2008年07月03日

「新潮」の記事

少々遅れた感ありますが、週刊新潮の雷句氏を変人扱いする記事と、
それに反論する雷句氏のブログについて、私が思った事を書いてみます。

一言で言うならあの記事は新潮らしい記事だなーって所です。
この事件について触れたのはは文春が先でしたから、
文春と違った切り口で責めたと言う事なんじゃないでしょうかね?

しかし、記事の結びに注目です。
「原稿紛失は悪い」と新潮ですら言っている点です。
(ですらは言い過ぎかな?)
そればかりは擁護しようのない、
出版界のルールとしてありえない事だと新潮も認めていると言っていいでしょう。

あと、雷句氏本人もブログにて面白可笑しく変人扱いした記事に反論はしつつも、
机や壁に八つ当たりする事はあると、その点は事実と認めています。

ソレは陳述書でも私が気になった点ですが、
漫画家が商売道具である利き手を八つ当たりが原因で骨折したりとか、
ちょっと軽率な行動だなーとは思います。
きっとそこまでストレスがたまっていたのが理由でしょうけど、

それに、仕事中に先生が壁や机に八つ当たりする姿みたら、
アシは完全に萎縮してしまうでしょう。
ましてや入ったばかりで右も左もわからないアシなんていったら、
恐怖すら感じてしまうと思われます。

私は雷句氏の下でアシやっていたというワケではありませんから、
何とも言えない部分はあります。
けど、ヘルプを含め私は過去六人(全員サンデー系)の作家のアシに入った事がありますが、
その中で八つ当たりで机や壁を叩く人は一人も居ませんでした。

けれど、それでも私は雷句氏がアシの事を考えない人とは思えません。
雷句氏のインタビューで触れられていましたが、
自分も含めたスタッフ全員の椅子が、
身体に負担をかけない高価なモノを使用しているという所です。
結構「先生」だけがいい机や椅子使って、
アシは安くて小さくても机ならマシで、中にはコタツ使用だなんて事もありますから。
(もっともそれは忙しかったり金の余裕なくて臨時アシの机が急に用意できないといった、仕方ない部分がありますけどね)


とにかく、雷句氏を陰ながら応援するという私の気持ちは別にかわりません。

私は元々雷句氏を過剰に持ち上げるつもりはなかったんですが、
過去、雑誌の柱といえるヒット作に恵まれた漫画家が出版社を訴える事がなかったので、
この事件に注目し、その上で自分のサンデー時代の恨みつらみを重ねてしまってたので、
原田は「雷句誠マンセー!!」だって思われてるフシがありそうですけどね・・・

最近の私のブログは騒動以来この事件関連の記事ばっかで、
他のコト書こうにもネタがなかったんですが・・・
次回からはアシスタント時代の思い出話でも書く事にして、
雷句氏の話題から少し離れようと思います。

あ、けど師匠ながいけん閣下の事は詳しくは書きません。
余計な事書いて、また本人に迷惑かけるワケにはいきませんから。
モテモテ王国及び閣下ファンの方は過度の期待はされても困りますのであしからず・・・



yota874harahara at 01:23コメント(5)トラックバック(0)「サンデー」の話  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 赤ダルマ親方   2008年07月03日 10:13
こんにちはw

この週刊誌は私は読んでないので、何も言えないのですが、
よほど追いつめられてたんでしょうね?
衝動殺人もこれをちょっと越えた紙一重のような気がします。
殺人する時がまともな神経のはず無いですから。

話は変わりますが、実は友達の友達というヤツにww
少年サンデーで連載を持っていた人気?作家さんがいます。
これは友人から聞いたのですが、告訴される
少し前の話です、
ある日新連載の話がしたいとのことで銀座に呼び出され、
飯を食ったのだが、前担当の他に3人もいて
結局連載の話になんてなってないと。
要は銀座で飯を食いたくて、会社の金で食う為の
ダシにされた、時間の無駄だったとw

この一連の問題点の一端を知った気がしますww
2. Posted by     2008年07月03日 14:12
原田先生、気を付けて下さいね。
2ちゃんねるを中心に雷句先生を批判する=悪って図式になりがちですから、ちょっとした文章から目をつけられて炎上する可能性もあります。
3. Posted by 原田 高夕己   2008年07月04日 08:52
>赤ダルマ親方さん。
私の場合、増刊だからなのか、単に担当がケチだからなのかはわからないですが、サンデー時代に担当者からはコーヒーの一杯すらもおごってもらった事ないんですよ。
だから、銀座でメシおごってくれるなんて、うらやましいとか思ったりしちゃいますね。

と、言っても連載もらえると期待させといて、ぬか喜びさせるなんて、いただけないですが。

>「名無し」さん。
そうですね。ネットは怖いですからね。
本当に気をつけねばなりません。
そんな魑魅魍魎の跋扈する世界で、ペンネームとはいえ、ほぼ本名に近い形で発言してる私はなんて無謀なんでしょうか・・・
4. Posted by ブーン   2008年07月07日 01:59
>2
いくら何でもそりゃ極論過ぎるだろ
そういう悪意が篭った文章を書くから
炎上するんじゃね?
5. Posted by 原田 高夕己   2008年07月07日 09:58
>ブーンさん。
うーん・・私は2の名無しさんは悪意をこめたのでなく、私に忠告してくれたと解釈したのですが・・・

実際雷句氏の批判して炎上した人がいるのかは私は未確認です。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
最新コメント
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ