2016年12月03日

モニュメント第二弾除幕式

新モニュメントチラシ今年ももう12月。師走ですね。
さてその12月の10日にトキワ荘通り近辺で新しいモニュメントが完成しますので、
その除幕式が行われます。

西武線東長崎駅の「ジャングル大帝」のレオとライヤ像、
南長崎スポーツセンター「背番号0」の紹介板
(?と、いえばいいのか正式にはわかりませんが…)の第一弾に続く
今回が第二弾となるワケですね。

今回のモニュメントは森安なおや先生作「いねっこわらっこ」より
「マコちゃん」が「特別養護老人ホーム風かおる里」に
鈴木伸一先生の描かれた「ラーメン屋台イラスト」が
豊島区立南長崎公園に設置されるとのこと。

除幕式の時間は午前10時から「風かおる里」で
午前11時から豊島区立南長崎公園で行われて、
その新たな第二弾と既存の第一弾のモニュメントおよび
トキワ荘通りお休み処をまわるスタンプラリーも開催されるそうです。

詳細はこちらトキワ荘通り公式ブログを参照して下さいませ。
http://blog.goo.ne.jp/tokiwasou-street/e/32377e9a52391688fd40e56ce0f1a1fd

お休み処が出来てからもう3年たったんですね〜
いやはや…年月が過ぎるのは早いものです。

yota874harahara at 20:17コメント(0)トラックバック(0)トキワ荘の話 

2016年11月16日

2016年 漫画家の訃報

「総務部総務課山口六平太」「プロゴルファー織部金次郎」の作品で知られ、
あの「おそ松くん」のイヤミと、そのギャグ「シェー」の
真の生みの親といえる高井研一郎先生の訃報を知り、
また昭和が遠ざかって行くという寂しい思いにかられました。

高井先生は石ノ森章太郎先生主催の東日本漫画研究会の会員で
その縁からトキワ荘に入居する予定でしたが、
編集者・丸山昭氏の斡旋により水野英子先生が
高井先生の入るはずだった部屋に一足先に入居したために、
トキワ荘に入りそびれたというエピソードがあります。

そうした事で森下文化センターのトキワ荘講座で講演もされた事があり、
私はそこで一度のみ高井先生をお見かけした事がありました。

高井先生のご冥福をお祈りいたします。

それにしても今年は著名な漫画家の先生が相次いで亡くなるといった
嫌な当たり年だと哀しく感じております。

それで今年亡くなられた著名な漫画家の先生の
お名前と命日と没年齢を表にしてみますと…

神江 里美  2月14日 (64)
ちば 拓   2月27日 (56)
小山田 いく 3月4日 (59)
聖 日出夫  3月10日 (69)
望月 三起也 4月3日 (77)
吉野 朔実  4月20日 (57)
巴 里夫   7月1日 (83)
三好 銀   8月31日 (61)
たかや 健二 10月2日 (61)
小路 啓之  10月20日 (46)
高井 研一郎 11月14日 (79)

(敬称略)

と、こうしてみたら手塚先生の亡くなられた年齢である
60歳前後の先生が多く、
「漫画家60歳(60代)寿命説」のジンクスが頭をよぎります。

漫画家ではありませんが、漫画と親和性の高い
アニメで活躍された声優さんも
大平透氏や肝付兼太氏といった80代の大御所の方が
亡くなられたりと、本当に昭和が遠く感じますね。

今年もあと一ヶ月と少し。
願わくばその間だけでも新たな訃報が
流れませんように。
合掌。


yota874harahara at 01:57コメント(4)トラックバック(0)漫画家に関する話 

2016年10月22日

真亜ちゃんは今日も家にいたい

10月20日はプロ野球ドラフト会議でしたが、
その日はトキワ荘通り・紫雲荘のドラフト一位といえる
才能あふるるルーキー梶川岳『先生』が
「コミックぜにょん」にて連載している
「真亜ちゃんは今日も家にいたい」の単行本発売日でした!

ヒキコモリ気質の真亜ちゃんが彼氏の双くんに
いやいやながらも外につれ回されるコメディ作品で、
その新人らしからぬ取材力と描写力には脱帽です。

今なら大きな書店では新刊なので平積みされてると思いますので
もし見かけたら手に取って、是非ともご購入よろしくお願いします^^

真亜ちゃんみたいに外出がお好きでない方は
こちらアマゾンでご購入くださいませ!




yota874harahara at 21:04コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月19日

「熊本応援画」続報

巨匠・大御所・著名な漫画家がたくさん参加されて、
不肖この私も参加させていただくコトとなった
熊本応援画の続報です。

「頑張れ!熊本応援企画展〜川崎のぼると有志一同」として
10月22日(土)より、
熊本県湯前町「湯前まんが美術館」
http://yunomae-manga.com
熊本県高森町「高森町湧水館」
http://kumanago.jp/event/?mode=detail&id=430000001216
の二カ所でにおいて、
1月末日まで展示される事が決定しました!

有志の描いた応援画を半分にわけて、
期間により展示を交替させるとの事です。

同時開催で、くまモンがんばれ絵展、
ONE PIECEラッピング電車運行&スタンプラリーも
あるとの事です。

オープニングイベント的なモノはあるのかないのか…
ちょっとわかりませんが、
企画の主催のおひとり南波健二先生は
21日から現地熊本入りするとの事。

んで…
私はというと
さすがに熊本までは遠くて行けません

会場のある湯前町と高森町の両町とも
熊本市街地から離れており、
交通の便もよくないので、
遠くから見に来られる方は大変そうです。

熊本在住の方や、縁や用事がある方は
ぜひ、展示会にいらして下さいませm(_ _)m

yota874harahara at 02:52コメント(0)トラックバック(0)自作の漫画話 

2016年10月16日

ベイスターズ初CS観戦

東京ドーム私はプロ野球パロ4コマを描いてますので、
一応12球団平等にネタにする事を心がけてはいるつもりですが…
大洋時代からのベイスターズファンでありまして、
今年2016年になり、勝率5割以下というのは少々気になるものの
初めてのクライマックスシリーズに進出できた事を喜ばしく思っています。

と、いう事で10/9と10日は敵地東京ドームまで乗り込んで
ベイスターズを応援してきました^^
これも、両日のチケットをとっていただいた
ベイファンの漫画家・ねもと章子先生のご厚意によるものです。
ねもと先生、改めてありがとうございました!

9日は、ねもと先生と同じくベイファンのはやせ淳先生と観戦しました。
1点差で惜敗しファーストシリーズ突破は残念ながらなりませんでしたが、
翌日のチケットが余っているから明日も観ない?という
ねもと先生のお言葉に甘えて、10日も。…私は漫画だけで食えないので
他に別の仕事もやってますが、その仕事の夜勤があるのにも関わらず
観戦を決意しましたw

まぁドームを6時に出れば仕事に間に合うから大丈夫だろう…
と、この時は思っていたんですけどね〜

10日は、ねもと先生と、同じくベイファンの漫画家・佐藤まり子先生と、
そして巨人ファンだけどレフト側横浜応援席で観戦するという苦行(?)を選択した
漫画家。湯沢としひと先生とご一緒に観戦しました。
最初は息づまるシーソーゲーム…と思いきや膠着状態の投手戦になり、
両軍死球もあったりと少々不穏なゲームで、延長戦までもつれこんで、
試合時間も長くなってしまいました。

11回の表で5時半はすぎ、試合終了まで観戦する事をあきらめた私は
泣く泣く帰り支度をしようとしました…
が、その11回表に先頭の倉本がヒットで出塁。
エリアンが送り、バッターは途中出場の嶺井。

その嶺井が初球を見逃さず見事なタイムリーヒット!!
長い均衡を破る、意外性の男の値千金の一打に湧くレフトスタンド!!
しかし、そこでタイムアウトの6時に(T T)
皆様においとましますと告げ、泣く泣くベイファンの歓喜に沸くドームを後にしました。
あ、もちろん得点を決めたときに大合唱する「熱き星たちよ」を歌ってからw

ベイスターズの勝利は移動の電車内でスマホの速報で知りました。
歓喜の声をあげるのはなんとかこらえましたが、
ガッツポーズはおさえられませんでしたw
仕事さえ無ければ、その瞬間を見届けて、あとは皆様と祝勝会できたのに…と
思うと少々残念ですが、とにかくファイナルステージに進出できて、
まだベイスターズの戦いをこの秋風ふく中で観れる事に幸せを感じましたね^^

で結果、広島とのファイナルステージは3勝1敗で敗れましたが、
第三戦で広島が黒田で閉めて日本シリーズへ!というシナリオは阻止し
なんとか一矢報いる事はできましたし、
昨日15日の第四戦は、先発・今永の乱調で6点のビハインドがありましたが、
7点を返す事はできましたし、結果8-7という
かのルーズヴェルト曰く、一番面白いスコアという
「ルーズヴェルトゲーム」にもつれこませましたし、
今年のベイスターズは本当に健闘しました!
秋になってもアツい戦いをみせてくれましたし、
骨折をおして強行出場した梶谷の男気にも(心配しつつも…)感動しましたし、
来季は大いに期待できます!

そして、広島カープ日本シリーズ出場おめでとうございます!
ここのところパ・リーグの日本一が続いてますので、
是非、日本一をめざしてがんばって欲しいですね^^


yota874harahara at 01:58コメント(0)トラックバック(0) 

2016年10月06日

「からだのひみつ」が話題に

よこたとくお先生の監修で「よこたタッチ」にて
私も作画参加させていただいた
「大人のひみつシリーズ からだのひみつ」
もう3年前の本なのですが、
その豪華執筆陣と作品内容のスゴさが
最近またツイッター等で話題になっているみたいですね^^

http://togetter.com/li/1027914

これはロングセラーの予感がしますね。
「孤独のグルメ」も口コミやネットで話題になり
ロングセラーになり、連載も復活したりドラマ化したり
大ヒット作品になったという前例がありますから、
なんだか期待しちゃいます。

執筆者のひとりである私がすすめると
ステルス(ダイレクト?)マーケットとなっちゃいますが…
そういうのを抜きにしても、この豪華執筆陣による、
大人にとって身につまされるw題材の作品集、
楽しく、興味深く読める本です!

話題に取り残されない今のうちに
よろしければ是非お買い求めくださいませ!




キンドル版も販売されてるみたいですね。





yota874harahara at 23:04コメント(0)トラックバック(0)自作の漫画話 

2016年09月23日

「熊本応援画」に参加

熊本の大地震から100日以上すぎましたが、
まだ震度3ほどの地震がおきたりしている状態の様で
被災地の皆様はなかなか心休まらないかと思います。

そんな自分が被災地のために何かできる事はないか?
と、考えていても行動にうつせないままでいたある日、
劇画の大御所、南波健二先生から連絡をいただきました。

「原田くんも熊本のチャリティ応援画を描いてくれないか?」と。

なんでも「巨人の星」「いなかっぺ大将」で超有名な大御所川崎のぼる先生と、
盟友である南波先生、そしてビッグ錠先生のお三方が発起人となって
漫画家にチャリティ熊本応援画を描いてもらい、熊本に送り、
展覧会等を企画するとの事。

川崎のぼる先生は熊本在住で、
今回被災はしませんでしたが、地震を体感し被災地を間近で見て、
漫画家として何かやれる事はないか?と考えたそうです。

賛同した先生方は、発起人の三名の先生のほかに、
山根青鬼先生、一峰大二先生、森田拳二先生、石川球太先生、
みなもと太郎先生、平松伸二先生、ゆでたまご嶋田先生、山田ゴロ先生、
政岡としや先生、甲良幹二朗先生、五十嵐幸吉先生…(順不同)
あと他にもたくさんの著名な先生方が応援画を描かれるのですが…

その中に…私が…まじって…いいのでしょ〜か…

いや、光栄にも先生から漫画家として認めていただいていますし、
「漫画家として出来る事」として応援画の企画には
こちらとしても大いに賛同するところであります!
…問題は画力のなさと、知名度の無さですがね

と、いう事で僭越ながら私も応援画を描かせていただきましたが、
どんなイラストかは展示会が開催されてからのお楽しみ…ってコトで
こちらにはまだはらないでおきます。(SNSではUPしてますが…)

そして、去る9/14には、その応援画に参加・賛同された方向けの
慰労会が新宿で開催されたので、私も参加して参りました^^

わかば会の夕べ南波先生・川崎先生・ビッグ先生この慰労会の名称にある「わかば会」とは、
今回の発起人である川崎のぼる先生、南波健二先生、ビッグ錠先生が
メンバーの漫画(劇画)家親睦会です。

先生方が若手時代に執筆していた貸本劇画の版元
わかば書房からその名はとられております。


画像二枚目左から、川崎のぼる先生、ビッグ錠先生、南波健二先生。

レジェンドの先生方はじめからわかっておりましたが、
この慰労会、大御所・巨匠の先生方も多く参加されてまして
とても緊張しました〜

写真は左から
元わかば書房編集者・松坂邦義氏、川崎のぼる先生、
さいとう・たかを先生、南波健二先生。

巨匠と肩を並べて…で、畏れ多いことに
不肖この私めも巨匠の先生方と「肩を並べて」
写真に収まらせていただきました!

川崎先生にさいとう先生という
漫画・劇画の歴史に残るレジェンドの先生と
一緒に写るコトも恐縮ですが、
なんと、この写真を撮影されたのは南波先生という
二重の恐縮…

南波先生が「写真とってあげるよ」と言って下さったので
お言葉に甘えさせていただきました。
南波先生本当にありがとうございました!

写真は撮れませんでしたが会場には
山根青鬼先生、一峰大二先生、とみ新蔵先生、平松伸二先生、
梶原一騎先生のご子息・高森城氏といった
ビッグな方々も参加されていました^^

この熊本応援画ですが、
10月には熊本県内にて展示会が催される予定だそうで、
詳細がわかり次第、おって当ブログでもお知らせします。



yota874harahara at 02:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月03日

帯状疱疹

8月後半ごろ左脇腹が妙に痛みだしまして、
それが筋肉痛なのか、内蔵が痛いのか、
自分でも判断しかねるので放置してたんですが、
そうしたら発疹しはじめ…それで医者にいったところ、
帯状疱疹と診断されました

まあ、そんな重症ではありませんでしたが、
何でもストレスや疲れが原因との事ですので
ここ一週間は休養をとっておりました。

在宅ワークである、漫画のほうに支障はないんですが…
唯一の連載である4コマも、
このペナントレースも後半にさしかかって盛り上がってる中、
義務的に週に1本ほどの更新という状態でいて
申し訳なく思ってます>_<

充分休養もとりましたし、
帯状疱疹のほうも、まだ完治とまではいってませんが、
もう痛みもほぼない状態へと回復しましたので、
これからもう少し頑張っていけたらな〜と思ってますです。ハイ。



yota874harahara at 21:14コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月07日

トキワ荘通りのお祭り2016

8/6恒例のトキワ荘通りの夏祭りが開催されましたので、
遊びに行って参りました!

今年はお手伝いはせず、完全にただの祭りの客と言う立場ですw

即席・松葉のラーメンとりあえず、今回のお祭りの目玉(?)商品。
限定発売された「松葉」のカップ麺を購入しました^^

イラストのタッチがどことなくA先生に似てなくもない…かな?
という微妙なラインがまたイイですねw

まだ食べてないので、松葉の味をどれほど再現しているのかは
わかりませんが、コレクターズアイテムとしては秀逸ですね。

松葉は営業してましたが、おまつりの夜店の焼きそばやら何やら食べてしまい
ラーメンが入りそうになかったので、
今回は残念ながら入店しませんでした。


残念と言えば今回は恒例だった紫雲荘の新人さんたちの
お絵描き教室的な出し物がなく、
みなさんに会えなかったのが一番残念でしたね><

けれど、イラストレーターの向さんや、造形作家の本間さんと一緒に
今後のトキワ荘の再建やトキワ荘通りの未来について、
おまつりのおわった後、チューダー飲みつつアツく語らせてもらったので
それは楽しかったですね♪

2016夢の虹こちらの画像は「夢の虹」
これで三年目となる、虹色の紙に願い事を七夕よろしく記入し、
通りに並べて「虹」をつくる企画です。

…あ、そういや今年は私、この「夢の虹」に願いを書くの
すっかり忘れていました



yota874harahara at 01:48コメント(2)トラックバック(0) 

2016年07月08日

トキワ荘復元

豊島区が2020年にトキワ荘の復元を正式発表したと
各所で報道されましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000086-asahi-soci

http://www.sankei.com/entertainments/news/160707/ent1607070013-n1.html

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyo23/news/20160708-OYTNT50002.html

数年前から豊島区高野区長は2020年までにトキワ荘を復元し
ミュージアムにするとの発言は何度かはしていましたが、
ついに「正式発表」と、いう事ですね!
そこまでの道のりも確か3年ほどはかかったと思います。

計画が具体化されたという事で、
これから復元に向けて本格的に動き出すのでしょうが
超えるべきハードルはたくさんあります。

まず復元されるトキワ荘が建つのは
記念碑のある花咲公園が私は「第一候補」と私は聞いてましたが
報道では花咲公園に決定というふうに書かれてますね。
そちらも場合によっては別の候補地に変更される可能性も
あるかもしれません。

別の候補地がどこかまで聞いてませんが
(聞いていても今発表できるワケはありませんがw)
跡地には日本加除出版の新館が建っているので
そちらはほぼありえない話ですね。

さて、私はトキワ荘通りの一ボランティアでしかないので
こちらの復元されるトキワ荘の計画に携わる事はありません。

そのかわりと言ってはなんですがトキワ荘の「謎」の部分、
「新漫画党」の事や坂本三郎先生の件、
「学童社」や「漫画少年」の事などを
トキワ荘が復元されるまでに皆様と協力し整理をして、
手つかずにされた研究面を微力ながらサポートしていければと
思っています。

復元される「トキワ荘」が
どのようなミュージアム(施設)になるか
今から楽しみにしています^^


yota874harahara at 19:42コメント(0)トラックバック(0)トキワ荘の話 
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ