僕はUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)が好きです。

楽しいですよね。家族と行って日常を忘れることが出来ます。

ジェットコースターに乗る人もいるし、子供とメリーゴーランドで喜ぶ人もいるし、ショーを観に行ってダンサーの追っかけを楽しむ人もいます。

USJという枠組みの中で、様々なアトラクションやショーがあり、それぞれが自分たちの好きなように思うままに日常を忘れて楽しみ、ストレスを発散しています。

楽しみ方は人それぞれで、他の方の楽しみ方を気にしたり、自分の楽しみ方を押し付けたりはしないですよね。

「ジェットコースター乗るなんてダサいや」
「メリーゴーランドなんて何が面白いねん」
「ダンサーの追っかけってオタクやんけ」


でも、投資になるとなぜか他の人を気にして、他人の方法を非難する事があります。


株式投資という枠組みの中に、デイトレやスイング、長期投資、バリュー、インデックス、グロース、高配当など色々な方法があります。

それぞれの目的は資産が増えればいいなという思いで始めており、方法が違えど思いは同じですよね。

ならば、なぜにあれがダメだとか、失敗は駄目だとかになるんだろう。

その人が自分のお金を好きなように投資しているのだから、それでいいのではないだろうか。


「ジェットコースターに3時間待ちなんてアホちゃうか」

確かに3時間も並ぶの大変ですよね。僕もそんなに並ぶの嫌です。でも、乗りたい人は3時間並んでも乗りますよね。それはダメな行為なんだろうか。

自分からすれば、無駄だと思う事、そこまでしないと思う事でも、他人がそれで楽しく満足であれば、いちいちそこに突っ込んだりしないですよね。

ジェットコースターにはスリルがあり、メリーゴーランドには安らぎがあり、ダンサーの追っかけには身近に会えるという楽しさがありますよね。

でも、ジェットコースターには怖さがあり、メリーゴーランドには単調さがあり、ダンサーの追っかけには決して振り向いてはもらえないという問題点もありますよね。

それぞれのメリット・デメリットを考慮して、自分達にはどれが楽しめるのかを考えたうえで、みんながそれぞれUSJという枠組みの中で楽しんでいるんですよね。


投資も同じように考えられないんだろうか?


自分の性格や資金量・家庭環境を考えたうえで、リスクをどの程度取って投資を考えるのか?

それによって、やり方は人それぞれになってくると思います。

それぞれの投資方法のメリット・デメリットを知ることは大切だと思います。

でも、それはその投資方法をしている人を否定する事とは違います。

僕には投資方法や失敗をバカにする、あざ笑う事が理解できないです。


僕は今グロース株に投資しています。

グロース株に投資しているからこそ、見えていない部分があると思います。

インデックス投資や高配当戦略をしている人からすると、僕には見えていないグロース株の問題点が見えているかもしれません。

逆に、インデックス投資や高配当戦略をとっている人は、自分の戦略の問題点に気づいていないときもあるかもしれません。他の方法をとっている人からすると感じる問題点などがあるかもしれません。

だから、この投資方法はこういったメリットがあるよ、こういったデメリットがあるよっていう意見を伝えある事は非常に意味がある事だと思うのだけど、デメリットを強調して攻撃的になる人が投資をする方々には多いと感じるのは僕の思い過ごしだろうか?


投資って何のためにしているだろう?


他人を批判したり、馬鹿にしたりして、自分の資産が増えるんだろうか?


押してくれたら嬉しい! 応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村