前回の記事「私の過去の投資結果を確認してみよう」で、投資をしてきた13年間の平均リターンと投資資産の移行を確認しました。

私は個別株に投資していますが、指数と比べるとどんな感じなのか。

さて、自分の平均リターンとダウ平均やS&P、ナスダックなどの平均リターン、中国株がある香港市場の平均リターンを比べてみようと思います。
 

      よしぞう資産  ダウ平均株価

2005年  20%増加   1%減少
2006年  45%増加  16%増加
2007年  68%増加   6%増加
2008年  55%減少  33%減少
2009年  71%増加  18%増加
2010年   3%減少  11%増加
2011年  18%減少   5%増加
2012年  36%増加   7%増加
2013年  80%増加  26%増加
2014年  11%増加   7%増加
2015年   9%増加   3%減少
2016年  13%増加  13%増加
2017年  60%増加  25%増加

平均リターン 26%増加   8%増加

やはりダウ工業だと動きは緩やかですね。それでも20%以上の増加が2回もあるんですね。それとリーマンショックの2008年度でも30%程度の下落で済んでいるので、やはり安定感はありますね。その分、平均リターンはやはり平凡な成績にはなりますけどね。

よしぞうの資産と比べてみると、よしぞうがプラス収支の時は指数には勝っているが、マイナス収支の時は指数には大きく負けています。やはりアクティブに投資している分、勝つ時も負ける時も大きくといった感じになっていますね。


       よしぞう資産  S&P500

2005年  20%増加   3%増加
2006年  45%増加  13%増加
2007年  68%増加   4%増加
2008年  55%減少  38%減少
2009年  71%増加  23%増加
2010年   3%減少  12%増加
2011年  18%減少   1%増加
2012年  36%増加  13%増加
2013年  80%増加  30%増加
2014年  11%増加  11%増加
2015年   9%増加   1%減少
2016年  13%増加  10%増加
2017年  60%増加  19%増加

平均リターン 26%増加  7%増加 

あれ?平均リターンはダウ工業の方がいいね。ちょっと意外。まあ、基本的には同じ感じかな。


       よしぞう資産  ナスダック総合指数

2005年  20%増加   1%増加
2006年  45%増加   9%増加
2007年  68%増加  10%増加
2008年  55%減少  40%減少
2009年  71%増加  44%増加
2010年   3%減少  17%増加
2011年  18%減少   1%減少
2012年  36%増加  16%増加
2013年  80%増加  38%増加
2014年  11%増加  13%増加
2015年   9%増加   4%増加
2016年  13%増加   8%増加
2017年  60%増加  27%増加

平均リターン 26%増加  11%増加

ダウやS&Pなどと比べると、ナスダックの方が平均リターンが高いですね。ただやはり、リーマンショックなどの下落時には大きく下げますね。


よしぞう資産のリターンとアメリカ市場のそれぞれの指数を比べてみると、よしぞう資産は伸びるときには大きく伸びて、下落時には大きいとなっており、ボラティリティが高いですよね。もちろん、それを狙って投資しているんですけどね。

ダウやS&Pなどは、手堅く投資する際にはいいかもしれませんが、資産を大きく増やしたいときには、やはり伸びが足りないと感じてしまいますね。

よしぞうの資産は、指数に対して平均リターンが3倍程度はあるので個別株に投資しているメリットは十分あるという感じでした。


ちなみに、よしぞうが投資していたのは香港市場。なので、香港市場の指数とも比べてみました。


       よしぞう資産  ハンセン指数(香港市場)

2005年  20%増加   5%増加
2006年  45%増加  34%増加
2007年  68%増加  39%増加
2008年  55%減少  48%減少
2009年  71%増加  52%増加
2010年   3%減少   5%増加
2011年  18%減少  20%減少
2012年  36%増加  23%増加
2013年  80%増加   3%増加
2014年  11%増加   1%増加
2015年   9%増加   7%減少
2016年  13%増加   1%増加
2017年  60%増加  36%増加

平均リターン 26%増加   9%増加

なんだか荒い市場ですね(笑)。浮き沈みが激しい。それでも平均リターンはしっかりとプラスリターンでダウ平均などよりもいいですね。でも、この激しい香港市場に投資するならナスダックの方が安心ですね。


よしぞうの資産は、どの指数よりも平均リターンの結果が上回っており、個別銘柄に投資した甲斐があったと思います。



ブログランキングに参加中 クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村