前々回から続く、Ver.2.2〜2.3の内容を中心としたプレイ日誌の完結編。

 今回はストーリー関連の記事になっているので、極力ネタバレしないようにはしていますが、まったくネタバレしていないわけではないので、ネタバレが絶対にイヤな方は回避してくださいませ。

--------------------

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。



 Ver.2で展開されるレンダーシアでの物語は、非常に出来が良くて面白いですね。歴代DQの中でもトップクラスの出来映えと言っても良いぐらい。オンラインだからとDQ10を敬遠してる人にも、このストーリーを堪能するだけでもやってほしいと思います。


はじまりの地へ

 オンラインでここに来た時は、懐かしさとワクワク感とが入り交じって、実に感慨深いものがありましたよ。

勇者姫との共闘

 名前はネタバレになるので伏せますが、Ver.2.0でのラスボス戦。
 遂に勇者姫と共に戦う事になる展開は実に熱い!!
 レベル20なのに、プレイヤーキャラを圧倒するステータスを持っている勇者姫を見て、勇者の別格さを思い知らされる瞬間でもありますが(笑)


ガルレイ戦・1 ガルレイ戦・2

 誰もが強敵として挙げるであろう、ガルレイ戦。あまりの強さに、弱体される調整が入ったほど。
 僕は弱体調整が入る前に、サポート仲間3人のパーティで倒す事が出来ました(全滅2回)が、その後、弱体調整が入った後のガルレイ戦のお手伝いをした際に苦戦したので、今思うと、よく勝てたなあと(笑)
 チャットでの僕の叫びが、激闘の末に勝てた喜びをよく表わしているのではないでしょうかね(笑)


大空の旅 大空を行く

 物語が進めば、飛竜に乗って空を移動出来るように。当然、他のプレイヤーが空を移動していれば、ちゃんと表示されます。
 空中からだと、エリア同士の繋がりがよく分かるので、あのエリアはあそこに隣接してたのか!などという発見もあって面白いですね。


スレア海岸 ホイミスライムいっぱい

 砂浜が面白い形状をしているスレア海岸。
 ここでは、弱いモンスターが一度に多数出現するので、チームクエストの「スライム系討伐」などが非常に楽になります。


眼下の村

 現時点では場所の名前は伏せておきましょう。
 眼下に見える村から、すべてが始まったんですよ……。


勇者王? ザンクローネ

 英雄ザンクローネが、実に格好いい!
 勇者王と言いたくなるくらい熱い!
 声をあてるなら、当然檜山修之でお願いいたします。


魔女グレイツェル 立体的なバトル

 魔女グレイツェルとのバトルは、DQ史上初の立体構造を活かしたバトル。
 パーティ構成によっては相当苦戦するバトルですが、個人的には面白かったですねー。
 階段を駆け上がって、2階から遠距離攻撃をしかけてくる敵を次々と排除していく展開には燃えるものがありました。


グレイツェル戦 パンパカパーン

 魔女は、妙にキャラクターモデルの出来が良いような……(笑)
 こちらをパンにする技「パンパカパーン」を使う時のモーションなど、担当スタッフは相当ノリノリで作ったんじゃないでしょうかね(笑)


グレイツェル像

 魔女は大変お気に入りのキャラクターになりましたので、魔女の像の庭具を買いましたよ。
 本当はふくびきで当てたかったんですが、なかなか当たらなかったもので……。
 30万ゴールドは痛かったけど……(苦笑)


月世界 月の都

 DQもついに月へ行く時代になりましたよ。
 月へ行くと言いつつ、実際には行けないってオチだろうと思っていたんですが(笑)
 大気圏をどう突破したんだとか、そもそも月に空気はあるのかとか、月の住人と普通に言葉が通じるのは何でなんだとか、そういう細かいことは気にしない方が良いようです(笑)


スゴロク台

 カジノにあるスゴロク台。
 現時点では未実装で、Ver.3での実装が予定されていますが非常に楽しみですよ。
 リメイク版DQ3やDQ5のスゴロクとどう変わるんでしょうかねー。
 台のデザイン的には、4人同時プレイを想定していると思われますが……。


神話の塔

 デフェル荒野にそびえ立つ、頂上がまったく見えない「神話の塔」。

 メインストーリーに絡まず、独立したコンテンツとしてVer.3のどこかで実装される予定だと発表されていますが、どんな感じのコンテンツになるんでしょうか。
 不思議のダンジョンのような感じで、上を目指していく遊びになるんですかねー。
 また、ソロ用なのか、パーティ用なのかも気になるところ。



 3回にわたってお届けしたプレイ日誌は、ここで終了。
 現在はクリスマスイベントが開催中ですし、今月末の25日からはVer.2シリーズの最後となるVer.2.4にバージョンアップされますので、次回はVer.2シリーズ締めくくりのタイミングあたりで、Ver.2.4の内容を中心とした日誌を更新出来ればいいなあと思っております。
 ……思い通りのタイミングで更新出来るかは分かりませんけどねー(笑)