巷では、様々な金融詐欺が横行しています。

後々で冷静に考えると、何であんなのに投資したのだろう?と思えたりもするのですが、実際に投資する際には上手く誤魔化されてしまって判断力が鈍ってしまいます。

出来るだけ、間違った金融商品に手を出さないためには基本的な金融知識が必要となります。

それを考慮したうえで、投資先を検討してみましょう。


例えば、今の銀行の定期預金の金利を知っていますか?


まあ、大体でいいのですが大手銀行で0.01%程度、ネット銀行で0.2%程度です。

たった、この程度の金利しかつかないんですよね。


では、元本保証の金融商品があったとして利回りが2%だったとしたら、この商品は本当に元本保証されると思いますか?

利回りはたったの2%です。

でも、現在の金利状態では通常の元本が保証されている銀行の金利の10倍以上の金利設定なんですよね。

これ、よくよく考えたら利回りを維持して元本を保証するのは厳しいんですよね。そうなってくると、元本保証自体が怪しい。リスクとリターンに乖離があるんですよね。

元本保証の商品があったら、必ず市場金利と比べてください。

元本が保証できるかどうかが一目瞭然です。


よくあるのが、「あなただけに教えてあげれる会員限定の投資があって、元本もしっかりと保証されて配当が10%ぐらい商品があるんだけど、どう?」とかいうやつ。


今のご時世、10%の配当なんてありえないんですよね。でも、人間の悲しい性なのか、ついつい本当ならば美味しいと思って、少しだけ投資してみたりするんですよね。

そしたら、ちゃんと配当が支払われるんです。

毎年10%づつ、確実に通常に入金されていきます。

こうなると、今の低金利の時代では美味しい商品と思えてきます。ゆえに、追加投資をしてしまうんですよね。


・・・でもね、配当を毎年10%払う事なんて簡単な事なんですよね。


100万円を投資して10%の配当金をもらう。

これをしたかったら、簡単・簡単。もらった100万円から10年間10万円づつ支払えばいいだけです。

でも、そうしたら10年後には支払うものがなくなりますよね。

・・・だから追加投資をさせるんですよね。

なんなら、途中に「運用が調子が良くて今年は金利を20%にできます」とか言って、その年だけ金利を上げておいて、次年度には追加投資をさせるなんて手も使ってくるんですよね。

1〜2年ぐらいは半信半疑だったのに、3〜5年ほどキチンと配当が出ると人は信用してしまうんですよね。

最初は小額だったのに、気が付けば少しづつ投資金額が上がっていき、結構な金額を入れていたりするんですよね。

こういった怪しい投資先は、後々でみると怪しさ満開なんですが、キチンと配当も支払われる・追加投資してもちゃんと配当が支払われる・たまに特別サービス(商品券だったり金利アップだったり)ということを繰り返しながら、信頼を得てしまうんです。

この手の物は、新しい資金を吸収して支払いに充てる自転車操業を繰り返すことになるんですよね。だから元本の返還には何かと理由をつけて応じないところが多いのは、怪しいと判断すべきなんですよね。



元本保証でありながら市場金利よりもかなり高い

支払われる配当(金利)が10%ぐらいある

元本の返還(または解約)がなかなか出来ない仕組みになっている



これらのどれかに1つでも当てはまるようであれば投資すべきではないです。

同じリスクに対して同じリターンを得られる。投資なんて基本的には等価交換みたいなものです。

だから低リスク高リターンなんてものは投資の世界には存在しません。


押してくれたら嬉しい! 応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村