よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)

投資資金1億円突破。中国株や米国株に投資をして3億円以上の資産増加を達成してアーリーリタイアを目指しているブログ歴13年の個人投資家です。

よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ) イメージ画像

2018年08月

9月って暴落が多い月です。 リーマンショック・アメリカ同時多発テロ・ポンド危機(ソロスのポンド売り)などなど。 歴史的な暴落などは9月に引き起こされている事が多いです。 よしぞうが残っていたテンセントを早々と売却したのには、9月に入って暴落が起こってしま

ツイッターでは報告しましたが、8月28日の夜、アマゾンを追加購入しました。 高値を抜けたのでとりあえず打診買い。 打診買いと言いながら、それなりの金額を投資しました。テンセントを売却した金額の3分の1を投資しました。 アマゾンは買値から2倍以上になってい

昨日、半分残っていたテンセントを全株売却しました。 大きく資産を増やしてくれた思い入れのある大切な銘柄。 それでも次に進まなきゃ。 テンセント自体の成長性は問題ないと思っています。 圧倒的な利用者数を武器にオンライン広告なども伸びているし、QRコード決済

アマゾンの強みの一つに設備投資に多大な資金を投下できる事があります。 設備投資や新規事業への投資は、上手くいくとは限りません。 株主にとって、企業が成長してくれることも大切ですが、自分が投下した資金を回収できる事も大切な要素となります。 ゆえに、あ

テンセントは決算が市場予想を下回ったので売っていたのだけど、エヌビディアは市場予想を下回ったのになぜ売らないのか? このように聞かれたので、僕の場合は市場予想を下回ったから売るのではなく、自分の想定と違う場合・または成長性に疑問を感じた時は売るようにして

では、今後の日本で預金封鎖や資産税が発動した場合、個人の資産がどの程度守られるのか? 預金封鎖・新円切替では手の打ちようがないですよね。 旧円を保有していても使用できなくなる。 銀行に入金したら出金停止・制限が掛かる。 新円を手に入れるには、銀行からお金を

そういえばデフォルトの話題が出ていたので、過去に日本でおきた(戦後の1946年頃)デフォルトについて僕のブログで2012年に数回に渡って書いていたので、それを改めてまとめてみました。 我々投資家にとって、一番最悪なのが資産税。 過去の日本で施行された時は

ちょっと個人的な趣味の情報(笑) 甘いもの好きのよしぞう。 お勧めのスイーツ店をご紹介。 「パティスリー ラヴィルリエ」 初めて訪れたのは、何年前だろう? 7〜8年前かな?? まだ現在の店舗に移転前で東通り商店街を突き抜けたところを少し右に折れた場所に店
『甘党投資家のお勧めスイーツ店』の画像

「まだあいつに未練残っているんか?」 「今は気持ちが不安定で他の男にふらついているだけで、いずれ俺の元に戻ってくるよ」 「・・・(いや、こねぇよ)」 「些細な気持ちのすれ違いがあるだけで、時間が経てば俺の良さを思い出すよ」 「・・・(絶対思い出さ

テンセントを半分売却しました。 売却した理由は、「今後の不安が2点あった」からです。 (1)決算内容に不安があった。 (2)中国当局の今後の対応に不安があった。 まずは、決算が思っていたよりも悪かった。 テンセントの2018年中間決算(1〜6月)は? 売

↑このページのトップヘ