鉄道アーカイブス

2015年02月27日

f6259c15.jpg
7a264b5d.jpg
98ccbd00.jpg
9f2b130d.jpg
京成電鉄で、最後の赤電系統の車両となった3300形は、明日(2月28日)の京成上野→京成成田間での臨時特急成田山号をもって最後を迎えてしまいます。

当日のスケジュールは、京成上野駅

10時13分、4番線入線、10時23分 発車

特急停車駅に停車

京成成田駅

11時39分 1番線に到着

当日は、4+4の8連で運転され、前後異なるヘッドマークも取り付けられます。

この3300形は、以前6連もあったけど、新3000形の増備により4連だけとなり、金町線や千葉線・千原線で活躍していました。

3300形と言えば、2009(平成21)年6月から一昨年(2013(平成25)年3月まで、3種類のリバイバルカラー編成が運転され、楽しませてくれたこともありました。

明日は通常カラーで残る編成で運転されるけど、トラブルもなく運転されることを願っています。

リバイバルカラーは、3356Fによる青電塗装、3324Fによる赤電塗装、3312Fによるファイヤーオレンジ塗装で、金町線を中心に追っ掛けていた頃が懐かしいです。

画像は、一昨年2月14日に京成高砂駅の4番線で撮影した、3356F青電塗装による京成津田沼行き(4番線はかつて、金町線が出ていたホームでもある)、同年3月20日に京成成田駅の1番線で撮影した、3324F赤電塗装によるさよなら赤電臨時特急、同年3月20日に京成高砂駅の5番線(高架上の金町線専用ホーム)で撮影した、3312Fファイヤーオレンジ塗装による京成金町行き、同年2月14日に京成高砂駅の5番線で撮影した、3320F従来塗装による京成金町行きです。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 10:16│コメント(0)トラックバック(0)

2014年11月10日

e9bb5263.jpg
ce557b21.jpg
7a120cec.jpg
都電荒川線の7000形のトップナンバー車である7001号車が、昭和40年代の都電標準色である黄色に赤帯塗装となってから今日(11月10日)で1年経ちました。

この塗装は、都電の路線が現在の荒川線部分を除いて廃止された当時に使われていたので、更新型の7000形との組み合わせは初の試みとなっていました。

この塗装を初めて見た時に7001号車に似合っているんだなと思っていたけど、初お披露目の時が昨日の出来事のように感じてしまいます。

画像は、昨年11月16日と今年10月13日に早稲田電停で撮影したもので、昨年11月のデビュー当時は、柵が掛かる前だったので、側面全体を撮影することが出来ていたのであります。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 15:05│コメント(0)トラックバック(0)

2014年11月05日

19949053.jpg
5be02284.jpg
020914cd.jpg
こちらは、今から6年前の2008(平成20)年4月26日と5月20日に西武新宿駅で撮影した、従来塗装時代の3011Fで、翌年の2009(平成21)年5月に銀河鉄道999のラッピング塗装になるまでの間は、新宿線系統で活躍していました。

2008年6月14日に副都心線開業に伴う改正が行われたことにより、現在の幕(ローマ字入り)に交換されていたけど、これまでの間は、各停ではなく、普通の表示で、6000系や9000系を除いてローマ字なしとなっていました。

普通玉川上水、普通拝島の表示は、新宿線系統で活躍していたことの証であり、これを見て懐かしいと思っています。

現在西武新宿〜拝島間の直通列車は、日中は急行であり、各停は朝と夕方以降のみとなっているし。

3000系は、1983(昭和58)年から1987(昭和62)年までに8連9編成72両が製造され、池袋線系統に集中配置されていたけど、そのうちの3011F以降は新宿線系統に配置されていたこともありました。

3013Fは、昨年暮れに8連で唯一池袋線系統に戻ることもなく新宿線系統所属のままで廃車となっていたし。

3001Fと3003Fは、1983年の導入以来、昨年廃車されるまでの30年間池袋線系統一筋で活躍していました。

西武新宿線系統の通勤型車両では、一部の区間を除いて4ドア車に統一されています。

3011Fの銀河鉄道999ラッピングは、当初4年間の予定だったけど、何故か延長されているし。

3000系のデビュー当時は、白幕で、側面が101系と同じツートンカラーだったことを覚えています。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:04│コメント(0)トラックバック(0)

2014年10月15日

1a5136a7.jpg
3ca89ec8.jpg
969b46bd.jpg
今から9年前の2005(平成17)年10月15日は、群馬県碓氷郡松井田町(現、安中市)にある横川駅での489系ボンネット車による懐かしの特急白山号(上野〜横川間で運転されていた)の撮影の時に、関西から上京してきたひっぐ〜氏と初めて出会ったという思い出がありました。

当時は、モーニング娘。に在籍していた紺野あさ美氏(現在はテレビ東京のアナウンサーとして活躍中)が1推しであったということで写真を持っていたところ、ひっぐ〜氏もモーニング娘。のファン(当時は高橋愛氏1推し)だったということの縁により友情が深まっていました。

あの時以来、ひっぐ〜氏の関東遠征及び自分(しゃもじ)の関西遠征での出会いがあったほか、翌年の2006(平成18)年10月9日に初めて石川県の金沢市に行き、石川厚生年金会館(現、北陸電力会館本多の森ホール)で行われていたモーニング娘。の秋ツアー(踊れ!モーニングカレー)ツアーにお互いに参戦し、金沢から大垣まで一緒に帰ったという思い出がありました。

あの時は、紺野あさ美氏が卒業し、道重さゆみ氏1推しになったばかりだったし。

懐かしの特急白山号で使われていた489系のトップナンバー編成(H1編成、クハ489-1F)のうち、両先頭車が解体を免れ、クハ489-1号車が保存前提で保管、クハ489-501号車が小松市の土居原ボンネット広場で静態保存されています。

白山号は、1997(平成9)年9月30日に廃止されるまで、上野と金沢の間を碓氷峠経由で結んでいた昼行特急(晩年は1往復のみ運転されていた)で、白山号が金沢まで行っていたという縁により、金沢でひっぐ〜氏に出会えたのであります。

来年3月14日には、北陸新幹線が金沢まで延長される予定で、東京〜金沢間、最速2時間30分、東京〜富山間、最速2時間7分で結ばれることになります。

来年3月13日までの間は、上越新幹線で越後湯沢まで行き、ここから特急はくたか号に乗り換えるルートで最速3時間50分掛かっています。

北陸新幹線は、東京〜金沢間の速達列車が「かがやき号」、東京〜金沢間通常タイプが「はくたか号」、富山〜金沢間シャトルタイプが「つるぎ号」、東京〜長野間の従来の長野新幹線タイプが「あさま号」のままとなります。車両はE7系またはW7系(E7系のJR西日本バージョン)で、一部のあさま号でE2系が残ることになるし。

ひっぐ〜氏は、横川で白山号を撮影したり、碓氷峠鉄道文化むらに立ち寄ったり、峠の釜飯を食べたりしたほか、横川から上野まで懐かしの特急白山号に乗ることが出来たという貴重な体験がありました。

ひっぐ〜氏は現在NMB48での活動がメインとなっています。

ひっぐ〜氏の関東遠征も娘。からNMB48関連にシフトしていたけど、6月7日に味の素スタジアム(調布市)で行われていたAKBグループの総選挙の時もその一環だったし。

そんな自分(しゃもじ)もアイドルグループの1推しを娘。からステーション♪(4人組の鉄道アイドル)に譲った為に、ひっぐ〜氏と同様に娘。1推し時代が思い出となっていました。

最近になってからは、ハロプロでの活動が大幅に減ったけど、完全撤退はせずに続けています。

画像は、横川駅で撮影した懐かしの特急白山号です。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 09:02│コメント(0)トラックバック(0)

2014年03月15日

6e9589b2.jpg
cdede3f4.jpg
5e0b8af3.jpg
東急東横線の渋谷地上駅が廃止されてから早いもんで、今日(3月15日)で1年経ちました。

地上にあった当時は、4番線まであり、かまぼこ状の屋根が特徴でありました。

9000系も、東横線から撤退してから1年経ったけど、9001Fにはヘッドマークが付いていました。

現在は取り壊され、屋根の部分が無くなっています。

現在の東横線渋谷駅は、副都心線と共通の東口の地下深くにある2面4線のホームで、東急田園都市線や地下鉄半蔵門線との乗り継ぎが便利になった反面、他の路線への乗り換えが不便となったので、前の渋谷駅のほうが良かったという声が聞こえています。

画像は、昨年3月12日に撮影した9000系の9010Fによる急行と9001Fによる通勤特急で、どちらも5両化の上で大井町線に転用されています。


よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:15│コメント(0)トラックバック(0)
月別アーカイブ
記事検索