2012年02月

2012年02月29日

b08b8148.jpg
f967837b.jpg
6def2bda.jpg
4年に1度のうるう年(オリンピックイヤー)限定の日である2月29日は、都電の高戸橋の撮影ポイントで、この日に積もっていた雪をバックに都電を撮影していました。こちらは都電荒川線の主力車両である7000形の7026号車で、7019号車も映っていました。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 22:27│コメント(0)トラックバック(0)都電  |
d59bb68e.jpg
065ec3ee.jpg
aa746d3f.jpg
昨年10月に運転されて話題となった都電の花電車は、今月25日に下見に行った時に装飾が外され、ブルーシートが掛けられた状態で屋外留置されていたのを確認しました。

この時にはおでこの部分の一部の塗装が剥げ落ちて、種車の7510号車時代の緑色塗装が出てきていました。

こちらは屋根付きで状態が良いので、今後の動向が気になります。

今から34年前に運転された前回の花電車の時に使われていた乙6000形のほうは、次回の運転に備えて保管されていたけど、オープンタイプに改造されたことの影響により車体の歪みが発生した為にその3年後に解体されていました。

この日は4年に一度のうるう年(オリンピックイヤー)限定の2月29日で、都心では雪となっていました。

都電は雪にも強いことで有名となっています。

因みに黄色い6086号車のほうの行先表示は三ノ輪橋となっていました。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:12│コメント(0)トラックバック(0)都電  |

2012年02月28日

d901fff7.jpg
a706b802.jpg
a8afedd0.jpg
一昨日の撮影ツアーでは、最初に松田駅の手前の短絡線(足柄上病院付近の撮影ポイント)で、小田急20000形RSE車によるあさぎり4号を撮影しました。小田急線とJR東海御殿場線を結ぶ短絡線のほうは、ゆっくりとしたスピードで進むので狙いやすいです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 22:25│コメント(0)トラックバック(0)大手私鉄  |

2012年02月26日

5a8e59f1.jpg
d1054c23.jpg
4a5f1111.jpg
今日は小田急の登戸駅と松田駅手前の短絡線(足柄上病院付近の撮影ポイント)で、JR東海371系によるあさぎり号を撮影しました。

今回の撮影ツアーは大満足でした。松田から新宿まで371系によるあさぎり6号で帰ります。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 16:31│コメント(0)トラックバック(0)JR | 鉄道乗車記 |

2012年02月25日

f7e4dfac.jpg
ff790f0d.jpg
53a9945f.jpg
一昨日(2月23日)は、成増から池袋まで、東武東上線の9000系試作車である9101Fに乗りました。

こちらは1981(昭和56)年に、営団地下鉄(現、東京メトロ)有楽町線の直通運転に備えて導入された試作車で、1987(昭和62)年8月25日の和光市〜営団成増(現、地下鉄成増)間の開業及び有楽町線との直通運転開始と共に導入された量産車とは仕様が異なっています。それが側面の行先表示でも把握出来るし。

量産車と同様に、有楽町線直通運用にも使われていたけど、量産車とは仕様が異なることに加え、かつて有楽町線で活躍していた営団地下鉄→東京メトロ07系と同様に副都心線のホームドア(有楽町線にも順次取り付けられている)に適合しないという理由で、副都心線乗り入れ対応工事が見送られていたので、現在東上線の地上運用(池袋〜小川町間)で使われています。

一昨年3月28日(自分(しゃもじ)の誕生日)に森林公園で行われた東上線のイベントの時まではYマークが付いていました。

このYマークは、9101Fのほか、副都心線に乗り入れることの出来ない東京メトロ7000系及び西武6000系の未更新車にも付いていたけど、更新工事の完了やメトロ7000系の未更新車の廃車によって見られなくなっています。

9101Fが有楽町線乗り入れに使われていた頃は、更新前の9000系量産車と共に黄色い行先表示が出ていたことがありました。有楽町線と東武東上線との直通運転が開始された当時は新富町行きの時代だったので、東武9000系の新富町行きの表示は、翌年の1988(昭和63)年6月8日に新木場まで延長されるまでの10ヶ月間の短命となっていました。

9000系は、試作車導入の2年後の1983(昭和58)年に東上線を皮切りに導入されていた10000系のベースとなった車両となっています。ステンレス車体にマルーン帯は30000系まで受け継がれていました。

今回は東武9101Fに巡りあえて良かったと思っています。

おまけの画像は、一昨年3月28日の森林公園での東上線イベントで展示されていたYマークが付いていた頃の9101Fで、新富町行きの表示も披露されていました。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:48│コメント(0)トラックバック(0)大手私鉄 | 鉄道乗車記 |
月別アーカイブ
記事検索