2018年03月

2018年03月31日

02e2e288.jpg
9cb7742b.jpg
793d4234.jpg
昨日(3月30日)は、日暮里から見沼代親水公園まで、開業10周年を迎えた日暮里・舎人ライナー(都営交通の新交通システム)の330形による開業10周年記念ラッピング電車に乗りました。

このラッピングには、都電荒川線(東京さくらトラム)のマスコットキャラクターである「とあらん」と桜が描かれています。

今から10年前の2008(平成20)年3月30日は、日暮里・舎人ライナーと、横浜市営地下鉄グリーンライン(日吉〜中山間)が同時に開業していたので、グリーンラインも開業10周年を迎えていたのであります。

自分(しゃもじ)は、開業当時に仙台に行っていた絡みにより、初日に乗ることが出来なかったので、その後の4月3日にグリーンライン、4月4日に日暮里・舎人ライナーに初めて乗ったのであります。

明日(4月1日)は、2018(平成30)年度の初日(新会計年度)を迎えることになり、大阪市交通局が民営化され、地下鉄、ニュートラム部門がOsaka Metro(大阪メトロ)となるので、長年親しまれたマルコマークが2017(平成29)年度の最終日である今日(3月31日)で見納めとなってしまいます。

この日は、三江線(三次〜江津間)も最後の時を迎えます。

今年は、3月31日が土曜日なので、昨日(3月30日)で、2017年度が本格的に終了していました。

明日の新年度初日は、日曜日なので、週明けの4月2日に2018年度が本格的にスタートすることになります。

このことで、今から14年前の2004(平成16)年4月1日に営団地下鉄が民営化されて東京メトロとなったことを思い出しました。

日暮里・舎人ライナーの路線

日暮里〜西日暮里〜赤土小学校前〜熊野前〜足立小台〜扇大橋〜高野〜江北〜西新井大師西〜谷在家〜舎人公園〜舎人(とねり)〜見沼代親水公園

日暮里駅は、JR(山手線、京浜東北線(日中は快速運転の為通過)、常磐線(一部上野東京ラインとして品川まで直通運転))、京成(本線、成田スカイアクセス線)

西日暮里駅は、東京メトロ千代田線、JR(山手線、京浜東北線(日中は快速運転の為通過))

熊野前駅は、都電荒川線(東京さくらトラム)への乗換駅であります。

日暮里・舎人ライナーの沿線から成田空港に行く場合には、日暮里まで日暮里・舎人ライナーで行き、日暮里駅で京成電鉄のスカイライナー(成田スカイアクセス線経由の速達列車)に乗り換えたほうが近いです。

西新井大師西駅は、その名の通り、西新井大師の西側にある駅であり、西から始まり西で終わるというユニークな駅名でもあるけど、西新井大師へは、東武鉄道大師線の大師前駅が近いです。

日暮里・舎人ライナーが出来る前、足立区の舎人エリアに行く場合には、日暮里駅や東武線の竹ノ塚駅等からのバスに頼っていた状態だったので、日暮里・舎人ライナーが出来てからは渋滞知らずで行くことも出来るようになっています。

都営バスの里48系統(日暮里駅〜見沼代親水公園駅間、巣鴨、北、南千住(4月1日から千住)の各自動車営業所所属)が、日暮里・舎人ライナー開業後も本数が減らされた上で残されている理由は、日暮里・舎人ライナーが通らない足立流通センターを通ること、すんなり乗れることに加え、日暮里・舎人ライナーが運休となった時の代わりの手段として使われているからであります。

地下鉄副都心線と重複している都営バスの池86系統(池袋駅東口〜渋谷駅東口間、早稲田自動車営業所所属)も同様の理由で残されているけど、明日(4月1日)からは、一部の便が池袋サンシャインシティまで延長され、1990(平成2)年7月以来28年ぶりにサンシャインシティへの乗り入れが復活することになります。

当時の池86系統(早稲田自動車営業所)は、渋谷自動車営業所と同様に、三菱ふそう(FUSO)車(新呉羽車体)が当たり前だったけど、今回は三菱ふそう車以外(いすゞ(ISUZU)車メイン)もサンシャインシティに乗り入れることになるので、変わったなと思いました。

舎人公園は、舎人公園駅の東西に広がる都立の公園であり、この時期は西側のエリアに植えられているレーガン桜を含めた桜が見頃を迎えています。

日暮里・舎人ライナーの車両基地は、舎人公園の東側の地下にあるので、一般の人が目にすることが出来ない状態であります。

この日は、昨年5月10日に導入された320形が運休となっていたのが残念だけど、昨年5月に乗ったことがあるのでよしとします。

330形は、2015(平成27)年に、三菱重工業三原製作所(広島県三原市)で製造され、10月10日に営業運転入りしていたアルミニウム合金製車両であり、同じ三菱重工業製である、ゆりかもめの7300系(2014(平成26)年1月に初期型の7000系の置き換え用としてデビューしていた車両)に準じています。

ゆりかもめでは、今年の秋以降に7500系(7300系のマイナーチェンジバージョン)が7200系(7000系の後期型VVVFバージョン)の置き換え用として導入される予定であり、2020年6月(東京オリンピック2020の開催前)までに7200系の全てが置き換えられることになります。

開業当時から活躍している日暮里・舎人ライナーの300形(全編成新潟トランシス製)は、ゆりかもめの7000系に準じているので、日暮里・舎人ライナーがゆりかもめに似ていると言われています。

日暮里・舎人ライナーが開業した当初は、12編成在籍していたけど、利用客が大幅に増え、混雑する区間が現れるようになったので、2人掛けクロスシート(ロマンスシート)がロングシート化され、2009(平成21)年と2011(平成23)年に300形が2編成ずつの4編成、2015年に330形、2017年に320形が1編成ずつ増備されています。

このことで、日暮里・舎人ライナーが好評であることが分かりました。

2020年には、新車が2編成導入される予定となっているけど、どうなるのか気になります。

見沼代親水公園駅は、その名の通り、見沼代親水公園の近くにある駅であり、埼玉県境が目と鼻の先となっています。

周辺には、シマホモール草加(ホームズ(HOME'S)草加舎人店、埼玉県草加市)があり、見沼代親水公園駅からも歩いて行くことが出来ます。

シマホとは、島忠とホームズ(HOME'S)を合わせた略称であり、スマホみたいな名前だなと思いました。

320形は、新潟トランシスで製造された車両であり、300形と同じステンレス製で、塗装や前面等が改良されています。

新潟トランシスは、2003(平成15)年に、これまでの新潟鐵工所の鉄道車両製造部門の代わりに設立された会社であり、IHI(旧、石川島播磨重工業)の子会社でもあるので、IHIグループが鉄道車両製造部門にも進出していたことが分かります。

日暮里・舎人ライナーには、ゆりかもめと同様の前面展望座席があり、無料で前面展望が出来ることで人気があるけど、係員による有人運転が行われている時には、それが出来ないことになっています。

熊野前〜足立小台間で隅田川、足立小台〜扇大橋間で荒川を渡るシーンを見た時には、海沿いを走るゆりかもめを思い出します。

昨日は天候に恵まれていたので、日暮里・舎人ライナーの旅も最高だったし、舎人公園の桜も綺麗でした。

このことで、2014年8月6日に友人と一緒に日暮里・舎人ライナーで日暮里から見沼代親水公園まで1往復したことを思い出しました。

その友人は、鉄道アイドルステーション♪を通じて知り合ったので、ステーション♪のファンをやってて良かったと思っています。

自分(しゃもじ)は、昨年3月19日から21日までの間にその友人と一緒に東北気仙沼遠征に行った時以来宿泊とは無縁で日帰りばかりの状態が続いており、今年度は宿泊ゼロとなってしまいました。

世の中には2年以上も宿泊とは無縁で日帰りばかりの人もいるけど、やはり早く宿泊したいと強く思っています。

このことは残念ながら中々実現出来そうもないです。

日帰り温泉は大好きだけど、日帰りばかりの長いトンネルからは抜け出せそうもないのが深刻であります。

小田急電鉄による江ノ島・鎌倉フリーパスの旅は日帰りでもいいけど、箱根フリーパスの旅での日帰りでの利用をしたくはないです。

その理由は、泊まり掛けで行きたいことだけでなく、1日用がないからであります。

それよりも小田急ロマンスカーのGSEこと70000形にいち早く乗れることを願っています。

小田急線からは、日暮里・舎人ライナーの乗換駅である西日暮里駅まで乗換えなしで行くことが出来ます。

このように、開業10周年を迎えた日暮里・舎人ライナーに乗り、10周年記念ラッピング電車を撮影することが出来て良かったです。


















よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:02│コメント(0)都営地下鉄、舎人ライナー等 | 鉄道乗車記 |

2018年03月30日

7596ff48.jpg
f58d01a7.jpg
bc0684c9.jpg
一昨日(3月28日)は、JR新宿駅の9番線で、E257系(あずさ、かいじ号の車両)のモトM106編成による青梅ライナー5号を撮影しました。

青梅ライナーは、東京〜青梅間を結ぶ平日限定の通勤ライナーであり、夜の下りは3本、朝の上りは1本で、全て、松本車両センター(長モト)所属のE257系の9両編成が使われています。

青梅ライナー5号は、東京駅を21時30分、新宿駅を21時45分に発車し、途中、立川、拝島、河辺に停車してから青梅へと向かう列車であり、中央ライナーや他の青梅ライナーと同様に、全席指定で、ご乗車には、ライナー券(普通車、510円)またはグリーン券(グリーン車、720円)が必要となります。

青梅ライナーの時刻(下り、青梅行き)

1号 東京 18時ちょうど発→新宿 18時15分発→立川 18時44分着→拝島 18時58分着→河辺 19時11分着→青梅 19時18分着

3号 東京 20時ちょうど発→新宿 20時15分発→立川 20時41分着→拝島 20時53分着→河辺 21時08分着→青梅 21時15分着

5号 東京 21時30分発→新宿 21時45分発→立川 22時11分着→拝島 22時23分着→河辺 22時37分着→青梅 22時43分着

上り(東京行き)

青梅 6時16分発→河辺 6時23分発→拝島 6時37分発→立川 6時50分発→新宿 7時19分着→東京 7時33分着

下りの青梅ライナー(1,3,5号)は、東京、新宿駅が乗車専用、立川、拝島、河辺、青梅駅が降車専用であり、上りの青梅ライナーは、その逆となっています。

中央線特急あずさ、かいじ号のE257系は、2001(平成13)年12月1日に11両編成のあずさ号でデビューし、翌年の2002(平成14)年12月1日までの1年間に、9両基本編成16本、2両付属編成5本の154両が導入され、183系や189系の全てが置き換えられていました。

青梅ライナーが中央ライナーと共に、ホームライナーやおはようライナーからの格上げにより登場したのは、2001年12月1日のことであり、2002年6月30日までの間、青梅ライナーに183系や189系が使われていました。

183系や189系からE257系への置き換えは、2001年12月1日、2002年3月23日、7月1日、12月1日と段階的に行われ、2002年7月1日には、特急かいじ号と共に、青梅ライナーもE257系に統一されていたのであります。

特急かいじ号は、今年3月13日に30周年を迎えていたので、3月25日には、新宿〜甲府間で189系による団臨が運転されていました。

往路はM51編成(国鉄特急色)、復路はM52編成(初代グレードアップあずさ塗装、イタリアンカラー)が使われ、M51編成にJNRマークが復元されていたけど、復路のみで往路の撮影が出来なくて残念に思っています。

このことで、碓氷峠鉄道文化むら(群馬県安中市、信越線の横川駅付近)で静態保存されている189系の保存車両(クハ189-506号車)を思い出しました。

JNRマークは、逆さにしても同じように見えるのが特徴であり、スマホの画像や写真等で見る度に逆さにして見たくなります。

国鉄(JNR)時代のシンボルだったJNRマークが導入されたのは、1958(昭和33)年11月のビジネス特急こだま号(東京〜大阪、神戸間、151系)の登場の時であり、前面の特急シンボルマークと共に、今年で60周年の還暦を迎えることになります。

川崎重工業兵庫工場には、こだま号でデビューしていた151系のクハ26001→クハ151-1号車(川崎重工業の前身である川崎車輛製)が静態保存されているけど、こちらにはもちろん特急シンボルマークやJNRマークもあります。

使命を終えた車両のうち、歴史的価値のある車両が優先的に保存されている状態であり、国鉄の黄金時代を築いていた151系もその一つであることが分かります。

151系は、1959(昭和34)年度のブルーリボン賞受賞車であり、前年の1958年度の小田急電鉄初代3000形ロマンスカーSE車に続く2回目のブルーリボン賞受賞となったことに加え、国鉄車両としては初めてのブルーリボン賞受賞車となったのであります。

E257系は、2002年度のブルーリボン賞受賞車であるので、その伝統が受け継がれています。

1958年は、SUBARU(スバル)ブランド並びに本格的な軽自動車(軽乗用車)のパイオニアであるスバル360が発売された年でもあるので、自動車業界でも話題になった年でもありました。

富士重工業からSUBARUに社名(商号)変更されてから早いもんで1年経とうとしています。

E257系が9両編成で運転される時には、新宿(東京)寄りに500番台に準じた貫通型先頭車が来ているので、小田急ロマンスカーの30000形EXEまたはEXEαや60000形MSEの6両編成で、新宿(北千住)寄りに貫通型先頭車が来ていることと同じような現象となります。

M106編成は、2001年12月に近畿車輛で製造された編成であります。

E353系の追加導入が早ければ、E257系があっという間に置き換えられてしまうことになるので、この機会にE257系による青梅ライナーを撮影することが出来て良かったです。





















よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:35│コメント(0)JR  |

2018年03月29日

ea636183.jpg
c828d557.jpg
632e8189.jpg
昨日(3月28日)は、JR新宿駅の10番線で、中央線特急のE353系のモトS105+205編成(松本車両センター所属)による、スーパーあずさ19号(松本行き)を撮影しました。

こちらは、3月16日まで、E351系(初代スーパーあずさ)で運転されていた列車であり、新宿駅を14時ちょうどに発車した後、途中、八王子、甲府、茅野、上諏訪に停車してから松本へと向かう最速達のスーパーあずさらしいスーパーあずさであります。

昨年12月23日からE353系で運転されている新宿 10時ちょうど発のスーパーあずさ11号は、立川駅に止まる速達バージョンのスーパーあずさ号となっており、速達スーパーあずさは、上諏訪を出ると岡谷、塩尻に停車せずに次は松本という速達ぶりを見せています。

スーパーあずさ19号の前の松本 11時08分発のスーパーあずさ14号も、同じ停車駅であるけど、どちらも立川駅には停車しないので注意が必要であります。

当然のことながら、立川駅には停車いたしません。というアナウンスもあり、立川駅へは、後続のかいじ111号(E257系による運転)または快速や特快(どちらもE233系による運転)を使わなければならないです。

今回の改正では、E353系による東京乗り入れが、松本 8時ちょうど発のスーパーあずさ6号(途中、塩尻、岡谷、下諏訪、上諏訪、茅野、小淵沢、韮崎、甲府、大月、八王子、立川、新宿に停車)で見られるようになっているけど、このこととは正反対に、E351系が定期運用から離脱されたという寂しさもあります。

S105+205編成は、E351系の第二次置き換え用として、総合車両製作所横浜事業所で製造された編成であり、今年1月30日に逗子から松本まで自力回送されていました。

その後、S106,107,108編成が、9両単独で逗子から松本まで自力回送されていたので、E351系に続いてE257系が置き換えられることが近づいていることが分かります。

現在E257系が使われている中央ライナーと青梅ライナーは、大好評である京王電鉄の新5000系による京王ライナーや、西武鉄道の40000系による拝島ライナーに対抗する為に早い段階でE353系に置き換えられる可能性があります。

E353系が青梅線で試運転により入線していたのは、その為であり、今年2月5日には、営業運転入りする前のS105編成が使われていました。

3月26日には、S106編成がS201編成(量産先行車)との組み合わせにより営業運転入りしていたので、3両付属のS201編成が3月9日にS101編成よりも先に出場していたことが生かされています。

S101編成は、未だ長野総合車両センターに入場中である為に、不足を補う為に、S106編成に白羽の矢が立てられていました。

S108編成が一昨日(3月27日)、逗子から松本まで自力回送さていたので、E351系に続いてE257系も急ピッチで置き換えられていくことが予想されます。

自分(しゃもじ)は行かなかったけど、3月3日には、立川駅の2番線(青梅線のホーム)で、E353系の車両展示会が行われ、S106編成の中に入ることも出来ていました。

そこに行かなかった理由は、土曜出勤(休日EXE)の前であること、混乱防止であることや、小田急線の複々線部分の乗り初めに専念していたからであります。

E353系は、9両基本編成と3両付属編成がバラバラに使われることが考えられるので、小田急ロマンスカーの60000形の6両基本編成と4両付属編成の運用がバラバラであることと同様となります。

2001(平成13)年12月1日にE257系が特急あずさ号でデビューした時に、9+2の11両編成が当たり前だったけど、後に9両基本編成と2両付属編成がバラバラで組まれるようになっています。

E257系が185系等の置き換え用として転用されることが予定されており、その場合には、編成の組み換えや大規模なリニューアルが必要となってきます。

昨年12月26日に、新宿から八王子まで、E353系のS104+204編成によるスーパーあずさ29号に乗った時に、乗り心地が良かったな!と思いました。

当時、八王子駅には、逗子から長津田まで甲種輸送された東京急行電鉄(東急電鉄)大井町線の新車である6020系(7両の急行専用車)の6121Fが止まっていたので、同じ総合車両製作所横浜事業所製の縁を感じていました。

6020系は、自分(しゃもじ)の誕生日に当たる昨日(3月28日)、ベースとなった田園都市線の2020系と共に営業運転が開始されたけど、2020系は朝の1往復、6020系はお昼の2往復にしか使われていないことがネックとなっているので未だ乗れていないです。

6020系は昨日、お昼の2往復で6000系に車両交換されていました。

昨日の自分(しゃもじ)の誕生日には、東急2020系や6020系に乗れなかった代わりに、誕生日当日の拘りらしく、話題のE353系を撮影することが出来て良かったです。














よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 15:54│コメント(0)JR  |

2018年03月28日

4fa1026c.jpg
fcad3beb.jpg
abd8bc95.jpg
昨日(3月27日)は、椎名町から池袋まで、西武鉄道の30000系38105F(ぐでたまスマイルトレイン)による各停池袋行きに乗りました。

こちらは、30000系スマイルトレインのデビュー10周年と、ぐでたま(ハローキティなどでお馴染みのサンリオのキャラクター)の5周年記念によるコラボ列車であり、幸せの黄色い西武線でもあります。

38105Fは、30000系の2両編成とペアが組まれた10両編成で使われることもあれば、8両単独で使われることもあり、8両単独で使われる時には、反対側(飯能、西武新宿寄り)の顔を見ることも出来ます。

ぐでたまスマイルトレインが、3月4日の玉川上水車両基地で初公開された時には、3月5日の営業運転初日と同様に、飯能寄りに32103Fが連結されていたので、今回飯能(西武新宿)寄りの別バージョンの前面を撮影することが出来たのであります。

このように、38105Fによるぐでたまスマイルトレインに初めて乗ることが出来て良かったです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 17:04│コメント(0)トラックバック(0)大手私鉄 | 鉄道乗車記 |
今日(3月28日)は、自分自身(よしちゃん@しゃもじ)の43回目の誕生日です。

この日は、ステーション♪見習いのあいりんこと北川愛莉氏の14回目の誕生日でもあるのでこちらもおめでとうございます。

昨年の3月28日は、まぜる〜むに出勤していたさやぽんに祝ってもらいました。

昨日はハイスピことHIGHSPIRITSのゆみみこと天野有美氏の生誕祭だったので、自分(しゃもじ)の生誕前夜祭でもありました。

昨日は、カバガことCoverGirlsのなっちこと横山なつみ氏の23回目の誕生日だったので、おめでとうございます。

この日は1998(平成10)年3月28日に京急2100形がデビューした記念日でもあり、あれから20年経ちました。

皆様からのお祝いをお待ちしています。






よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:33│コメント(0)トラックバック(0) |
月別アーカイブ
記事検索