よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)

投資資金1億円突破。中国株や米国株に投資をして3億円以上の資産増加を達成してアーリーリタイアを目指しているブログ歴13年の個人投資家です。

よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ) イメージ画像

2018年02月

ネットショッピングを牛耳るアマゾン。 ウィンドウズを武器にPCを支配するマイクロソフト。 実は、IT業界の両巨頭がAI分野では手を組んでいるんですよね。 音声認識AIシステム(AIアシスタント)では、アマゾンはアレクサを開発しています。一方のマイクロソフ
『アマゾンとマイクロソフトが手を組む』の画像

IT業界において、いやどの業界においてもビックデータは非常に重要なものです。 あらゆるデータを集め、分析することで、個々の行動パターンが予測され、的確な情報やアドバイスを提供することが可能となります。 情報量が多ければ多いほど、精度も充実し、また多種多
『ビックデータの重要性』の画像

アマゾンにおける次の成長エンジンともなりうるアレクサ。従来のアマゾンへの導入口から、新たな導入口を作り上げることで、あらゆるものを売るエブリシングストアから「エブリタイムストア」へと進化を遂げようとしているアマゾン。 スマートスピーカー(AIスピーカー)

なぜアマゾンは人気があるのか? なぜアマゾンは将来性があるのか? なぜアマゾンはPERが高くても買われるのか? その理由の一つが「アレクサ」の普及です。 アマゾン(Amazon)が力を入れている事業の一つにアレクサがあります。アレクサとはクラウドを利用した音声認

「投資をするなら個別銘柄を選ぶのだ」 「インデックスファンドなんて面白みがない」 「自分で選択して決断するんだ」 なんて思ってます(笑) 投資方法としてインデックスファンドは有望だと思うし、下手に投資するぐらいならインデックス投資で十分なんですよね(ただ
『投資をするなら個別銘柄を選ぶのだ』の画像

よしぞうがベストだと思う投資方法。 「長期投資で、インデックス投資」 「資金力があれば高配当安定優良企業投資」 でも、自分では、そういった投資方法は取らない。 「長期投資で集中投資、成長企業で個別銘柄選択」 よしぞう自身が投資する場合は、これがベストとな
『ベストだと思う投資方法』の画像

前回は、有償でアドバイスする場合は、安全を優先して、どう転んでもある程度なんとかなるような中途半端な提案をするということを書きました。 じゃぁ、よしぞうがファイナンシャルプランナーとして、無償でアドバイスする場合は、どうなるかというと、少しリスクを高め
『どの比率で運用するのか』の画像

よしぞうは、以前は金融機関に勤めており、AFP(ファイナンシャルプランナー)資格保持者です。 とりあえず2年おきの資格更新手続きはしています。 この更新手続きが面倒。2年間でミニテストに5回合格するか、所定の講習を受ける・講師としてセミナーを行うなどして所定

集中投資というと1銘柄のド〜ンと突っ込むというイメージがありますよね。だから危ない・危険だというイメージがあります。 でも、集中投資って、考え方やとらえ方によって、色々な方法があるんですよね。 たとえば、セクターやある特定の国に集中投資するとか。
『集中投資をしている人は意外と多い?』の画像

「暴落時には買い向かうべきである」 「暴落時に資金を追加投入するからこそ利益が出る」 「暴落時に買うことこそ、安値で仕込める最大のチャンスだ」 もちろん、間違ってはいないですよ。 でもね、今が暴落だと思っている人は買い向かうべきではないです。 ダウ平均株
『今が暴落だと思う人は買い向かうべきではない』の画像

↑このページのトップヘ