セ・リーグのクライマックスシリーズ1stステージは、巨人が逆転勝利でファイナルステージ進出決定。
 今日は、中盤まで2-6と負けていたので、正直言って諦めてました。その後、用事があったので外出してましたが、家に帰ると7-6と逆転していて9回裏になっていたのでビックリ。まさか勝つとは……。

 ファイナルステージの中日戦は、データ上はどう考えても中日が有利。なので、今日が最後の喜びになるかもしれません。

 そんなわけで、ここでは珍しく野球のお話。
 興味のない方はスルーよろしくという事で。


 基本的に、巨人が勝った試合は相手チームの事をどうこう思う事はないんですが、今日に限ってはスポーツニュースをハシゴしていて、阪神・真弓監督の采配に強烈な疑問を感じてしまいました。
 その中から大きなものを2つ。


●7回から久保田投入の疑問

 残り3イニングの時点で久保田を投入。この後に出す投手は藤川しかいないので、必然的に久保田か藤川が2イニング投げなくてはいけないという事に。
 ただ、久保田は昨日2イニング投げているので、今日も2イニング投げさせたら、明日の試合はどうするの?という話。接戦になったとしても、久保田抜きでやりくりするつもりなんでしょうか?
 また、藤川は登板過多によってシーズン終盤はヘロヘロの状態。そんな藤川に2イニング投げさせるのであれば、これまた明日はどうするの?と。守護神抜きでやる気なんでしょうか?
 1点もやれない状況で他に出す投手がないというのであればともかく、4点リードしている場面なんだから、7回は渡辺などを投げさせ、8回に久保田、9回に藤川で良かったはず。
 また、クライマックスシリーズは先発投手が余る関係上、巨人は昨日はゴンザレス、今日はグライシンガーと、本来は先発である投手を中継ぎで起用しましたが、阪神だって同じように余った先発投手を中継ぎ待機させ、7回に投げさせても良かったんですよ。

 昨日100球以上投げた能見が、なぜかベンチ入りしてましたしねえ。短期決戦で、阪神からしたら絶対に負けられない試合なのに、投げられない投手をベンチ入りさせる意味が分からない。


●9回に藤川続投の疑問

 8回表に藤川が打たれて逆転されてしまいましたが、なぜ9回も続投させたんでしょう?
 逆転されたとは言え、まだ1点差。ホームラン1本で同点ですよ。となると、1点差のままで9回裏を迎える必要があったはず。なのに、ヘロヘロだった藤川が続投。結果的に藤川は抑えましたが、相手が調子の悪い亀井で、しかも完全に打ち損じでしたからね。もし、相手が小笠原とかだったらどういう結果になっていたでしょうか。
 いくら藤川が守護神だと言っても、絶対に負けられない状況なんだから、他の投手に代えるべき。残る投手は、ヘロヘロ状態の藤川より悪いんですかね?

----------

 勝負事には運も絡むので、どんなに手を尽くしても負ける事はありますし、最善策だと思って打った手が失敗に終わる事も多々ありますが、今日の阪神を見ていると、打つべき手を打たずして負けたという印象があります。
 ファンの立場からすると、こういう負け方が一番フラストレーションが溜まるんですよね。相手側からすると、ラッキーなんですけど(笑)