2008年06月07日

原稿紛失

少年サンデーで連載され、アニメ化もされた大ヒット作「金色のガッシュ」
その作者の雷句誠氏が、そのサンデーの発行元の小学館を提訴したそうです。
理由は原稿の紛失。
カラー原画が行方不明とのコト。

雷句氏といえば、最近小学館との決別を宣言して話題になりましたが、
なぜ決別するのかの理由が今になってわかりましたね。

しかし、こういう原稿紛失ってのはわりとよくあるコトなんですよ。
漫画家の中でもけっこう気にしない人もいるとは思います。
けど、そういうのに甘えて原稿管理を出版社が怠るのはいただけません。
出版社が原稿を大事にしないってのは昔からの漫画界の悪習の一つでして、
過去にもこういったトラブルで訴訟沙汰ってのは何回もありました。

唐沢なをき氏や小池田マヤ氏とか・・・
確か他にも裁判の顛末を本にした漫画家の方もいたはずです。

こういうコトもあってか、だいぶ最近では原稿管理がしっかりしてきてるハズなんですが、
大企業の小学館で、有名なサンデーのしかもヒット作を産んだ作家の原稿を紛失なんて、
もう「ありえない」としか言いようがありません。

けど、私の経験上、サンデー自体がしっかりしてないとは思えないのですよ。
私がサンデーを後にする時、担当さんから今までの全部の原稿を返却して貰いましたから。

けれど、それってもしかしたら編集部で管理してるのではなく、
担当編集者の責任で管理していたのかもしれませんね。
だとすると、雷句氏の担当編集者の完全なる失策ですね。

で、小学館と決別宣言した雷句氏には各社のオファーが絶えないという話ですが、
うらやましい話ですねぇ。さすが売れっ子です。

私みたいに売れっ子でない身だと持ち込みしか活路がないですよ。
フリーエージェントと自由契約の差みたいなモノです。

それを思うと新人とかで力がないから原稿紛失されても泣き寝入り・・・
なんて人もたくさんいたでしょうね。

さて、これは渦中の人物、雷句誠氏のブログを読んだ後の追記です。

・・・いや、びっくりしました。
雷句氏は全て隠さず、洗いざらいこの件について書いています。
(そのコトは私のブログにはかきません)
今、そのブログの全文読み終えたばかりなんですが・・・
いやぁ・・・なんつーか・・・コレ・・・マジ?

要約すると、原稿紛失で提訴というのはただのキッカケであって、
本題はサンデー編集部&編集者に今までされた仕打ちに対し、訴える・・・
ってなカンジです。

私も小学館時代、色々担当編集者に対する不満や不信ありました。
けど、それは私が若造の新人でナメられてるだけと思いました。
しかし、雷句氏についた編集者(私とは面識ない方々です)に比べたら・・・
改めて思うと仕事熱心な人で、道理もわかる人だったんですねー・・・
いやはや・・・

当然、こういうトラブルの時はどちらか一方の意見だけで判断するのはよくありませんが、
雷句氏が嘘八百並べてる様にはとうてい見えません。
小学館及びサンデー編集部・・・ヤバイですよね。
伝統的な体質らしいですがね、作家や作品を大切にしないんですかね?
いや、もちろんマトモな編集者もいるのでしょうけど。

漫画文化の衰退は時代や漫画家だけの問題ではなく、
編集者の問題という側面もクローズアップされるべきです。


yota874harahara at 00:21コメント(0)トラックバック(0)「サンデー」の話  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ