2019年02月25日

もっとも効率良くダーツが上手くなるにはどうしたらよいか。ここでは脳のミエリン化現象の効用について述べたいと思います。


■目次

ミエリン化現象とは
分習法→ミエリン化現象によりダーツの型を習得する
自分なりのダーツの型を習得し、そしてその型を忘れる
まとめ



ミエリン化現象とは

ミエリンとは神経細胞の軸索を覆う絶縁体のような物質のことだそうです。


情報伝達をする際に、使えば使うほど太くなり、情報伝達が早くなります。


つまり、最初はああだこうだ考えながらたどたどしくやっていた作業を、何ら意識せず出来るようになるあれです。


この事を、脳のミエリン化現象と言うそうです。


例えば、初めてダーツをしていろいろ投げ方などを教えてもらった時の事を思い出してみてください。


いろいろぎこちなくなかったですか?


そのぎこちない動作、今ではスムーズにできていたりしませんか?もちろんまだできていない動作もあるかもしれません。


ここで大事なのは、今はぎこちない動作も脳のミエリン化現象でいつかはスムーズにできる!ということです。


モチベーションの維持には非常に重要な事実だと思います。


↓↓ミエリン化現象の参考文献






分習法→ミエリン化現象によりダーツの型を習得する


ではミエリン化現象を具体的にどう利用するか。


ただ闇雲にダーツを投げて練習したのでは最短で上手くなるのは難しいと思います。


もちろん、センスある人はなんか自分でコツに気づいてあっという間に伸びていくんですけどね。こんなウンチク考えなくてもいいなんてうらやましいですね笑


ぼくみたいなウンチクに頼らざるを得ない人にもそうでない人にもおすすめする練習方法があります。


それは分習法という練習方法を取り入れて、ミエリン化現象を効率良く活用するというものです。


では、分習法とは何か?


読んで字のごとく、〝分けて習得をする方法ということです。


つまり、ダーツの一連の動きを、構成する動作に分けて考えるのです。


例えば、スタンス、グリップ、セットアップ、テイクバック、リリース、フォロースルーなどに分解するのがメジャーかもしれません。


そして、各動作ひとつに集中して課題に取り組むのです。


今日はグリップの日と決めたらグリップ以外の動作は意識しないでグリップの感覚に集中します。


人間、そういくつも同時に意識なんてできません。だから、動作を分解して、そこに集中するんです。


そうする事で、各動作のミエリン化現象が促進される事でしょう。


↓↓分習法の参考文献



こうやってミエリン化現象により、意識しなくてもできる動作が増えると、次第に自分なりの〝型〟ができてきます。


まずは、自分なりの型を見つける作業が大事ですね。



自分なりのダーツの型を習得し、そしてその型を忘れる


さらに突き詰めると、この〝型〟すら意識しなくなる境地に達する事ができるそうです。

 
つまり、型を習得し意識しなくなることで結果的に型を忘れる境地を目指すということ。


チェスと太極拳で世界チャンピオンになった、ジョッシュ・ウェイツキンというすごい人のがいるのですが、彼が自伝的著者でこう語っています。


〝型を忘れるための型〟


深いですね。日本語訳がこれでいいのか?という気もしますが…


ちなみにこの自伝、めちゃくちゃ面白いです。いわゆるゾーンに入るための練習方法とかも書いてあり、ダーツ以外にも何か上達したい、上手くなりたいものがある人は必読レベルでおすすめします!ぼくの本は付箋だらけです。








まとめ


ダーツを効率よく上手くなりたい。そのためには分習法を試してみましょう。


その先に、意識しなくてもできるようになる自分が必ずいます。


だって、脳のミエリン化現象でそうなれるのですから。


こういった科学的根拠、必ずや練習の励みになります。知っているか知らないかで大違いですよ。


(22:44)

2019年02月05日



ダーツの上達のために必要な要素は

  • 継続した練習
  • 練習の質の高さ

だと思います。


このうち、継続した練習とはどの程度の練習時間なのかというのは"ダーツの上達に必要な練習時間の目安"で述べています。


そこで今回は、質の高い練習とは何を意識すれば良いかという点を考察したいと思います。


"ダーツの上達に必要な練習時間の目安"の記事内でも出てきましたが、今回も300人の達人研究からわかった 上達の原則(以下上達の原則)が教科書です。


ここではまずは一般論として、質の高い練習の定義を確認します。

質の高い練習の定義

まず、質の高い練習とはどういったものなのか。上達の原則によると、


高いモチベーションのもと、明確な目的に向かって、良好なコンディションの状態で行われる、合理的で科学的な根拠に基づいた練習である。


とあります。つまり、


  1. 練習に対する高いモチベーション
  2. 練習の明確な目的
  3. 心身共に良好な状態での練習
  4. 合理的で科学的根拠に基づいた練習


これら4つに分類できますね。


モチベーションがないと、練習は続かないし、何の練習かはっきりさせずに漫然と投げていてもなかなか上達はしないでしょう。


意外と落とし穴なのが心身共に良好な状態というところですね。


ケガがあるときなんかは当然休んだほうがいいですが、実は嫌なことがあってメンタルコンディションが悪い時も集中ができずに練習効果が発揮できないばかりか、フォームを崩してスランプに陥る可能性すらあります。


ぼくは絶好調時にそれをやってしまい、一気に長いスランプに陥ったことがあります。



質の高い練習に取り組もう

 

質の高い練習に必要な4要素、ここを頭に入れて練習に取り組みましょう。


1にモチベーション、2に目的。3にコンディションで4に合理的練習です。


練習に行く時点でモチベーションはある程度あると思いますので、練習の目的をまずは意識してみてはいかがでしょうか。


例えば、


今日は入らなくてもいいから三本のグルーピングに意識を集中する!


みたいな感じです。


もしくは


今日はグリップだけ意識する!


とか意識して練習する対象を絞る。これは分習法というれっきとした名前のある有効な練習方法です。


ぜひ、少しでも質の高い練習を意識して取り組んでみて下さい。







(22:10)

2019年02月03日

ダーツがうまくなりたい。でもどのくらい練習したらいいの?


暗中模索している最中は、先が見えなく不安になりがちです。そこでダーツの上達に必要な練習時間についてここでは考えてみたいと思います。

1万時間の法則

まず、上達といっても人それぞれ目標とするフライトがあると思いますが、一般論で考えてみようと思います。



巷でよく聞くのが、1万時間の法則ですね。



分野に問わず、エキスパートは累積練習時間が1万時間を超えているというものです。

↓↓出典↓↓

300人の達人研究からわかった 上達の原則









北村勝朗
CCCメディアハウス
2015-04-09





この原則から言うと、まずプロを目指している人は最低限ここを目指す必要があります。


ホリエモンもベストセラー多動力 (NewsPicks Book) [Kindle版]にて、1万時間一つのことに取り組めば、誰でもその分野で「100人に1人」の人材になれると書いています。


ここで注意したほうがいいのが、”練習時間”ということです。だらだらと対戦ばっかりやっていてはダメということですね。しかしこれはこれで楽しいので、練習時間をしっかり確保するということが大事になります。


プロを目指す人は、最低限1万時間。ここを目指します。


でも、ダーツを楽しんでいる人の中で、プロを目指している人は一握りなのではないでしょうか。

3000時間で目標を区切る

例えば、英語習得に必要な時間は3000時間と言われています。難関資格で有名な公認会計士の資格取得にかかる勉強時間の目安も3000時間だそうです。


ある意味、3000時間というのは習得の一つの目安時間なのでしょう。


では、3000時間ってダーツでいうとどの程度のゲーム数になるのでしょうか。


例えばひたすらカウントアップやりまくるマンだったとしましょう。


1ゲーム10分としたら、


3000時間=3000×60=180000分


180000分÷10分/1ゲーム =18000ゲーム


カウントアップを18000ゲームもやることになります。気の遠くなる数字ですよね。。。


さらに分解すると、1ゲームあたり24投なので、


18000×24=432000投


を投げることになります。


この間の平均ブル率が30%だとしても、


432000×0.30=129600


ブルを10万発以上ぶち込む必要があることになります



これでも初心者や初級者には気の遠くなる数字ですね。



ですので、まずは短期的な目標を1000ブルとして、初心者や初級者がブル1000発入れるのに必要な時間を考えてみることにします。

実力別のブル1000発にかかる目安時間

今度は01のスタッツ別で考えてみたいと思います。


①スタッツ40:目標ブル率 8%くらい
②スタッツ50:目標ブル率15%くらい
③スタッツ60:目標ブル率25%くらい



と仮定します。100%スタッツとか80%スタッツとかは計算式が煩雑になりそうなので考えていません。


①スタッツ40の場合



ブル率が8%の場合、ブルを1000発入れるには12500投かかります。


これはカウントアップ約520ゲームなので86時間程度かかります。


②スタッツ50の場合



ブルを1000発入れるのに46時間かかります。


③スタッツ60の場合


ブルを1000発入れるのに28時間かかります。


上達するにつれて、ブルを入れるのにかかる時間が劇的に短くなりますね。


ダーツはスタッツが残るゲームですので、区切りのよい数字を目標にしたほうがモチベーション維持にも良いと思います。


たとえば、初心者はまずは”1000ブル=約80~100時間”


これを目安にしてはいかがでしょうか。


初心者を脱した初級者(Bフライトなり立てあたり)は次に区切りのよい500時間とかを目指すといいと思います。

まとめ

目標別の練習時間をまとめてみました。


・プロを目指す人:問答無用に1万時間
・上級者~:3000時間
・初級者~:500時間以上
・初心者:まずは100時間


上記はあくまで勝手な仮定をおいた一例ですが、少しでも参考になれば幸いです。


ちなみに上達には時間をかけるだけでなく、質の高い練習も必要です。


これについてはまた書きたいと思います。





(18:30)

2018年10月14日

かなり久々の更新です。

ブログとともにダーツも離れていたのですが、誘われたりとかしてたまにはダーツをやっています。

成績としては、案外Bフライトのスタッツでその日を終われています。

つまり、本当にダーツを上達したいというほどでなければ、まずはBフラを目指すべきと考えます。

そこそこの練習でなれて、そこそこブランクがあってもキープできるからです。

それに、Bフラあれば、調子いいとAフラスタッツで上級者とも勝負できる瞬間もあるし、大体のダーツ初心者には教えてあげられるレベルではありますからね。

これから、手っ取り早くBフラになるためにはどういった練習や意識をすればいいかという目線でいろいろと書いてみようかと思います。

(22:06)