2018年05月17日

859e9d11.jpg
c04284ff.jpg
004089e8.jpg
昨年12月23日に中央本線(中央東線)のスーパーあずさ号でデビューしたE353系(松本車両センター(長モト)所属)は、9両編成7本の増備により、7月1日(日)から、E257系の一部の置き換えにより、あずさ号の3往復と、かいじ号の9往復にも進出するという情報が入ってきました。

現在、総合車両製作所横浜事業所(旧、東急車輛製造)で、E353系の製造が急ピッチで行われており、これまで落成していたモトS107編成は豊田車両センター武蔵小金井派出所、S108編成は豊田車両センター(八トタ)、S109編成は幕張車両センター(千マリ)、S110編成は尾久車両センター(東オク)にそれぞれ疎開留置されています。

そのうちのS110編成に関しては、初めて上野駅に入線していたことで話題になっていました。

2015(平成27)年に落成していた量産先行車であるS101とS201編成は、長野総合車両センターで量産化改造されているけど、現在はS101編成が未だ改造中であるので、先に出場していたS201編成(付属の3両)が、S106編成とペアが組まれた状態で、スーパーあずさ号に使われています。

捻出されたE257系は、リニューアルの上で東海道線の特急踊り子号に転用されることが発表されていたので、185系の定期の特急運用(踊り子号)からの撤退が近づいてきています。

7月1日からE353系に置き換えられる列車は、あずさ号の3往復と、かいじ号の9往復であり、スーパーあずさ号で限定されているE353系があずさ号とかいじ号に進出することになり、E257系によるかいじ号が、一気に3往復まで減ってしまいます。

7月1日からE353系で運転される列車(全て9両編成)

あずさ17号 新宿 13時ちょうど発→松本 15時46分着

あずさ21号 新宿 15時ちょうど発→松本 17時48分着

あずさ27号 新宿 17時30分発→松本 20時31分着

あずさ12号 松本 9時54分発→新宿 12時33分着

あずさ16号 松本 12時ちょうど発→新宿 14時41分着

あずさ34号 松本 19時21分発→新宿 22時07分着

かいじ101号 新宿 9時30分発→甲府 11時13分(土休日は11時19分)着

かいじ105号 新宿 11時30分発→甲府 13時08分(土休日は13時10分)着

かいじ109号 新宿 13時30分発→甲府 15時09分着

かいじ111号 新宿 14時30分発→甲府 16時08分着

かいじ113号 東京 15時15分発→新宿 15時30分発→甲府 17時09分(土休日は17時11分)着

かいじ117号 新宿 18時30分発→甲府 20時11分着→竜王 20時16分着

かいじ119号 新宿 19時30分発→甲府 21時12分着→竜王 21時17分着

かいじ121号 東京 21時45分発→新宿 22時ちょうど発→甲府 23時41分着

かいじ123号 東京 22時45分発→新宿 23時ちょうど発→甲府 0時40分着

かいじ102号 竜王 7時02分発→甲府 7時08分発→新宿 9時04分(土休日は9時03分)着

かいじ104号 竜王 8時07分発→甲府 8時12分発→新宿 9時54分着→東京 10時09分着

かいじ106号 甲府 9時29分発→新宿 11時04分着

かいじ108号 甲府 11時29分発→新宿 13時04分(土休日は13時05分)着

かいじ110号 甲府 12時29分発→新宿 14時04分(土休日は14時05分)着

かいじ114号 甲府 14時25分発→新宿 16時03分着

かいじ118号 甲府 16時10分発→新宿 17時51分着

かいじ120号 甲府 17時26分(土休日は17時27分)発→新宿 19時06分(土休日は19時09分)着

かいじ122号 甲府 18時56分発→新宿 20時37分(土休日は20時35分)着

竜王発着のかいじ号は、全てE353系への置き換え対象となるので、E257系による甲府・竜王の表示が6月30日(土)をもって見納めとなります。

E353系の東京乗り入れは、スーパーあずさ6号(12両編成)と合わせて下り3本、上り2本と増えることになり、下りでは初であります。

中央ライナーと青梅ライナーに関しては、今のところ置き換え予定がなく7月2日(月)以降もE257系で運転されることになります。

7月1日以降もE257系で運転されるあずさ、かいじ号の定期列車は、あずさ3,7,9,13,25
,31,35,2,8,10,20,24,26,30号、かいじ103,107,115,112,116,124号であり、3号は千葉発南小谷行き(1,2号車は松本止まり)、25号は東京発松本行き、2号は松本発東京行き、26号は南小谷発新宿行き(1,2号車は松本始発)、30号は松本発千葉行き、115号は東京発甲府行きであり、その他はあずさ号が新宿〜松本間、かいじ号が新宿〜甲府間であります。

再来年(2020年)春には、伊豆方面への特急に、E261系というハイグレード車両が8連2本16両導入される予定であり、それには、JR東日本初となるプレミアムグリーン車(グランクラスの在来線版)、グリーン個室、ヌードルバー(麺類が提供される場所)、グリーン車が設けられるけど、E655系のなごみと同様に、全車グリーン車以上のクラス(指定席)で、普通車がないので、気軽に乗れそうもないです。

あずさ、かいじ号のE257系からE353系への置き換えは、早まる可能性があるので、乗車、撮影はお早めにとなります。

画像は、5月10日に新宿駅で撮影した、E353系のS103+203編成によるスーパーあずさ29号と、スーパーあずさ号のポスターです。

















































よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 17:57│コメント(0)JR │

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
記事検索