前回のプレイ日誌の続き。
 Ver.2.2〜2.3を中心とした内容です。

--------------------

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。



■野生のヒューザ

 今、アストルティアで最もホットなコンテンツと言っていいのが野生のヒューザ。
 Ver.1の主要NPCであるヒューザがアストルティアのどこかに出没し、彼の要求するアイテムを渡す事で、代わりのアイテムをもらえるというもの。
 これを5回繰り返すと、特別なポーズ書「クール」がもらえるので、それ目当てでヒューザに会いに行く人が続出。3回目の時にもらえる「聖印のゆびわ」も有用なアクセサリーなので、それ狙いの人も多いですね。
 また、6回目以降は、もらえるアイテムがランダムになり、中でもウェナールピアス、あるいはビンゴ券が当たりとされているようです。このへんは、人によって異なる部分ですね。個人的には、気に入らない顔アクセサリーの見た目を変えたいので、ウェナールピアスが当たりという認識。

 野生のヒューザのポイントは、何の前触れもなく出没し、出没から1時間でいなくなってしまう事。
 そのため、ヒューザ探しのために各地を巡回している有志も多く、発見すると主にツイッターで報告されるので、その情報を得た人たちが一斉にログインして、ヒューザのいる場所へ向かうという事態に。

乗り込めー!

 一斉にヒューザのもとへ向かう人々。
 まさに「乗り込めー!」状態。


現地の人々 野生のヒューザ

 ヒューザ発見。
 人が多いので、ツーショットを撮るのは至難の業。
 そのため、カメラを構えた状態のまま遠くからダッシュし、ヒューザの隣に来たタイミングでシャッターを押すと、他のキャラクターが読み込まれる前に撮影出来るという技が編み出されるほど。
 ちなみに、読み込みの速いWindows版やWiiU版だと厳しいですね。上の画像のように、どうしても他のキャラクターが表示されちゃいます。
 これのせいで、25日予定のバージョン2.4では、撮影対象の表示・非表示が可能になるようです。


クール?

 ヒューザに5回会って、ポーズ書「クール」をゲット。
 ヒューザの立ち姿になれるというものですが、首を痛めてるようにも見えるという(笑)


ウェナールピアス ピアスにドレスアップ

 ヒューザに会うこと13回目にして、ようやくウェナールピアスをもらえたので、見た目が気に入らなかった「海魔の眼甲」をピアスの見た目になるようドレスアップ。
 今後、見た目の気に入らない新たな顔アクセサリーが追加された際にドレスアップ出来るよう、ピアスをあといくつかストックしておきたいところ。


■強敵に挑む

メカバーン

 新エリアに唐突に実装されてたメカバーン。
 DQ5の記憶があるので、明らかに強敵な臭いがしますが、モンスターリストを埋めるために一度は戦っておきたいよね、という事で、躊躇なくバトルを挑みましたよ。
 まあ、そこそこの強さだと思いますが、シナリオを進めてる際には、無駄な消耗は避けたいところなので、回避推奨。


悪霊の神々 悪霊の仮面ゲット

 アトラス、バズズ、ベリアルとの3体同時バトル。
 3体を同時に相手にすると苦戦どころの騒ぎじゃないので、いかに1体ずつ仕留めていくかがカギ。
 ラリホーマを使って眠らせておき、1体ずつ倒していくのがセオリーですが、仲間モンスターのねこまどうが使う「ニャルプンテ」が睡眠効果など素晴らしい威力を発揮するので、ねこまどうを入れる事で、かなり安定したバトルが出来るようになります。
 そのおかげで無事に勝利し、「悪霊の仮面」の入手に成功。
 魔法戦士や賢者だと非常に嬉しいアクセサリー。


バラモス 魔王のネックレスゲット

 バラモスとの戦い。
 とにかく強いのでずっと敬遠してましたが、自分のパラディンや、チームメンバーのキャラクターが十分育った事などもあり、今ではかなり安定して戦えるようになりました。このあたり、自分たちのキャラクターの成長を強く感じる部分ですねー。
 「魔王のネックレス」もしっかり入手出来てるので満足。


キングヒドラ グラコス

 キングヒドラ、グラコスとのバトル。
 それぞれ勝利して、報酬のアクセサリーも無事にゲットしてはいますが、ある程度本気の構成で挑まないと事故る可能性が高いので、現時点ではあまり積極的にはバトルしたくない状態。


デーモンキング

 魔法の迷宮のレアボス「デーモンキング」に初遭遇。
 実装からだいぶたつので、今ではさほど強くはないですが、やっと出会えたという感動は格別。


キングエレファント はくあいのゆびわゲット

 チームクエストに「はくあいのゆびわ入手」というのがあったので、ガネーシャエビルの転生モンスター、キングエレファントからゲットするのが手っ取り早いんじゃない?って事で、キングエレファントを狩る事に。
 ところが、転生モンスターに会いやすくなる「きせきの香水」を使ってもなかなか出会えず。その後、ようやく出会えたものの、これが相当な強さでして、返り討ちにあって全滅ですよ。

 しかし、このままじゃ引き下がれないので、万全の準備をしてからリベンジ。
 その後、ようやく2度目の遭遇を果たして何とか勝利。無事、目的のはくあいのゆびわをゲット。
 ここまでで「きせきの香水」を2本使ってるので、転生モンスターの中でも出現しにくい部類なのは間違いないんじゃないかと思いますねえ。


合成成功

 あらかじめ持ってた「はくあいのゆびわ」と合成したところ、何と合成効果としては最高の「封印ガード+10%」が!
 一発で最高の効果がつくこともあるんですね。
 他のアクセサリーでも、こうあってほしいものですが……。


ダークネビュラス見物・1 ダークネビュラス見物・2

 現時点で最強のモンスターとされる「ダークネビュラス」と戦ってる人たちを発見。
 しばらく様子を見てましたが、凄まじい強さですな。
 すでに討伐に成功している人たちもそれなりに出ているようですが、僕は当分無理ですわ……。


■王家の迷宮

王家の迷宮・1 王家の迷宮・2

 ストーリーを進めると行けるようになる、仲間モンスターを1匹だけ連れて勇者姫と共に進むソロ専用の不思議なダンジョン。
 ここでの主な目的は、勇者姫のレベル上げに加えて、良い効果の「輝石のベルト」をゲットする事にありますが、個人的にはボス戦での経験値、特訓ポイント、ゴールド稼ぎと、オーブをゲットして金策にあてるのが主な目的になってます。これだと、良い効果のベルトが出なくてもストレスが溜まらなくて良いです。
 まあ、ここのBGMがDQ2の「果てしなき世界」な時点で、僕にとっては神コンテンツなんですが(笑)


■バトルロード

バトルロード

 Ver.2.3後期から、仲間モンスターを操って戦うバトルロードが実装。
 これに合わせてモンスターの特技も強化されたため、爽快感があるバトルを楽しめますね。
 それと、自分でモンスターを操作出来るのは、単純に面白いです。


ロンダルキアの悪夢

 このパーティはいかんでしょ。
 ロンダルキアの悪夢の再来ですよ……。


■装備いろいろ

王軍師一式

 戦士とパラディンで愛用している王軍師一式。頭は僧兵のサークレットでドレスアップし、王軍師自体はバニラでカラーリング変更。
 今は1ランク上の凱歌の鎧が実装されてますが、耐性も含めて結構奮発しちゃった事もあるので、当面は王軍師で問題ないかなーと思ってます。おそらくバージョン2.4後期に実装されるであろう新防具の性能次第で、凱歌に変えるか、新防具に変えるか判断する感じでしょうかね。


退魔一式

 退魔の装束一式を、だいまどうローブ一式でドレスアップし、全体を黒で統一するようカラーリング。
 後衛職はメインではないので、僧侶・魔法使い・賢者で兼用出来るように、魔力+の錬金効果ではなく、状態異常への耐性の錬金効果をチョイス。


無法者一式

 うちのサブのオガ子さんのメイン装備。
 中身は無法者一式ですが、からだ上が拳聖、からだ下がさすらい、足が魔法戦士団ブーツでドレスアップしております。頭は非表示にしてますけども、表示すると初級魔法戦士ベレーでドレスアップしたものに。
 個人的に、実に良い感じになったんじゃないかと気に入っております。


バニー一式

 オガ子さんを使うなら、バニー一式も揃えないとね、という事で、カジノで一式をゲット。
 感想は語るまでもないでしょう(笑)


魔法戦士団制服・1 魔法戦士団制服・2

 魔法戦士の職業装備である「魔法戦士団制服」ですが、オリジナルはDQ9の女性用フェンサーコートなのに、なぜか男性が来てもショートパンツ姿になってしまうので、非常に不満でした。
 ただ、オガ子さんが着ると、似合ってて実に良いですな。
 やっぱり、これは女性用装備ですよ。


■念願の……

全職カンスト

 全職カンストを目指していましたが、先日、無事に達成。
 もっとも、Ver.2.4でレベル上限が85に解放されるので、つかの間の全職カンスト状態ですが(笑)



 さて、まだまだ画像はありますので、残りは次の記事に持ち越し。
 次が完結編になりますよー。