日記のようなコラムのような……。ガンダムとゲームを中心にお届け。

ニュース(2010)

「ファイナルファンタジー XIV」新プロデューサー吉田直樹氏インタビュー

「ファイナルファンタジー XIV」新プロデューサー吉田直樹氏インタビュー(前編)
「新体制は合議制ではない」。強い覚悟で臨む新プロデューサーの開発ポリシーを聞く

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/20101229_417979.html

「ファイナルファンタジー XIV」新プロデューサー吉田直樹氏インタビュー(後編)
PvPシステムは“必ず実装”、序盤やバトルも大幅てこ入れか

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/20101230_417982.html

 GAME Watchでも、FF14の新プロデューサーである吉田氏へのインタビュー。

 どういう方向で修正を入れていくのか気になってましたが、単に一部修正を加えて遊びやすくするだけでなく、モノによっては根本から手を入れていくものもあるようで。
 端から見ていて特に感じるのは、やはり競売の未実装を中心とした流通関連のお粗末さですね。FF11よりも生産面を強化していながら、アイテムが流通しづらい仕様にする意味がどこにあるのか。むしろ、FF11以上に流通しやすい仕様にする必要があると思うんですが。なんで今のような仕様にしたのか、その意図がサッパリ分かりません。

 4Gamerのインタビュー記事でも思いましたが、インタビューを読む限りでは今後の立て直しに期待出来そうな感じがします。ただ、この新体制でも立て直せない時は、もうどうにもならないでしょうねえ。


1人のオンゲーファンによる「ファイナルファンタジー XIV」への提言
バトル、流通、UI、フィールド……僕が感じた「FF XIV」に足りない6つの要素

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/series/ongame/20101229_417980.html

 こういうコラムを、もっと早い段階で掲載出来ていれば良かったんじゃないでしょうか。β版の時の記事って、どのニュースサイトでも問題点を指摘してませんでしたからね。

新体制への刷新が行われた「FINAL FANTASY XIV」緊急インタビュー

プレイヤーとの約束は必ず守ります。新体制への刷新が行われた「FINAL FANTASY XIV」緊急インタビュー。FFXIVを託された吉田氏はどんな人物なのか

 http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20101226004/

 インタビューを読む限りは期待出来そうな気がしますが。
 あと、FF14を助けるのも結局はDQなんですな(笑)


「ニンテンドー3DS」にいよいよ触れられるときがきた。1月8日から幕張メッセで開催される3DS体験会の詳細が本日明らかに

 http://www.4gamer.net/games/107/G010761/20101228015/

 ラストストーリーのプレゼンテーションもそうでしたが、ステージイベントをネット中継してくれるのはいいですね。
 E3のように、東京ゲームショウでもやってくれればいいんですが。


「FINAL FANTASY IV Complete Collection -FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS-」発売日は2011年3月24日に。e-STORE専売パックも発売

 http://www.4gamer.net/games/126/G012611/20101228008/

 発売は4月以降だと思ってたんですけどねー。3月にはすでにディシティアがあるにも関わらず、同じハードで同じFFを3月にねじ込んでくるとは……。
 こういう形になると、どうしても年度末に間に合わせたかったのかなとか、色々とネガティブな感想しか出てこないんですよねえ。


セガ、PS3「龍が如く OF THE END」
小森 純さんがマッサージ嬢として登場

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101228_417744.html

 ゲームとは直接関係ないですが、小森純のどこが良いのかサッパリ分からない。

任天堂、Wii「THE LAST STORY」プレゼンテーションを秋葉原で開催

任天堂、Wii「THE LAST STORY」プレゼンテーションを秋葉原で開催
サプライズで岩田社長が登場!

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101227_417724.html

坂口博信氏へのショートインタビューを掲載:「THE LAST STORY」(ラストストーリー)のキーワードは“仲間”。本当に仲の良い友達とMMORPGでパーティを組んだときのような楽しさを

 http://www.4gamer.net/games/115/G011555/20101227087/

 14時からのプレゼンテーションを見てましたが、期待以上の出来映え。
 ゲームシステム全体から感じるのは、遊びやすさを追求している事。「見せたい」じゃなくて「遊ばせたい」といったところでしょうか。「見せる」RPGの代表格であるFFの生みの親が、結局はここにたどり着いたというのが何とも感慨深いものが。
 最大のポイントであるバトルシステムは、個々の要素を取り上げると目新しさはないけど、様々なタイプのゲームの良い所をピックアップし、それらを上手く組み合わせてRPGの新しい形を提示してきた感じ。力押し戦闘での乱戦ぶりと、ギャザリングを使う事で戦闘をコントロールしていく感じは、テーマである「秩序と混沌」が上手く表現されているように見受けられます。
 ゼノブレイドもそうでしたが、棒振り、健康器具、パーティーゲームしかないなどと揶揄されるWiiで新世代のRPGが登場する一方、従来型ゲームが集結するPS3で新世代RPGが登場しないというのは何とも皮肉な話。

 いやー、とにかく期待度が相当上がってしまいましたよ。あとは、実際に遊んでみて、この期待が裏切られない事を願うばかりです。

日本ファルコム,「英雄伝説 空の軌跡」「英雄伝説 零の軌跡」に連なる新作をPSP用として2011年に発売

日本ファルコム,「英雄伝説 空の軌跡」「英雄伝説 零の軌跡」に連なる新作をPSP用として2011年に発売

 http://www.4gamer.net/games/126/G012619/20101221005/

 これまで続編の発売までは時間がかかっていたのに、今回は「零の軌跡」から1年で次回作が発売って早いなー。となると、「零の軌跡」のシステムを流用した作品になるのは、ほぼ間違いないかな。


スクエニ、PSP「FINAL FANTASY IV Complete Collection -FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS-」
「FFIV」と「FFIV ジ・アフターイヤーズ」に追加シナリオを含む完全コレクション

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101220_415969.html

 なんでこういう仕様にしてPSPで出すのかなあと。
 DS版FF4ユーザーからすれば、ジ・アフターイヤーズを遊べないわけだし、PSPユーザーからすれば、FF1・2、4と遊べるけど、なぜかFF3が出ないので遊べないし。
 PSP版FF1・2を流用出来て低コストで作れるからなんだろうけど、それ以外の意義を見出せないのがFF4好きとしては悲しい。

 あと、PSP版FF1・2同様、グラフィックにすごい違和感がある。
 これ、キャラと背景、そしてエフェクトがそれぞれ馴染んでないんですよね。お互いに浮きまくってるから、全体的に見るとすごく安っぽい。逆に馴染みすぎると見にくくなってしまうけど、もうちょっと馴染ませてもいいんじゃないかと。FF1・2の時にも同様の批判があったのに、なんで改善しないんだろう? 低コストで済まなくなるから?

 そして何より、またやらかしたのかと。
 マザー“ポ”ムって何よ。
 http://www.famitsu.com/news/201012/images/00037107/Tu83hoi91y4jP694W7IFhYwUJFJnT2Ik.html
 濁点と半濁点の違いって見逃しやすいミスではあるけれど、FF14で「ボ」が「ポ」になっているというミスが発覚して騒ぎになったばかりなんだから、FF14とは別スタッフの作品とはいえ、同じミスをしてしまうのは情けない。


 ここ最近のスクエニは、良く言えばIPの有効活用なんだろうけど、ぶっちゃけ過去のIPに頼り切って新作を作ろうとしないだけにしか見えない。色々と小銭が必要なんだろうというのは分かりますが、ここまでくるとちょっと切ないですねえ。


スクエニ、PSP「ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー」
2011年3月3日発売決定!

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101220_416021.html

 年度内にぶち込んできましたねー。
 3DS発売の翌週だけど、影響はないと踏んだんでしょうか。


カプコン、PSP「モンスターハンターポータブル 3rd」
発売から17日で国内累計出荷本数300万本を達成!

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101220_415941.html

 順調すぎる勢いで300万を突破しましたねー。
 これでDQ9を超えるようだと、相当すごい話。


ファンタシースターポータブル2インフィニティ公式ブログ:オルガ・フロウ動画

 http://ameblo.jp/phantasy-star-portable2/entry-10742780523.html

 登場時の演出といいBGMといい、PSOのまんまですねー。実に懐かしい。

イメージエポックの代表取締役・御影良衛氏に,そのビジョンを聞いた

 Twitterに書きましたが、忘年会帰りに電車が遅れて乗換駅で終電に間に合わず。
 ここからタクシーで自宅まで帰ると5000円。ネットカフェだと始発が出るまで1200円。迷うことなくネットカフェですな。
 そんなわけで、ネットカフェで夜明かし中。


なぜ,あえて“JRPG”にこだわるのか。29歳の新たなリーダー,イメージエポックの代表取締役・御影良衛氏に,そのビジョンを聞いた

 http://www.4gamer.net/games/124/G012455/20101216053/

 インタビューを読む限りは、すごく良くわかっているなという印象。
 イメージエポックのゲームは、「ルミナスアーク」、「セブンスドラゴン」、「アークライズファンタジア」とプレイしていますが、作品を重ねるごとに完成度が高くなってきているので、今後の発展が気になるメーカーではあります。ただ、個人的には、「フェイト」、「クリミナルガールズ」と、ここ最近は中身で勝負していない印象があるので、純粋に中身で勝負するRPGで勝負してほしいとは思います。
 何はともあれ、レベルファイブに次ぐ元気のある新規メーカーというポジションを確立してほしいですね。こういうメーカーがもっと出てこないと、ゲーム業界が盛り上がりませんから。

スクエニ、平成23年3月期通期連結業績を下方修正

スクエニ、平成23年3月期通期連結業績を下方修正
「開発能力の強化が現在の最重要経営課題」

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101216_414749.html

 いやー、純利益が110億も吹っ飛ぶ見通しになるとは、FF14グダグダによるダメージは相当深刻なレベルですねえ。10億円であっても黒字見通しなのが救いですが、あくまでも予想なので、今後の他タイトルの発売状況によってはもっと悪くなってしまう恐れも。

 FFって、DQの足を引っ張ってばかりだなあ。
 合併しても、ちっともDQを助けてくれないね(笑)


「FINAL FANTASY XIV」のアップデートが本日実施。新たなコンテンツ,機能の調整・不具合修正の状況を確認しよう

 http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20101216028/

テキストのミスや/tellコマンドの動作修正といったごく基本的なゲームの機能にも――当然――手が入っている。とはいえ,バージョンアップページにあるように,いまだに複数の既知の不具合が存在しているため,現在の同作に対する厳しい意見を一気に覆すには至らないかもしれないが,まずはログインして,新しいコンテンツを試しつつ,気になっていた動作を確認しておこう。

 手厳しい4Gamerのコメント。
 まだまだ修正が不十分であったり、アップデートによる不具合が発見されたりと、無料期間の無期延長を発表しただけあって、まだまだトンネルの出口は見えないという印象。


カプコン、DS「逆転検事2」
最新プロモーションムービーを公開

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101216_414785.html

 弁護士って単語が出てきてますが、ナルホド君が話に絡んできたりするんですかね? でも、時間軸では逆転裁判3と4の間にあたるので、あまり期待出来ないかな。

「THE LAST STORY」ディレクターの坂口博信氏によるプレゼンテーションの様子を12月27日14:00より公式サイトで中継

「THE LAST STORY」ディレクターの坂口博信氏によるプレゼンテーションの様子を12月27日14:00より公式サイトで中継

 http://www.4gamer.net/games/115/G011555/20101213011/

 任天堂としては新しい試み。
 任天堂タイトルではほとんどない本体同梱版の発売といい、「ラストストーリー」に関しては任天堂も本腰を入れてきてますね。「ゼノブレイド」の販促の反省点を上手く活かしてもらいたいところ。
 当日は年末年始の休みに入ってますんで、リアルタイムで視聴予定。

 公式サイトではキャストが公開されましたが、主人公が刹那でヒロインがメイリンですか。ふむ。


スクエニ、DS「ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル」
「DQM-J2」に新モンスター、新マップ、新特技、新スキルを追加して2011年3月31日発売!!

 http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20101213_413900.html

 年度内ギリギリのタイミング。
 この時期に発売されるゲームって、無理矢理年度内に押し込んだために完成度がイマイチという印象を抱いてしまうんですが、今作はどうなんでしょうか。DQの名がついているので大丈夫だと思いたいですが。

FF14開発/運営チーム全面刷新。無料期間延長&PS3版は発売未定に

 12月30日の「ちぃ散歩」に水谷豊が出るそうな。まあ、相棒劇場版の宣伝なわけですけど、地井武男と水谷豊と言えば「刑事貴族」なわけで、「タケ先輩!」「本城!」とかいう会話があった日には画面の前で悶絶必至。
 ……予約録画しておこう(笑)



「FINAL FANTASY XIV」開発/運営チームを全面的に刷新し新たな船出へ。PS3版は発売時期が未定に&無料期間も延長が決定

 http://www.4gamer.net/games/092/G009287/20101210037/

 今日、一番の話題はこれでしょう。
 こうするしかないよね、とは思うものの、こうなる前に何とかならなかったのかという思いも。

 開発スタッフに責任のある部分もあれば、開発スタッフでもどうにもならなかった部分もあるでしょうし、ましてや特定の個人の責任ではないと思いますが、「プロマシアの呪縛」の記憶が蘇ってしまうのも事実。またお前かと(笑)
 無料期間が無期延長になりましたが、修正のためのバージョンアップをもう1回残している段階でこの発表をしたのは、次のバージョンアップを行っても焼け石に水レベルであり、まだまだ時間がかかると判断したからでしょうかね。どのくらいかかるのか想像もつきませんが。

 PS3版の発売延期も発表されましたが、前にここで書いたように、それがベターでしょう。このまま発売を強行したら、被害が拡大するだけですから。

 もう1つ気になるのは、DQバトルロードの人を新プロデューサー&ディレクターに据えたり、オウガの皆川さんをスタッフに加えたりと、FF11、14チーム以外のスタッフを投入している点。
 これによってFF14が改善されたとしても、他の開発タイトルに影響が出てしまうんじゃないかと心配しています。特にオウガ新作とかオウガ新作とか……(笑)
 和田社長のコメントには、スクエニオールスターズでやっていく的な事が書いてありますが、この体制でも上手くいかずにさらなるスタッフ投入が必要になったりすると、FF14がどうこうというレベルではなく、スクエニ全体が大ピンチになる恐れも。
 DQに影響が出ると非常に困るので、FF14をプレイする予定はありませんが、新スタッフの皆さんには上手くやってもらいたいと思います。


「ファイナルファンタジーXI」,新ディレクターに伊藤氏,アソシエイトディレクターに藤戸洋司氏が就任

 http://www.4gamer.net/games/005/G000546/20101210040/

 FF14の件の影響を受けて、松井DがFF14スタッフ入りしたので、こちらもディレクターが変更に。
 FF11は引退した身ですが、藤戸という名前を見ると危険な香りがしますな(笑)


「ブラウザサクラ大戦(仮)」の正式タイトルが「サクラ大戦 太正浪漫学園譚」に決定。プロモサイトがオープンし,メインビジュアルが公開に

 http://www.4gamer.net/games/124/G012423/20101210014/

 プレイヤーは大帝国学園の生徒で、明日の華撃団入りを目指して勉学に励んでいると。で、演習の時の教官役とかで歴代キャラが出てくるわけだ。さらに帝都を狙う悪い奴らが出てきて、学生であるプレイヤーキャラも学徒兵として出撃し、歴代キャラの指揮下で戦うわけですよ。
 ……こんな感じじゃない?(笑)


10年ぶりに復活した大人気ゲーム番組「復活!スーパーマリオクラブ」の収録現場に行ってきた。渡辺 徹さんと加藤紀子さんのインタビューには珍客が乱入!?

 http://www.4gamer.net/games/123/G012313/20101210015/

 あさりどは出ないのかよ!って思ったけど、あさりどが出てたのは「64マリオスタジアム」時代だった(笑)

 当時見てましたからねー。
 初代アシスタントの本田理沙が、「ドキッ!丸ごと水着!女だらけの水泳大会」では騎馬戦でのポロリ要員で、子供心にショックを受けた事がある(笑) 当時は、純粋にバラエティ番組として「水泳大会」を見てたんですよねー。今だったら純粋にバラエティとして見るなんて絶対無理だけど(笑)
 ともかく、懐かしいので見てみる予定。

角川書店、「東京国際アニメフェア」出展取りやめ 社長「都の姿勢に納得できない」

角川書店、「東京国際アニメフェア」出展取りやめ 社長「都の姿勢に納得できない」

 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1012/08/news098.html

 あの条例の改正案、おかしいもんな。

 角川が手を引くとガンダム、エヴァが出なくなるし、電撃文庫からのアニメ化といった今流行りのライトノベル系アニメも多数出なくなるので、かなりの影響が出ますね。これで集英社あたりが追随するようだと面白い展開になりますが……(笑)


売り切れも納得? 出荷200万本の「MHP3rd」,販売本数でも195万本を記録。PSP販売台数はなんと32万台の「ゲームソフト週間販売ランキング」

 http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20101208062/

 MHP3の販売本数が、エンブレ調べと20万本近く違いますねえ。メディクリ調べだと、初週200万は突破せず。
 過去、初週で200万を突破したのは、DQ、FF、ポケモンだけなので、200万を突破したかしないかは、モンハンが歴代で4タイトル目になるかならないかという大きな話でもあったり。

 また、MHP3ばかりに目がいってしまいますが、GT5が2週目にして大きく数字を落とした点にも注目。43万→5万はすごすぎる。累計で70~80万ぐらいいくかと思ってたけど、この調子だと60万ぐらいで止まってしまうかも。車好きの人が減っている中、このゲームを遊びたい人は初週に飛びついてるでしょうから、これ以上は伸びないかなあ。

 テイルズは20万と、Wii版の累計を初週で突破。前作のヴェスペリアと同程度の数字なので、完全に固定ユーザーが購入した感じでしょうか。PS3本体の売上をさほど牽引してない点からも、それが伺えるかと。
 テイルズはもう、このままPS3で展開していけばいいんじゃないでしょうか。それが一番ハッピーだと思いますよ。振り回されたユーザーが可哀想だ。

 あと、目立ったタイトルが出ないと言われつつ、Wiiが一気に売上を伸ばしてる点はこの時期の恒例行事ですね(笑)


モバゲーもグリーも「仁義なき主導権争い」

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101208-OYT1T00642.htm

 勝手に争って潰れちまえって思ったり。

 ソーシャルゲーム自体は別に問題ないんですけど、これらの会社がゲームの面白さを追求するわけではなく、いくら稼げるかを追求する姿勢は、ゲーム好きとして好きになれないのです。

『モンスターハンターポータブル 3rd』の初週販売本数は214万6467本!

『モンスターハンターポータブル 3rd』の初週販売本数は214万6467本!

 http://www.famitsu.com/news/201012/07036609.html

 いやー、すごいですなー。
 ……って、何に驚いたかというとMHP3の初週販売本数ではなく(こっちも十分すごいけど)、PSPの販売台数ですよ。32万6639台だそうで。
 MHP3に合わせてPSP本体が大きく売れるだろう事は分かってましたが、ここまで売れるとは思わなかった。なんで、こんなに売れたんでしょ。
 PSP-2000あたりからの買い換えユーザーが多かったのか、モンハンモデルに興味を示したユーザーが多かったのか、それとも新規ユーザーが多かったのか。その割合次第で、MHP3が新規ユーザーを取り込めたのかどうかがある程度見えてくるので、非常に気になります。

 今後の注目は、MHP3が最終的にどこまで売れるかになるわけですが、翌週の数字を見てみない事には、ユーザー自体が増えたので初週の数字も大きくなったのか、それとも初週にユーザーが集中しただけなのかは分かりません。いずれにせよ300万は超えてくるでしょうから、400万にどこまで迫るのか、それとも超えるのか……といった話になりますね。

 しかしまあ、景気のいい話だなーと思いつつも、Wiiもそうですが、特定のタイトルに需要が集中しまくってしまうという状況も問題だよなーとも思ってしまいます。色んなタイトルが売れた上で、強力なタイトルがドーンと売れてくれるのが一番いいんですけどねー。
プロフィール

ホームページへ

アーカイブ
最新のコメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ