日記のようなコラムのような……。ガンダムとゲームを中心にお届け。

日記(2010)

ガンプラビルダーズ・パーツC

 BS11で放送された「模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG」の最終話にあたるパーツCを録画していたので、それを視聴。

 最終話だけあって、これまでの総決算とばかりに次から次に様々なモビルスーツが登場。
 確認出来ただけでも、

 ●ハイゴック
 ●ガンキャノン+ドダイYS
 ●ゲルググ
 ●ギャン
 ●ズゴック
 ●ザクII
 ●ガンキャノン量産型
 ●アストレイ レッドフレーム
 ●ジ・オ
 ●デンドロビウム
 ●ザクIII
 ●アイザック
 ●ザクレロ
 ●スーパーカスタムザクF2000
 ●サザビー
 ●ベアッガイ
 ●ビグ・ザム
 ●ヅダ
 ●ギラ・ドーガ
 ●ヤクト・ドーガ(ギュネイ専用機)
 ●ヤクト・ドーガ(クェス専用機)
 ●ビギニング30ガンダム
 ●リック・ディアス
 ●Hi-νガンダム
 ●フォーエバーガンダム
 ●ケンプファー
 ●ブルーデスティニー1号機
 ●百式
 ●ガブスレイ
 ●シャア専用ズゴック

 これだけの機体が戦闘しまくり。
 そして背景では、ムサイ、ホワイトベース、サラミス、ラー・カイラム、レウルーラなど、歴代の様々な戦艦が登場。これまた豪華。

 各機体はガンプラという設定なので、本来の設定ではあり得ない仕様の機体も登場。
 単にカラーリングがオリジナルになっているものから、スケルトン仕様のもの、そして魔改造レベルのものまで様々。

 ザクレロの口の中にザクが入っていて、まるでジオン版デンドロビウムのような機体には大笑い。その機体が本家本元のデンドロビウムと戦闘するところが、またいい。デンドロビウム自体も、0083本編では中身のステイメンが活躍していないので、こちらではステイメンが活躍しまくるなど、ファンがちゃんと動いている姿を見たかった機体をチョイスしてくれている点が心憎いですよ。

 また、前回登場した、ザクにパテを盛りまくって改造した「スーパーカスタムザクF2000」が、前回の失敗を受けてプラ板に変更したおかげで機体を軽量化出来たとか、敵機として登場したビグ・ザムが、実は1/550だったので接近してみると小さく(劇中に登場する機体の基本サイズは1/144)、大して強くなかったとか、ガンプラを作った事のある人だと分かるネタも随所に。

 そして、目玉であるベアッガイは、水陸両用機体なのに宇宙空間での戦闘に出撃してしまう点に始まり、手足をジタバタさせて移動したり、僚機であるサザビーに抱っこされて敵の攻撃を回避したりと、ネタ機体の本領を発揮。攻撃面でも、縦笛ビーム砲や、ランドセルからのミサイル発射、そして「目が粒子砲(誤字じゃないのです)」と大活躍するので、アッガイファンは目頭が熱くなるんじゃないかと。アカハナよりも頑張ってるよと(笑)


 細かい事はいいから戦闘しようぜ!なノリは子供にウケるだろうし、随所に仕込まれた様々なネタは大人のガンダムファンにウケるだろうしと、親子二世代が共に楽しめる作品だと思います。それだけに、第1話の感想でも、第2話の感想でも書きましたが、子供が気軽に見られるTVアニメじゃない点が非常にもったいない。こんなポテンシャルの高い子供向け作品は、そうそうあるもんじゃないですよ。


 今からでも遅くないので、今回の全3話をパイロット版と位置づけて、あらためてTVアニメとして企画、そして放送すべき。絶対にウケますよ。放送時間さえ間違えなければね(笑)


寒すぎる

 いやー、今日は寒かった。
 夏は異常に暑いし、秋を飛ばして急に冬になった感じだし、色々とおかしな気候になってますな。
 さらに、台風までも接近中。
 東京は、台風の影響で日曜日は暴風雨という予報になってますが、日曜日は法事があるので外出しないといけないんですよねえ。法事をドタキャンしたい気分(笑)
 また、「ガンダムUC episode2」のプレミア上映初日となる土曜日も雨の模様。さらに、場合によっては日曜日の暴風雨が繰り上がる可能性もあるそうな。テンション、下がりますねえ。でも、こっちはどんなに雨が降ってもドタキャンしませんよ(笑)


東芝、「dynabook ドラフトスペシャルモデル」を限定販売

 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101027_402844.html

 今日のドラフト会議で各球団に提供されたスペシャルモデルの一般販売が決定。
 当初は非売品とされていたので、ぜひ一般販売をしてほしいと思ってましたので、この決定は嬉しかったのですが、ちょっと高い(笑)
 スペックを見ましたが、ここまであれこれ詰め込まなくてもいいと思うんですけどねー。もっとシンプルな構成にして、値段を抑えてくれればジャイアンツモデルに手を出したかもしれないんですが(笑)

采配の疑問

 セ・リーグのクライマックスシリーズ1stステージは、巨人が逆転勝利でファイナルステージ進出決定。
 今日は、中盤まで2-6と負けていたので、正直言って諦めてました。その後、用事があったので外出してましたが、家に帰ると7-6と逆転していて9回裏になっていたのでビックリ。まさか勝つとは……。

 ファイナルステージの中日戦は、データ上はどう考えても中日が有利。なので、今日が最後の喜びになるかもしれません。

 そんなわけで、ここでは珍しく野球のお話。
 興味のない方はスルーよろしくという事で。

続きを読む

イメージチェンジ

新垣結衣2011年カレンダー

新垣結衣2011年カレンダー



竹内力2011年カレンダー

竹内力2011年カレンダー



 芸能人ってすごいなあ。
 こんな大胆にイメージチェンジ出来るなんて。
 ビックリだよ(笑)

意外に面白かった

 録画していた「ブレイクブレイド」の第一章と第二章を視聴。
 先週土曜から第三章が劇場公開されたそうで、その宣伝を兼ねて第一章と第二章がMXで放送されていたので、ちょっと録画をしとりました。
 いわゆるリアル系のロボットアニメらしいから、とりあえず録画してみたってのが本当のところで、正直言って、あまり期待してなかったんですけどね。これが、予想外に面白かった。

 何が良いって、機体が空を飛べない事。そして、高くはジャンプ出来ない事。
 これによって、渓谷での挟撃や、高い所からの攻撃など、地形が活かされるんですよねー。なので、戦闘での動きだけでなく、シチュエーション自体が面白い。
 やっぱり、こういう戦闘がいいですね。最近のロボットアニメは、何でもかんでも空を飛んじゃうから、地形も何も関係なくなっちゃってつまんない。
 あと、設定上ビーム兵器が存在せず、すべて実弾兵器ってのもいいですね。攻撃を防ぐにしても、シールドの角度を変えて上手く力を逃してシールドを貫通されるのを防ぐとか、そういう細かな動きにパイロットの技量の差が見えるので、戦闘の面白さが余計に増しますよ。

 続きが気になるところなんですが、劇場まで足を運ぶのは面倒かな(笑)
 第三章、第四章と2ヶ月連続公開のようなので、今度は第五章公開の時に、第三章と第四章を放映してくれないかなーと、そちらに期待(笑)

ファイアーエムブレム大全


 「ファイアーエムブレム大全」が、Amazonに入荷されていたので速効で購入。

 中身は、これまでの歴代ファイアーエムブレムの公式キャラクターイラスト集。各作品の年表や世界観説明、イベントグラフィックなども掲載されているけど、メインはキャラクターイラスト。ゲームだけでなく、「ファイアーエムブレムTCG」の全イラストも収録されてるのがポイントでしょうか。とにかく、完全にファン向けの一冊ですな。

 ファン向けの本であるがために出荷数が少なかったんでしょうが、とにかく入手困難。Amazonでは早い段階で品切れになるし、本屋に行っても置いてあるところを見た事がない。増刷も期待出来ないし、入手を諦めるしかないのかと思ってましたが、今回、Amazonに再入荷されたのを発見出来たのは幸運でした。

 ファンならば抑えておくべし。
 ファンじゃないならスルーで問題なし。

胃カメラ

 Twitterでちょこちょことつぶやいていましたが、今週に入ってから胃が痛くなり、木曜日に病院へ行ったところ「逆流性食道炎」と判明。さらに、「せっかくだから胃カメラやってみようか」という強引な流れになって、今日、胃カメラをやってきました。

 胃カメラについては、人から色々と話を聞いてはいましたが、実際にやってみないとその辛さが分からないですねー。胃カメラが喉を通る時の不快感。空気を入れて胃を膨らませている時の不快感。十二指腸にカメラが行く際に胃が押される不快感。そして、その都度「オエッ」としたくなるのをこらえる辛さ。胃カメラを入れていたのは10分〜15分程度と短い時間なのに、永遠に続くかと思うくらい長く感じましたよ。

 幸いにして「逆流性食道炎」による炎症以外はまったく問題がなかったので、今回が最初で最後の胃カメラにしたいですねえ。
 もう二度とやりたくない。心の底からやりたくない。もし、どうしてもやらないといけなくなったとしたら、全身麻酔してからやってほしい。そのくらい辛い。

 皆さんが、もし胃カメラをやるような事になりましたら、覚悟を決めて下さい。諦めてください。アドバイスはそれだけ(笑)

疑問解決

 「あなたはガノタ(ガンオタ)ですか?」と聞かれたら、「はい、そうです」と即答しますが、「あなたはアニオタですか?」と聞かれたら、何と答えるべきか迷ってしまう。
 世間一般の人と比べたらアニメを見ている方だし、アニメを見る事に抵抗もない。けれど、アニオタを名乗るほど見ているかと言うと、ガンダムを除けばほとんど見ていない。
 自分はアニオタなのか、そうでないのか。そんな疑問を解決してくれる記事を発見。

スペシャルゲストに田村直美! “アニメロサマーライブ2010 -evolution-”1日目速報リポート

 http://www.famitsu.com/news/201008/28032764.html

2日目スペシャルゲストはKOTOKO! “アニメロサマーライブ2010 -evolution-”2日目速報リポート

 http://www.famitsu.com/news/201008/29032767.html

 この記事を読んでハッキリ分かりました。僕はアニオタじゃない。
 だって、ここに載ってるセットリストのほとんどが知らない曲だもん。知ってる曲は、それぞれ数曲あるかどうかというレベル。あとはまったく分からない。

 なので、これからはアニオタではないと断言しようと思います(笑)

スパロボL

 ファミ通早売りによると、11月25日にDSで「スーパーロボット大戦L」が出るそうで。
 で、参戦作品がこちら。

◎ヱヴァンゲリヲン新劇場版
◎戦え!!イクサー1
◎冒険!イクサー3
●新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
●機動戦士ガンダムSEED
●機動戦士ガンダムSEED DESTINY
●超電磁ロボ コン・バトラーV
●超電磁マシーン ボルテスV
●ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU
●鋼鉄神ジーグ
◎獣装機攻ダンクーガ ノヴァ
●マジンカイザー
●マジンカイザー 死闘!暗黒大将軍
●神魂合体ゴーダンナー!!
●神魂合体ゴーダンナー!! SECOND SEASON
◎マクロスF
◎鉄のラインバレル

◎……スパロボシリーズ初登場

 ここ10年の間に放送された作品が多いという印象。なので、コン・バトラーとボルテスが非常に浮いて見える(笑)
 で、全体的にマイナー感が漂ってますけども、ここ最近のロボットアニメでメジャーなものの方が少ないので、それは仕方がない事なのかな。

 気になるところを挙げると、ほぼ同時期に放送されていたにも関わらず、マクロスFは入ってガンダム00は入らないのね、と。
 先日発売されたACERでもマクロスFのプッシュが凄かったようなので、バンナムグループ全体でマクロスFを大プッシュする方向なんでしょうか。まあ、ガンダムがスパロボ初参戦する場合、これまでは必ず据え置き機版だったので、ガンダム00はそのためにキープしてるだけなのかもしれませんが。
 一番気になるのは、ヱヴァ新劇場版。まだ未完なのに、どう参戦させるんでしょ。序までなのか、破も含めるのかは分かりませんけど、いずれにせよ中途半端にしかエピソードを消化出来ないわけで。
 キャラデザやメカデザを新劇場版準拠にして、エピソード自体はTV版のものにするんですかねー。破まで含めるのであれば、マリや仮設5号機など、新劇場版オリジナルのものをTV版エピソードに混ぜ込んじゃう感じかな。


 まあ、アレコレ言ったところで、僕は宇宙世紀ガンダム(と言うか逆シャア版のアムロ)がいない時点で、購入するつもりはないんですけども(笑)

みんなの宇宙世紀ナイト

 サンライズフェスティバル「みんなの宇宙世紀ナイト」を見に、夜からテアトル新宿へ。オールナイトでガンダム三昧です。

サンライズフェスティバル


 チケットは完売で、立ち見も出る状態。
 21:30開始で、まずは富野由悠季、福井晴敏の両氏によるトークショー。司会進行はアニメライターの藤津亮太氏。
 ここでは、福井さんが上手い具合に普段はなかなか聞かないような質問をしてくれたので、今までには聞いたことのない御大の回答が得られて面白かったです。藤津さんの司会もツボを心得たものだったので、スムーズな進行でした。
 トークショーの内容は「シャア専用ニュース」さんがまとめておられるので、そちらをご覧くださいな。今はまだ一部だけですが、後日、残りの部分もアップされるようです。
 http://randal.blog91.fc2.com/blog-entry-1253.html

 個人的には、ナナイがグラスを投げる時のじゅうたんの音をリテイクしたいとか、サイコフレームの試料は十字架のデザインにしたかったけど……という話など、あまり聞く機会のない逆襲のシャア関連のコメントが面白かったですねー。

 約40分ほどのトークショーが終了後、休憩が入り、22:20から本編へ。

・機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者
・機動戦士ΖガンダムII 恋人たち
・機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
・機動戦士ガンダムUC episode1「ユニコーンの日」

 毎回、10分ほどの休憩を挟みつつ、これらの作品を一気に上映。
 劇場の大スクリーンで逆襲のシャアを見るのを非常に楽しみにしてたんですが、実はここが一番きつかった。だって、それまでに約90分の作品を3連続で見た上で、4:00〜6:00の120分での上映ですからねー。ガンダム好き、特に逆襲のシャア大好きな僕ですら、途中からは睡魔との戦いですよ(笑) よく寝ないで最後まで見られたなーと思いますが。

 当初、上映終了は6:00の予定だったはずなんですが、逆襲のシャアが終わった時点ですでに6:00。ここから、約60分のガンダムUCを上映したため、すべてが終わったのは7:15。すでに新宿の空は明るく、さらにジメジメとして暑い。疲労困憊の体にこの暑さはこたえる(笑)

 とても面白かったけど、とてもしんどかった。
 そんな感じのオールナイトでした(笑)
プロフィール

ホームページへ

アーカイブ
最新のコメント
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ