日記のようなコラムのような……。ガンダムとゲームを中心にお届け。

ニュース(2009)

CG嫌いの富野由悠季氏が挑むCGアニメ「Ring of Gundam」制作秘話

■「『世界名作劇場』になったガンダムなんて見たくない」CG嫌いの富野由悠季氏が挑むCGアニメ「Ring of Gundam」制作秘話
 http://www.4gamer.net/games/103/G010304/20091221034/

 御大、吠える吠える。
「30年前,ガンダムを作ったときの合言葉は,『ヤマトを潰せ!』でした」――そして西井氏の「でも復活しちゃいましたね」というツッコミを物理的に蹴飛ばしつつ――「あれは復活してない! してないのにタイトルにだけ復活とかつけるな!」
 相変わらずお元気そうで何よりです(笑)


■「ファイナルファンタジーXIII」発売4日間で150万本を販売。
 プレイステーション3用ゲームソフトで国内初のミリオンセールスを記録。
 http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=50496

 メディアクリエイト調べで、150万本1964本。
 これで、FF13の初週販売本数が約150万というのは間違いないものと判明したわけですが、なおさら初日の数字の謎は深まるばかり……。

 NewスーパーマリオブラザーズWiiは、累計約190万本。
 販売ペースは、93万+43万+約60万という、ほぼ出荷分完売ペースで、年内200万突破は確実な情勢。あとは、いくら出荷されるのか次第。
 2Dマリオなので間違いなく売れるとは思ってましたけど、ここまでの勢いで売れるとは思ってませんでしたよ。ヘタすると、年度内に300万もあり得ますねえ。


■等身大ガンダム 静岡で再び大地に立つ
 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091223/trd0912230138002-n1.htm

 来年7月に静岡で展示されるとの事。
 お台場で見ていない人は、この機会にぜひ見てほしいですね。やっぱり一度は見ないと。

FF13の初週販売本数は151万6532本

■『ファイナルファンタジーXIII』の初週販売本数は151万6532本!(エンターブレイン調べ)
 http://www.famitsu.com/game/news/1230711_1124.html

 ここ最近のFF(10、10-2、12)の初動率からすると、200万に届くギリギリのライン。とは言え、PS3の普及台数からすると2人に1人近くが購入した計算になるので、それを考えると健闘した数字なんじゃないでしょうか。
 個人的には130万〜150万くらいだと思ってたので、ほぼ予想の範囲内ではあるけども、思ってたより売れたなというのが正直な感想。

 しかし、どうも釈然としない。
 と言うのも、上に書いたように最近のFFの推移に照らし合わせてみると、
※初週:151万6532

<FF10と同じ推移>
初日:126.2万/累計:201.6万

<FF10-2と同じ推移>
初日:123.6万/累計:202.0万

<FF12と同じ推移>
初日:118.7万/累計:191.5万
 初日と累計は、こういう数字が予想されるわけですが、どの推移をたどったとしても初日100万オーバーは確定。
 だとすると、なぜエンブレは初日の数字を出さなかったのか? なぜスクエニは当社調べなどという怪しい数字を使ったのか? そこが理解出来ないわけですよ。

 結局、初日の数字は謎のままなので、初日から初動までの推移も不明。従って、ここ最近のFFと同じような推移なのかどうかが分からないので、累計の予測も立てられない。データ好き人間からすると、非常にもやもやが残ってしまった結果に。
 当社調べなんて変な数字を出すくらいなら、出さないでくれた方が今回の初週の数字をスッキリと見られたのになあ。余計な事をしやがって(笑)


■ぷりどうぐ:FF13を50時間ほどプレイした感想(ネタバレなし)
 http://prius.cc/d/20091221_ff13.html

 FF13を楽しんだ上での感想が書かれてます。
 感想というのは人によって違うものですが、良い部分も悪い部分もしっかりと理由を付けて書いてあるので、すごく納得出来る感想。

 ・割り切ったゲームデザイン
 ・本当の意味で楽しめるようになるまでの時間の長さ
 ・人を選ぶバトルシステム

 やはり、このポイントをどう評価するかによって、最終的な評価が大きく変わってしまう感じのようですね。


■スクエニ、DS「ドラゴンクエストIX」累計出荷本数415万本突破
 「DQ」シリーズ最高記録を樹立
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091221_338314.html

 こちらはお見事な結果に。


■DS「ドラゴンクエストVI」ジャンプフェスタ2009出展映像公開
 http://www.square-enix.co.jp/dragonquest/4to6/dsdq6/

 ネタバレしすぎな感がありますが(笑)


■スクエニ、AC「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードII」
 最新作「レジェンド」を2010年1月15日より稼動開始
 「レジェンド」のカードがDS「DQVI」の初回特典として封入
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091221_338311.html

 DQで初回特典がつくのは初かな?

 これは、DQ6ユーザーをバトルロードに引き込むというより、バトルロードのプレイヤーをDQ6に引き込む手ですねー。トレーディングカードゲームって、こういうプロモカードはキッチリ抑えないといけませんからねえ。で、散財すると(笑)

FF13、初日で100万本突破?

■「ファイナルファンタジー」 シリーズ最新作
 「FINAL FANTASY XIII」初日の販売本数100万本突破のお知らせ
 http://release.square-enix.com/news/j/2009/12/gz9d5ej6s.html
■『ファイナルファンタジーXIII』初日だけで100万本を販売
 http://www.famitsu.com/game/news/1230650_1124.html

 なぜ、調査機関の数字を使わずに、「当社調べ」の数字を使うんだろう?
 ファミ通.comは、どうして「エンターブレイン調べ」の数字を出さないんだろう?

 ま、色々と邪推しちゃいますわな。


■テクモ、WIN「BASTARD!! -ONLINE-」開発中止
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091218_336839.html

 誰も完成するとは思ってなかったと思います(笑)
 中止の判断をするのが遅すぎ。


■テクモ、PSP「DEAD OR ALIVE Paradise」
 2010年4月2日発売決定
 各種特典付き同梱版も同時発売
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091218_336815.html

 ソニーハードでも、きわどい水着とかは出せるんですかねー。

PS3「ファイナルファンタジーXIII」発売記念カウントダウンイベントを開催

■スクエニ、PS3「ファイナルファンタジーXIII」
 渋谷で発売記念カウントダウンイベントを開催
 和田社長や特別ゲストを迎え、華やかに発売
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091217_336402.html

 和田社長の発言だけでなく、プレスリリースでも「初期出荷180万本」と発表されてますが、この「初期出荷」という表現が謎。
 初回出荷が180万本なのか、追加出荷も含めて現時点で確定しているのが180万本という意味なのか。初回出荷を意味するなら、わざわざ「初期出荷」という表現は使わないと思うので、個人的には後者だと思ってますが。
 まあ、初日や初週の数字が出たら、消化率から分かる事ですけどね。


■スクエニ、DS「ドラゴンクエストVI」
 すれちがい通信の新要素「夢告白の本」
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091217_336344.html

 DQ9と違って、DQ6のすれちがい通信は微妙。
 DS版DQ4、DQ5と同様に、1回のすれちがいで1人としかすれちがえないのが痛い。


■カプコン、PS3/Wii/Xbox 360「ロックマン10 宇宙からの脅威!!」
 ダウンロード専用タイトルとして来春配信決定
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091217_336482.html

 ダウンロード専用になる事で、ロックマンが復活しましたね。
 Wiiウェア先行配信だった前作とは違い、今作は同時配信なのかな?


■イースと英雄伝説のキャラクターが総出演!
 「イース vs 空の軌跡(仮題)」,開発途中の最新情報をお届け
 http://www.4gamer.net/games/102/G010289/20091217047/

 本当に作ってるんだなあ……(笑)
 どの程度売れるんだろ。


■SCEJ、「PlayStation Home」サービス開始1周年
 クリスマスイルミネーションイベントや「FFXIII」アイテム配信など実施
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091217_336506.html

 それより、いつになったらオープンβじゃなくなるんだろう?(笑)

新OVA「機動戦士ガンダムUC」、PSN配信の価格発表

■新OVA「機動戦士ガンダムUC」、PSN配信の価格発表
 −HD 1,000円、SD 700円で72時間再生。PS3/PSP向け
 http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20091215_335998.html

 いくら完全新作だとはいえ、3日レンタルでこの値段は高いように思いますが。
 僕はBDを買うので、PSNでの値段がいくらになろうと関係ないですけど(笑)


■安室奈美恵、ガンダムのアムロ・レイとの共演で夢叶う「安室、いきまーす!!」
 http://www.oricon.co.jp/news/music/71624/full/

 これを機に、安室奈美恵の事を「アムロ」と書くのはやめていただきたい。「アムロ」と言えば「アムロ・レイ」以外は認めん。


■蓮舫議員のように鋭く斬り込め! 事業仕分けがテーマのFlashゲームが配信
 http://www.famitsu.com/k_tai/news/1230449_1350.html

 どこが制作したのかは分かりませんけど、素早い仕事。

 ロケンロールの人も出るのが個人的にはツボ(笑)

今回もkonozama回避

「999」と「AGAIN」

 「極限脱出 9時間9人9の扉」と「AGAIN FBI超心理捜査官」がAmazonから到着。

 おかしい。
 この時期に、マリオから引き続いてkonozama回避だとは……。
 これは、ゼルダの時に盛大なkonozamaになるフラグなんじゃないかという気がしますが(笑)


■サイバーフロント/アートディンク、「A列車で行こう9」記者発表会を開催
 美麗グラフィックスで生まれ変わった「A列車」
 高い表現力で日本ならではの“鉄道のある街”を再現
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091210_334959.html

 描写がより細かくなっただけでなく、碁盤のマス目を廃し、より自然な街並みが作れるように進化。
 スクリーンショットやムービーを一通り見ましたけど、A列車もすごい所まで来たなーと、ただただ感心するのみ。しかし、これだけのものをぬるぬる動かすには、どれだけのスペックが必要なんでしょうねえ。溜息しか出てこない(笑)


■日本製RPGへの愛と憎しみ。「ターン制バトルは勘弁して」と海外記者
 http://www.gpara.com/kaigainews/eanda/2009121002/index.php

 この記者とは絶対に友達になれないな、と思う(笑)
 ターン制バトルってのは戦闘のデフォルメ表現なわけで、それに対してリアルじゃないと言うのはおかしな話。HD機のRPGのように、ゲーム全体がリアルな表現をになっている中にターン制バトルが入ると違和感を感じるのはまだ分かるけど、そういったゲーム自体の方向性を無視して、一括りにターン制はリアルじゃないと言われてもねえ。

 個人の好みの問題も絡むので、ターン制が嫌いなら嫌いでもいいけど、こういう記事を読むと、国民性による好みの違いってのをあらためて感じさせられますね。
 とは言え、ウィザードリィを見ても分かるように、ターン制バトルを生み出したのはアメリカなんですけどねー。リアルタイムバトル至上主義のために、ターン制バトルは古いとしか思えなくなってるんでしょうか。プレイステーション黎明期の何でもかんでも3DにすればOK!という風潮に近いものを感じます。

藤井と赤星

 ここ数日、ちょっと忙しかったのでブログの更新をストップ。マリオもPSp2も進んでおりません。明日発売の「極限脱出 9時間9人9の扉」、「AGAIN FBI超心理捜査官」までにマリオだけでもクリアしておきたかったんですけどねえ。無念。

 ここ数日のニュースとしては、原監督が世界最優秀監督になった件をトップに挙げたいところですが、やはり、日ハムの藤井がまさかの巨人入りを果たした件が僕の中でのトップ。
 巨人時代の清原にヤジを飛ばされてマウンドで泣き、その後は「巨人キラー」と呼ばれるようになった男が、まさか因縁の巨人入りするとは。しかも、FA宣言した選手を獲得する場合、球団側が「うちに来てください」と言うのが普通なのに、今回は藤井側から「巨人に入れてください」と頼むという前代未聞の事態。契約後、元の年俸よりダウンするのも初めての事。
 茶髪・長髪・無精ヒゲに加えて素行に問題があったりと、巨人に似合わない以前に原監督が最も嫌うタイプの人間だと思ってましたが、巨人との入団交渉の際には髪を黒くして短くし、ヒゲも剃ってくるなど、見た目から変えようという意思は見えました。
 色々分かった上で巨人も取ったんでしょうから、入団を機に生まれ変わったつもりで素行の方も直して、一生懸命野球に打ち込んでもらえればと思います。

 そして、今日になって阪神の赤星がまさかの引退を表明。
 ヘルニアだと思ってたのが、実は脊髄損傷だったとは……。
 ヘタすると生命の危機という状態なら、引退するしかないですね。
 巨人ファンとして見ると、阪神から赤星がいなくなるのはラッキーだけど、野球ファンとしては、赤星がいなくなるのは寂しい限り。
 とにかく当面は体の治療をしてもらって、何らかの形で野球界に関わってもらいたいですね。今はただ、お疲れさまと言うのみです。



■Wiiゲームレビュー:New スーパーマリオブラザーズ Wii
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/review/20091209_334669.html
■ミリオン目前、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の初週販売本数が発表
 http://www.famitsu.com/game/news/1230313_1124.html

 初週、約94万本。
 2Dマリオ、強し。

 年末商戦は始まったばかりなので、年内にどこまで伸ばしますかねー。

ニュースーパーマリオブラザーズウィッヒー

マリオとPSp2

 今日発売の「NewスーパーマリオブラザーズWii」と「ファンタシースターポータブル2」が、konozamaを喰らう事もなく無事に到着。

 両方同時にプレイするのはしんどいので、まずはマリオから。
 とりあえず1ワールドをクリアした時点で、今日のプレイは終了。歴代作品との微妙な挙動の違い、横持ちWiiリモコンでの操作感覚にもようやく慣れてきて、だんだんと思い描いた通りのプレイが出来はじめてきた感じ。

 面白いかどうかは書きません。
 書かなくたって分かるでしょ?(笑)



■スクエニ、DS「ドラゴンクエストVI」続報
 主要キャラやスライムに関する情報ほか
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091203_332950.html

 「魔物使い」が「魔物マスター」になり、仲間モンスターの扱いにも変更が生じたため、一部では賛否両論盛り上がってますね。
 DQ6の場合、DQ5と違って常時モンスターが仲間になるわけではない事、仲間になるモンスターの数が少ない事、そしてモンスター格闘場がスライムオンリーな事を考えると、ここをテコ入れするのも理解出来ます。その一方で、仲間に出来るのがスライムのみにしなくてもいいじゃないかという意見も分かります。
 ぶっちゃけ、このポイントには個人的に思い入れがないので、どっちでもいいという(笑)

 職業の熟練度の扱いについては、オリジナル版そのままの模様。
 こっちの方こそ、テコ入れしてほしかったんですけどねー。


■SCEJ、「PlayStation Awards 2009」を発表
 プラチナプライズはPSP「モンスターハンターポータブル 2nd G」
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091203_333196.html

 年々減っていく受賞作、年間通して一番売れたのが新作ではなくモンハンの廉価版、と色々と考えさせられるものがあります。
 「特別賞」はなくても良かったんじゃないですかねー。「葛城ミサト報道計画」が受賞する時点でダメでしょ。色んな意味で。

欲しい人がいなければ売れない、ということ

■欲しい人がいなければ売れない、ということ
 http://allabout.co.jp/game/gamenews/closeup/CU20091201A/

 良い物は良い、悪い物は悪いと、こういう当たり前の事を書いてくれるコラムって、なかなかないんですよねー。たいていは、悪い物でも無理矢理擁護する内容になってたりするんですよ。


■ガンダムソング全145曲入り!スペシャルCD-BOXの詳細が明らかに
 http://www.cdjournal.com/main/news/-/27612

 ブックレットは魅力的だけど、値段は高い。


■DSiウェア「探偵 神宮寺三郎 連鎖する呪い&謎の事件簿」12月9日発売
 http://www.arcsystemworks.jp/jgjdsi4/

 もう新作かい!
 早い、早いよ!


■コーエー、PS3/Xbox 360「北斗無双」
 発売は2010年3月に決定
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091201_332645.html

 コーエーの3月発売タイトルというと、決算の数字調整のために年度内に強引に押し込んできたという印象が強く、仕上がり具合を不安に感じちゃいますね。
 スクリーンショットを見てみると、光源の関係なのか、キャラクターの輪郭のジャギが目立ちすぎて全体が汚く見えてしまうので、その事も仕上がりに不安を感じる原因の一つ。

 あと、新作の発売直前に他機種タイトルの情報を公開する事に何か意味があるんですかねー。何の後押しにもならないと思うんですが、「テイルズオブ」シリーズもこの手を良く使うし、まったく理解出来ません。


■カプコン、「モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best」
 12月24日に再度値下げ
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091201_332712.html

 まだお金を搾り取る気なのか(笑)


■『機動戦士ガンダム』シリーズ計11タイトルがお求めやすい価格で再登場
 http://www.famitsu.com/game/news/1230179_1124.html

 PS3「機動戦士ガンダム戦記」は出たばかりなので、まだ廉価版を出したくないんでしょうが、PS3「機動戦士ガンダム Target in Sight」やXbox360「ガンダム オペレーショントロイ」は今回のラインナップに含まれてないんですね。
 評判がよろしくないからか?(笑)

日本ファルコム、人気2大シリーズ衝撃のコラボ作を発表! 『イースVS空の軌跡』

■日本ファルコム、人気2大シリーズ衝撃のコラボ作を発表! 『イースVS空の軌跡』
 http://dps.dengeki.com/2009/11/27/p6534/
■日本ファルコム、新要素を追加してPSPで発売決定!
 PSP「イース 〜フェルガナの誓い〜」
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091127_331861.html

 電撃プレイステーションで新作発表ということで、多くのファンが「英雄伝説7」を期待してたんですが、実際に発表されたのは「イースvs空の軌跡」という想定外の作品でした、というお話。
 「ディシディアFF」や「テイルズオブVS」の影響を受けてのリリースなんでしょうが、これらとは違って、非常にニッチな自社コラボな気がします(笑)
 「イース」はともかくとして、もう片方は「空の軌跡」限定じゃなく、「英雄伝説」シリーズ全体にしてほしかったですね。ジュリクリコンビを再び見たいぞ。
 それにしても、「空の軌跡」というタイトルがここまで一人歩きするとは思ってもいませんでした。「英雄伝説VI 空の軌跡」という正式タイトルを知ってる人がどの程度いるのか。もっと言えば、「英雄伝説」自体が「ドラゴンスレイヤーVI 英雄伝説」だった事を知ってる人がどの程度いるのか気になりますねえ。PSP版で新規に入ってきた人の中には、知らない人が多いんじゃないかなー。

 「イースvs空の軌跡」についてちょっと深読みしてみると、ファルコムと言えば、新しいOSが出るたびに「新OS対応版」、続編で追加された要素を追加する「完全版」が得意技ですが、PSP(と言うかコンシューマー機)でそれをやるわけにはいかないので、完全新作の前に「イースSEVEN」のシステムを流用した作品を出しておこうってところですかねー。

 一方、「フェルガナの誓い」もPSPへの移植が決定。これもまた、元が「イースIII〜ワンダラーズ・フロム・イース〜」だと知ってる人は、どのくらいいるんでしょ(笑)

 ま、これらで小銭をきっちり稼いでもらって、本命の「英雄伝説7」をしっかり出してくれれば、個人的には問題なしでございます(笑)


■「ドラゴンクエストIX」市村プロデューサーが数字を披露して講演
 レアな宝の地図は「プログラム的には30万分の1の確率だった」
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091127_331971.html

 今回は、DQ絡みの講演が多いような気がします。
 今までは、ここまで講演をする事はなかったですよね。


■PSPゲームファーストインプレッション:
 「ファンタシースターポータブル2 スペシャル体験版」
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/review/20091127_331911.html

 僕の感想も、この記事とほぼ同じ。


■スクウェア・エニックス・ホールディングス
 タイトーのAM事業をタイトーに、コンシューマ事業をタイトーソフトへと分割
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091127_331922.html

 記事を最初に見たとき、2520人→10人に減らすだなんて、えげつないリストラをぶちかましてきたなあと思っちゃいましたが、実際は2520人→10人+2500人のようですね。
 ただ、コンシューマー事業を10人でやらないといけないわけだから、中型〜大型タイトルの開発はほぼ不可能ですね。


■バンダイ、AC「データカードダス スーパー戦隊バトル ダイスオー」
 「秘密戦隊ゴレンジャー」から「侍戦隊シンケンジャー」まで戦隊ヒーローが登場するカードゲーム
 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20091127_331910.html

 サンバルカンからチェンジマンまでしか分かりません(笑)
 デンジマンは見てたらしいけど、ヘドリアン女王くらいしか記憶にないんですよねー。
プロフィール

ホームページへ

アーカイブ
最新のコメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ