日記のようなコラムのような……。ガンダムとゲームを中心にお届け。

PSOシリーズ

PSO2・その3

 永野護先生が「PSO2」での活動を正式に表明。
 これで、「ファイブスター物語」の連載再開は遠のいたな(笑)
 「魔導大戦」のエピソードだけでも完結させてくれよ……。


------------------------------


 レベル制限を解除するクライアントオーダー(NPCからの依頼)をやっとクリア。

レベルキャップ解除
 これで、30だったレベルキャップが40になります。
 3つのエリアからドロップアイテムを90個集めろという鬼畜仕様はもう少し何とかしてほしかった。時間がかかりすぎる。


凍土
 レベルキャップも解除されたので、ようやく4つ目のエリアである「凍土」へ。
 フィールドの構造やギミックは楽しいんだけど、敵は強い。


デ・マルモス
 「凍土」の中ボスにあたる巨大マンモス風エネミーの「デ・マルモス」。
 初遭遇にして、いきなり強化状態(赤くなってる)というアンラッキーぶり。
 何とか勝ちましたけども大激戦。


------------------------------

 このところプレイしていて感じるのは、レベル25以降のゲームの流れが良くないという事。具体的に言うと、ゲームの進行が急に止まってしまう感じ。

 「森」→「火山洞窟」→「砂漠」という流れは、新しく発生したクエストをクリアしたり、クライアントオーダーなどをこなしていく中で自然と進んでいき、砂漠のクエストを一通りこなした時点でレベル20前後になってるはず。
 ここからはハードモードが解禁になるので、「森」「火山洞窟」「砂漠」にある各クエストのハードモードで、レベル20〜30までをプレイする事になりますが、レベルが上がりにくくなっているので、一通りクリアしていっても自然とはレベル30にはならないんですねー。同じクエストを何度も何度もクリアしてやらないといけない。
 ここが最初のダレるポイント。

 レベル30になると、4つ目のエリア「凍土」へやっと行けるようになりますが、ここからは非常にレベルが上がりにくい。そして、5つ目のエリアである「地下坑道」へはレベル33にならないと行けないので、レベル33になるまではゲームの進行もしばらくストップ。ちょうど僕が、この状態。

 つまり、レベル25前後からは、レベルが上がって次の段階へ行けるようになるまでの時間と、レベルの上がるスピードが全然合ってないんですな。
 「凍土」や「地下坑道」はノーマルモードが存在せず、ハードモードしかないので、この2つのエリアにもノーマルモードを用意し、レベル20〜25あたりから行けるようにすれば、ゲームの進行が止まってしまう感じを解消出来ると思うんですけどねー。

 何度も同じクエストをやって、より良いアイテムを入手していくというのがこのゲームの軸となる遊びなので、同じクエストを何回もやらされる事自体に文句はないんですけども、レベル30前後で手に入れるレアアイテムなんて、最終的には何の価値もないものでしょうから、それを考えると、この時点ではプレイヤーがゲーム内で掲げる次の目標をもう少し手前に設定出来るようにして、ゲームが進行していっているという感覚をプレイヤーに与え続けてほしいところ。
 すでに実装されている要素はやり尽くしているというプレイヤーもいる一方で、まだまだ途中の段階でダレてきているプレイヤーもいるので、今後のバージョンアップではそういった部分にも手を入れてもらいたいですよ。

PSO2・その2

 相変わらず毎晩ちょこちょことPSO2をやっております。
 基本はソロプレイ。緊急クエストが発生した時は、その時間にログインしているフレンドとパーティを組んでチャレンジ。あとは、ソロだとクリアするのが大変なクエストをやりたい時にも、ログインしているフレンドとパーティプレイ。こんなプレイスタイル。


凍土
 僕のプレイ状況では、「森林」、「火山洞窟」、「砂漠」の3エリアしか行けないのですが、追加されたタイムアタッククエストで第4のエリア「凍土」初体験。
 「森林」に雪を積もらせただけだろ?なんて思ってましたが、新規に作ってありました。申し訳ない(笑)


砂漠
 現在のレベルキャップは40。
 ただし、レベル31以上にするためには、「森林」、「火山洞窟」、「砂漠」の各エリアで「素子」と呼ばれるアイテムを各90個集めるオーダーをクリアしないといけません。
 そんなわけで、今はそれぞれのエリアで素子を集める日々。
 「素子」は敵がドロップするものの、ドロップ率がさほど高くはないので、必要数揃うまでの道のりは遠い……。


ラッピー
 PSO2のレアモンスター「ラッピー」。
 外見は「ファンタシースターZERO」版ですな。従来の外見をしたラッピーは通常モンスターとして登場。


ドラゴン出現
 「素子」集めの途中で、いきなりドラゴンが登場。
 いきなり出てくるとビビりますな。


肩書き付き
 これは撮りたてホヤホヤ。昨日の緊急クエスト。
 肩書き付きのエネミーと初遭遇。
 レベル差があったので特に強さは感じませんでしたが、適正レベルでの遭遇だったらかなり苦戦したかも。


スピードレイン
 これも昨日の緊急クエスト。
 パルチザンのフォトンアーツ(要は必殺技)「スピードレイン」を放った瞬間。
 槍から敵を貫通する衝撃波を放つので非常に便利。
 衝撃波の具合といい、実に良いタイミングで撮影出来たので紹介(笑)


ベイゼ
 最後も昨日の緊急クエスト。
 ドンドン成長して巨大化する「ベイゼ」を破壊するという突発イベント。巨大化したベイゼは最終的に大爆発を起こすので、爆発する前に攻撃して破壊しないといけません。
 こういう突発イベントは経験値やアイテムを稼ぐチャンスでもあるので、他のプレイヤーも同一エリア内にいて戦力が充実していると実に美味しい。自分だけだったりすると、ちょっとしんどい(笑)

PSO2・正式サービス開始

 一昨日の水曜日から正式サービスが開始された「ファンタシースターオンライン2」。
 オープンβでは30だったレベル上限が40になるなど、正式サービス開始と同時にアップデートも行われていますが、まだそこまでキャラが育っていない事もあり、個人的にはオープンβ時と特に変化は感じないといった状況。

 そんな中でも変化を感じる部分と言えば、アイテム課金の開始になるわけですが、ガチャに手を出す気はまったくないので、とりあえずはカバンの容量を初期状態の50から最大の100にするために、50追加する課金を行ったぐらい。
 他に、マイルームやマイショップ、アイテムトレード機能の解禁や、プレミアムブロックへの進入が認められる、従来で言うところの月額課金にあたるプレミアムセットというのもあるのですが、今は特に必要性を感じないのでこちらはスルー。
 このあたり、普通に月額課金制をとってくれていたら何のためらいもなく月額課金していましたけど、様々なアイテム課金があった上での月額課金となると、本当に必要なものだけに課金しようという考え方になってしまいますね。

 課金要素を除けば、オープンβと正式サービスに大した差はないのですが、やはり「正式サービス」というネーミングが大きいのか、正式サービス開始後には明らかにプレイヤー数が増えていて、ロビーは混雑していて重い状態。
 逆に、プレミアムセット購入者のみが入れるプレミアムブロックのロビーはすいているようなので、「優先席だけが空いている満員電車みたいな状況」というのが、例えとしてもっともふさわしい気がしますね(笑)


 さて。
 久々にプレイ中に緊急クエストが発生したので、そちらの画像を。

緊急クエ・1
 緊急クエストは市街戦。

 毎時00分に発生する事があり、発生した場合は1時間限定でクエストを受ける事が出来ます。
 発生の15分前にはアナウンスが流れるので、毎時45分にアナウンスが流れるかどうかで緊急クエストが発生するかどうかが分かる仕組み。
 発生のタイミングは完全にランダムなようで、何日間も発生しない事もあり。なので、自分がプレイしているタイミングで発生してくれるかどうかは完全に運次第ですね。


緊急クエ・2
 これは、時間内に最深部にいるボスを倒すという緊急クエスト。
 敵がわんさか出現し、途中のエリアは他のパーティーと合流した最大12人プレイになるので、レベルが低くても他のメンバーに寄生する事によって経験値稼ぎやアイテム集めが可能。ボスを倒すのはレベルが低いと辛いでしょうが。


緊急クエ・3
 で、ボス戦。
 前回、緊急クエストが発生した時はこちらのレベルが低かったため、制限時間内にボスを倒す事が出来ませんでしたが、今回がこちらのレベルも上がっているので、まったく問題なくボスを倒す事が出来ました。
 良いアイテムを出してはくれませんでしたけどねー(笑)

PSO2・オープンβ

 「ファンタシースターオンライン2」をプレイ中。
 現在はオープンβテスト中で、明後日4日(水)の14時から正式サービスが開始との事。

 オープンβのデータは正式サービスに引き継がれるので、ほぼ毎日、チマチマと遊んでおります。
 メインクラスのハンターがレベル19。サッカー中継風に言うならば、今が一番苦しい時間帯。次のレベルまでに必要な経験値と入手経験値とのバランスが厳しいレベル帯ですね。ここを過ぎると稼げるクエストが出てくるようなので、もうちょっと上がりやすくなるようですが。

 クライアントも含めて、基本無料で遊べる本作。必要に応じて、各種課金をすれば良いという事になってますが、今のところ、特に課金の必要はあまり感じないですねえ。長めのクエストだと、ドロップアイテムを持ちきれなくなる事があるので、アイテム所持枠拡張の課金をしてもいいかなとは思ってますが。このあたりは、今後プレイを続けていく中で、考えが変わってくるかもしれません。

 オープンβ開始当初はラグが酷く、ボス戦では気づいたら致命的なダメージを受けている事がしばしばあったり、時間制限クエストでは無駄な時間がかかってしまうなど、まともに遊ぶのはしんどいなと思ったりもしましたが、先週のメンテナンスによってラグも解消され、今は接続者数が多い、いわゆるピークとなる時間帯でも問題なく遊べています。
 このあたりは、サービスの根幹に関わる部分なため、さすがにちゃんとやってきましたね。前作では、これのせいで発売当初に大コケしてしまいましたから。

 細かな不満点なら多々ありますが、全体的に見ると、今のところは及第点をあげても良いのではないかと思います。
 とは言え、今後追加される部分のゲームバランスや課金要素との兼ね合い次第では、評価が大きく変わってきてしまいますので、少なくとも現状を維持したままサービスを展開していってほしいところ。

 せっかくなので、画像を一枚。

ヴォル・ドラゴン<

 ゲーム中では最初の本格的なボス戦となる「ヴォル・ドラゴン」戦。
 R師匠とHくんとP団長と僕の4人パーティでの一幕ですが、一応僕以外のキャラクター名は伏せさせてもらってます。まあ、僕の周りにいる人なら、それぞれ誰の事なのかすぐ分かると思うので、キャラ名を伏せなくても問題ないとは思いますが(笑)

 最初のボスがドラゴンというのは、シリーズのお約束となっていますが、歴代ドラゴンの中で一番強いんじゃないかという印象。奴が空中にいる時に吐くブレスは、直撃を喰らうと即死。他にも多彩な攻撃を繰り出してくるので非常に厄介。
 パーティプレイだと、ターゲットが分散されるので比較的楽に戦えますが、ソロプレイだとかなりきつい。クライアントオーダー(サブクエストみたいなもの)の中には、ソロでクリアしないといけないものもあるので、プレイヤーにとっては最初に立ちはだかる大きな壁かもしれません。これをクリアしないと、次のエリアを遊ぶ事は出来ませんし。パーティプレイで先のエリアを遊んでレベルを上げてしまい、適正レベル以上にしてから力押しで戦って勝つのも一つの手かもしれませんねー。
 僕は適正レベルで戦って何とか勝ちましたが、死んでしまったらまずい(オーダークリア条件のS評価がもらえなくなる)ので、ヒット&アウェイで戦った結果、倒すのに30分近くかかりましたよ(笑)
 慣れてくれば、もっと簡単にいけるんでしょうけど、適正レベルの時点では慣れてるわけないですからねえ。

 とりあえず、そんなところで。

PSO2、α2テスト

 新年あけましておめでとうございます。
 ……って、遅すぎですね(笑)

 久々のブログ更新でございます。

 先日まで、「ファンタシースターオンライン2」のα2テストに参加していました。
 αテストが行われてから半年近くたったのですが、ちゃんとαテスターの意見を聞いて改善しようとしているなと感じられる仕上がりになっていました。まだまだ細かな不満点はありますが、開発陣の姿勢が今のままであれば、製品版には非常に期待出来ると思っています。
 PSO2は、PSUの良い部分をPSOと融合させたようなゲームデザインになってますので、α2テスト段階ではありますけども、遊んでいて楽しいですね。通常攻撃とフォトンアーツ(必殺技)の使い分けもしっかり出来てますし、敵の攻撃を回避する楽しさもありますし。
 ただただ、このままの方向で仕上げていってもらいたいと願うばかりです。余計な要素は付け加えないでね、と(笑)

 ちなみに、メインPCは購入してからだいぶたちますので、描画設定「2」でプレイしてました(標準が「3」)。最適化された製品版ではどうなるかは分かりませんが、製品版の出るタイミングあたりで買い換えかなーと思ってます。

 では、スクリーンショットの公開が公式に許可されていますので、何点か紹介を。

「画像は『PHANTASY STAR ONLINE 2』α2テストにおいて撮影された実機画像です。
開発中のため、正式版とは異なる内容であり、今後改良される可能性があります。」

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

α2テスト
 最初に降り立つビジュアルロビー。
 町らしい雰囲気を出しつつも、PSOのロビーのような雰囲気もあり、適度な広さだったように思いますねえ。

ヴォル・ドラゴン
 PSOと言えばドラゴンですよ、という事で、ボスのヴォル・ドラゴン。

ヴォル・ドラゴン戦
 なかなかの強敵で、久々に熱いバトルをさせてもらいました。α2テストなので、レベル20が上限になっているせいもあるのでしょうが。
 今回は、バータ等で足を凍り付かせて動けないようにも出来るので、味方との連携を上手くすればするほど面白い立ち回りが出来そうです。

キャタドラン
 α2テストから実装されたボスのキャタドラン。

キャタドラン戦
 ヴォル・ドラゴンより弱い分、数で勝負というボス。よく地中に潜るのでうざいし、体をくねらせた攻撃を喰らうと麻痺してしまうので、さらにうざい。
 でも、やっぱりヴォル・ドラゴンより弱い(笑)


 次回は、何事もなければクローズドβテストになるんだろうと思います。
 今回、レベルを10以上にしましたので、無条件でクローズドβテストに参加出来ますから、ここからどれだけ改善されているかが楽しみですねー。
 ただ、DQ10のβテストと日程が重ならないようにしてね、というのが切実なる願い(笑)

ツイン=カノン、ゲット!

 みんなでPSUをプレイしていたところ、なんと箱からツイン=カノンが!!

ツイン=カノン出現


 遂に来やがりましたよ!
 PSOの頃から長年追い求め続けているラヴィス=カノンの二刀流版。
 いやー、まさか出るとは思わなかった。
 しかも、僕がずっと欲しがっているのを知っているからか、ありがたいことにみんながどうぞと譲ってくれたので、遂にゲットであります!

 ところが、ここでまさかの無属性というオチ。
 オイオイオイ。
 そりゃないぜ……。

 こうなったら、リアルマネーを投入して属性を付加させるしかない。
 リアルマネーを使うのは本当はイヤなんだけど、再び手に入る可能性が限りなく低いので、背に腹は代えられない。
 そんなわけで、リアルマネー投入!


ツイン=カノン

 ツイン=カノンと言えばこの色、というわけで闇属性を付加。
 ついでに属性値を40%にし、さらに8段階強化。
 いいですなあ、このフォルム。

 いやあ、嬉しい。
 本当に嬉しい。
 これからは愛用していきますよー。

最初で最後

 PSUは、今日のバージョンアップで男のロマン、ブルマが実装。
 でも、有料アイテム。
 さらに、ガチャでランダム入手という素敵仕様。

001


 ブルマに釣られて3000円突っ込んだ結果がこれ。

 まともなのは、これだけ。
 あとは男物のいらない服が数点と、残りは全部ハズレアイテム。
 まあ、ブルマが1つ、それも黄色とか変な色じゃないのが出てくれただけマシなのかもしれませんが、やっぱりこの色にロマンはないんだよねー。紺じゃないとさ。

 それにしても、ガチャのハズレ確率が高すぎますな。
 1回200円という値段設定といい、これはちょっとやってられない。

 ガチャをやるのは今回が最初で最後。
 さすがにバカバカしい。

短縮できない

 最終章を残して放置したままだったPSUのストーリーモードをクリアしようと、久々に挑戦。
 ……の前に、第7章を再プレイ。
 ここのAct2を残り時間14分以上でクリアすれば評価Sがもらえ、ここでしかゲットできない報酬アイテムがもらえるので、それを狙ってみようかと。

これ以上は無理


 ご覧のありさま。
 何度か挑戦したけど、このへんが限界。
 始めはフォルテファイターでやってみたけど、タイム的には残り12分〜13分でクリアするのが精一杯。そこで、トルネードダンスによる移動でタイムを短縮するため、ファイガンナーにチェンジしてやってみたものの、結局は画像のような結果に。一応、13分34秒というのが最高記録だけど、これ以上は縮まりそうもない。キャストでSUVが使えればタイムが縮まるだろうけど、ヒューマンだと使えないので、もう無理。

 あきらめよう。

----------

『テイルズ オブ』シリーズ2010年度ラインアップ発表会が開催――テーマは“Tales With.”

 http://www.famitsu.com/game/news/1238375_1124.html

 PS3版グレイセスなどが正式発表。
 テーマの「Tales With」については、こんな理由からだそうで。

「私たちは何を考えてこのタイトルを作ってきたのか?」という思いを踏まえたうえで「ユーザー、メディア、流通、小売などの皆様ととともに作っていきたい」と説明した。

 ユーザーの気持ちを踏みにじっておいて、何を言ってるんだという話ですが。

 あらためて思うのは、テイルズのメインハードとしてPS3を選んだと言うより、PS3しかなくなったんだろうという事。PS3にするにしても、もうちょっと上手いやり方があっただろうと思うんですけどね。何もXbox360とWiiにツバ吐く必要はなかったわけで。

 PS3版グレイセスについては、台本3冊分の後日談が追加だそうな。Wii版の台本が4本だったそうなので、ボイスのあるパートは約2倍のボリュームということに。
 気合いの入った追加内容だって事をアピールしたいんでしょうが、発売から1年もたたずに別ハードで約2倍のボリュームになって出るってのは、どう考えたって酷い話。特にグレイセスのためにWii本体を買ってくれた人の事をまったく考えてない。
 また、今回の件に関して、複数のメディアの記事を読んでみましたが、Wii版ユーザーに対するフォローのコメントは、どの記事にも掲載されてませんでした。なるほど。フォローする気は、まったくないわけだな。


 テイルズに限らず、今後、こういうやり方はしないでほしいですね。
 最初に買った人間がバカを見るってのは、許せない。

4円だと!?

 これにはビックリ。

驚愕のお値段

 4円って……(笑)

 Amazon自体が出してる値段ではなく、マーケットプレイスでの値段のようですが、値段設定をミスっただけなのか、在庫処分で無茶な価格にしてきたのか。

 現在は、在庫が掃けたのか、出品を取り下げたのかは分かりませんが、Amazon自体が出してる商品に切り替わっているので、値段も普通になってます。
 結局、謎のままでした。


フリーコース導入で同接は約2倍に! 活気を取り戻した「ファンタシースターユニバース イルミナスの野望」の次なるステップを聞いた

 http://www.4gamer.net/games/037/G003791/20100413010/

 アイテム交換に用いるレアアイテムを称号アイテムにする事で、確実に1つは手に入るようにした点は評価したい。
 今後も、PSUのミッションを再調整して出すようですが、出来れば新規ミッションを出してほしいですね。遊んでて、新鮮さが違いますし。

すべての記録を過去にする

 久々にPSU話。

 PSUが「アップデート2nd」と称される久々の大型バージョンアップ。
 今回の目玉の一つが、ファンタシースターポータブルでも採用されている「称号」システムの導入。

 PSUのプレイ時間は、すでに1500時間以上。
 これまでに、様々な歴史を積み上げてきました。色んな思い出があります。それらが、どんな称号に反映されるのか? 非常に気になったので、さっそくアップデートしてログイン。ワクワクしながら称号を確認してみたところ……

称号が……

 わーい。
 1個もらえてたー!!

 ……って、ちょっと待て。
 今からカウント開始ですか?
 これまでに倒したエネミー数、クリアしたミッション数、チャット回数、移動距離……と、すべてノーカウントですか?

 さすがPSU。
 すべてのノウハウを過去にするだけでなく、すべての記録までも過去にしてしまうとは!

 これまでの1500時間を返せ!ヽ(`Д´)ノ



 導入以前の記録を保存してなかったのなら、もっと早く導入しなさいよ……。

プロフィール

ホームページへ

アーカイブ
最新のコメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ