よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ)

投資資金1億円突破。中国株や米国株に投資をして3億円以上の資産増加を達成してアーリーリタイアを目指しているブログ歴13年の個人投資家です。

よしぞうの投資ライフ(億超えの次へ) イメージ画像

2018年12月

2018年度が終わりますね。 今年の僕の投資資産の状況はどうだったのか? 2017年12月28日時点 → 2018年12月28日時点 S&P500   2687  →  2485(−7%) NYダウ工業 24774  → 23062(−7%) ハンセン指数

スマホ市場において圧倒的なブランド力を構築しているアップル。 スマホ市場における利益の85%はアップルのアイフォンが占めていることから、同じ性能のスマホであったとしても、アップルの商品にはブランド力を加味した付加価値としてのブランド代を上乗せしても売れて
『アップルがブランドを維持していけるのかを見ていきたい』の画像

昔の保有株でわずか1日で株価が60%も急落した銘柄がありました。 チャートをみても分かるように、ナイヤガラの滝のように暴落しています。 この企業はどんな企業だったのか? なぜ、60%下落という暴落は起きたのか? そして、その後はどうなったのか? 「蒙牛
『1日で60%も株価が下落した保有株のお話』の画像

僕達はハワイで結婚式をしました。 新婚旅行も兼ねて、両親を連れて(費用はこちら持ち)、ハワイで挙式を行いました。 ハワイで結婚式なんて沢山費用が掛かるだろうと思うかもしれませんが、挙式代・自分たちの新婚旅行代・両親のハワイ旅行代を含めて140万円ほどで行
『ハワイで結婚式をして、どのくらい費用が掛かる?』の画像

投資をして複利の効果で資産を増やしていく。 投資家ならば皆が取り組んでいる事だとは思います。 インデックス投資などであれば、短期的には波があったとしても、長期的にみれば6%ぐらいのリターンが見込める比較的安定的な運用を行う事が可能となる確率は高いです。 当

僕はグロース株に投資をしています。 大きく資産を増やしたいからです。 でも、現時点では普通に考えるとかなり多くの投資資産を形成する事が出来ています。 今年の夏ぐらいは1億ほどの投資資産があり、それがグロース株の下落と共に投資資産は急激に減っていき、現時点

どんな時にも安心して投資をするためには、どうしたらいいのだろうか。 市場が軟調だったりしても、落ち着いて投資を続けるとするならば、やはりインデックス投資となりますよね。 インデックス投資1本だと面白みに欠けると思う方もいるかもしれません。まあ、確かに僕も

テンセントの音楽部門であるテンセント・ミュージック・エンターテイメント。 ニューヨーク証券取引所にADS(米国預託株式:ADRの一種)として、すでに12月12日に上場していました。 IPO(新規株式公開)での公開価格の仮条件レンジは13〜15ドルだったの

色々な投資法のひとつに、ガチホする方法があります。時には気絶投法とも呼ばれ、市場の株価や動きなど一切気にせずに、購入したらひたすらホールドする方法です。 これ、基本的には悪くないと思っています。 選ぶ投資先さえ間違えなければ、市場が暴落しようとも、保

↑このページのトップヘ