ツイッターには呟いていたように、11月24日の夜にIVV(iシェアーズ・コア・S&P500ETF)を約500万円分購入しました。

当日まではVOO(バンガード・S&P500ETF)を購入するつもりだったのですが、購入前に少し調べてみたら、IVVがいつの間にか経費率を値下げして、VOOと同じ0.03%にしていたんですね。知らなかったよ。

以前は、IVVが0.04%で、VOOが0.03%でした。まあほとんど誤差の範囲内なので、どちらで購入しても問題なかったのですけどね。1000万円分購入して1年間保有すると、IVVは4000円必要で、VOOは3000円必要となり、差額が1000円ほど出るのですが、1000万円分を購入しても差額が1000円程度なら誤差の範囲内ですよね。長期間保有して10年間経っても差は1万円程度だからね。まあ、それでも安いほうがいいとは思うので、基本的にはVOOを購入するつもりでした。

ところが、今年の6月にブラック・ロックはIVVを値下げしたので、VOOと同じ0.03%となり、差がなくなってしまいました。

こうなると、どちらを選ぶかは好みの問題になるかな。

基本的にどちらもS&P500に連動する様に作っているのでパフォーマンスはどちらも変わりません。もちろん、多少の誤差はあるだろうけど、あくまでも本当に誤差の範囲内で、パフォーマンスに差が出る事は少ないでしょう。

あえて違いを言えば、保有銘柄の違いが多少ある程度かな。

IVVは金融系を少し多めにしている感じかな。だから、VOOと較べると若干だけ配当が多いみたい。

保有率トップ10をみても、1位〜8位までは全く同じですが、IVVは9位にJPモルガンチェース、10位にビザとなっているのに対して、VOOは9位にP&G、10位にエヌビディアとなっており、それぞれの個性が少し滲み出ていますね。

今後、今以上に資産が増えていけば僕は仕事を辞めてセミリタイア生活を視野に入れていく事になります。そうなった時には、ある程度の配当が入ってくるような投資を組み込んでいく事になっていきます。

今回は、それの手始めのような感じで考えています。

なので、VOOよりも配当が多いIVVにしたという事です。

どちらもS&P500に連動するETFであり、経費率もパフォーマンスもほとんど同じで、配当は若干だけIVVがいいので、僕はIVVを選んだという事です。


押してくれたら嬉しい! 応援クリックお願いします
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村