山城Love☆

お城とカメラが大好きな山城女子です^^
仕事と家事の合間を見つけ、体力の低下を感じながらも、デジイチ片手に気になる山城を見つけては登城しています♪
最近では、地形や古戦場、護衛艦など興味が拡大中ですw
城ガール隊の隊長として、城学と藪の中を邁進中~♫

攻略☆ひがしみのの山城

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
今回は、地元である岐阜県で開催されているイベントについてです

『岐阜の宝もの』に認定された「ひがしみのの山城」のスタンプラリーが開催中
期間は平成30年1月6日~3月31日までです
苗木 (7)

3つの山城を訪れて、指定された場所でアンケートに答えると同時に台紙にスタンプを押します。
すると、その場で限定山城カードがもらえます
山城カードは先着順で各2,000枚用意されているそうです。
苗木 (8)

さらに、3つの山城すべて制覇すると、スペシャルカードが貰えます
こちらは、先着1,500枚とのこと

この「ひがしみのの山城」に指定されている3つの山城は、当ブログで何度も登場しているので簡単に綴るとともに、過去記事のリンクを貼っておこうと思います。
よろしければ、ご覧ください


岩村城と岩村城下町
~日本一高い場所にある山城、別名「霧ヶ城」を攻略せよ‼~

日本百名城に選定されており、日本三大山城の一つでもある岩村城
そして、江戸時代の趣がある城下町

山城スタンプは、岩村歴史資料館にあります。

城下町からは少し外れますが、個人的にオススメしたいお店があります
恵那市役所岩村振興事務所畜産センターの隣にある「ふる里」さん
岩村 (1)
釜飯も美味しいですが、五平餅定食がオススメ
五平餅はもちろんなんですが、冷奴の豆腐と、うどんのダシ、厚揚げがメッチャ美味しい
五平餅は約20分、釜飯は約30分くらいかかるので、時間に余裕をもってお越しください

岩村 (3)
郷の薪窯パン Kitto! さん。

岩村を訪れる度に、気になっていたパン屋さんです
売り切れ次第、終了してしまうそうなので訪問はお早めに
岩村 (4)
ナッツやくるみ、レーズンなどが入ったパンの他に、果物がたくさん入ったパンなど気になるパンがたくさんありました

過去ブログはコチラから⇒岩村城


苗木城
~霞ケ城との異名を持つ、木曽川河畔の岩山の城を攻略せよ‼~

苗木城といえば巨石を巧みに利用した山城で、明治維新まで存在していました
大矢倉が登れなくなったのは残念ですが、上から下から眺めるだけでも感動します

山城スタンプは、苗木遠山資料館にあります。
IMG_4443
苗木の資料館で、岩村城の根付を買うという…

苗木 (9)
資料館には、風吹門が移築されていますよ

苗木 (6)
続百名城に選定された効果なのでしょうか、間伐や整備が行き届いていて散策しやすくなってました

苗木 (12)
高森神社を経由して城内へと向かう道も、この通りです

お時間がある方は、大手門から登ってみてはいかがでしょうか?
苗木 (4)
山の麓に大手門跡があり、大手ルートへと続きます
苗木 (2)
果樹園か畑があるので、むやみに立ち入らないよう注意しましょう
苗木 (31)
大手は四十八曲りと言われていますが、多分そんなにないような気がします
折れ折れの道が続きますが、色んな積み方の石積が見れるので楽しいです
苗木 (28)
苗木 (29)
崩れそうな部分もありますので、散策時は気をつけてください

苗木 (22)

苗木 (20)
矢穴好きにはもってこいの場所もあります
恐らく、石切り場なのかなぁ~って

登って行くと竹門跡を抜け、馳門跡に到着します
苗木 (48)
この辺りも、伐採が進んで綺麗になっていました!
苗木城は、大矢倉や天守以外にも萌えスポットがたくさんあるので、本当にオススメです

また、苗木藩は廃仏毀釈を徹底的に行ったといわれており、現在でも寺がないそうです

苗木 (45)
資料館の近くにあった雲林寺跡には、歴代城主のお墓があります。
BlogPaint
畑の中に寺の礎石が残っていました(赤い矢印)

苗木 (1)

過去ブログはコチラ⇒苗木城


美濃金山城
~東美濃支配の拠点となった森氏の居城を攻略せよ‼~

苗木城と同じく続百名城に選定されました
発掘調査によって新たな発見があり、今後の期待が高まる山城です

山城スタンプは、兼山生き生きプラザにあります。
可児 (10)
リニューアルされてて、駐車場もたくさんあります。
可児市の山城に関するリーフレットや、お城の資料などが置いてあります
可児 (2)
昨年秋に開催された「山城へ行こう!」で販売されていたレジャーシートに、先生方のサインとゴンベエ殿のイラストが
さらには森長可殿のイラストまで

可児市の山城にちなんだグッズも販売しており、その中にレジャーシートも少しですがありましたよ

過去ブログでも書きましたが、可児市の山城に対する愛が素晴らしい
可児 (5)
自販機にまで、縄張図

兼山生き生きプラザから、200mほど歩いたところに米蔵跡があります
可児 (28)
この辺りも整備作業が行き届いており、ちょっと離れた道路からでも眺めることができます

過去ブログはコチラ⇒美濃金山城


朝から巡れば、1日で3つの山城を散策することは出来ます。
または、1つ1つの山城をじっくり巡るのも良いかと思います。
IMG_4441
私は3つの山城を巡って、無事にスペシャルカードをゲットしました
どんなカードか気になる方は、是非とも3つの山城を巡ってゲットしてくださいね


城旅メモ
※山城の情報は、過去ブログを参照してください。

岩村資料館
岐阜県恵那市岩村町98
開館時間:9時~17時  休館日:月曜日
入館料:300円

苗木遠山史料館
岐阜県中津川市苗木2897-2
開館時間:9時30分~16時30分  休館日:月曜日
入館料:320円

兼山生き生きプラザ
岐阜県可児市兼山674-1
開館時間:8時30分~22時  休館日:第1月曜日
入館料:無料


可児 (4)
このポスター欲しい…

城旅日:平成30年1月21日





古代沼への誘い ~板付遺跡~

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
九州旅記録、やっとで完結だぁ~
今回の記事は、帰る途中にサクッと立ち寄った場所なので簡単に綴ります
(って、いつも簡単なんだけどね~

福岡空港から博多駅へ向かう途中に、環濠集落があると聞いて立ち寄ってみました
資料館で当時の模型を眺めることができます。
板付遺跡 (3)
こうやって見ると、城の原点だわぁ~と思います

板付遺跡 (1)
館内の写真撮影OKで、展示品に触ってもいいよ~とのことです
当時の道具を復元したものが展示されていました。

板付遺跡 (5)
資料館で当時の風景をイメージできたところで、現地へ向かいます
これは、籾殻かな

板付遺跡 (7) 
板付遺跡 環濠集落

日本最古の稲作集落の一つといわれており、昭和51年に国の史跡に指定されています
弥生時代の謎を解くのに、重要な遺跡ということですね

板付遺跡 (6)
資料館があった場所には、水田が復元されていました
板付遺跡 (16)

先ほどのモニュメントがあった場所が、ムラへの入口みたいです。

板付遺跡 (8)
板付遺跡 (9)
ムラを守るため、堀と土塁でガッチリ固めています

板付遺跡 (10)
ムラを仕切るかのように堀がありました
住居部分と貯蔵庫部分を堀で仕切っていたようです。
解説板には、発掘調査で住居跡は出土しなかったので、近くの遺跡を参考に住居を復元したと書いてありました。
板付遺跡 (11)

板付遺跡 (12)
九州歴史資料館で学んだ礫や集積といった窯跡が発掘されているということは、居住空間があったことは想定できますけどね…

板付遺跡 (14)
内堀の外には、亡骸を埋葬する甕も復元されてました。
身分の高い人になると、きちんとした墳墓になるらしいです。

板付遺跡 (15)
遺跡を囲っているフェンス脇に土塁と思われるものがありました。
これは外堀の名残なのかも

板付遺跡のように復元された環濠集落は、当時の生活が想像できて勉強になります
となると、今度は現代の風景に潜んでいる環濠集落も歩いてみたいなぁ~と妄想は膨らみます

今年初の遠征は、雪に阻まれた行程もありましたが、それでも大満足です
お世話になった九州の城友さん、ご一緒してくださった城友さん、皆さんありがとうございました
今年もまたどこかの旅でご一緒できるのを願ってます
IMG_4288
お土産たくさん頂きました

IMG_4209
IMG_4210
久留米の大砲ラーメンで、泡沫系のラーメン美味しかった

IMG_4277
帰りの新幹線では、明太子を堪能

IMG_4289
我が家のお土産すべて明太子だった
どんだけ好きなんやって

さてさて、次はどんな旅が待っていることやら~


旅メモ

板付遺跡(板付遺跡弥生館)

福岡県福岡市博多区板付3丁目21-1
開館時間:9時~17時  休館日:年末年始
入場:無料  駐車場:あり  トイレ:あり

板付遺跡 (17)
古代と現代の文明が…

歴旅日:平成30年1月14日



古代沼への誘い ~基肄城~

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
九州旅日記も、もう少しで完結する予定です
出来たら1月中に終わらせたいなぁ~

基肄城 (11)
福岡県と佐賀県の県境に位置する基肄城を訪れました
最初は山の中腹にある水門跡から

基肄城 (1)

基肄城 (2)
解説板によると、基肄城には4つの門があるそうで、南門といわれるこの水門は基肄城の中で一番低い場所にある門とのこと。

基肄城 (5)
立派な石垣だぁ~
単なる水門だけでなく、外部からの侵入を阻む防御も担っていることがわかりました

谷間を水門でガッツリ固めてる雰囲気は、先に訪問した高良神籠石とも似ているなぁ~
古代山城の特徴なんだろうかぁ
基肄城 (4)
暗渠は今でも現役です

基肄城 (8)
覗いてみたら…
基肄城 (10)
氷柱ができてるっ

水門から少し登ったところでは、地元の方が水を汲みにきていました
ちょうど谷間に位置するこの辺りでは、水が湧き出ており貴重な資源だったんだろうなぁ~

山の中腹でも積雪があるということは、山頂はかなり積もっているのかもしれない
大野城の二の舞になるのか…と思いつつ、基山山頂を目指しました
…が、やっぱり途中でスタックして登れない
基肄城 (12)
車を断念して、林道を歩いて登ります

基肄城 (15)
特別史跡 基肄城

白村江の戦い敗戦後、唐・新羅からの侵攻に備えて築いた古代山城で、日本最古の朝鮮式山城とも伝わっています。大野城と同じく大宰府防衛が目的です。

山頂付近には草スキー場があり、本来ならその駐車場まで車で向かう予定だったというわけです
基肄城 (19)
草…でなく、普通にスキー場やん
ってことで、ここから山頂目指して雪中行軍です

ソリ遊びを満喫しているファミリーを横目に、登っていきます。
基肄城 (13)
先客がいるみたい

基肄城 (21)
標高約404mの基山山頂には、天智天皇欽仰碑がありました。
かなり大きな岩がゴロゴロしてるけど、この部分がどのような場所だったのかはよく分からない

基肄城 (22)
それでも、山頂からの眺望はお見事でした
(方向がイマイチよくわかっていないけど…

基肄城 (26)
山頂の高台を囲むように堀があるのですが、積雪でわかりにくい

基肄城 (27)
「いものがんき」と呼ばれている4連続の堀切があります
芋畑の畝に似ているのが由来とか…
基肄城 (25)
山頂の高台から眺めると、確かに畑の畝にも見えますね

基肄城 (30)
1つ1つの堀切は、そこまで大きくありません。
斜面に設けられているわけでもなく、何故この場所に連続堀切が必要なのでしょうか
基肄城 (49)
(photo:FULL2さん)

この堀切というか、土塁の脇にある細道はなかなか素敵でした

中世の頃、基山には「木山城」という城があったらしく、高台を囲む堀やいものがんきは中世の頃の遺構だといわれているそうです。

基肄城 (32)
ちなみに、基肄城は続百名城に選定されましたよ

あまりの積雪で、城の遺構をジックリ見て歩くこと叶わず…
まぁ、大野城と含めて再訪すればいいか~

となったら、雪山を楽しむしかありませんね~
基肄城 (36)
雪が降ったら、飛び込みたくなる衝動にかられるのは幾つになってもあるようで…

BlogPaint
もちろん、全員やりましたよ

基肄城 (33)
基肄城は再訪します
っていう強い思いを、山に残しておきました

せっかくなので、大礎石群だけでも見ておこうということに
基肄城 (42)
この位置からでもよく分かる

基肄城 (39)
基肄城には、幾つか礎石群が確認されているそうです
機会があったら、礎石群巡りもしてみたいなぁ~
基肄城 (41)
大礎石群と呼ばれるだけあって、1つ1つの礎石が大きい

基肄城 (38)
山頂から少し奥に入った部分、ここにはどんな建物があったのだろう
当時はどうだったのか分からないけど、木々が鬱蒼としていて日当たり良しとは思えないので、居住空間ではないような気もしました。
しかし、マップを見ると他の場所に米倉跡が存在しているので、貯蔵庫でもないのかも
山全体を土塁や石垣で囲い、その中で人々が暮らしていたのだとすれば、貯蔵庫が複数あってもおかしくないと思う。
となると、人々はどこで生活していたのか…
礎石からみるに、かなり大きな建造物があったんだろうと思うので、やっぱり居住空間だったのかな

再訪時に他の礎石群も見て比べたいと思いました

さて、同行者のフライト時間も迫ってくるので戻らねば
登ったということは、来た道を下らなければいけませんよね
BlogPaint
(photo:FULL2さん)

歩いて下るの面倒になったので、持っていたA4サイズのレジャーシートで滑れないかチャレンジしたけど、雪に埋もれて無理でした

大きなケガなく、無事に下山し空港へ向かいました
ご一緒した城友さんを空港で見送り、私たちは駅へと向かいました
…が、ちょっとだけ寄り道したので、それは次回へ 


城旅メモ

基肄城

佐賀県三養基郡基山町小倉
駐車場:基山草スキー場を利用  トイレ:駐車場にあり

基肄城
かんじき買おうかなw  (photo:kuroさん)

城旅日:平成30年1月14日




史跡☆写真館
  • 攻略☆ひがしみのの山城
  • 攻略☆ひがしみのの山城
  • 攻略☆ひがしみのの山城
  • 攻略☆ひがしみのの山城
  • 攻略☆ひがしみのの山城
  • 攻略☆ひがしみのの山城
livedoor プロフィール
ようきてくんさった♫
  • 累計:

自己紹介♫
城旅開始 2011年1月より


2018年の初訪城 8城

2018年の総訪城 14城



今までの訪城 479城

複数回の訪城含めると747城

(2018年2月16日現在)



日本百名城 72/100城

(2018年2月1日現在)

岩村城 14訪城



【流星☆プロフィール】

城ガール隊 隊長

(北陸東海支部)



城友会(軍師)



サイガ塾



ブラタモ部 ST部



城郭数寄者



古事記倶楽部



週末城旅人

愛する城:岩村城

好きな城:琉球のグスク

好みの傾向:実際に戦った城

※塹壕、仕寄、土塁線に萌える傾向あり



岐阜県ファンクラブ会員

岐阜県の城にたくさん行きたい!でも、単騎できない小心者

岐阜県の城歩き、いつでもご一緒します♫
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文