2015年01月02日

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
今年が皆様にとって充実した年になりますように。

 当ブログでも昨年からの積み残しがいろいろありますが、ぼちぼち行こうと思うとります。年もとりましたし、病気もしました。なにごともぼちぼち。急がず、されど休まず。

 今年のライヴ開きは 01/12 のアンチャンプロジェクト&東冬侯温(トン・トン・ホウ・ウェン)。台湾先住民のシンガー。まったく聴いたことがありませんが、アンチャンの安場さんの強力推薦なので、まことに楽しみであります。

--引用開始--
年の初めに--花綵列島の北と南の民が集って--
2015年1月12日(月・祝)開場16:30、開演17:00〜
スペース・オルタ http://spacealta.net/ (新横浜駅下車、横浜線沿いに徒歩7分)
   横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1
   TEL&FAX:045-472-6349/留守電・FAXでの前売り予約可
列島弧から南洋の島々の唄を中心に歌うアンチャンプロジェクトが、台湾東部のタロコ族の伝統芸能を元に世代と国を越境しながら活動する東冬侯温(トントン・ホウウェン)をゲストに、首都圏に暮らすアイヌの方々も迎えて愉しむステージです!
料金:当日2,000円 前売り1,500円(お屠蘇付き)
問合せ先:TEL&FAX:045-472-6349/留守電・FAXでの前売り予約可、 安場:rxk15470(@)nifty.com
--引用終了--

 今年最初のイベントは 01/31 四谷・いーぐる連続講演での「いーぐるでデッド Vol. 1」です。ジャズと関連のあるグレイトフル・デッドの録音を聴きます。翌月 02/28 「Vol. 2」では、コンサートのライヴ録音丸々1本を聴きます。いつのものにするかはまだ思案中。

 今年はグレイトフル・デッド結成50周年、ジェリィ・ガルシア没後20年。ということで、いろいろ音源、資料が出るでしょう。できるかぎり、いやぼちぼち追いかけるつもりです。デッドはひとつの宇宙といえるくらいの広がりが見えてきて、面白くなってきました。

 3月までには本が1冊出ます。旧著『アイリッシュ・ミュージックの森』を改訂したもの。アルテスパブリッシングからです。今年はもっとうたの勉強をしようと思います。

 読みたい本が積みあがるばかりで全然消化できませんが、重点としてはマラザン・シリーズとマイケル・ビショップとサミュエル・ディレーニィとキャスリン・マクリーンあたり。それに武田泰淳全集。岩波文庫の『滅亡について』を読んで、やはりこの人は読むべしと決意した次第。

 


 ハードウェアではいよいよモバイルが先頭に立って、こちらも面白くなってきました。これまでにないタイプの製品も出はじめて、楽しくなりそうです。個人的にはニール・ヤングが主導している Pono がどう展開するか。半年以上待ってやってきたプレーヤーは音も好みだし、使い勝手も良いし、バランス駆動もできるし、で期待以上。イヤフォンやヘッドフォンを出す計画もあり。ミュージック・ストアの方はわが国での開店は正直期待していませんが、ひょっとすると地殻変動が起きるかもしれないと思わせてもくれます。

 ヘッドフォンでは平面駆動の選択肢が広がるのが楽しみです。イヤフォンは昨年末に聴くチャンスのあったファイナルオーディオデザインの新作 heaven VIII と VII が、ファイナルとしても一段新しい次元に入って、今年はもう少し聴きこみたい。

 鉛筆では Palomino Blackwing の良さがようやくわかりだしました。

 どうやら20世紀以上に「激動」になっている今世紀、なんとか今年も楽しく生き延びたく、ぼちぼちと精進したいものです。なにとぞ、よしなにお願いもうしあげます。(ゆ)



yosoys at 11:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック おしゃべり