鉄道撮影ツアー

2015年01月23日

8b4b81ad.jpg
33614cee.jpg
0b0bd8ac.jpg
4957cc68.jpg
650e6e5e.jpg
こちらは、今月(1月)18日に、JR南武線の川崎、武蔵小杉、稲城長沼駅で撮影した、205系の先頭車改造編成であるナハ50編成(クハ205-1205F)です。

この編成は、2004(平成16)年から2005(平成17)年に掛けて、山手線から転用された205系の先頭車不足を解消する為に先頭車改造されたものであり、6編成改造により導入されていました。

当初は、2004(平成16)年に残りの103系を置き換える為に導入された5編成で打ち止めとなるはずだったけど、205系の先頭車改造車の導入を武蔵野線から南武線に切り替え、ナハ45編成(クハ205-29F)を8連、VVVF化の上で武蔵野線に転用されていたことで先頭車不揃い問題が解決されていました。

これにより、南武線の205系先頭車改造編成(1200番台)が6編成導入されたことになっていたし。

南武線の103系は、2004(平成16)年12月に、このナハ50編成の導入により全廃となっていたけど、晩年は青梅・五日市線と同様に、かつて山手線で活躍していた103系の高運転台(ATC)仕様となっていました。

先頭車改造のナハ46〜51編成のうち、ナハ48編成は、2009(平成21)年に、4両化、トイレの取り付け、ドアの半自動化の改造により、仙石線(仙台車両センター宮城野派出所)にM-19編成(クハ205-3119F)として転用され、最後まで、多賀城駅の高架化工事に伴う予備車として残されていた103系のRT-235編成(クハ103-235F)が置き換えられていました。

昨年11月6日にナハ49編成が、11月20日にナハ51編成が、今年1月9日にナハ47編成が長野総合車両センターまで廃車回送されたことにより、先頭車改造編成がナハ46編成(クハ205-1201F)とナハ50編成の2編成だけとなっています。

ナハ50編成は、クハ205-1205+モハ205-13+モハ204-13+モハ205-15+モハ204-15+クハ204-1205号車から成っており、先頭車はヤテ12編成の4号車と7号車に連結されたサハ205から改造されたもので、種車は、クハ205-1205号車がサハ205-23号車、クハ204-1205号車がサハ205-24号車となっています。

中間車はヤテ5編成から転用されていたし。

これらの先頭車改造車は、E233系に置き換えられるのも時間の問題となっているので、今回の撮影ツアーで撮影することが出来て良かったです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 10:14│コメント(0)トラックバック(0)

2015年01月22日

26b5b96a.jpg
a2d99589.jpg
c2f2971e.jpg
7daf6118.jpg
続いては、今月(1月)18日に、JR南武線の稲城長沼駅で撮影した、E233系のナハN12編成(クハE233-8012F)によるみんなの夢ミュージアムトレインの立川行きと、稲城長沼始発のE233系のナハN10編成(クハE233-8010F)です。

稲城長沼駅は、南多摩駅と同様に、2011(平成23)年12月24日に下り線(立川方面)が、一昨年(2013(平成25)年12月23日に上り線(川崎方面)が高架化された駅であり、今年3月1日には、上り線の1番線部分が使用開始され、2面4線の駅となります。

このことを受けて、稲城長沼駅での快速の待避が可能となるので、快速の全区間運転が実現するのであります。

3番線は、稲城長沼始発の上り列車に使われているけど、下り線部分が高架化された時から、稲城長沼始発の下り列車に使われています。

完全に高架化されるまで、稲城長沼始発は高架ホーム、それ以外は地平ホームとややこしかったし。

高架化される前は、2面3線の駅はとなっていました。

矢野口駅のほうは、2004(平成16)年7月25日に下り線、翌年の2005(平成17)年10月9日に高架化されていたので、鶴川街道の渋滞対策により先行的に行われていたと思われます。

矢野口駅は、神奈川県から東京都に入ったところにある駅で、八王子支社管内の入口でもあり、よみうりランドからも近いです。

よみうりランドと言えば、かつてハロプロなどのアイドル握手会のイベントが行われていたよみうりランドEASTもあったけど、一昨年(2013(平成25)年5月6日に閉鎖されていたことは今になって知りました。あの広い会場が無くなったのは残念であります。

よみうりランドEASTに最後に行ったのは、2011(平成23)年11月23日のハロプロモベキマスのイベントでした。

昨年3月19日に全天候型の日テレ らんらんホールが後継ぎ施設となっているけど、水を使った演出も可能となっています。

昨年の南武線のE233系の導入は、12月5日に配給輸送されたナハN10編成が最後であり、今年初めての配給輸送は、1月6日のナハN11編成でした。

隣に映っている205系は、先頭車改造されたナハ50編成(クハ205-1205F)です。


稲城長沼駅では、ガンダムのモニュメントが設置される予定となっています。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 12:34│コメント(0)トラックバック(0)

2015年01月21日

63c2fcb6.jpg
ff8ac835.jpg
67a4236d.jpg
f80929a9.jpg
24472203.jpg
今月(1月)18日は、JR南武線の向河原駅で、E233系のナハN12編成(クハE233-8012F)によるみんなの夢ミュージアムトレインの稲城長沼行きを撮影しました。

この編成は、今年1月13日に、総合車両製作所新津事業所(越後石山)から国府津車両センターまで甲種輸送され、17日に武蔵中原〜稲城長沼間での団臨(夢のピクニックトレイン)で営業運転されたばかりの編成であり、この日(今月18日)に07F運用で、一般の営業運転初日を迎えていました。

向河原駅は、上りホーム(1番線、川崎方面)側に改札がある2面2線の駅であり、下りホーム(2番線、立川方面)には、西側に日本電気(NEC)の工場(玉川事業場)がある関係により、立川(武蔵小杉)寄りにNEC専用改札口が設けられています。

NEC専用改札口は、平日の朝7時30分から10時までと、夕方17時15分から19時までの間限定で、SuicaやPASMOなどの簡易Suicaリーダーによる専用改札口となっています。

以前はその名の通りのNEC専用で、玉川事業場の守衛による有人改札だったけど、NEC玉川ルネッサンスシティの建設により改札口付近が公開空地化されていたので、ICカードを持っていれば一般客も利用可能となっています。

同じ南武線の西府駅付近(東京都府中市)にもNECの工場(府中事業場)があるので、南武線がNEC従業員の通勤路線として使われていることが分かります。

南武線沿線には、NECのほか、同じ大手コンピューター業界である東芝や富士通の工場もあります。

日中の稲城長沼行きは、快速運転時間帯に、川崎〜稲城長沼間の快速通過駅の利便性向上により運転されている列車であり、昨年3月15日の快速運転区間の稲城長沼への延長(中野島と矢野口駅の通過化)により、登戸から延長されていました。

今年3月14日には、快速運転区間が全線に拡大されるのに伴い、その普通列車が立川まで延長されるので、日中の稲城長沼行きが見られなくなることになります。

快速の途中停車駅は、鹿島田、武蔵小杉、武蔵中原、武蔵新城、武蔵溝ノ口、登戸、稲田堤となっているけど、3月14日からは、稲城長沼〜立川間で、途中、府中本町、分倍河原駅に止まり、南多摩、西府、谷保、矢川、西国立の各駅が通過となります。

この日は、南武線撮影ツアーにより、川崎、尻手、向河原、武蔵小杉、稲城長沼の各駅で撮影していたけど、この日に撮影出来て良かったなと思っています。

このギャラリー列車は、今月末まで運転される予定となっています。

おまけの画像は、尻手駅で撮影したものです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 15:12│コメント(0)トラックバック(0)

2014年04月22日

77a49412.jpg
8633bf0f.jpg
5bc8168c.jpg
東神奈川からは、横浜線のE233系のH002編成で小机まで移動し、2番線側から1番線に発着する列車を撮影していました。

下りホーム(1番線)と上りホーム(2,3番線)でずれて配置されている為に、2番線側から、1番線に発着する下り列車の編成全体を撮影することが出来ます。

小机駅は、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)への最寄り駅であり、中央の2番線は、臨時列車で使われることがあります。

こちらは快速の通過駅なので、通過のシーンも撮影することも出来ました。

小机駅の橋上駅舎は、横浜国際総合競技場が開設されたのと同じ、1998(平成10)年10月に建てられたもので、それ以前は、南口の木造平屋建ての駅舎が使われていました。

小机駅の2番線と言えば、2008(平成20)年9月23日の横浜線開業100周年イベントで、485系の改造車による彩(いろどり、長野総合車両センター所属)が展示されていたことを思い出しました。あの時は中に入ることが出来て良かったし。

今年2月2日には、E233系の展示会が小机駅と町田駅で行われていたけど、どちらも賑わっていました。
展示されていたE233系は、東神奈川から小机まで乗った時と同じH002編成(クハE233-6002F、八王子号)だったので、整理券が手に入らず、その車内に入れなかったことの雪辱を晴らすことが出来ました。

画像は、どちらも橋本行きで、前者がH6編成(クハ205-66F)、後者がH2編成(クハ205-62F)です。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:55│コメント(0)トラックバック(0)
2bd2d54b.jpg
52c58158.jpg
71332e4f.jpg
こちらは、一昨日(4月20日)、東神奈川駅で撮影した、横浜線の205系のH27編成(クハ205-30F)による橋本行きです。

この編成は、2004(平成16)年8月に、輸送力増強として6ドア車毎山手線から転用されたもので、横浜線の205系で唯一の0番台の6ドア車が連結されているのが特徴であります。

元山手線の205系の6ドア車は、埼京線から全廃となったので、8連化用として導入されていた100番台と共に、最後の砦となっているし。

今回の撮影ツアーでは、未だ撮影したことがなかったH27編成(クハ205-30F)を撮影することが出来て良かったです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 09:35│コメント(0)トラックバック(0)
月別アーカイブ
記事検索