都営地下鉄、舎人ライナー等

2018年03月31日

02e2e288.jpg
9cb7742b.jpg
793d4234.jpg
昨日(3月30日)は、日暮里から見沼代親水公園まで、開業10周年を迎えた日暮里・舎人ライナー(都営交通の新交通システム)の330形による開業10周年記念ラッピング電車に乗りました。

このラッピングには、都電荒川線(東京さくらトラム)のマスコットキャラクターである「とあらん」と桜が描かれています。

今から10年前の2008(平成20)年3月30日は、日暮里・舎人ライナーと、横浜市営地下鉄グリーンライン(日吉〜中山間)が同時に開業していたので、グリーンラインも開業10周年を迎えていたのであります。

自分(しゃもじ)は、開業当時に仙台に行っていた絡みにより、初日に乗ることが出来なかったので、その後の4月3日にグリーンライン、4月4日に日暮里・舎人ライナーに初めて乗ったのであります。

明日(4月1日)は、2018(平成30)年度の初日(新会計年度)を迎えることになり、大阪市交通局が民営化され、地下鉄、ニュートラム部門がOsaka Metro(大阪メトロ)となるので、長年親しまれたマルコマークが2017(平成29)年度の最終日である今日(3月31日)で見納めとなってしまいます。

この日は、三江線(三次〜江津間)も最後の時を迎えます。

今年は、3月31日が土曜日なので、昨日(3月30日)で、2017年度が本格的に終了していました。

明日の新年度初日は、日曜日なので、週明けの4月2日に2018年度が本格的にスタートすることになります。

このことで、今から14年前の2004(平成16)年4月1日に営団地下鉄が民営化されて東京メトロとなったことを思い出しました。

日暮里・舎人ライナーの路線

日暮里〜西日暮里〜赤土小学校前〜熊野前〜足立小台〜扇大橋〜高野〜江北〜西新井大師西〜谷在家〜舎人公園〜舎人(とねり)〜見沼代親水公園

日暮里駅は、JR(山手線、京浜東北線(日中は快速運転の為通過)、常磐線(一部上野東京ラインとして品川まで直通運転))、京成(本線、成田スカイアクセス線)

西日暮里駅は、東京メトロ千代田線、JR(山手線、京浜東北線(日中は快速運転の為通過))

熊野前駅は、都電荒川線(東京さくらトラム)への乗換駅であります。

日暮里・舎人ライナーの沿線から成田空港に行く場合には、日暮里まで日暮里・舎人ライナーで行き、日暮里駅で京成電鉄のスカイライナー(成田スカイアクセス線経由の速達列車)に乗り換えたほうが近いです。

西新井大師西駅は、その名の通り、西新井大師の西側にある駅であり、西から始まり西で終わるというユニークな駅名でもあるけど、西新井大師へは、東武鉄道大師線の大師前駅が近いです。

日暮里・舎人ライナーが出来る前、足立区の舎人エリアに行く場合には、日暮里駅や東武線の竹ノ塚駅等からのバスに頼っていた状態だったので、日暮里・舎人ライナーが出来てからは渋滞知らずで行くことも出来るようになっています。

都営バスの里48系統(日暮里駅〜見沼代親水公園駅間、巣鴨、北、南千住(4月1日から千住)の各自動車営業所所属)が、日暮里・舎人ライナー開業後も本数が減らされた上で残されている理由は、日暮里・舎人ライナーが通らない足立流通センターを通ること、すんなり乗れることに加え、日暮里・舎人ライナーが運休となった時の代わりの手段として使われているからであります。

地下鉄副都心線と重複している都営バスの池86系統(池袋駅東口〜渋谷駅東口間、早稲田自動車営業所所属)も同様の理由で残されているけど、明日(4月1日)からは、一部の便が池袋サンシャインシティまで延長され、1990(平成2)年7月以来28年ぶりにサンシャインシティへの乗り入れが復活することになります。

当時の池86系統(早稲田自動車営業所)は、渋谷自動車営業所と同様に、三菱ふそう(FUSO)車(新呉羽車体)が当たり前だったけど、今回は三菱ふそう車以外(いすゞ(ISUZU)車メイン)もサンシャインシティに乗り入れることになるので、変わったなと思いました。

舎人公園は、舎人公園駅の東西に広がる都立の公園であり、この時期は西側のエリアに植えられているレーガン桜を含めた桜が見頃を迎えています。

日暮里・舎人ライナーの車両基地は、舎人公園の東側の地下にあるので、一般の人が目にすることが出来ない状態であります。

この日は、昨年5月10日に導入された320形が運休となっていたのが残念だけど、昨年5月に乗ったことがあるのでよしとします。

330形は、2015(平成27)年に、三菱重工業三原製作所(広島県三原市)で製造され、10月10日に営業運転入りしていたアルミニウム合金製車両であり、同じ三菱重工業製である、ゆりかもめの7300系(2014(平成26)年1月に初期型の7000系の置き換え用としてデビューしていた車両)に準じています。

ゆりかもめでは、今年の秋以降に7500系(7300系のマイナーチェンジバージョン)が7200系(7000系の後期型VVVFバージョン)の置き換え用として導入される予定であり、2020年6月(東京オリンピック2020の開催前)までに7200系の全てが置き換えられることになります。

開業当時から活躍している日暮里・舎人ライナーの300形(全編成新潟トランシス製)は、ゆりかもめの7000系に準じているので、日暮里・舎人ライナーがゆりかもめに似ていると言われています。

日暮里・舎人ライナーが開業した当初は、12編成在籍していたけど、利用客が大幅に増え、混雑する区間が現れるようになったので、2人掛けクロスシート(ロマンスシート)がロングシート化され、2009(平成21)年と2011(平成23)年に300形が2編成ずつの4編成、2015年に330形、2017年に320形が1編成ずつ増備されています。

このことで、日暮里・舎人ライナーが好評であることが分かりました。

2020年には、新車が2編成導入される予定となっているけど、どうなるのか気になります。

見沼代親水公園駅は、その名の通り、見沼代親水公園の近くにある駅であり、埼玉県境が目と鼻の先となっています。

周辺には、シマホモール草加(ホームズ(HOME'S)草加舎人店、埼玉県草加市)があり、見沼代親水公園駅からも歩いて行くことが出来ます。

シマホとは、島忠とホームズ(HOME'S)を合わせた略称であり、スマホみたいな名前だなと思いました。

320形は、新潟トランシスで製造された車両であり、300形と同じステンレス製で、塗装や前面等が改良されています。

新潟トランシスは、2003(平成15)年に、これまでの新潟鐵工所の鉄道車両製造部門の代わりに設立された会社であり、IHI(旧、石川島播磨重工業)の子会社でもあるので、IHIグループが鉄道車両製造部門にも進出していたことが分かります。

日暮里・舎人ライナーには、ゆりかもめと同様の前面展望座席があり、無料で前面展望が出来ることで人気があるけど、係員による有人運転が行われている時には、それが出来ないことになっています。

熊野前〜足立小台間で隅田川、足立小台〜扇大橋間で荒川を渡るシーンを見た時には、海沿いを走るゆりかもめを思い出します。

昨日は天候に恵まれていたので、日暮里・舎人ライナーの旅も最高だったし、舎人公園の桜も綺麗でした。

このことで、2014年8月6日に友人と一緒に日暮里・舎人ライナーで日暮里から見沼代親水公園まで1往復したことを思い出しました。

その友人は、鉄道アイドルステーション♪を通じて知り合ったので、ステーション♪のファンをやってて良かったと思っています。

自分(しゃもじ)は、昨年3月19日から21日までの間にその友人と一緒に東北気仙沼遠征に行った時以来宿泊とは無縁で日帰りばかりの状態が続いており、今年度は宿泊ゼロとなってしまいました。

世の中には2年以上も宿泊とは無縁で日帰りばかりの人もいるけど、やはり早く宿泊したいと強く思っています。

このことは残念ながら中々実現出来そうもないです。

日帰り温泉は大好きだけど、日帰りばかりの長いトンネルからは抜け出せそうもないのが深刻であります。

小田急電鉄による江ノ島・鎌倉フリーパスの旅は日帰りでもいいけど、箱根フリーパスの旅での日帰りでの利用をしたくはないです。

その理由は、泊まり掛けで行きたいことだけでなく、1日用がないからであります。

それよりも小田急ロマンスカーのGSEこと70000形にいち早く乗れることを願っています。

小田急線からは、日暮里・舎人ライナーの乗換駅である西日暮里駅まで乗換えなしで行くことが出来ます。

このように、開業10周年を迎えた日暮里・舎人ライナーに乗り、10周年記念ラッピング電車を撮影することが出来て良かったです。


















よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:02│コメント(0)

2018年02月12日

19566f9f.jpg
83538abf.jpg
16c882ed.jpg
昨日(2月11日)の11T運用をもって運用離脱されていた都営新宿線の10-000形の最後の1編成だった10-280Fが、大島から若葉台まで93T運用で廃車回送されたことにより、本当の最後を迎えていました。

これにより、1978(昭和53)年12月21日に岩本町〜東大島間が開業した時から使われてきた10-000形が全廃され、都営新宿線及び京王線を走る旅客列車が全てVVVF車となったのであります。

京王電鉄所有の旅客用車両は、2012(平成24)年の7000系のVVVF化の完了と共に、井の頭線を含めてVVVF車に統一されていたので、京王電鉄から10-000形や10-300R形を10-300形に置き換えてほしいという要請があったに違いないです。

都営交通の旅客用車両も、都電等を含めてVVVF車に統一されていました。

都営浅草線では、VVVF車でない車両である京成電鉄の3600形や3400形の乗り入れが継続されているので、100%VVVF化された訳ではない状態であります。

10-280Fの廃車回送は、珍しく休日に行われ、さよならヘッドマークの上にFINAL RUNの表示が付いていたというこだわりもあったけど、自分(しゃもじ)が行かれなかったのが残念でありました。

昨日は最後の運転に立ち会うことが出来なかったけど、2月9日に新線新宿から笹塚まで桜上水行きに乗ったのが最後だったので、桜上水行きで締めることが出来たのであります。

その前日の2月8日には、10-280Fで本八幡まで行けたことも思い出となりました。

こちらは近いうちに解体の為に北館林荷扱所(渡瀬北留置線、群馬県館林市)まで陸送されることになるけど、全て保存されずに解体されたら10-000形の全てが解体されてしまうことになります。

10-270Fは、北館林で東武20000系列(日比谷線直通で活躍していた車両)の一部と共に解体されていたので、ベースとなった東武電車の沿線で解体されていました。

京成で廃車となった3600形の3611Fとサハ3601号車とサハ3608号車も、宗吾車両基地から北館林まで陸送されてその場で解体されていたけど、昨年3月20日に最後を迎えていた千葉ニュータウン鉄道の9000形9018F(旧、住都公団2000形2002F)も北館林で解体されていたのであります。

都営10-000形は、1971(昭和46)年に試作車4両が製造され、1978年から1997(平成9)年までの間に量産車が製造されていたけど、1次車から8次車までバリエーションが豊富でありました。

10-280Fよ、ありがとう。20年間お疲れ様でした。

画像は、2月3日に若葉台駅で撮影した10-280Fによる回送列車です。






よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:43│コメント(0)

2018年02月11日

55fdcb66.jpg
54d4f260.jpg
0dddef2f.jpg
こちらは、2月9日に、京王線の新線新宿駅と笹塚駅で撮影した、都営新宿線の10-000形の10-280Fによる、各停の桜上水行きです。

こちらは、平日7T運用の一部で、本八幡駅を15時56分に発車し、各駅に停車してから桜上水(16時54分着)へと向かう列車であり、桜上水駅の電留線で待機した後、桜上水18時59分発の本八幡行きで本八幡まで戻り、ここから入庫されることになる列車であり、2月22日の改正では、それが笹塚まで短縮されるので、都営線からの桜上水行きが、新宿0時28分発の区間急行(土休日にも運転)だけとなります。

2015(平成27)年9月25日に復活した都営線からの八幡山行きも、笹塚行きに変更されて廃止されるので、10-000形と共に過去のものとなります。

10-280Fは、今日(2月11日)の11T運用、笹塚 21時32分発→本八幡 22時18分着をもって最後を迎える予定となっているので、その桜上水行きを撮影することが出来て良かったです。




よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 13:48│コメント(0)

2018年02月10日

9838887e.jpg
5b1f66d8.jpg
313d0e51.jpg
続いては、2月8日に都営新宿線の本八幡駅で撮影した、10-000形の10-280Fによる折返しの笹塚行きです。

都営新宿線の本八幡駅は、都営地下鉄で唯一千葉県市川市(東京都外)にある1面2線の地下駅で、JR中央・総武線の本八幡駅と、京成電鉄京成本線の京成八幡駅の中間に位置しているので、京浜急行電鉄(京急)空港線の羽田空港国内線ターミナル駅で、国内線第一旅客ターミナルビル(JAL等)と国内線第二旅客ターミナルビル(ANA等)の中間にあることに似ています。

京成八幡駅から京成本線の特急で乗り換えなしで行ける成田空港は、第一旅客ターミナルビル(終点の成田空港駅下車)がANA等、第二旅客ターミナルビル(空港第2ビル駅下車)と、羽田空港からの国内線の逆であります。

都営新宿線の本八幡駅が篠崎からの延長により開業したのは、1989(平成元)年3月19日のことであり、当時は1面1線の仮駅(京成線との連絡通路未整備)で、都営10-000形しか乗り入れていませんでした。

1991(平成3)年9月1日には、現在のような1面2線の本設駅となり、京成線の京成八幡駅と結ばれるようになったと共に、京王線の車両(当時は6000系が使われていた)も本八幡駅に乗り入れるようになったことにより、京王の電車が千葉県にも進出していたのであります。

2009(平成21)年に京王の都営新宿線乗り入れ列車が6000系から9000系に全て置き換えられていたけど、2月22日に京王ライナーに使われる予定の新5000系も都営新宿線乗り入れに対応しているので、変化が表れる可能性があると思われます。

10-280Fは、1997(平成9)年に導入された編成で20年経っているけど、20年で廃車となる運命となっているのは、電機子チョッパ制御であること、8両編成で10連化が不可能であることに加え、今後都営新宿線に導入される予定のホームドア(本八幡駅側から整備される)に対応していないことも挙げられています。

大島駅の中線にホームドアが設けられるようになってからは10-000形の全廃が告げられるようになったのでそのはずであります。

昨年2月まで活躍していた10-300R形は、先頭車が製造されてから10年で廃車となったので、先月廃車となった10-270Fの半分しか活躍しなかったことになってしまいました。

2005(平成17)年5月に更新される前の旧式のATC装置の時代にVVVF車の乗り入れが禁止されていたことが仇となっていたことにより短命となってしまったのも言うまでもないです。

本八幡駅から大島の車両基地まで直接回送される列車もあり、昨年2月14日の10-300R形の10-330Fが本八幡駅到着をもって最後を迎えていました。

10-280Fのほうも、明日の11T運用での本八幡駅到着(22時18分着)をもって最後の時を迎える見込みとなっています。

今回は、撮影してみたかった本八幡駅で、10-280Fを撮影することが出来て良かったです。





よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 10:48│コメント(0)

2018年02月09日

04225d6e.jpg
6e4b9994.jpg
463b3081.jpg
昨日(2月8日)は、笹塚から本八幡まで、都営新宿線の10-000形10-280Fによる本八幡行きに乗りました。

この時には、笹塚駅で編成全体を撮影し、笹塚から本八幡まで移動し、撮影してみたかった本八幡駅で撮影することが出来たのであります。

都営交通のTwitter(ツイッター)のつぶやきによると、明後日(2月11日)に最後を迎える予定となっているので、最後の週末ということで混乱が予想されています。

笹塚駅は地上駅ですぐに地下に入り、京王新線、都営新宿線を通り、東大島駅で地上に出て、荒川を渡り、船堀駅を出た後に再び地下に入り、一之江、瑞江、篠崎駅を通ってから本八幡へと向かうことになります。

京王線の笹塚駅は、2面4線で中間に都営新宿線と接続する京王新線が入っているので、同じ渋谷区にある小田急線と東京メトロ千代田線の代々木上原駅などと雰囲気が似ています。

日中は、都営新宿線で急行運転となる列車を除いて全て橋本発着(京王線は快速または区間急行)となっているので、時代は変わったなと思いました。

2015(平成27)年9月25日の改正では、都営新宿線で急行運転となる列車が土休日朝の高尾山口行きの直通列車の一部を除いて笹塚発着(笹塚駅で京王線の準特急に接続)となり、日中の笹塚折返しの列車が快速列車として橋本まで延長(京王線新宿発着からシフト)されています。

笹塚駅から乗った時に、京王8000系の8713F(緑色の高尾山トレイン)による準特急から10-280Fに接続していたので、京王さんは空気を読んでいるなと思いました。

この日は笹塚駅に入線時から待機していたけど、編成全体を撮影出来たことで幸せを感じたのであります。

このように、笹塚駅でカウントダウンを迎えた都営10-000形を撮影し、本八幡まで乗ることが出来て良かったです。




よしちゃん@しゃもじyosiltdexp_mse60000 at 11:00│コメント(0)
月別アーカイブ
記事検索