二塁手  高橋洋 ブログ

 「ゆとりですがなにか」というドラマで僕は、主人公・坂間正和(岡田将生)の兄・宗貴を演じさせていただいた。三兄妹の末っ子ゆとり(島崎遥香)、母親の和代(中田喜子)、宗貴の嫁・みどり(青木さやか)という家族である。僕にとってはみな初対面で、喜子さんとさやかさんは衣装合わせでチラッとご挨拶した程度、マサキとはるかちゃんは顔合わせで堅苦しく挨拶しただけでもう次はクランクインの日。「坂間家・表」車に乗り込む兄妹と彼らを見送る兄嫁のシーン。日常の何気ない描写って意外にむずかしいですよね。ろくに会話したこともない他人同士が何年も生活をともにしてきた家族をいきなり演じるなんて、いつも思うことですが僕ら俳優はヘンなことしてるよなあと。テイクを重ねて水田監督の「家族に見えるなあ」という笑顔で、坂間家はスタートしました。数か月のちには「はい解散!」と跡形なく消えていくこの疑似ファミリーは、そのときさびしくて別れがたくなればグッジョブでしょうか。オールアップの日マサキはその数カット前からうるうるし始め「あ…目にゴミが…すみません」と泣かせる言い訳していたようだし、さやかさんは普通にぽろぽろ泣いてたから「ありがとうー」って言ったら余計に涙してたし、さまざまプライベートについてよく話し込んでいた喜子さんとはるかちゃんの二人はもう本当の親子のようで長男としては微笑ましい限りです。



とても好きなシーンがあります。第七話のシーン37「坂間家・居間」、正和の恋人・茜(安藤サクラ)が実家から父・重蔵(辻萬長)を連れて坂間家に挨拶にくる場面。恋人と言ってもじつは既に破局しているのだが、それを知らない父は結納の品を手に正和の気持ちを問いただす。8ページほどのこの長いシーンは、マサキとサクラさんの演技が僕の予想よりはるかに熱く、テストから思わずこちらも込み上げてしまった。ただ僕の斜め前で正座したさやかさんの位置がちょうど敷居の上で、丸々長回しする時間に足が耐えられずバレないようちょびっとずつ正座の位置をずらそうとしているのが目に入った僕は可笑しくて何度も吹きそうになった。このシーンの本番テイク、今回で一番緊張しました。なんせもっとも空気が張り詰めた恋人の山場を、時々台詞のある自分が絶対に間違えてはいけないというプレッシャーと、テストのさやかさんの正座ごにょごにょの残像から絶対に笑ってはいけないという、そのギャップがたまらなく文字通り手に汗でしたが、俳優ってほんとすごいんだなあ…本番の芝居はテストよりはるかにいいんですよね。誰もミスすることなく一発でOK。カメラポジション変更のため俳優がいったん現場を離れると、みなしばらく無言で息を吐いた。僕が「あー緊張したー」と言うと、隣に座ったさやかさんがポツリと「芝居って、いいですね」としみじみ。そう、そういうことですよね。だから芝居っておもしろいです。



思えばクランクインの日まだ二月の酒蔵は芯から底冷えしたが、風で舞う桜が画面に映り込まないよう懸命にスタッフが防いだ時期を経て、最後に訪れたときはみな半袖半パンでした。この作品に関わるすべてのスタッフ・キャストの皆さま、ありがとうございました。そしてドラマをご覧いただいた皆さま、ありがとうございます。ゆとり世代もそうでない我々も、一緒にまた仕事がんばっていきましょう。




日テレドラマ『ゆとりですがなにか』
http://www.ntv.co.jp/yutori/


 


 

 「親は、なんて言ってるのか?」、と蜷川幸雄さんは最初に聞いた。「親のことは大丈夫です」、と初対面の自分は答えた。ニナガワカンパニーのオーディションを受けた僕は、彼に拾われ俳優になった。そこから10年ほどの時間をともに過ごす。「こいつは危なそうだ、だからとるのを迷った」 後にそう教えてくれた。師であり、親である。

さいごにお会いしたとき演出家は、車いすに乗って劇場ロビーを移動していた。鼻には管がついていた。僕の着ている服を見て、「若いなあ~」と笑ったが、笑みにはならなかった。「たまには顔出せよ」 観劇後、楽屋でそう言って手を上げた。はい、と答えて別れた。

演出家・蜷川幸雄のことを、僕はこの場できちんと書いたことがない。多くの愛情と、おそらくそれと同じくらいの憎悪がつねにひとつだった。たがいに。そういった特別なつながりを、ことばにすることはできない。僕は俳優としてこれからも演技をつづける。演技のなかに、遺されているものがあるのだと思う。


蜷川幸雄さん、ありがとうございました。心から感謝しています。

 

 秋に、舞台をやらせていただくことになりました。演目は『クレシダ』、作・ニコラスライト、演出・森新太郎さん、主演・平幹二郎さんです。「クレシダ」と聞いて「トロイラスとクレシダ」?って思う人はいるかもしれませんが、というかそんなマニアックな反応をされる方はごくごく少数だと思いますが、はいそうです、そのシェークスピア作『トロイラスとクレシダ』のクレシダです。けれどこのお芝居は『トロイラスとクレシダ』の上演ではなく、『トロイラスとクレシダ』を上演しようとしている少年俳優たちとそのお師匠さんの物語です。少年?…って思われた方は、素直なリアクションですね、はいそうですキャストに少年俳優はいらっしゃらないかもしれませんが、そこは演劇です。とにかくちょっとややこしい設定かもしれませんが、戯曲の冒頭に「場所・ロンドン、時・大まかに言って1630年代頃」と記されている芝居。激動の21世紀に生きている我々日本人が、徳川家光が治めていたころの英国人を演じるわけで、こういうのってやっぱり演劇だなあと思います。

 

平幹二郎さんは、現在82歳だそうです。さいごにお会いしたのが舞台『リア王』だったから八年前くらいでしょうか。そのときも年齢を感じさせない超人的エネルギーと体力におどろかされましたが、今回ポスター撮影のさいにちらとお会いしたらもうほんとお変わりなくて…すっくと幹のごとく立たれた平さんの空気にうわああ超人だなあとあらためて敬礼です。そういえば以前、舞台で演じる体力を維持するために僕は車を使わず電車で劇場に通っているんだよとお聞きしたことがありました。いまでも電車通勤されているのでしょうか。劇場からの帰りになんどかお見かけした平さんはたしかに電車内で仁王立ちされていて、たったいまタイトルロールを演じたばかりの俳優からみなぎるエネルギーがダダ漏れで、なおかつそのスタイルが黒ブーツに黒革パン黒革ジャン黒サングラスに黒帽子なものだから、もう神々しいくらい目立って目立って…僕などは冷や冷やしながら。そんな平さんとまたこうしてご一緒させてもらえるとは。精一杯ぶつからせていただこうと楽しみにしています。よろしくお願いします。

 

森新太郎さんのお名前はここ数年なんども耳にしていて、その演出がすばらしいという評判はさまざまなところで直接または間接的にうかがっていました。実際に舞台に出演された俳優さんから話を聞くと、みなそろって彼のことを「いいよ~」と言うので、どういう演出家さんなのだろうと興味をもったのが最初です。僕もいつかぜひご一緒させていただきたいと思っていたけれど、こんなに早く実現するとは。この仕事が決まったあと、森さんの演出作品を観劇しご挨拶したのが、初対面です。事前に木こりみたいな風貌のひとだと聞いていたので、楽屋ですぐに見つけることができました。どこを切り取っても木こりなのです。木を切っては山から下りてきて演出してまた山に帰っていく…みたいな風貌と空気。一見木製にみえるこの頭のなかはきっと演劇細胞がはげしくスパークしているのでしょう。納得いかないところがあれば千秋楽まで本番前に稽古するという噂にたがわぬまっすぐな目を見て、よしおれも頑張ろうと覚悟が定まりました。よろしくお願いします。




舞台『クレシダ』
http://www.stagegate.jp/stagegate/performance/2016/cressida/index.html

このページのトップヘ