イオリアは死んじゃったのか。
 コールドスリープされたまま死ぬってのは、何とも怖いものがある。

 一方、国連軍と合流したアリー。
 スローネツヴァイの予備パーツがきっちりあるのに驚いた。
 この事と、これまでの描写から推測すると、アリーの背後だけでなくトリニティの背後にいたのもアレハンドロで間違いないかな。アリーがスローネを奪取してくるのを見越して、あらかじめスローネにも使えるGN-Xの予備パーツを多めに用意してたんでしょう。ラグナにGN-Xを1機回してくれと頼んでいたアリーが、結局はGN-Xをもらわずにイナクトのままトリニティに接触したのも、アレハンドロからトリニティの居場所を聞いて、奴らの処分と同時に機体を自由に使っていいと言われたからなんじゃないかと。スローネツヴァイの生体認証を通ったのも、アレハンドロが事前に手を回していたと考えれば説明がつくし。

 トランザムモードは、本当に性能が3倍になるようで(笑)
 「赤いから3倍」というのはよく使われるネタだけど、本当に3倍になるのは初めてなんじゃないかと。

 そして、国連軍によるプトレマイオスへの総攻撃が開始。
 実際に26機ものGN-Xが並ぶ姿は圧巻。
 これに対するキュリオス&ヴァーチェは、トランザムモード発動で対抗。ヴァーチェのビームが新兵器と間違わんばかりに凄まじすぎる。SEEDの「種割れ」と違い、こちらは任意のタイミングで発動出来るようで。ただ、活動制限時間が短い上に、発動後に能力が一気に低下するという諸刃の剣なだけに、トランザムモードのみで戦うのには限界が。
 あと、コーラサワーの退場ぶりに、またまた大笑い。どんな事になっても機体が大破しないってのは、ある種の才能があるんじゃないかと。さすがだ。

 不利な状況を黙って見ていられるかと、ロックオンがGNアーマーとデュナミスの合体形態で強引に出撃。ダメだよ、兄貴。負傷した兄貴キャラが無理して出撃するのは、ガンダムでは死亡フラグ以外の何者でもないわけで……。そう言えば、GNアーマーの2号機のアーム部は1号機とは違い、ビーム砲になってるんですな。
 死亡フラグなんか関係ないぜと言わんばかりにロックオン大活躍。ミサイルの軌跡や爆発の仕方はマクロスっぽい感じで実にかっこいい。さらには敵部隊を突き抜けて、敵艦隊への直接攻撃! DVDのインストによると、この世界に宇宙戦艦はないらしいですが、輸送艦はちゃんとあるようで。ちゃんと「○○級」と付いてたのが嬉しい。
 2隻を沈め、あとは旗艦を沈めるだけ……というところまで来たけど、因縁の相手であるアリーと、血気盛んに死亡フラグを目一杯に立てたダリル・ダッジが突っ込んできてしまっては、さすがのロックオンでも厳しいところ。ダリル・ダッジはどうにか退けたものの、手負いの状態でアリーと満足に戦えるはずもなく、遂にデュナメス大破……。

 しかし、兄貴は不死身だ!
 直接射撃でアリーを狙い撃つぜ! 刹那も助けに来てるぜ!
 因縁の相手を倒して無事に生還し、ハッピーエンドだ!!
 ……と、期待してたんですけどね。
 そう都合良くはいかないのがガンダムというもの……。
 IGLOOの登場人物たちも真っ青な漢ぶりは素晴らしかったですよ。そして、最後に地球を狙い撃つマネまで見せるという、とことん格好いいキャラでした……。

 やっぱり、兄貴キャラは死ぬ運命にあるのか……。
 それでも、物語の終盤までは生き残ると思ってたんですけどね。主要なキャラクターだし。でも、変則4クールのせいで23話という早い段階での退場という事に。大好きなキャラだっただけに、ムウのように奇跡の復活を遂げてくれないですかねえ。ここでロックオンという登場人物を失うのは惜しいなんてもんじゃない。

 歴代ガンダムの23話って、どのへんまで話が進んでたのかな。ちょっと調べてみましたよ。

■機動戦士ガンダム:23話「マチルダ救出作戦」
 ああ、リュウさんが死ぬあたりか……。で、次の回でマチルダさんも死ぬと。

■機動戦士Ζガンダム:23話「ムーン・アタック」
 地球から宇宙に戻ってきたあたり。まだまだ主要キャラは元気。

■機動戦士ガンダムΖΖ:23話「燃える地球」
 地球に行く話。まだまだコミカル路線。

■機動戦士Vガンダム:23話「ザンスカール潜入」
 シュラク隊の皆さんが死にまくって以降、戦死者は出てないですね。

■機動武闘伝Gガンダム:23話「宿命の闘い! ドモン対デビルガンダム」
 ここでデビルガンダムを1度倒すんですよね。
 次の回からゴッドガンダムが登場と、いわば前半戦終了な話。

■新機動戦記ガンダムW:23話「死神に戻るデュオ」
 ウイングゼロ登場の1話前。
 主要キャラは死んでない……というか、Wではほとんど死なないか(笑)

■機動新世紀ガンダムX:23話「私の夢は現実です」
 DX登場の1話前。主要キャラは元気です。

■∀ガンダム:23話「テテスの遺言」
 題名から内容が分かってしまう回(笑)
 ただ、テテスはゲストキャラなので、主要キャラは当然健在。

■機動戦士ガンダムSEED:PHASE-23「運命の出会い」
 虎さんとの戦いが終わり、無人島でアスランとカガリが出会う所。
 ニコルはまだ元気。

■機動戦士ガンダムSEED DESTINY:PHASE-23「戦火の蔭」
 ミーアがピンクザクで出てきたりしたあたり。主要キャラは元気。


 やはり、23話での退場は早すぎると言わざるを得ない。
 第1シーズンのみで考えると、終盤なので戦死者続々登場でも違和感ないんですけどね。ただ、ガンダムのTVシリーズは4クールで1つの話と考えてしまうので、どうしても早いと思ってしまうわけで。


 残り2話。
 今回の件で、他のガンダム乗りも生き残れるか微妙になってきましたな。

 あ、そう言えばネーナはどこに行ったんだ?(笑)