わわいのワイ

主にクライミングに関する記録

紫陽花コンペ

トライ期間 2週間
充実の60課題
指皮パックリ 2回
費やした有給休暇 2時間
zoneに入ること1回
歓喜の舞 2回
卑下 4回
完登 52課題

追って追われて結果2位

熱い2週間だった。


1位54完 α
2位52完 フジ、嵩、y
5位49完 龍

KSIと呼ばれた男

2ヶ月程前

当時社長だったナカオはタナベに目配せをした。
(決まりですね)
(あぁ)
彼の圧倒的な吸引力は他の追随を許さなかった。
バキュームKSIの誕生である。
2017年度K大Wallの美化は彼に託されたのだ。


先日、土曜日朝7時頃
誰もいないだろうとWallに向かうとKSIの姿が有った。
『今日は登りません。今から走ってきます。』
そう言ってWallを立ち去った。
ただ、それは特に意外とは思は無かった。
以前にも同じことがあったからだ。

2時間程経過しKSIが吐息一つ漏らさずに戻ってきた。
自身の汗の匂いを気にしていた。
女の子に会われへんなぁ、と少しからかうと
『大丈夫です。汗臭い男が好きな娘もいるはずです。』
彼は常に前向きだった。
『着替えも持って来ているんで。』
トレーニング後に勝負パンツから普通のパンツに着替えるそうだ。

CHU腹筋を全うして
KSIが買出しの為コンビニに行こうとしていたところ、
Come on氏が現れた。
氏はついでにホットコーヒーを買ってきてもらうように依頼。
KSIはCome on氏から貰ったお駄賃で購入したホットコーヒーと氏のコーヒー、
そして自前で購入したチキンを持って帰ってきた。
何故かストロー2本も受け取っている。
『何かに使えるかと思いまして。』

2時間走った後にホットコーヒーを飲みながらチキンを頬張るKSI。
その生態は謎に包まれている。

1回生の中では会った回数は最多であるものの
未だに登っている姿を見たことは無い。
それもまた青春か。

東の河原

 またもや神崎川 with α

外岩に行ける喜びから興奮して5時に目が覚める。
6時30分Wall集合を少し後悔しながらもゆっくりと朝の時間を過ごした。
道中ギロン岩の浮上を確認。
下地の低さも確認。。今年もだめなのか?!

αアップの為にBeautiful day(初段)を紹介した。
スタートの足滑りで何度か落ちるものの正にアップ感満載での完登。お強い。

そして石伝いにバラモン(三段)へ移動。
何回かやったらすぐに最後のランジパートまで行けた。
ただ、バラモンの小カチは右人差し指の皮を容赦なくえぐる。
トライ可能回数は残りわずか。
少し集中する時間を取った。

その間ヒールを捨てたαが
まさかのヒール使わずに完登!
保持が違い過ぎる!!
そしてその流れに乗ってYも完登☆
久々の成果にバラモン会場は歓喜に湧いた。





完登後、指皮がぱっくりいかれている事に気付いた。
正にラストトライだったということか。。危ない危ない


残り時間はバナナワニ(四段)に捧げた。
ぱっくりいった人差し指にテーピングを巻いてのトライだったが、
感触は悪くない。
ただ、左ピンチは鍛えなければならないだろう。

ムーブメモ
1手目 左手で左上のクラック
2手目 スローパー面の穴カチ
3手目 重心を落として左手をややクロスでピンチ
4手目 右手をルーフカチ(左足をクラックにトゥフックするかは未定)
5手目 左手を穴カチに上げる(出来るのか?!)
6手目 ピンチ部分奥の面に左足ヒールかけて、右足をルーフスメアし、大クロス
足切り振られ耐え以降不明・・・
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ