトを鵜呑みにすることなく、自分の旅のスタイルに照らして持ち物を決めてください。
旅のスタイルやノウハウも、このサイトは参考程度にして、どうぞご自分のスタイルで楽しまれるようおすすめします

安全対策全般

外務省海外安全ホームページ

外務省が海外の安全情報を配信しています。こちら。
ここをクリックして、自分が行く国の治安が安全なのかどうかを調べてから行くかどうか決めていました。私の場合は、「レベル1十分注意」までは行ってもいいと勝手に決めていました。

レベル2「不要不急の渡航禁止」以上のエリアには基本的には行かないことにしていました。国(日本国と相手国)に迷惑をかけたり、命がけで行かなければならない理由などなかったからです。
でも、旅をしていると、どうしてもレベル2エリアを通過しないと次の国へ行けないという場合も何度かありました。その場合は、国際情勢やネット情報を十分吟味して、安全と判断できた場合だけ行くことしていました。
南米やアフリカ、中東へ行く場合は外務省のホームページは必ず見てください。
レベル4退避勧告の国には間違っても行かないこと。
また、「地球の歩き方」の安全情報ページは必読です。

貴重品の管理について
  
 移動中は、パスポートや余分な現金は、ズボンの内側に縫い付けたポケット(ジッパー付き)に入れていたので、スリなどの被害にはあいませんでした。
使う分の現金とカードは財布に入れてポケットに入れていましたが、買い換える前のズボンのポケットにはマジックテープをつけていました。そのおかげで、イタリアの混んだ列車の中でポケットにまで手を入れてきたスリから被害をのがれました。 

リュックは切られる場合もあるので、リュックに貴重品を入れることはほとんどありませんでした。ウエストポーチもスリの標的になるのでお勧めしません。パスポートや現金はなんらかの形で身に付ける(服の下)ことをお勧めします。

宿に荷物を置いていく場合でも、現金とパスポートは宿に置いたり預けたりはしませんでした。現金をフロントに預ける場合も国によって現金を抜かれることがあり(実際被害に遭った人に会いました)危険です。
パソコンは、安全なロッカーがある宿ではバッグとロッカー両方に施錠の上、ロッカーに置いて外出しました。
客層の悪いドミなどではロッカーは簡単に壊されので注意が必要です。

パソコンやiPadminiを部屋やロビーで充電してトイレに行くことも危険です。そうやって携帯を取られた人に何人も会いました。

携帯(特にスマートホン)や端末(iPadminiなど)は、ひったくりや強盗の標的になります。日本では平気で路上で出して見たりしますが、国によっては、所持しているとわかっただけで強盗の標的になります。
どんなに安全な国であろうと、人前では携帯やiPadminiなどを人前に出さないことを習慣にすることをお勧めします。たとえそれが宿のリビングルームであっても。

私の場合は、カンボジアの路上でiPadminiのひったくあいましたが、それは注意していれば十分に防ぐことができたと思います。
現地の人と同じような恰好(例えば、アジア系の人が移住しているような場所なら、どこにでもいるような移民した中国人のような恰好)をしていれば、旅行客だとは見れずに、襲われる確率はかなり低くなります。

あか抜けた、旅行者のような恰好をしていたり、カメラを首からぶら下げて、ウエストポーチをしていたり、一目で旅行者とわかるような恰好は強盗の恰好の標的となります。

旅に出ると気分も高揚して、普段なら決して騙されないような簡単なワナにはまりがちです。
普段、日本ではそんなに女性がまわりに集まらない人が、旅先で急にモテ始めたら何かおかしいと思ってください。

イスタンブールの町で突然、「僕の弟は日本にいるんだ。一緒に飲もう」と言われたら、ちょっと怪しいと疑ってみてください。
判断の基準は簡単で、(もし、日本で同じことが起こったら自分はどう思うだろうか)と考えてみてください。日本の街角で、「僕の妹はあなたの故郷で働いている。一緒の飲もう」と言われたら、一緒に飲みますか?
街角で突然、「私はあなたの町に住んでいたの。なつかしいわ~、一緒の飲まない?」と誘われたらどうしますか?

日本だったら、同じことがあっても決して騙されないないのに、海外だとイチコロ。
「僕の弟は横浜にいるんだ。一緒に飲もう」
「僕の妹は神戸で働いている。一緒の飲もう」
なんて言われたら、すぐにホイホイとついていく。

日本で同じことが起こったらどう思うだろうかと考えるだけで、多く睡眠薬強盗や美人局(つつもたせ)を未然に防ぐことができます。

多くの日本人は、海外で被害にあっても泣き寝入りか、報告せずじまです。被害は戻ってこないので報告すらしません。そのため、
海外では古典的なダマシの手法が今なお行われています。最低でも、「地球の歩きかた」の巻末にある注意情報には目を通すことをお勧めします。

日本は世界でも有数の超治安
安全国家です。私たちは平和ボケしていて、危険が身近に迫っていることを感知する能力が退化しています。
一歩海外に出れば、人を騙すことで生計を立てている人がたくさんいることを忘れないでください。

もう一度強調します。
「日本で同じことが起こったらどう思うだろうか?」
これを判断の基準してください。

私が被害にあった出来事の数々

 
私 は基本的に旅の大半を一人で行動していました。南米やアフリカの町を一人で歩くというのは、場合によっては危険なこともありますし、正常な判断ができない場合もあります。危険なエリアではできるだけ誰かと一緒に行動することをお勧めします。

1 iPadminiひったくり事件
  プノンペンの町をぼんやりしながらiPadminiで地図を見ながら歩いていて、後ろからきたバイクの二人組にひったくられた。教訓としては、携帯などの端末を人前(野外)でむやみに見せるなということ。ヨハネスブルグでは必ず強盗に遭う。

2 フランクフルトでニセ警官に200ドル財布から抜かれた事件
  公園で写真を撮って欲しいという人がいたので、写真を撮ってあげたところ、そこへ警官が現れて、パスポートを見せろというので、パスポートを提示。麻薬を持っていないか調べるので財布を見せろと言われて見せたところ、お金を抜かれた。教訓としては、ニセ警官はそこら中に出るということと、財布は見せないこと。
   
3  ハロン湾(ベトナム)でぼったくり事件

 南米スキミング事件

5 フローレス(グアテマラ)バスぼったくり事件  


6 ダルエルサラーム両替詐欺事件 

7  インドでツアー代ぼったくり事件

事件はたいてい、疲れている時や、ぼ~っとしている時に起きます。ある程度注意していても防げないものもあります。何か変だなと感じたら、行動しないというのも手かと思いますが、事件が起きても被害を最小限度にくい止めるように心がけ、起きてしまったことは必要経費だと思って切り替えることが大切。最低でも命にかかわるようなダメージを受けないように、強盗などには抵抗しないこと。

「地球のあるき方」記載の危険情報は、危険な場所や典型的な手口が載っているので、必読です。私の場合は全然読まなかったのですが、読んでいれば防げたものもある。また、現地に着いたら、宿の人に町の治安や行ってはいけない場所を聞くとよい。特に、南米、アフリカの町では凶悪な都市もあるので注意が必要。そうした場所では夜間の外出や移動はなるべく避けること。 

シェンゲン協定

シェンゲン協定とは、ヨーロッパに一度に90日を超えて滞在することができない、という協定。
くわしくは
こちらの方がわかりやすくまとめてみえるので参考に。

違反して90日を超えてしまった場合はどうなるかというと、私の読んだ範囲のブログでは、①おとがめ無し、②バレなかった、③罰金を払った、の三とおりでした。
逮捕拘留や強制送還されている人はいなかったので、それほどガチガチに運営されている協定でもないようです。

北米(アメリカ・カナダ・メキシコ)にも同じような協定があって、90日を超えての滞在はできないようです。(ビザがあれば別)アメリカは結構厳しくやっているようです。
 

予防接種

私が接種したのは、A型肝炎、破傷風、日本脳炎です。
A型肝炎は必須だと思いますが、その他については、行かれる地域や旅の内容に応じて検討されるといいと思います。
また、海外(
韓国バンコクトルコ)で安く(もしくは無料で)接種している旅行者もいるようです。
私の場合は
こちら


2014.7.23追記
南アフリカで黄熱病の予防接種をしました。アフリカの一部の国では必要のようです。

旅行保険について

2013/05/20
旅行保険はかけた方がいい。先進国で病気をして医者にかかると、べらぼうな金額を請求される。逆に更新国で医者にかかると、保険代よりもはるかに安い治療費で済む場合が多い。
盗難保険はかけませんでしたが、iPadminiをひったくられたので、かけておけばよかったなあと後悔。

私の調べた範囲では、一年以上の旅行保険があるのは、三井住友と損保ジャパンだけでした。
保険の延長には、場合によっては一旦帰国しなければいけないケースがあるようなので、長めにかけておいて、あとで解約精算する方がいいようです。

参考


eチケットとオンラインストレージ

航空券のeチケットや、あれこれ覚えきれない口座番号などの管理をどうするか。

詳しくはこちらで。


キャッシングについて

銀行の国際キャッシュカードでの引き出しと、クレジットカードでのキャッシングではクレジットカードでのキャッシングの方が手数料(金利)が安い。
詳しくはこちらで。

南米で新生銀行の国際キャッシュカードのスキミングに遭いました。
結論から言いますと、ICチップの入っていないカードは簡単にスキミングされます。
キャッシングは、国際キャッシュカードよりもVISAカード(ICチップ内蔵)をおすすめします。

発生時のブログはこちら。

顚末はこちら

一つご注意。(2013.11.10追記)
楽天カードで海外キャッシングすると、初期設定ではリボ払いになってしまって利息を取られます。私知らずになんと半年もリボ払いしていました。
リボ払いを解除する方法はないですが、一回の支払額を利用限度額いっぱいに設定しておくと、一回で支払いとなり、一括払いと同じことになります。


↓応援のクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯電話とスカイプ

携帯電話は維持費の要らないものがある。
ネット経由でSkypeを使って電話するのも便利です。
詳しくはこちらから。


2014.7.1追記
この電話機は何度か使いましたが、使用料が高い。一分600円ぐらい。さらには受信にも一分200円ぐらいかかる。
SKYPEだけで十分かと思います。

世界一周の予算

実際にかかった費用はこちらで読んでください

私の旅のスタイルは、宿はドミトリー(相部屋)でもかまわないが、観光と食べ物は節約しない。基本的には外食で自炊なし。
移動は金額よりも効率と安全を優先させました。

旅だち前に私が参考にさせていただいたサイトはこちら。

人生は旅なのだ

地球へ途中下車

World Moment

my soul my heart

かけてこ

WORLD WIDE KAWA

世界一周で漏らしてみいる

世界ぷらぷら


海外のWifii事情について

「地球へ途中下車」のマインさんに質問して教えてもらいました。

海外でのWifi接続について①

海外でのWifi接続について②


今、旅の初日で上海です。今までWi-Fiを繋いだのは3回で、中部国際空港の飲食店街は、何もせずにcentrairをクリックするだけ。チェックインした後の待合室ではdocomoのフリーWi-Hiが飛んでいて、それは出て来た画面にメールアドレスを入れたら繋がった。上海空港のフリーWiFiは、携帯電話番号を打ち込むと、携帯電話にSMSメールでパスワードを送ってるくるので、それを入力画面に打ち込むとつながった。

2013年10月26日追記
はっきり言って、iPadminiはWi-Fiの電波を拾う能力が低いです。
私はパソコンは東芝R632/28FSを持ってきていますが、パソコンで繋がるWi-Fiでも、iPadminiでは全く繋がらないホテル、ホステルがたくさんありました。

今朝の宿でも、河村さんのキンドルは楽々電波を拾うのに、私のiPadminiは発信機の近くまで行かないと電波を拾わない。まだ拾っただけいい方で拾わない宿がかなりあった。

正確に統計をとっているわけではないので大まかな感じですが、たぶん5回に1回ぐらいは繋がらなかった。

私のiPadminiは、[バージョン7.0(11a465)・モデル MD529J/A]で、その後そのあたりが改良されているのかどうかわかりませんし、これは私のiPadminiに限っての話で、iPadがどうかは知りません。

私は「地球の~」を入れて持ってくるためにiPadminiを買ったのですが、もしこれだけを通信端末として予定されている方があれば、タブレット端末選択の基準としてアンテナの性能を優先されることをお勧めします。

追記

ごく一部の国(イラン・中国本土など)では国によるWi-Fi の規制があり、そのままでは繋がりません。その場合は迂回ソフトを使うと繋がって、普通に使えます。
私がパソコン用に使った無料迂回ソフトはFreegate というものです。iPadminiは別の種類のものを使いましたが、iPadminiはカンボジアでひったくられて手元にないので不明です。 

(航空券・宿)予約サイト


格安航空券の予約サイト

skyscanner (日本語可)一番よく使ったのはスカイスキャナーのサイトでした。それほど細かく値段優先で予約したわけではなく、使いやすかったので。
momondo
eDreams
cheapoair
Expedia
dohop (日本語可)

安宿予約サイト

Booking.com 日本語)一番使ったのはこれ。いろいろ使った結果、信頼性が高かったので。
Hostelling International (日本語)
hostels club (日本語)
gomio.com
HOSTELWORLD 
Expedia (日本語)
hostelbookers.com
hostels combined(日本語)


持ち物リスト

貴重品関係
  パスポート
  旅行保険証

  クレジットカード 3枚(JALカード・ANAカード・楽天カード)全部VISA。
  国際キャッシュカード 1枚(新生銀行)国際キャッシュカードはスキミングあったのであまりお勧めしません。詳細はキャッシングについて参照。
  パスポートをコピーしてパウチしたもの 1宿で提示するのに重宝したが法に触れるおそれあり。

かばん類
  キャスター付きバッグ 
gregory cash 22Tブラック 1 ただし、このバッグは中型機(A320など)の場合は機内持込みサイズをギリギリオーバーするので、たいていは預けていました。常時機内持込みにしたい人には適しません。
  ディバッグ 昔のものOUTDOOR(たぶん10リットル以下) 1
   ディバッグは毎日背負って歩いたためチャックなどが壊れ、二年の旅の間だに二回買い直した。
        
電子機器類
  パソコン 
Dynabook R632/28FS 1
  
iPadmini1

   携帯電話 Mobel1 これは維持費無料の電話ですが、通話料が高くてほとんど使わなかった。Skypeだけでいいと思います。

  カメラ(コンデジ) 2台
  
iPadmini用予備バッテリー 1
     電子辞書(Seiko SII)  1
  コンセントアダプター 
Fisheye  60021 シスプラ 他 2
  延長コード(2m・三ツ口) 1
  USB 3
  イヤホン 1

衣類(着ていく分も含む)
  スラックス(綿パン)2 ズボンは三回ほど旅先で買い直した。
  Tシャツ半袖 3 Tシャツは何着か旅先で買い直した。日本から持参する物は速乾性のものがおすすめ。速乾性だと夜洗って朝には乾くが、普通のものだと乾かない。
  ワイシャツ 2 これも二着ほど買い直した。

  ユニクロのウルトラライトダウン 1 これはコンパクトで重宝した。
  ユニクロのポリエステルジャケット 1
  綿のセーター 1

  トレーナー 1 これはあまり約にたたず、かさばるので途中で処分した。
  パジャマ用の綿パン 1 これもかさばるので途中で処分。
  ヒートテック下着上下 1セット これは重宝した。

  靴下 3 適宜補充した。
  パンツ 3 適宜補充した。
     帽子 1 覚えていないほどいくつも買い直した。

  衣類についてはたいていのものは旅先で手に入るので最初からたくさん持っていかずに、旅先で安価なものを入手して使い捨てる前提で購入することをおすすめします。但し、おしゃれなものや、高機能のものは売ってないので日本から持参する必要あり。

書籍
  
トーマスクックの時刻表 1 ヨーロッパをユウレイルパスで回ったため。
  
なるほど知図帳 世界2013  (地図部分のみ) 1
  ※ガイドブック50冊ほか18冊の書籍を自炊してiPadminiへ

その他
  
寝袋 1
  シーツ
 1
        キャンプ泊は一度もしませんでしたが、寒がりの私は、バスや夜行列車の中で寝袋を使い、けっこう重宝しました。シーツは虫除け加工の施されたもの(コクーン)を持っていったので、安宿でも一度も南京虫の被害にあいませんでした。

  速乾タオル
PackTowl(パックタオル) Personal M ケルプ 29731 1
  ナイロンタオル(百均) 2
  パソコン用ワイヤーロック
ELECOM セキュリティロック ESL-37  1
  
折りたたみ 携帯用 洗面器 ホワイト 日本製   1これは洗濯するのに重宝した。
  
エアハンガー  2これはそれほど使わなかった。
  ワイヤー付きダイヤル鍵(東急ハーンズ) 2
  3桁のダイヤル鍵(東急ハーンズ) 3
    ユースホステルにもよるが、大きめの南京錠タイプの鍵でないとダメなロッカーも多いので、大きめの南京錠をスイスで買った。

  洗濯ひも(百均) 1
  洗濯ばさみ 4
  S字フック 2
  ボールペン 2
  メモ用紙 1
  洗面用具 (歯ブラシ3 ひげそり2 歯磨き粉3 櫛1)
  傘 1
  爪切り 1
  服を小分けする袋 5
※薬、洗剤は一切持参せず。適宜現地調達予定。

テントについては、私の場合は不要で、一度も野外泊をしませんでしたが、宿代を浮かそうというバックパッカーにはあったほうがいい。特にアフリカでは威力を発揮する。

普段移動の時はキャスター付きバッグを転がして、パソコン、iPadminiはディバッグに入れて背負う。観光の時はキャスターバッグやパソコンは宿に置いて、ディバッグにipadminiだけ入れて持って歩いた。

私の場合は、コロコロキャスターと背中に背負った小さなディバッグ(パソコン用)だけで移動したので、比較的身軽でした。まるまる一日荷物を預けずに観光した日が何日もあった。

個人的には、キャスターバッグをお勧めします。重いリュックを背負う場合、まず最初に宿へたどり着かないといけなくなって、旅の制約が多くなる。キャスターバッグも転がし専用のものがいい。いったん転がしたらもう背負わないと思います。

私の場合、キャスターバッグの総重量が最大で12キロほどでしたが、荷物の総重量を5~6キロまでに抑えることができて、なおかつリュック一つで行くなら、背負いリュックでもいいかなと思います。その程度ならそのまま観光できる。



ガイドブックについて

ガイドブックは地球の歩き方を中心に50冊を自炊業者に頼んでPDF化した後で、iPadminiに入れた。
自炊業者はMEGASCANというところ。この業者を選んだ理由はあれこれ調べていたら、ここで評判がよかったため。 30営業日コースで頼んだが、予定より早く終った。 iPadmiiniの本棚に並べるためのアプリはi文庫(800円)を選択。理由はibook(無料アプリ)よりも使いかってが良さそうだったため。
業者からのデータは業者のサイトからパソコンにダウンロードする方法もあるが、あとあとを考えてUSBに入れて送ってもらった。それをi文庫のマニュアルを見ながら、iTunesでパソコン(Windows)とiPadminiをつないで同期させるだけ。全部で30分もかからなかった。 私はパソコンは得意な方ではないが、簡単でした。
仕上がりにも大満足です。リクエストしなかったのに折り込みの地図などもちゃんとスキャンしてくれました。
iPadminiで「地球の歩き方」を見た感想は、やはり字が少し小さい。実際の本よりは5cm弱小さく(縮小)なる。そのまま読めないことはないが、老眼の人にはきつい(トーマスクックの時刻表を読むような感じ)。
iPadならたぶん実物とほぼ同じサイズになるので、重くてもかまわないならiPadでやった方が読みやすい。
指を広げる操作で画面は大きくなるが、一ページづつその操作をやる必要があるので面倒といえば面倒。
重くても見やすさをとるか、軽くて持ち運びに楽をとるか、となると、私の場合は他のパソコンも持って行くので、軽さをとる。もしパソコンを他に持って行かないなら、iPadでやった方がいいように思う。
なお、パソコンのことは詳しくないので、それでいいのかどうかはわかりませんが、iPadminiは32GBのものを購入し、iCloudの契約は後で25GBにしました。地球の歩き方などガイドブック50冊と他の本18冊入れて全部で13GBぐらいでした。
(画像の後に、旅に出てからの感想が続きます↓)

Image 
ここからは旅に出てから書いています。
iPadminiで「地球の歩き方」を見ていますが、いくつか問題があります。
①屋外で、特に晴れた日に見ると、空が反射して非常に見づらい。
②歩きながら見ると、画面の向きが変わってしまって非常に見づらい。
③紙のガイドブックに比べて、検索しにくく、ページを探しにくい。
以上の点から、私はiPadminiをガイドブックとして持ち歩いて使うということをしなくなりました。
出かける前に下調べしてメモして、あとは人に聞いていく、という使い方で使っています。
ガイドブックとしては、本の方が使いやすいです。本だったら、あっちのページを見て、そこに指を挟んで違うページを見て、またそのページを見る、というようなことができますが、iPadminiではそれができません。

2013年10月13日追記
はっきり言って、iPadminiはWi-Fiの電波を拾う能力が低いです。
私はパソコンは東芝R632/28FSを持ってきていますが、パソコンで繋がるWi-Fiでも、iPadminiでは全く繋がらないホテル、ホステルがたくさんありました。

今朝の宿でも、河村さんのキンドルは楽々電波を拾うのに、私のiPadminiは発信機の近くまで行かないと電波を拾わない。まだ拾っただけいい方で拾わない宿がかなりあった。

正確に統計をとっているわけではないので大まかな感じですが、たぶん5回に1回ぐらいは繋がらなかった。

私のiPadminiは、[バージョン7.0(11a465)・モデル MD529J/A]で、その後そのあたりが改良されているのかどうかわかりませんし、これは私のiPadminiに限っての話で、iPadがどうかは知りません。

私は「地球の~」を入れて持ってくるためにiPadminiを買ったのですが、もしこれだけを通信端末として予定されている方があれば、タブレット端末選択の基準としてアンテナの性能を優先されることをお勧めします。

旅で役立つiPhoneアプリ紹介

旅で役立つiPhoneアプリ紹介

Map With Me

これはいわゆるGPS。Wi-Fiに繋いでなくても使えて町歩きに便利。

為替計算機

これがあると、その日のレートでさっと為替計算をやってくれる。両替や買い物に便利。

(この記事は2014年7月1日に記載。)

ルート作りや宿探しの参考にしたサイト

World runnerさんの
 ブログ
 宿情報
 情報ノート
特に宿情報は参考になります。
 (この記事は2014年7月1日に記載)