2008年06月10日

サンデー騒動

いや、ビックリしました。
昨日この414件もこのブログにチェックが入っていました。
はじめての3ケタのチェック数です。

雷句誠氏がサンデーを訴えた事。
並びに編集部への実名批判。
その事に対し興味をもたれている方がそれだけたくさんいるのですね。

私もデビューはサンデーです。
そして増刊で一年間連載していました。
連載中、担当編集者とのやりとりで色々理不尽な事を言われたり、バカ扱いされて、かなり頭きた事もありますが、自分がまだ20半ばの若造のド新人だから仕方ないと我慢していました。
雷句氏のように、原稿をぞんざいに扱われたとか、罵倒されたという事もなかったので、
我慢できたのだと思います。

ただ、「天下の小学館にあんな漫画載せるのはおかしい」と、
現在は講談社に移籍したある漫画家の悪口を言った事は今でも強く記憶に残っています。

漫画家と編集者とのオフレコの世間話とはいえ、
私はその漫画家さんのファンですし、あまりいい思いしないどころか、
「好き嫌いで判断し、"天下の"などとエラそうに言う人だったのか・・・」
と、落胆し、怒りさえ覚えました。

それでも、まぁ冗談だったのかもしれないと思う様にしましたが、
雷句氏が暴露したサンデーの内情からすると、
やっぱ本気で言ってたのかなー・・・いや、わかんないですけど。

私の担当編集者だったその方は今回の雷句氏の話には一切でてきません。
それに、こんなふうに過去の話を蒸し返しといて今更フォローするのも何ですが、
デビューさせていただき、ギャグ漫画かいてるのに、シリアスな話も描かせてもらったり、
細かい企画の仕事まわしていただいたりと、
新人の私をキチンと育てようとしてくれていました。
最終的に私の実力が足りなかったので、私はサンデーを後にしました。
それには一切のトラブルはありません。

けど、トラブルでサンデーを後にした人の噂はたくさんききます。
今回雷句氏のこの暴露や提訴によって、他の漫画家もサンデーもしくは他の小学館の編集者にされた理不尽だと思う仕打ちをブログ等で発表する方が増えている様です。
そして、橋口たかし氏の様に編集部を擁護し、雷句氏を批判する漫画家の方もいます。
(橋口氏の名を騙るニセモノ説もありますが、真偽不明)
なんだか泥沼です。
サンデー創刊50周年でマガジンとコラボとかしてるメモリアルな年なのに、
こうした問題が露見するなんてねー・・・

雷句氏のいい分の中には多少子供じみたと思われる言動はありますが、
私は雷句氏を応援したいと思います。
よくぞ言ってくれた!!と思っています。
これがキッカケで、漫画家と編集者の関係が常識的にフィフティフィフティになってくれる事を願いたいと思います。







最後に、気になっている方がいると思うので追記で書いておきますが、
我が師、ながいけん氏が「神聖モテモテ王国」の連載を中断した理由は
師匠の体調不良と、ネタ切れの為であって、
師匠本人から「やめさせて欲しい」と要請した・・・
と、私は本人と編集者から聞いています。

ケンカ別れという噂があって、
そして今回の雷句氏の事件でその噂が再浮上していますが、
(タイミングピッタリに7巻も発売しましたしね・・・)
一切そういう事実はありません。



またまた追記。
ちょっと検索して調べてみたら、
はてなダイヤリーやその他のサイトで私のこのブログにリンクしてあるんですね。
「漫画家」の意見って事で紹介されてるんでしょうけど、
連載の無い身分じゃあ"元"漫画家って言ったほうが正しいかもしれんです。

あと、本日6月10日の午前三時の時点でアクセス200超えてんですね・・・
ちょっとコワイ・・・

yota874harahara at 01:24コメント(19)トラックバック(0)「サンデー」の話 | 漫画雑誌の話 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by OTB   2008年06月11日 06:23
>タイミングピッタリに7巻も発売しましたしね・・・

これ詳しく教えてください。
どこを探しても情報が見つからないんですよ。
2. Posted by OTB   2008年06月11日 06:48
すいませんがメールアドレスへのリンクを消してください。
本筋でないところに反応してすいません。
3. Posted by 原田 高夕己   2008年06月11日 09:14
>OTBさん。
モテモテ王国の7巻は「コミックパーク」という所でのオンデマンド出版で発売しています。

http://www.comicpark.net/

アマゾンや書店では販売せず、ここでの通信販売のみです。

7巻の価格は送料別で1050円と高めで、
その上あまり印刷の状態がよくないらしいですが、ヤンサンに掲載された分も完全収録しています。

4. Posted by OTB   2008年06月11日 21:33
ありがとうございます。
早速注文しました。

雷句さんの小学館提訴の件を追っていてモテモテ王国の情報にめぐり合うなんて、少し皮肉な気がしますが、素直に喜ぼうと思います。

また>>2でお願いした件にも対応していただき、重ねてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。
5. Posted by キムタクファン   2008年06月11日 21:41
うわあああああ!!
ありがとうございます!!
キムタクの7巻が発売されてたなんて、全然知りませんでした!
リンク先のぞいてみます。

出版業界って、契約のことにしろ外から見るとかなり浮世離れしてる部分があると思うので、
作家さんも出版社も、お互いにもう少しビジネスとしてお付き合いした方が、
今の時代にはいいのかな、と思います。
これまでのやり方も、それはそれでいいところもあるとは思いますが。。。
6. Posted by 原田 高夕己   2008年06月12日 01:02
>OTBさん
ご注文ありがとうございます。
師匠にかわってお礼申し上げます。

>キムタクファンさん
漫画界はいい意味でも悪い意味でも昔からの慣習が残っていて、今回は悪い面ばかりが目立ってしまったのでしょうね。

7. Posted by 饅頭が怖い   2008年06月12日 17:49
なんか話を聴いていると漫画家が編集者をネタにしているコミックガムっていったい…。
8. Posted by    2008年06月12日 17:57
編集擁護したのは橋口氏はでないのが確定してますよ。

http://blog.livedoor.jp/mittinngoo/

橋口氏「あれ書いたのは私ではありません」

既に削除された擁護文の内容は、自分を擁護してる一人称形式の部分もあり、書いたのはあの編集者でほぼ確定でしょうねw
9. Posted by 原田 高夕己   2008年06月13日 08:44
>饅頭が怖いさん

編集者をネタにできるってコトは、それだけ良好な関係なのだと思いますよ。
そういうのうらやましいです。

>「名無し」さん
やはり偽物でしたか・・・
内情にやたら詳しいかんじなので、
正体は編集じゃないにしても関係者でしょうね。
10. Posted by     2008年06月13日 10:56
>2008年06月12日 17:57さん
そのmittingooなる人物を橋口氏本人だと思ってるんですか?
あと、そのmittingoo自称橋口は文中で一度も「橋口たかし」とは名乗っていませんし
プロフィールも白紙です

あと雷句氏の11日分のブログで
「擁護文は橋口氏本人が書いたものと確認された」
との編集部発のFAXが来たとか…
しかし根拠がないようですので雷句氏も信憑性に欠けるとおっしゃってましたが。
11. Posted by チャンピオン派   2008年06月13日 20:43
>我が師、ながいけん氏が「神聖モテモテ王国」の連載を中断した理由は
>師匠の体調不良と、ネタ切れの為であって、
>師匠本人から「やめさせて欲しい」と要請した・・・
>と、私は本人と編集者から聞いています。


原田氏と編集の信頼関係がわかりませんが結局伝聞ですよね。
ここまで問題が大きくなってる今、書かれるならながい氏にちゃんと聞いてからの方がよかったのでは。
この問題に興味を持ってる多くの人はサンデー編集者=冠茂氏と
思ってますよ。
12. Posted by @   2008年06月13日 23:04
4 立場を鮮明に打ち出した事は評価します。
ただ、編集と漫画家さんは、フィフティフィフティというビジネスライクな関係よりも、お互いを尊敬出来る人情味のあるモノを望みたいです。
綺麗事かもしれませんが。
13. Posted by 原田 高夕己   2008年06月13日 23:15
>「名無し」さん

何度も現れては消える自称橋口氏のブログの中で比較的マトモだったので本人とおもってしまったのですが・・・
違うのか。本当の橋口氏は結局静観なのでしょうね。

>チャンピオン派さん
「大事なおしらせ」で書いた様に、師匠本人には全て報告しました。
モテ王連載中断後も何回か会って、その度に編集の話をしても、師匠本人はケンカ等のトラブルは無いと否定しています。

師匠の担当は冠氏では無い事は、確かにもっとわかりやすく明記したほうがいいですね。

>@さん
確かに綺麗事なのかもしれません。
けど、綺麗事を肯定するのストーリーの漫画はたくさんあります。
現実はそうはいかなくても、多少キモに銘じておいてほしいと思うのですが、難しいでしょうね。
14. Posted by お茶菓子   2008年06月14日 08:10
いや…。ガムの場合は女性編集者のパチスロ好きや編集長をギャグにしたものとか、そのパチスロ好きの女性編集者をネタにした「やりたいほうだい ふじえもん」という某ネコ型ロボットのパロティなのですが…。 おまけに漫画家さんは他誌に描いても文句言われないし…。すごくないんだか…。すごいんだか…。
15. Posted by チャンピオン派   2008年06月14日 11:03
ありがとうございます。
よくわかりました。
16. Posted by 原田 高夕己   2008年06月15日 00:35
>お茶菓子さん
ガムの存在は知ってるのですが、読んだ事はないんですよ。
それでもなんか楽しそうだなぁ・・・

>チャンピオン派さん
こちらこそ、ご指摘がなければ、まるで師匠の担当が冠氏であるかのように誤解させたままになっていました。
ありがとうございます。
17. Posted by お茶菓子   2008年06月18日 15:02
さよなら絶望先生でサンデー騒動をネタにしていましたが…。
18. Posted by 原田 高夕己   2008年06月19日 00:41
>お茶菓子さん
確認しております。
さすが久米田先生。期待を裏切らない。
あの方はギャグ漫画家の誇りですよ。

・・・で、なぜ私にその話を振るのでしょうか?
サッパリ理由がわからないですなぁ。
ハハハハハハハハハ・・・・・・・
19. Posted by eew   2008年06月25日 21:02
ぼぼぼー

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ