2011年10月

2011年10月31日

c82d9ef8.jpg
f4b4da4e.jpg
07156424.jpg
こちらは昨日所沢で撮影した38111Fの送り込み輸送列車です。

この時に池袋線の38109Fによる準急小手指行きとの組み合わせも見られました。

先頭車にカバーが付いた姿は、甲種輸送の時しか見られないです。

この甲種輸送は、28日に山口県下松市にある日立製作所笠戸事業所(下松駅)を出発し、3日間掛けて行われていました。

新秋津からは263Fの4両編成と組んでいたので12両編成という長い編成となっていました。

38109Fと言えば、今年6月5日の武蔵丘でのイベント列車に使われていた編成でもありました。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 12:07│コメント(0)トラックバック(0)大手私鉄  |
47711fdc.jpg
01be14d5.jpg
e663051c.jpg
昨日は新秋津で、西武30000系スマイルトレインの38111Fの甲種輸送を撮影しました。

西武線への送り込み輸送では、昨年3月に引退したE31型電気機関車に替わって、オールM車のN101系の263Fが使われていました。

この263Fは、車両の搬入及び搬出作業に使われる時以外は、西武多摩湖線の国分寺〜萩山間でのワンマン列車に使われているので旅客用と事業用を兼ねた車両となっています。

西武30000系は、今年度8連2編成が導入される予定となっているけど、先に搬入された38110Fは、池袋線系統で営業運転に入っているのを確認しています。

この38111Fは池袋線系統、新宿線系統のどちらに入るのか気になります。

自分が西武30000系の甲種輸送を撮影したのは、2008(平成20)年3月9日の38103Fの時以来でした。

今回は富士急電車まつりに行く予定でいたけど、この甲種輸送の撮影と都電の花電車の撮影に変更しました。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 09:22│コメント(0)トラックバック(0)大手私鉄  |

2011年10月29日

145a6474.jpg
91a53eb8.jpg
1f17a67e.jpg
都電の8805号車は、9月8日に熊野前付近での乗用車との接触事故発生以来修復されずに休車となっているけど、昨日荒川車庫を視察したところ、非パンタ側の右下にテーピングされた痛々しい姿が表れていました。

西側の留置線に置かれているということは近いうちに修理されることが予想されます。

7018号車も2月19日の接触事故以来休車状態が続き、先月に修理されて復活していたし。

8805号車の一足早い復活を願っています。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 10:06│コメント(0)トラックバック(0)都電  |

2011年10月27日

d87aa77f.jpg
d9647946.jpg
6d185ca3.jpg
都電の8503号車には今月14日から昨日(26日)まで、都電×阪堺線100周年コラボヘッドマークが付いていました。今日は8810号車から移された都営交通100周年記念ヘッドマークが取り付けられているのを確認したので良い時に撮影しておいて正解だったと思いました。

都電×阪堺線コラボヘッドマークはどの車両に取り付けられたのか気になります。

こちらは昨日高戸橋で撮影。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 17:10│コメント(0)トラックバック(0)都電  |

2011年10月24日

2e4760b2.jpg
3d4f770f.jpg
eec9b3cf.jpg
昨日は三ノ輪橋でバラをバックに花電車を撮影しました。

この時に秋バラが咲き誇っていたので絵になる風景となりました。
この日は雨が降らなくて良かったです。

今から33年前の1978(S53)年の3月30日から4月10日までの間に乙6000形の5両による荒川線新装記念の花電車が運転された時も沿線に人が集まっていたので、今回(都営交通100周年記念の花電車)も33年前と同様の人出となっていました。

33年前の花電車は、1号車(乙6211号車)がムーミン号、2号車(乙6209号車)が10チャンネル号、3号車(乙6213号車)がムシバラス号、4号車(乙6210号車)が山吹の里号、5号車(乙6212号車)が馬車鉄道号となっていました。

テレビ朝日(テレ朝)のほうは、地上アナログ放送の時代は10チャンネルだったけど、地上デジタル放送への移行により5チャンネルとなっています。

テレビ東京(テレ東)も同様に12チャンネルから7チャンネルに変更されていたし。

当時は定期運用終了間近の6000形(3月運転分)、7000形の7001号車と7031号車(4月運転分)が花電車の先導車として活躍していました。

乙6000形の5両は、ワンマン化によってお役御免となった6209〜6213号車から改造され、窓より上の部分(車体上部)が撤去されたオープンスタイルとなっていました。

これらの車両は、花電車の運転終了後、次回の運転に備えて荒川車庫で保管されていたけど、無理矢理改造されたことにより車体の歪みが生じてしまった為に復活することもなく、その3年後の1981(S56)年に廃車解体されていました。

現在の花電車である花100形は、新型の8800形の導入によってお役御免となった7500形の7510号車から改造されていたけど、乙6000形の時とは違って側面の一部が撤去されただけの改造だったので、雨天の走行にも対応しています。

今回の花電車での運転終了後も、すぐに解体されずに残されることが予想されます。

花100形は前面のみ種車(7510号車)の面影があります。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 15:36│コメント(0)トラックバック(0)都電  |
月別アーカイブ
記事検索