5月17日、城ガール隊スピンオフ「京都の山城を歩こう」が行われました。今回は、ゲスト講師に城郭研究家の福島克彦先生(大山崎町歴史資料館館長)をお招きし、周山城を見学しました。
参加者は、近畿支部の隊員に加え、名古屋、さらには金沢から駆けつけた隊員もいらっしゃいました。
京都駅を出発し、バスに揺られること1時間半。ようやく周山城麓に到着。登城前に近くにある道の駅で準備を済ませ、いよいよ周山城へ!周山城は急峻な山の上にありますが、地元の方々によって整備されているため、気軽に散策できます(ありがとうございます)。

周山城には、当時の石垣がよく残っています。

(登り石垣)

(井戸)

(高石垣)

総石垣の山城として有名な周山城ですが、 土の城が並存しています。

(堀切)

(西の城は土の城)

縄張り論だけでなく、一次史料から民間伝承まで、幅広いソースをもとに周山城の魅力に迫っていく福島先生のお話は大変面白く、ビギナーもマニアも楽しめるものでした。
隊員同士の交流に重点を置いた城ガール隊定期オフ会"遠征"は、他では味わえない楽しい企画ですが、今回のような学びに重点を置いたオフ会もまたいいなーと思いました。講師をお引き受け下さった福島先生、ありがとうございました。



関連記事