わわいのワイ

主にクライミングに関する記録

Come on氏からの瓢の誘い。
Yの誕生日プレゼント=休日3日間分の外岩の権利。
残り1回をこの瓢にかけた。
前日雨。=駒組撤退の情報。悩む。
瓢のチャンス=しばらく無い。
染み出し覚悟で突っ込んだ。

初めての新下流エリアを散策。
びしょ濡れ。
Hからもらったトポ情報には感謝。

三角岩あたりもびしょ濡れ。。

エルモ。崩壊。
以前ムーブを作っておいたエルモの岩の横面の初段。ホールド部分欠損。
クソ悪い保持課題に豹変。
無念の敗退。

結局UFOか枕岩か。
しかし大丈夫。
こんなこともあろうとどちらも残しておいた。
枕岩にCome on氏を残し
先ずはUFO(初段)。
上部の濡れを確認してからのトライ。
サックり完登
ナメック星人(初段)。なぞ。

最後にたどり着いた枕岩。
辛うじてブヨが出来る状態。
ムーブ完成させずに繋げトライしていたらヨレてしまった。
悔しい敗退。。
Come on氏も結局ヨレ敗退。
もっと早く枕岩に来ていたら良かったと二人後悔。


結論:瓢は乾きが悪い。雨止んでから48時間位は間を開けるべきかも。

東の河原

神崎川の存在を忘れていた。
不届きなBBQ野郎達によってゲート閉鎖に追い込まれてから、
すっかり対象外となりいつしか忘れてしまってたが、
まだ楽しめる課題は沢山ある。

同行者もみつからんし、
気分転換も兼ねて一人で突っ込んでみた。

はのブログによると
ゲートからエリアまでは徒歩20分と記されていたが、
ゆっくり歩くと27分かかった。

まずはハイパーエンプティ。
と思っていたが、土砂や流木が溜まっていた。。

ではトラフグ(完登済み)でアップか、と思ったら
一手目のガバが崩壊していた。。
以前は足先行ムーブでの完登だったから、
真っ向アンダースタートでと思い浮こうと頑張ったが、
しばらくやって1回浮けただけだった。。悪い。

お次はバラモン。
下地悪く怖い。
右手で保持するカチが容赦なく指皮を削ってくる。
結局恐怖心に打ち勝てず、
クロスが出せなかった。
あと1トライで指皮に穴が開くってところで自主敗退。
一人でやるにはリスキーな課題である。

最後はBeautiful day(初段)。
一撃系かと思いきや何回か落ちた。
疲労とヌメりで不意落ちの危険を感じ、
結局ムーブをバラしてから完登した。

また遊びに来たい。

武庫川

8-22℃ 晴れ 寒暖差に注意  の予報
服装に迷う。

Y「久々に武庫川でもどうだ?そろそろ欲しいんだろ?四段(冷酷)。」
α「そうだな。だが、、。」
Y「なんだ?あれほど行きたがっていたじゃないか。」「もしや、、怖いのか?!」
α「・・・ああ。」「あんな体験二度としたくないんだ。」

GW前後の武庫川は蟲が出ることを我々は知っていた。
結果i氏(属性:蟲=蟲の攻撃は効かない)とY(Safty)が突っ込んだ。
Safty Yは蟲傘を持参して臨んだ。
蟲の襲来は無く蟲傘の出番は無かった。


早速冷酷。
力は入ったが結局何も出来ず。
ヌメったのか力不測なのか。
おそらく力不足だな。

念の為オズも触った。
ムーブ分からず完敗。

i氏は膝を悪化させることなく無事生還。
目的を果たした。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ