こんにちは!
北海道・東北支部長ですが、北陸・東海支部所属のさらです(・◇・)ゞ

今月末には城ガール隊遠征第10回の岐阜オフも控えておりますね♪
流星さんより遠征のお知らせ記事も更新されていますので、ご一読ください


今年は北海道東北支部オフを開催できておりません(´Д⊂)
どなたか企画してくださる方がいましたら、私までご連絡ください

     ━─━─━─━─━─

それでは!
2016.10月1日に行われた
北陸東海支部オフ会 駿府城お堀巡り の様子をお伝えします!

@参加者
OTK40(おたか)さん、
chizxx(ちず)さん、
ともなりたすくさん、
ゆきchan☆さん(オフ会初参加)、
さら(幹事)です。

はからずも全員静岡県民でした
城ガール隊オフでは珍しく県をまたがず集合です。
駿府城も初めてではない方ばかり(゚д゚;)
超地元民である私は楽しんでいただけるかなぁと不安もありつつ・・・
小雨の中、まずは旧東海道を目指してスタートです!


東海道を歩いて、まずは三の丸堀から!
DSC_0537[1]

二の丸側からも土塁が見れるのでそちらを歩きます。
桜の季節も綺麗です。当日の写真がなかったので桜の時期のものを(^_^;)
BlogPaint


昭和時代は大手の前の道を路面電車が走っていました。
線路を作るときに堀も少し埋めてしまいました
それでものこのカーブではよく脱線していたそうです
sketch-1475389874973(1)[1]


大手の枡形を体感し、静岡県庁別館の展望台へあがります
静岡平野から360度見渡せるので地形や位置関係を知る上でとってもいい場所です
DSC_0546[1]
奥に見えるは静岡平野に伸びる賤機山脈です。
「ゴジラの尻尾」なんて言われてます。
賤機山城、静岡浅間神社、臨済寺(今川家ゆかりの寺)が見えます。

そして駿府城の東御門の枡形や、本丸堀の様子も上から見れます!
DSC_0545[1]

南東の方角では八幡山城、愛宕山城、久能山まで、ほんとうによく見えます。
曇ってたのが残念!!
おたかさんが、「読んでいた本に出てきた場所の距離感、位置関係が分かった」
と言ってくださいました。
現地でしか味わえないものってたくさんありますよね


次は四足御門跡です

今川氏時代の玄関口だったのではと言われています。
現在は一部しか残っていませんが、
石垣を壊して建てたビル内1階フロアに位置を示す跡があります。
さぁどこでしょう~と皆で床を見回します 
すぐに発見w!こちらです。
DSC_0552[1]
知らない人にとっては気にもとめられないほどの印ですが、
だからこそのレア感があります(*´∀`)
ただ…残してくれたのは嬉しいのですが、
石垣または門のどの部分なのか、皆で考えたのですが、はっきりとわかりませんでした( p_q)
次回までの課題ができました!


南西のクランク道を経て、三の丸堀唯一のこる櫓台
DSC_0555[1]


いくつも折れのある石垣をみながら堀歩き~
DSC_0559[1]

駿府城周辺の地形は賤機山南麓を起点に緩やかに低くなっています。
駿府城を巡る堀の高さをみることでその高低差がよくわかります。
三の丸堀には水位調整をしている部分が三ヶ所あります。
DSC_0563[1]

彼岸花も場所によってはまだ綺麗に咲いていました
sketch-1475409510314[1]

草深御門跡
このあたりは昔は草ボーボーでしたが、綺麗な水が流れ蛍も飛んでいたそうです。
DSC_0564[1]

ここでお昼のため、コース短縮して予約したカフェへ向かいました。

二の丸石垣上土塁。静岡市民文化会館の裏です。
sketch-1475410506069[1]
写真左側が石垣と三の丸堀です。こちらも桜の木です。


お昼休憩です。
【長八珈琲店】
このお店は、埋め立てられた東側三の丸堀の上(北街道沿い)にあります
店内へ入ると、三の丸堀の内側と思われる石垣を見ることができます。
そして二の丸との高低差がわかります。
DSC_0570[1]
店主の方もこの石垣を見てここをカフェをにすると決めた城好きの方だそうです^^
DSC_0566[1]
静岡県民としては心配…期待で胸がいっぱいの来年大河ドラマの話はかかせません
城ガール隊遠州オフもまたできるといいな~。


記事が長くなりますが、午後もまいります!
店を出るとすぐに三の丸堀の折れ跡らしき石垣発見でテンションあがりました
石垣も古そうです
こんな発見も皆で歩いたからこそですね(´∀`)
一人だったら見つけてもこの隙間に入れません(^_^;)
DSC_0572[1]


午後からは、駿府城公園になっている二の丸と本丸、そして本丸堀の発掘現場です!
巽櫓と東御門
DSC_0573[1]
sketch-1475389712592[1]

復元された東御門、巽櫓内で模型や古地図などをじっくりみたり、
当時の安倍川の流れ、薩摩土手についてをお勉強~。

そして見所のひとつ、水路。本丸堀まで水路で行けるようになっていました。
DSC_0584[1]

北御門付近の刻印探しは恒例
DSC_0587[1]

そして今年の8月からは 駿府城天守台発掘調査が始まり、
いつでも見学することができます!
明治に埋められてから120年ぶりに掘り出されました!
DSC_0594[1]
一辺の長さ約48m 写真が斜めですが手前に本丸堀の二の丸側の石垣も。
「大きい!」
江戸城の天守台より大きいとちずさん。
ほんとに大きかったんですね駿府城天守
今後の発掘調査にも目が離せません!

清水御門をでて二の丸堀沿いを歩きながら、坤櫓へ
DSC_0595[1]
                             展望台がある県庁別館↑

二の丸橋が架かっていた場所。
DSC_0596[1]
各時代の石垣オンパレードです。これも修復の遺構として貴重なのかな。

坤櫓内部は一階のみの見学ですが、
当時の技法を使った工事の様子が映像で見ることができます。
そして昭和時代の駿府周辺の写真も飾ってあるのでそちらもおすすめです

そして、リアルタイムで城内や堀の様子が見れるモニターがあります(・∀・)
一人ではできないことをやって頂きましたw
モデルはたすくさん!かなりアップにもできる現代の櫓新システム
DSC_0597[1]

最後は二の丸に残る食い違い虎口の謎を解明しつつ(正しいかはさておき)
駿府城巡り終了といたしました!

少し時間があったので街中をはしる東海道をたどり、札の辻(高札場)まで行きました。
懇親会にもみなさん参加して頂き、今後のオフ会に繋がる大変有意義で楽しい時間となりました


参加されたみなさんに感想を頂きましたのでご紹介します!

おたかさん
「おつかれさまでした。まさかの駿府で1日過ごすとは。。。そしてやっぱりマニアの方々と行くのは一人で行くよりも何倍も楽しいですね。また一緒に行ける日を楽しみにしています。」

ちずさん
「駿府城、知らないことだらけでとても勉強になりました。資料も沢山見せて頂きありがとうございました。次回以降は東海道を絡めたり、幕末からの慶喜さんを絡めたり、本命の今川家を更にディープにしたり、やってみたい事が次々出てきました。静岡のメンバーの皆さんが5人も集まったのも本当に嬉しかったです。これからもどうぞよろしくお願いします。」

ともなりたすくさん
「大垣外堀オフに続いての外堀歩きでしたが駿府城の外堀はさすがに大きい!一部は埋められてしまっていますけれど、今でもこれだけ大規模に残っていることに驚きました。発掘調査中の天守台も見て、その大きさを実感することができました。次の静岡県オフも楽しみにしています!」

ゆきさん(初参加!)
「何年も名ばかりの幽霊隊員でしたが、ようやく初めて参加できました!地元のお城なのに新発見がたくさんで、とても楽しかったです。また機会があったら是非参加させてください。」



初参加のゆきさん、勇気を出して参加してくださってありがとうございました!
一人で見るより、同じ城好きな人達と見る城はより魅力的!ですね!
それが城ガール隊という城好きサークルの良さの一つでもありますよね


今回は私の地元だったので案内のようなことをしましたが、本来幹事も一隊員。
案内しなくては行けないなんてことはありません!!
「オフ会企画してみたいな。あのお城に城ガール隊で行きたいな」なんて思ってる方は
自分の地域の支部長に相談してみるのもいいかも
参加者を城ガール隊限定で募集する場合は、事前に執行部にお知らせくださいね
遠征に行かれる方は、プレゼン大会がありますので発表してみるのもいいかもしれませんね
遠征に行かない方も、どんなお城や地域が紹介されるのか、Twitterで楽しみにしていましょう!



長くなりましたが、読んで頂いてありがとうございました!


さら(@akiusagi_apple)