2006年12月

2006年12月31日

大晦日

c479bd8c.jpg 今年も終わり。大掃除は何とか済ませ、あとは除夜の鐘を待つばかりとなった。
 今年はよくテニスをした。バンドもやった。もちろん仕事も。来年はまた出張が多くなる。マイペースで行こう。


yotang2000 at 20:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月30日

打ち納め

2cdbebc4.jpg 昨日はかなり頑張ったので、今日は少しだけ余裕ができ、誘われていた打ち納めに行くことができた。暮れの忙しい時に、コートに来た者15名。自分が帰るときも、まだバーベキューで盛り上がっていた。

 ミドリ楽器のカレンダー、HAMAちゃんが持って来てくれた。まっちょさん、ありがとうございました。


yotang2000 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) テニス 

2006年12月29日

ピッタシ

8e6f229b.jpg 早起きして年賀状を仕上げ、何とか午前中に郵便局まで持って行った。これでかなりの部分は元日に届くだろう。
 午後からは床磨きと電灯の傘掃除。ガラス用のワイパーを買いに自転車でコーナンに行った。他にもビニール手袋とか毛糸の帽子とか買って、レジに並んだ。年末のコーナンはいつも混んでいて、レジでかなり待たされる。今日も2〜3人前のおじさんがオツリでモタモタして、ちょっとイライラしていた。
 さて自分の番が来てレジを打ってもらったら、レジのおばちゃんが大きな声を出した。「ま〜ぁ!ピッタシ1000円!」
 数点の買い物で消費税込みのピッタシ1000円は、確かに珍しいかも知れない。「なんかお祝いもらわなあかんね」と言うと、「おめでとうございます!拍手くらいしかあげられませんけど。」と言って、包む係の人と二人で拍手してくれた。お金を受け取りながら、「なにかいいことあるかも知れませんね!」とも言ってくれた。周りのみんな、気持ちが和んだ。大阪のおばちゃんを見直した。ちょっとほのぼの、嬉しい出来事だった。


yotang2000 at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月28日

仕事納め

 本日は終業式、今年ももう終わり。ついでに「勤続○十年」だかの表彰を受けることになっている。1年は早い。その繰り返しの○十年も早い。
 歳をとるにつれ、時間の経つのが早くなるが、誰かが、「もう少したてば、またゆっくりになるよ」と言っていた。本当だろうか?
 最近は、仕事納めや仕事初めの日に休む若い人が多い。特に今度の5日は、その日さえ休めばまた次の3連休につながるので半分くらいの人が休むのではないか?雰囲気的にも「職場で一体的に仕事初めをする」みたいな感覚は薄れている。考えて見れば、終業式や始業式であまり仕事が出来ないのだから、どうせ休むのなら少しでも仕事の進みに影響しにくい日に休むというのは、極めて合理的なのだろう。

「今夜から雪」の予報だが、今度は積もるのだろうか?


yotang2000 at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月27日

二次会

fd1440ef.jpg 昨夜は彦根で二次会まで行った。二次会で盛り上がると大阪まで帰れなくなることが多い。ずっと前なら無理矢理独身寮の誰かの部屋にもぐりこんだりしていたが、今は立場上それもまずい。いつもの3曲(「遠すぎる日々」「サボテンの花」「安奈」)だけ歌って途中で帰って来た。それでも知らないうちにずいぶん飲んでいたらしく、帰りの電車がキツかった。
 飲屋(っていうかカラオケバー?クラブ?スナック?死語?)の女の子が自分の娘より年下と言うのはちょっとショックだった。

写真は夜更けの彦根駅、暖かいのが救い。


yotang2000 at 07:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月26日

本日新幹線

fbab4652.jpg 早く行かなければならない日に寝坊した。目が覚めたら7時、子供たちはバイトに出かけ、もう誰もいなかった。
 いつもの新快速だとちとまずいので、京都から新幹線。950円の余分な出費である。やっぱり新幹線は楽。イスも柔らかで座りやすい。が、時間が短すぎて寝られない。ブログもあまり長くは書けない。ということで今日はここまで。

もう米原に着く。伊吹山にはまだ雪はない。


yotang2000 at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月25日

網戸のイブ

 網戸洗いは本当に重労働である。20枚以上の網戸を外して洗剤で洗い、水洗いしてから乾かし、また元に戻す、考えただけで逃げ出したくなるくらい面倒だ。いつも年末押し詰まってからやらされているが、昨日は天気が比較的良く風も無かったので頑張ってやってしまった。
 田舎の実家にはいまだに昔ながらの造りで網戸なんて無く、夏などは障子を開けておくと虫の入り放題、蚊取線香をつけっぱなして寝たりする。学生時代過ごした寮にも網戸はなく、キンチョールか何かのスプレー罐が無償支給されていた。(まるで戦後すぐの話みたい…)
 都会生活が長くなり、だんだんと虫に弱くなったというか、気になるようになって来た。これは果たして進歩なのか、それとも退歩だろうか?
 いつもこの網戸洗いが原因で年末年始に風邪をひいていたが、今年は大丈夫そうである。昨日のイブは久々にカミさんと外食したので、やっぱり年賀状は出来なかった…。


yotang2000 at 08:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月24日

年賀状

5099eb53.jpg 去年は日本全国で年賀状が4億枚売れ残ったそうである。4億枚ということは200億円、郵政省も赤字になるわけだ。
 年賀の挨拶をメールで済ませる企業や個人が増えているからだろうと書いてあった。確かに、メールなら限り無くタダに近いコストで発信できるのに対して、手間暇かけて1枚50円は高い。もっとも、最近はパソコンの年賀状印刷ソフトとプリンタで、それほど手間もかけてはいない。尚更紙の媒体で送る意義が薄れてくる。

と言いながらも、なかなかやめられないのが現実。今年は250枚買ったが、足りるかどうか…


yotang2000 at 12:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月23日

3D

4ac0f3a6.jpg カミさんがやってる「シャドウボックス」(シャドウボクシングではない)っていう3D切り絵アートの展示会を見にいった。何枚もの絵や写真を切り抜いて重ね、立体的に仕上げるものである。あまり器用な方ではないはずなのに、これはもうずいぶん長いこと続けていて、そこそこの物を作っている。大きくて複雑なものになると1年くらいかかるらしい。

場所は西武高槻6F多目的ホール、明日まで。(一応宣伝しておこう…)


yotang2000 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月22日

遅れすぎ…

 今日もいつもの新快速が遅れた。原因はいつも同じ、「前を走る寝台特急の遅れ」である。九州から夜通し走って来るのだから、寝台特急の遅れはしょうがないかも知れない。その遅れに新快速が影響を受けることと、ここ何年か、たぶん数十回にわたって同じことを繰り返していることが納得いかない。再発防止しろよ、この国鉄!
 今日は朝礼だったので、京都から新幹線はどうかと思って、遅れていない各駅停車に乗ってみたが、新幹線には僅か1分差で間に合わず、結局、京都から元の遅れた新快速に乗ることになった。当然満員で草津まで座れず新聞も読めない。トホホ…
今日の朝礼はパス!


yotang2000 at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月21日

伊吹山

a63a9794.jpg 昨日は伊吹山の麓まで行く機会があったので、写真を撮った。ごらんの通り雪の気配も無い。聞くと今年はこれまでに2回は降ったらしいが、まだ積もるまでには至っていない。「3度目の雪が積もる雪」と昔から言うそうで、「次に降れば積もる」と地元野一色の人は言っていた。でも、今日はまだポカポカと暖かかで、ホワイトクリスマスは望めそうにない。
 そうそう、クリスマスはもうすぐ。たまには家族へのプレゼントも買わなくっちゃいけないかなあ?


yotang2000 at 00:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 日常 

2006年12月20日

直った!

ssw2 先日書いたSingerSongWriterの文字化け、Xp対応の新バージョンに買い替えるしかないかと思っていたら、簡単に直ってしまった。同じ症状の人が必ずいるはずだと思ってネットで調べたら、どこかの掲示板で「再インストールしたら直った」という書き込みを見つけた。それでSingerSongWriterだけ一度削除して入れ直したら、何事も無かったように楽譜が復活した。

 新しいバージョンを買っても1万円弱だが、旧バージョンで何も問題は無く、そんなに「新しくて便利な機能」はいらないし(っていうか操作を覚えるのが手間、っていうか覚えられないし…)、修復出来て良かった。

 とは言え、ここしばらく打ち込みは全然やっていなくて、このソフトもベースパートの確認に使っているだけ。また古い曲のリメイクでも始めて見ようかなあ。



yotang2000 at 00:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バンド | 趣味

2006年12月19日

暖冬

 寒くなるという予報だったが、そんなに気温は下がらない。スキー場にはまだほとんど雪が無く(昨夜は少し降ったところもあるようだが)、年末年始の営業も危ぶまれているらしい。去年の今ごろは全身真っ白だった伊吹山もまだ黒々としており、白くなっているのは遠く琵琶湖を隔てた比良山系の頂だけ。こんな日が続くと、「地球温暖化」がそこまで来ているような気もするが、本当のところはよくわからない。
 最近少々落ち込み気味なのは仕事の具合がイマイチだからか、週末のテニスが出来なくて運動不足でストレスが溜まっているのか、それとも単に年賀状を作るのが面倒でそれが気にかかっているだけなのか?
 なんにも考えずに冬休みとお正月を待っていた子供の頃が懐かしい。

 伊吹山の写真を撮りそこねてしまった。また後日。


yotang2000 at 08:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年12月18日

文字化け

ssw1 パソコンを変えたら、音楽関係でいちばんよく使っていたソフト「SingerSongWriter」がトラブってしまった。音の再生は問題ないが、本来なら楽譜が表示されなければならないウィンドゥが添付画像のように文字?化けして、オタマジャクシの代わりにフロッピーの絵みたいなのが延々と出る。

 自分の場合、鍵盤入力より音符をマウスで置いていく入力方式がほとんどなのに、これでは全く音の入力は不可能。ネットで調べてみたら、たしかにSSWのこのバージョンは、WinXpには対応していないらしい。せっかく使い慣れたソフト、新しいバージョンを買うのももったいないし、どうすべきか?しばらく悩んでみよう。



yotang2000 at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) バンド | 趣味

2006年12月17日

ハードディスク

01ea2b22.jpg 古いパソコンからのデータ移動が全く進まず、このままでは永遠に乗換えが出来ない気がして来たので、パソコン工房に行ってこれを買ってきた。ハードディスクをUSBで繋ぐ装置である。1880円。 古い方のパソコンを分解してハードディスクを取り外し、これに繋げばUSBの外部記憶装置になる。こうしておけば、移し忘れたデータもいつでも取り出せる。 がしかし、これによって、せっかくのデータ整理の機会も永遠に失われた気がする。まあいいか… 

 古いパソコンはパーツまでバラバラにして不燃ゴミに出そうかと思ったが、正規の処分ルートを通さないと罰則がある、という話もあり、もう少しちゃんと調べてみよう。



yotang2000 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) パソコン 

2006年12月16日

忘年会

abfea9f3.jpg 一昨日は忘年会からの流れで、長浜は湖岸の北琵琶湖ホテルに泊まった。普通に泊まればかなり高いのだろうと思うが、忘年会とセットなら広い部屋と朝食付きで3千円、安い。展望風呂っていうのがあって、夜遅く雨に打たれながら露天風呂に入った。
 朝、窓からは写真のようなマリーナが見えて、なかなかの景色である。子供の頃から見続けてきた太平洋と比べれば、どうしても「湖」という先入観があるせいか、いつも何となく閉塞感みたいなものを感じてしまうのであるが、こうして見ると琵琶湖もいい。
 このホテル、お薦めリストに入れておこう。


yotang2000 at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日常 

2006年12月15日

映画

 新聞に、「″顔″のない邦画活況」の記事があった。今年ヒットした映画(っていうか、自分が観た映画)、確かに大スター的な人は出ていない。「三丁目の夕日」も「日本沈没」も「フラガール」も、小雪や柴咲コウや松雪泰子やしずちゃんは素晴らしかったけれど、大スターの主演女優ではない。
 考えてみたら、昔なら吉永小百合、ちょっと下って山口百恵みたいな、何十本もの映画に出て、世の中のほとんどみんながファンというようなスターは居なくなった。
 男ならキムタクがそうかも知れないが、彼はもともと俳優ではないし、「武士の一分」はなかなか良いらしいが、以前の高倉腱などとはまだまだ格が違う。スターはスターだが「バラエティーのスター」に過ぎない。(ファンの人の反感買いそう…)
 ハリウッドなら、まだ厳然として大スターが存在する。結局、邦画の一時的衰退とともに、日本からは大スターと呼ばれる人がいなくなってしまったということか?


yotang2000 at 00:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2006年12月14日

先斗町

0a98d59f.jpg 昨日は梅田での仕事が早く終わり、もう米原まで戻る時間でもなかったので、娘と京都で飯を食い、映画を観に行った。
 京都の街を歩くのは一年振り、この前も何年か振りだったので、ずいぶん懐かしい感じがした。
 雨の先斗町はなかなかいいもので、和傘をさして歩く舞妓さんが見られたのもラッキーだった。それこそ20何年か前、誰かとここを歩いたことがあるが、当たり前の話、将来自分の娘とこの通りを歩くことは想像さえしていなかった。
 映画は、何かの記事で読んでちょっと興味を持ち、観たいと思ったが高槻などの集合シネマではやっておらず、諦めていたところ、たまたま調べたら今週いっぱい新京極のミニ館でやっていた。「カモメ食堂」っていう映画、特にきれいな人が出ているわけではなく、これといった見せ場も無い映画だったが、不思議に心に残った。


yotang2000 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 旅行 

2006年12月13日

ガンダム

gunpla 昨日の帰りの電車、たまたま模型好きの同僚が一緒になって、ラジコン飛行機からプラモデル、それからガンダムの話になり、いい年したおじさん3人でえらく盛り上がってしまった。

 マグマ大使、ウルトラQ、ウルトラマン、仮面ライダー、マジンガーZ、キャプテンハーロック、宇宙家族ロビンソン、宇宙戦艦ヤマト、みんな出てきた。

 やっぱり男はいくつになってもSFやプラモデルが大好きで、子供の頃に買いたくても高過ぎて買えなかったプラモデルを買って組み立ててみたいが、なかなかカミさんには理解してもらえない、という点で意見が一致した。



yotang2000 at 16:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 趣味 

2006年12月12日

あめりか

america1

 ついでにもう少し旅行の話・・・

 アメリカの広さを感じるのは、飛行機に乗ってこんな風景を見るときである。この写真は、クリーブランドからシカゴへの途中で撮ったものだが、ごらんの通り遙か彼方まで平地が広がり、地平線もはっきりしない。こんな土地を、その昔の開拓時代の人たちは幌馬車で移動したのかと思うと、ちょっと広すぎて気が遠くなる。

america2 日本ならば、飛行機で5000メートルも登れば、日本海と太平洋を両方同時に見ることができる、という話を「大空のサムライ」という本で読んで、その後、仕事で秋田まで飛んだときに福島?上空辺りで飛行機の左右の窓から確認した。本当に見えた。つくづく狭い国だと思った。

 下の写真はシカゴ着陸直前に写したもの。あれだけ広いシカゴのダウンタウンが、ミシガン湖のほとりに、こじんまりと固まっているのが面白い。少し前まで世界一高かったシアーズタワーがちょこんと立っているのが見える。こうしてみると、所詮人間の作るものは大きいと思っても大したことはないよなあ。



yotang2000 at 00:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月11日

USBプレイヤー

usbplayer  今回の機内通販雑誌で見つけたUSBプレイヤー。パソコンと直接つないで、レコードをそのまま取り込めるそうである。これ、欲しい。

 古いレコードは捨てきれずにいっぱい持っていて、レコードプレーヤー(ターンテーブル)もまだ置いているが、針がだめになってもう随分経つ。ネットで探せば針も買えるらしいが、そこまでして、という気もあってそのままにしている。もし針を買ったとしても、パソコンに取り込んでCDに落としたり、MP3に変換したりするのは、音の劣化を最小限に抑えようとすると、非常に面倒。かくして、レコードは納戸の中のお荷物と化している。

 この間、「音楽歴」を書いていて、ふと古いレコードも聴きたくなったのだが、残念ながら現状ではまったく聴く事ができない。この機材があれば、割と簡単にパソコンに取り込み、ipodですぐ聞けそうな気がする。ドルの通販で買うのはまた少し面倒なので、日本でも売り出してくれないだろうか?

 本日、「代休」ということにして会社を休んだ。



yotang2000 at 11:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月10日

帰着

944b1157.jpg いま大阪に帰着。オハイオのホテルを出てから21時間が経っている。途中乗換え時の待ち時間が長かったからだが、やはり遠いなあと言うのが実感である。帰りの飛行機内ではあまり寝なかったので、時差ボケは大したことないかも知れない。
 今回の機内映画はハズレだった。往復で計8本観たが、どれももうひとつの印象。パイレーツオブカリビアンとか、1作目はまあまあと思ったが、どうしてあんなB級映画になってしまったのだろう。あとはWater Ladyだったか?青白い女の子は存在感あったが、それだけ。あとは題名もあんまり覚えていないくらい。やっぱり最近は邦画のほうがいいなあ。

鍋が食べたい…


yotang2000 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月09日

Happy Holidays!

happyh 今日は早く仕事が終わり、まだ陽があるうちにホテルに帰った。昨日とはうって変わり、太陽が出て、陽があたるところの雪は融け始めている。

 ホテルの近くにオートバイの店が2軒あったので見にいった。写真のほうはハーレー専門店で、店の中、ちょっと数えただけで100台以上のハーレーが並んでいる。免許を持たない自分にとってはあまり関係がないが、いかにもアメリカ的にピカピカ光るハーレーを見ていると、ちょっと欲しくなってしまった。飾っておくだけになりそうだが・・・。

 最近のアメリカでは、キリスト教のみに偏らないようにとの配慮から、「メリー・クリスマス」とは言わないようにしているらしい。代わりの言葉が写真にもある「ハッピー・ホリデイズ」。街にはこの言葉の看板が溢れ、テレビでもこればっかり言っている。公式には「クリスマス」ではなく、あくまで「ホリデイズ」なのである。宗教に関係のない僕たちにはどっちでも良いように思うが。

 ついでに、オハイオ州では昨日からとうとう公的場所が室内全面禁煙となった。屋外でも、入り口から何メートルか以内ではダメらしい。ホテルやレストランでも、以前は入り口近くに灰皿が置いてあったが、昨日から全て撤去されてしまった。で、あちこちに「違反者を見つけたら通報を!」と書かれた紙が貼ってある。通報されたら罰金2500ドルだそうである。これも、ここまでしなくてもと思うがなぁ・・・



yotang2000 at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月08日

朝焼と樹氷そして真珠湾

asayakejuhyo 時差ぼけのためか、朝4時半にしっかり目覚めてしまった。

 朝焼けだと天気が悪くなるのはどこも同じらしい。昨日の朝、ホテルを出た時には左の写真のように晴れていて、きれいな朝焼けが見えた。緯度が高いせいか、7時半でもこの暗さ、夕方も5時には真っ暗になる。

 さて、今朝起きると、天気予報通り雪が降っていて、大雪と言う程ではないが確実に積もりそうである。今日帰る人の飛行機は飛ぶのだろうか?

 会社についてしばらくすると本降りになった。見ているうちに積もってくる。ふと見ると窓の外の木に樹氷が出来ている。きれいだがさすがに寒い。

 そう言えば、今日は65年目の真珠湾攻撃の日、テレビでもいろいろその関係の番組をやっている。それにしても、随分昔の事とは言え、あれだけ憎みあい殺しあった国と、こんな風に冗談を言い合いながら仲良くやっているのは、驚くべきことではないだろうか。先日、娘とこんな話になって、イラクと比べて単に日本人にアイデンティティーが無かっただけのことかなあ?と言ったら、娘が「お父さん、日本人が賢かったんよ。」と言った。なるほど、そうかも知れない。娘も成長したものだ・・・。



yotang2000 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月07日

恐竜と山猫4

 

burakio

wildcat

 途中の話をもうひとつ。

 シカゴのオヘア空港って、たぶん関空の何倍(何十倍?)もあり、滑走路数7本、搭乗ゲート数は70以上あるので初めて来たころは空港内で随分迷った。国際線の到着と出発がかなり離れた別の建物になっているし、国内線での乗り換えでもシャトルやバスで移動しなければならない時もあって、乗り換え時間があまり無いのに、いくら探しても自分の乗る飛行機のゲートが見つからず、大汗をかいたこともある。

 アメリカ出張も今回で数えて9回目となり、さすがにオヘア空港で迷うことはなくなった。以前から我々がいつも目印にしていたのがこの2つ、「グラマンワイルドキャット」と「恐竜骨格」。グラマンはコンコースEからBへの乗り換え近道の目印、恐竜はコンコースCに抜ける地下道入り口の目印になっている。あちこちの景色があまりにも似ているので、このモニュメントを見ては安心していた。

 ちなみに、ワイルドキャットは第二次大戦で実際に飛んでいたエースの機、「ブルドッグが板を咥えたような・・・」と言われたお世辞にも流麗とは言いがたい機体。骨格の方は実際の化石から型をとって作った実物大とのことである。デカい。

 初日の仕事はまあまあ。夕刻になると眼を開けていられないくらい眠くなる。今晩は大雪になるらしい。



yotang2000 at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月06日

らーめん

laaamen いつか写真に撮ってここに載せてやろうとずっと思っていた。今回、たまたまデジカメがポケットに入っていたのと、機内がガラ空きで周りに他の客がいなかったのでやっと撮影できた。満員の機内でこれを嬉しそうに撮影するのはいくらおじさんでもちょっと勇気がいる。ユナイテッド航空、機内食(間食)のちょっと変なカップラーメンである。

 何が変かと言うと、クリックして拡大してみて欲しいが、名前が「キツネ」ラーメンとなっていて、その名の通り「油揚げ」が入っている。ずっと前、中国上海の日本レストランで「味噌ラーメン」を頼んだら、本当に味噌汁(油揚げの)にラーメンが入ったのが出てきたが、そんなノリである。
「キツネうどん」や「キツネソバ」(この呼び方も面白い・・)は大好きだが、「キツネラーメン」はちょっと、と思いながらいつも食べるが、案に相違してなかなか美味しい。
 それから、名前が「きつねらあーめん」、普通のラーメンより「あ」がひとつ多い。これも中国系の企業が作る日本製品のコピーによくあるような間違いだと思うので、そのうち直るだろうと思っているが、もう6年以上そのままである。
 今回食べ終わってからシゲシゲと空いたカップを眺めていたら、メーカー名が「TOYO SUISAN」と書かれてあるのを発見した。おいおい日本製(もしくは日本企業製)かよ!
 日本企業の製品なら、この間違いはあり得ない。ひょっとして現地法人が商標登録の時に間違えて、それがそのまま変えられなくなったか? それとも、何らかの営業的理由で、あえて間違って使って現地製を匂わせることにしたのか? 考えすぎか?

ちょっと書くことがあったので、本日2回目の投稿。



yotang2000 at 19:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

夕焼け

chicago3 シカゴ・オヘア空港、12月5日、2度目の夕暮れである。気温は−5℃、滑走路はさすがに除雪してあるが、市街地などは一面の雪である。息が白くなってさすがに寒い。

 日本からの飛行機は、考えられないくらいのガラ空きで、1人で3人分の座席を使って横になることができた。この乗客数では赤字だろうな。確かに真冬のアメリカに、日本から観光に来る物好きはそんなにいないだろう。

 ここから飛行機を乗り継いでオハイオに向かうが、待ち時間の3時間がどうにも退屈。ベンチでちょっとウトウトするつもりが完全に熟睡してしまい、目覚めた時には少々あせった。

 



yotang2000 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外旅行 | 出張

2006年12月05日

シカゴへ

3dcca038.jpg いま関空。シカゴは夜には零下14℃くらいになるらしい。寒いのはまたダウンを着込めば何とかなるが、12時間余の飛行機が風邪気味の体にはキツい。幸い、エコノミープラスの席(エコノミーより約15cm広い)が取れたのでずいぶんマシだとは思うけれど。
 この前の出張時、同僚の預けた荷物が出て来なかったのに懲りて、今回は機内持込みサイズの鞄に思い切り詰め込んだ。手荷物検査は少々厄介だが、短期間の旅、終わる頃になって荷物が届くよりはマシだろう。
 飛行機は例によってユナイテッド、映画を観るしかすることがなくなる。まだ観ていない洋画がたくさんあるのを期待しよう。「何とかを着た悪魔」かなんかやってないかなあ?

 写真はモノレール前の免税店。いつもこんな店の前を通ると何か買わなくてはならない気になってドキドキしてしまう。貧乏性?


yotang2000 at 18:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月04日

10分延着

790e7cd2.jpg 前を走る寝台特急「なは」が遅れ、新快速が10分遅れになった。いつものパターンである。以前なら、米原まで走る間に少しでも取り返そうと、停車時間を短くしたりスピードを少し上げたりしていたと思うが、あの事故以来まったくそんなことはしない。かくして草津駅では15分、たぶん米原駅では20分くらいの遅れになるのだろう。
 今日は朝米原、昼梅田、夕方また米原の最悪パターン。なのに朝から遅刻とは。トホホ…


yotang2000 at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月03日

降格…

8117b875.jpg セレッソが負けて、J2降格が決定した。去年はガンバと並んで優勝争いをしていたチームが、なんでこんな風に変わってしまうのだろう。名波が入り、大久保が戻っても何にも変わらなかった。かえって悪くなってしまったような気もする。まあ、今年はとうとう1回も応援には行けなかったので、あまり偉そうなことは言えない。1年での復帰を祈るばかりである。


yotang2000 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月02日

炒飯

d530093c.jpg 最近、炒飯に開眼した。だいたい休みの日の昼飯は昨日の残りでちゃっちゃと済ませる。ご飯が残っている時は炒飯のことも多い。今までに数えられないくらい作って来たが、最近になってやっと上手く作れるようになった。
 今までに食べた一番うまい炒飯は、台湾の嘉義という所の大衆食堂でのものだが、何とかその味と食感(ベトベトせずパサつかず)を再現したいと、記憶を頼りにチャレンジして来たが、似ても似つかぬものしか出来なかった。
 ところが、ここ2回続けてかなり上手く行き、家族にも大好評だった。無塩バターで具を炒めるようにしたのと、ネギの量を加減したのが良かったのかも知れない。ただ、いつもレシピ無しのぶっつけ本番なので、次にもまた同じ味が出るとは限らない。


yotang2000 at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月01日

師走

350a4f2f.jpg 今日から師走というのに、家の前にはまだこんな花が咲いている。例によって名前は知らない。寒さに強い花なのだろうが、道すがら家の周りを注意して見るとゼラニウムはもちろん、キンセンカみたいな花までまだたくさん咲いている。やっぱり今年は暖かいのだと思う。
 昨日は陽が射さず寒かったが、今日はまたおだやかで小春日和になりそうな様子。風邪気味のため、ニットの帽子と手袋、ダウンまで着込んで通勤している自分が馬鹿みたいである。

「シカゴのゆきたん」さん、無事産まれただろうか?


yotang2000 at 08:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)