よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)

投資資金1億円突破。中国株や米国株に投資をして3億円以上の資産増加を達成してアーリーリタイアを目指しているブログ歴13年の個人投資家です。

よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ) イメージ画像

2018年10月

アメリカと中国との貿易戦争。 特に中国には影響が大きく、その影響で業績にダメージを与える場合も見受けられる。けれども、逆にそれがチャンスともなる可能性もある。 特にAIや半導体などはアメリカ企業が主導権を持っており、中国にとってはこれらを自前で用意できる

僕は、調整程度の下落だと考えているから、ダウやS&P500などが10%〜13%程度の下落で終わると思っています。 グロース株などは、2倍ぐらいの値動きはするだろうから20〜30%程度の下落はするものだと思っています。 現時点でのダウやS&P500などは10%程

ツイッターには書いていましたが、アマゾンとエヌビディアを購入しました。 アマゾンは1631ドルで54株。 エヌビディアは203ドルで110株。 今回は、テンセントを売却した資金があるので、キャッシュは豊富にあります。 どちらも、まずは1回目の資金投下。

アマゾンが決算発表をしていましたね。 昨晩の市場では、ボロボロに下がっていました。僕が寝る前に見た時には前日比9%の下落だったので、久々の大きな下落ですね。 僕的には、買い場だと感じているので1631ドルで54株ほど購入しておきました。 以前に記事にて書
『アマゾンの決算をみて思う事』の画像

僕は、アメリカ市場は来年までは大丈夫だと思っている。 もちろん、時折調整が入ることがあって短期的に大きく下げることはあると思っているけれども、基本的には2019年まではリセッションになる事はないと考えている。 あと1年ほどは、ある程度順調に株式市場は

ストリーミングミュージックというと真っ先に名前が浮かぶのがスポティファイだと思います。 スポティファイといえば、今年の4月に上場した音楽界のネットフリックス、音楽業界の革命児といわれている企業です。 そんなストリーミングミュージック業界に裏ボスが登場する

ふっと思ったのですが、ハイテク銘柄に分散投資している人って見かけないなって思ったんですよね。 ハイテク銘柄を均等に分散投資している人。 こういうのでポートフォリオ作っても面白いと思うんですけどね。 まあ、それだったらQQQ買ったらいいだけなんですけど、

グロース株最高! グロース株なんてギャンブル! 高配当戦略が安全! 高配当戦略なんてクソ! インデックス最強! インデックスなんて弱者の投資! どれでもいいんじゃないの(笑) というよりも、どれかに固執する必要なんてあるのかな? 僕の場合は、グロース株に

8年前のある日・・・ 「運用って、どうすればいいんだろう」って、僕のところに相談に来た我が家のご両親。 一般の方の例にもれず、銀行のお誘いのままに投資信託を買っており、運用実績はイマイチでした。 なぜに僕のところに資産運用の相談にきたのかというと、現在は

よしぞうは、資産を大きく増やしてアーリーリタイアをしたいと思っています。 資産は順調に成長しており、大きく増えています。 しかしながら、一時は1億円を突破していたのが、主力のテンセントが軟調になり全部売却したことで、今は8000万円台となっており、最高時

↑このページのトップヘ