山城Love☆

お城とカメラが大好きな山城女子です^^
仕事と家事の合間を見つけ、体力の低下を感じながらも、デジイチ片手に気になる山城を見つけては登城しています♪
最近では、地形や古戦場、護衛艦など興味が拡大中ですw
城ガール隊の隊長として、城学と藪の中を邁進中~♫

地元でST部活動 ~織部ヒルズ~

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
先日、城友さんと地元で陶磁器萌え萌えの散策をしてきました

織部ヒルズ (5)
岐阜県はやきもの生産日本一で、中でも土岐市が断トツです
そんな土岐市にナゴヤドーム約5個分の広さを有する「織部ヒルズ」という場所があります
陶磁器の卸問屋が立ち並び、その中には一般人でもお手頃価格で購入できるお店が幾つかあります。

織部ヒルズ (27)
ってことで、以前から織部焼を買いたいと話していた城友さんとお出かけ

織部ヒルズ (2)
織部焼はもちろん、志野焼、瀬戸焼などがかなりお値打ちです

織部ヒルズ (6)
今回のお目当ては黒織部です

とあるお店にあったポスターには、ファンが喜ぶ場面も…

織部ヒルズ (3) 
織部ヒルズ (4)
TKG食べてた丼が810円で在庫限りだそうですよ~

お昼は織部ヒルズ内にあったカフェへ

織部ヒルズ (7)
雑貨カフェ blossom さん
隣接しているお店で、色んな種類のハチミツや素敵なガラス雑貨などを販売しています。
そして、ここで衝動買いしちゃった

織部ヒルズ (8)
静かで居心地の良いカフェでした

織部ヒルズ (10)
ランチはパスタランチと、ピザトーストの2種類ありました。
私はピザトーストのランチ、マフィンは店頭にあるのから選べたのでコーヒーのをセレクト

ランチを済ませたら、本格的に陶磁器を選びにかかります

織部ヒルズ (11)
一目見て気に入った黒い器をお買い上げ
大好きな胡瓜専用にする
(帰宅して気付いたけど、黒織部じゃなかったという

織部ヒルズに隣接している道の駅 志野・織部で休憩~
道の駅でも、織部焼などを購入することができます。

道の駅で色んな種類の織部焼を眺めつつ、赤織部ってあまり見ないね~と話題になり、織部焼の勉強をしようということに

そして、城友さんが「鬼まんじゅう」を知らないというので、おやつタイム

織部ヒルズ (15)
道の駅にある「満開堂」さん
鬼まんじゅうは、サツマイモがはいった蒸し饅頭のようなものです。
まさか、この辺りだけとは知らなかった

織部ヒルズ (12)
シンプルなものから、風変りなものまでありました

織部ヒルズ (14)
私はヨモギをチョイス
ヨモギの香りがフワッとして美味しかった

織部ヒルズ (13)
お兄さんがイイ人で、鬼まんの写真を撮ろうと思ったらポーズしてくださった
皆さんお立ち寄りの際は、是非とも鬼まんじゅう食べてくださいね


織部ヒルズ (21)
道の駅から移動して、元屋敷陶器窯跡

織部ヒルズ (16)
美濃で初めて築かれた連房式登窯で、国史跡にも指定されています


織部ヒルズ (20)
大窯の方は復元されています。

織部ヒルズ (19)
こうやって大量生産できるようになったんでしょうね。
s_織部ヒルズ (29)
長閑な感じが、日本の原風景ぽいですね

s_織部ヒルズ (24)
オススメ撮影スポットから撮ってみた

s_織部ヒルズ (25)
本当は大窯ですが、古代遺跡って言われたらそうにも見えますね
s_織部ヒルズ (30)
ちょうど菖蒲が見ごろでした

近くにある美濃陶磁歴史館にも立ち寄り、織部焼の種類について知ることができました。
織部ヒルズ (31)
ますます織部焼に興味をもちました

ここで城友さんと解散し、帰路へとつきました
s_織部ヒルズ (32)
黒い器、仕切りのある青織部の器、浅漬け鉢、鳥獣戯画グラス、カエル置物、擂臼…
そろそろ食器棚を整理しないと…

とは思いつつ、もっと織部焼を集めたいと思う今日この頃です


旅メモ

織部ヒルズ

岐阜県土岐市泉北山町3-1
駐車場:あり トイレ:あり
(道の駅に散策マップあります。日曜日が定休日の店が多いので、事前に調べておくといいかも)

美濃陶磁歴史館
岐阜県土岐市泉町久尻1263
駐車場:あり トイレ:あり
※元屋敷陶器窯跡まで歩いて行けます。


織部ヒルズ (9)
一目見て買うしかないと思った…
私をよく知る方は、理由がわかるハズ…

訪問日:平成30年6月17日



地元で歴史散策 ~続 小熊山一乗寺~

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
まったくもってタイムリーでない旅記録を綴るブログです
今回は、昨年の旅を振り返ってみようと思います

一乗寺 (8)
岐阜県羽島市にある小熊山一乗寺
ブログでは既に登場済みなので、詳しいことは前回の記事を参照してください
(特に詳しく書いてあるわけではありませんが ⇒過去の記事はコチラ♪ )

今回は城友さんを連れての再訪です

一乗寺 (9)
この地に安置されていた地蔵菩薩を、信長公が岐阜に持ち帰ったと伝わっています。
前回訪れた時は、扉が閉まっていたので拝顔叶わず…

一乗寺 (10)
今回は手を合わせることができました

さてさて、信長公が持ち帰ったとされる地蔵菩薩、今は存在するのでしょうか…
ってことで、お次は岐阜市へ移動しました

わざわざ持ち帰ったということは、おそらく拠点にしていた岐阜城の近くにあるのでは…
ということで、岐阜城がある金華山の麓へ

岐阜市小熊 (3)
東別院の向かいにある圓龍寺というお寺の山門前に、説明板とお堂がありました。

岐阜市小熊 (2)
木造延命地蔵菩薩像の説明書きに『信長公が地蔵堂を建立し、地蔵菩薩を移した』とあります

岐阜市小熊 (4)
慈恩寺の地蔵堂に地蔵菩薩が安置されていました
この地蔵菩薩は、県内でも最古に近いとも書かれていました

岐阜市小熊 (6)
重要文化財にも指定されています。
ガラス越しに覗き込んでみたら、一乗寺で見た地蔵菩薩と同じように感じました

岐阜市小熊 (8)
岐阜に移された地蔵菩薩ですが、夜な夜な信長公の枕元にたち「帰りたい」と泣いたとか…
ということで、信長公はこの地を小熊と名付けたと伝わっています。

ちなみに、近くの交差点は…

BlogPaint
小熊町という名が残っています

点と点が線で繋がったというか、歴史の足跡を辿るという何とも面白い散策になりました


歴旅メモ

慈恩寺

岐阜市大門町
駐車場:なし  トイレ:なし
(近くに有料パーキングあり)


岐阜市小熊 (1)
歴旅日:平成30年3月10日

古代沼への誘い ~志波城~

ぬはっす~流星☆です( -д-)ノ
1日も1週間もあっという間に過ぎ去り、気が付けば6月ではないか…という状況です

なかなかタイムリーには更新できない状況ですが、過去の旅を振り返りつつ綴っていこうと思います

今回は2月に出張で訪れた岩手県での立ち寄ったお城
志波城 (4)
国史跡 志波城 (しわじょう しわのき)

平安時代に造営された城柵の一つです。
朝廷の積極的な領土拡大政策として、他にも払田柵、胆沢城、徳丹城などがあるそうです。

志波城は、桓武天皇の命を受けた征夷大将軍 坂上田村麻呂によって803年ごろに造営されたと伝わっています。

現在では発掘調査をもとに、復元された建物などがあり当時の様子を想像することができます
志波城 (5)
蝦夷に対して朝廷が行った征伐と伝わる三十八年戦争あたりですね

志波城 (3)
東北の城柵は、官衙の一種といわれています。
蝦夷と呼ばれた人たちに対するために、政府が作った軍事と行政の拠点だったそうです

志波城 (1)
古代城柵に興味津々だったので、ワクワクしながら訪れたものの…
夕刻で案内所が閉まっていたうえに、この積雪で…
どこをどう歩いていいかわからないという

志波城 (2)
これは、リベンジ確定だな~

志波城 (6)
土塀と思われる壁に、見張り台が幾つも設けられてました

志波城 (9)
雪景色と夕暮れが、良い雰囲気なのは素敵なんですけどね

志波城の外側をおおよそ半分程度歩いて回ったところで、寒さと体力の限界でした
運良くバス停に停まっていた最終バスに乗り、盛岡駅へと戻ることにしました

志波城 (7)
運転手さんに教えてもらった岩手山、美しい風景を見れたので良しとします


旅メモ

志波城

岩手県盛岡市下太田方八丁68

志波城 (8)
志波城にやってきたぞ!という足跡は残しておく…

訪問日:平成30年2月1日




史跡☆写真館
  • 古代沼への誘い ~志波城~
  • 古代沼への誘い ~志波城~
  • 古代沼への誘い ~志波城~
  • 古代沼への誘い ~志波城~
  • 古代沼への誘い ~志波城~
  • 古代沼への誘い ~志波城~
プロフィール

流星☆

ようきてくんさった♫
  • 累計:

自己紹介♫
城旅開始 2011年1月より


2018年の初訪城 30城

2018年の総訪城 47城



今までの訪城 501城

複数回の訪城含めると780城

(2018年6月10日現在)



日本百名城 72/100城

(2018年2月1日現在)

岩村城 15訪城



【流星☆プロフィール】

城ガール隊 隊長

(北陸東海支部)



城友会(軍師)



サイガ塾



ブラタモ部 ST部



城郭数寄者



古事記倶楽部



週末城旅人

愛する城:岩村城

好きな城:琉球のグスク

好みの傾向:実際に戦った城

※塹壕、仕寄、土塁線に萌える傾向あり



岐阜県ファンクラブ会員

岐阜県の城にたくさん行きたい!でも、単騎できない小心者

岐阜県の城歩き、いつでもご一緒します♫
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文